大切な愛猫が亡くなってしまった、どうすればいいの?供養方法は?

大切な愛猫、猫をはじめペットを飼っている場合、死は避けて通れないことです。亡くなってし時、どのように供養するのか、考えるのは嫌だという人もいるかもしれません。しかし大切な愛猫だからこそ、しっかり供養はどうするのかなどしっかり考えておくことが大切です。

目次

  1. 愛猫が亡くなってしまった…
  2. 愛猫が亡くなってしまったら供養を
  3. どのような供養方法があるの?
  4. ペットの合同慰霊祭って?
  5. まとめ
  6. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

愛猫が亡くなってしまった…

猫

可愛がっていた愛猫が亡くなってしまったら、とても悲しい気持ちになります。しばらくは立ち直れないという方がほとんどなのではないでしょうか。
悲しみに暮れ、なにもしたくないという方も多いかもしれません。しかし亡くなってしまったら、悲しみの中しなければないことがあります。
辛いことに向き合うことはとてもつらいことです。しかし最後までしっかり見届けなければなりません。

愛猫の遺体はどうするのか

いくら愛猫であっても、遺体をいつまでも自宅に置いておくわけにはいきません。一般的になくなってしまった場合、飼い主が自ら自己所有地に埋葬するケースと地方公共団体に連絡し合同焼却してもらうケースと、民間事業や寺院に火葬依頼するというケースがあります。おすすめは民間事業です。
地方公共団体の場合、ペットの遺体は産業廃棄物として処分されますので、ゴミなどと一緒に焼却されるため骨が残りません。遺骨を残しておきたい方は民間事業にお願いするといいでしょう。
もしものことは考えたくないという方が多いと思います。しかしペットを飼う上で死は避けられませんので、いざという時に慌てないためにも近くの民間事業などを調べておくことをおすすめします。

愛猫が亡くなってしまったら供養を

猫

猫だけに限らず、ペットが亡くなってしまったらしっかり供養してあげましょう。

供養が必要な理由

家族のように暮らしてきた愛猫が亡くなってしまった場合、とても悲しい気持ちになります。とても悲しいことですが、いつまでも悲しんでいるわけにはいきません。悲しみを一区切りさせるためにも供養することは必要といえるでしょう。
もちろん供養することで悲しみがなくなることはないでしょう。むしろ悲しみを倍増させてしまうかもしれません。それでも供養することで、一区切りすることができるのです。

どのような供養方法があるの?

では愛猫を供養するにはどのように供養すればよいのでしょうか?人が亡くなってしまった場合は、僧侶を呼びお経をあげてもらう、また葬儀を行うなどがあります。
近年ではペット供養というペット専用の供養の場も増えてきました。そのような場所が近くにあれば供養してもらっても良いかもしれません。しかし近くにない場合もありますよね。
ペットの供養に決まりはないので、自分なりに愛猫を供養することも可能です。

祭壇を設置し供養する方法

ペット専用の仏壇法具が販売されていることを知っていますか?自宅の一室に設置し、お供え物をし供養するという供養の仕方があります。仏壇法具を用意せず、愛猫のお気に入りの写真を用意し、写真を飾りお供えをするという供養のしかたでも問題ないでしょう。

ペット専用仏壇法具

かわいいペット専用の仏壇法具が販売されていますので、お金に余裕のある方はきちんと揃えて供養しても良いですね。

はじめてのペット供養セット
はじめてのペット供養セット

商品価格9,350円(2017年3月現在)

ペット用法具の5点セットです。かわいらしいピンクで揃えられており、人気があります。

この商品を購入
アンティーク調ペット仏具
アンティーク調ペット仏具

商品価格4,378円(2017年3月現在)

アンティーク調のおしゃれな仏具です。リビングなどに置いておくことができるデザインでこちらも人気となっています。

この商品を購入

お供え物は?

お供え物は、愛猫が好きだったものをお供えすると良いでしょう。お気に入りだったおもちゃ、お気に入りだった餌などを用意してあげましょう。

花やお線香は?

