お通夜の化粧は濃いのはNG!でも、すっぴんも失礼かも

女性の化粧は難しいですよね。化粧をしなくても汚いといわれるし、気を遣っても濃いといわれてしまいます。お通夜や葬儀の化粧であれば、尚更どこまで薄くするべきか悩むでしょう。今回は、通夜での化粧方法を紹介します。

目次

  1. お通夜と葬儀の化粧
  2. お通夜でもベースメイクは必要
  3. お通夜でも必要なポイントメイク
  4. お通夜につけまつげはNG?アイラインは?
  5. お通夜の化粧のまとめ
  6. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

お通夜と葬儀の化粧

普段お化粧をばっちりしている人も、すっぴんで過ごしている人も、お通夜や葬儀にいつもの顔で参列したら、顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまうかもしれません。
大人としてすっぴんを見せないのがマナーですし、濃いメイクで通夜に行ったら「亡くなるのを準備して待っていました」という意味になってしまうのです。濃い化粧は、故人を偲んで泣いたときの化粧崩れも気になります。

葬儀

このように、お通夜の場面でマナー違反にならない薄すぎず濃すぎないメイクというのは難しいものですが、キーワードは「ナチュラルメイク」です。年齢や参列者の立場で違いはありません。お通夜と葬式は同じメイクで大丈夫です。
ナチュラルに見える化粧とは、素肌を隠すツヤと色を抑えたメイクのことです。ツヤの出るタイプやラメ入りの化粧品を避け、チークや口紅も控えめの色を選びます。

お通夜でもベースメイクは必要

通夜の化粧はナチュラルとはいっても、ベースメイクは必