お花や線香をお供えしてももちろん問題ありません。

愛猫の写真入りグッズなど手元供養も可能

祭壇を用意し供養する方法もありますが、ペットの遺骨の一部をペンダントに入れて持ち歩くなどの供養方法もあります。また遺影を持ち歩くことができるペンダントなどさまざまなものがあります。自分の気に入ったものを持ち歩くことで、亡くなっても一緒にいるような気持になることができます。

ペット供養 メモリアルペンダント
ペット供養 メモリアルペンダント

商品価格1,410円(2017年3月現在)

遺骨を入れることができるペンダントです。シンプルなデザインなので普段使いにも可能です。

この商品を購入
ペット位牌 ピンク カットガラス
ペット位牌 ピンク カットガラス

商品価格7,810円(2017年3月現在)

ペットの遺影が入ったペンダントです。愛猫の写真を入れ常に持ち歩くことができます。

この商品を購入

ペットの合同慰霊祭って?

猫

ペット霊園をご存知でしょうか?ペット霊園とは人のお墓のある霊園と同じです。ペット専用の霊園となっており、火葬や骨壺による埋葬、49日などの法要を受けることができます。きちんと供養したいという方にはぴったりです。

合同慰霊祭

合同慰霊祭は、ペット霊園で行われます。同じように大切なペットを亡くした人たちが集まる慰霊祭では、みんなでペットの供養を行います。慰霊祭の料金の相場は5,000円くらいです。会費に含まれている場合もあり、霊園によって異なります。

まとめ

いかがでしたか?愛猫が亡くなってしまった場合、このような供養の仕方があるんです。愛猫の死という悲しいことは普段あまり考えることは少ないのではないでしょうか?しかし大切な愛猫だからこそ、亡くなってしまった時にしっかり供養できるよう考えておくことは大切なことなのです。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

「猫・供養」に関連する記事

「猫・供養」についてさらに知りたい方へ

  • 愛猫の遺骨はどうやって保管すればいいの?

    愛猫の遺骨はどうやって保管すればいいの?

    「ペットは家族の一員」と考えて、大事に育てている方が沢山います。しかし、猫の命は長くても20年くらいです。いざという時に遺骨を、どう供養していけばいいのか、猫の遺骨を自宅で供養する場合、どうすればいいのかご説明します。

  • 猫とおこなう終活とは?猫と飼い主のお別れの仕方まとめ

    猫とおこなう終活とは?猫と飼い主のお別れの仕方まとめ

    毎日一緒に過ごしていても、いつかは愛猫との別れがやってきます。その日まで少しでも幸せに過ごすために愛猫と共に終活を行いましょう。愛猫と行う終活の仕方や方法についてお話ししています。終活を行うことで、心の準備や整理ができてきます。

  • 家族の一員・亡くなった猫が天国に行ける埋葬を行いましょう

    家族の一員・亡くなった猫が天国に行ける埋葬を行いましょう

    育てやすいという理由で、猫が犬よりもペットとして多く飼われています。 動物医療の発達で病気が治り、寿命も伸びています。 もし愛猫が急に亡くなった時など、埋葬方法をどうしたらいいのか。 愛猫が天国に行けるように、責任を持って埋葬をしてあげましょう。

  • ペットの永代供養にかかる費用がどれくらいか徹底解説!

    ペットの永代供養にかかる費用がどれくらいか徹底解説!

    大切なペットに万一のことがあった場合にペットの永代供養を選択する方が増えています。ペットのお墓について考えることも終活の一環です。今回はペットの永代供養にかかる費用について詳しく解説します。個別のお墓や合同墓など、埋葬方法によって異なる費用の相場がわかります。

  • 大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!

    大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!

    大事なペットが亡くなってしまったらどうすればいいのでしょうか。ペットを永代供養をする場合にはどのような手続きが必要なのか、その費用はどのくらいかかるのかご紹介します。また永代供養以外の供養の方法もご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「猫・供養」についてさらに知りたい方へ

愛猫の遺骨はどうやって保管すればいいの?のサムネイル画像

愛猫の遺骨はどうやって保管すればいいの?

猫とおこなう終活とは?猫と飼い主のお別れの仕方まとめのサムネイル画像

猫とおこなう終活とは?猫と飼い主のお別れの仕方まとめ

家族の一員・亡くなった猫が天国に行ける埋葬を行いましょうのサムネイル画像

家族の一員・亡くなった猫が天国に行ける埋葬を行いましょう

ペットの永代供養にかかる費用がどれくらいか徹底解説!のサムネイル画像

ペットの永代供養にかかる費用がどれくらいか徹底解説!

大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!のサムネイル画像

大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと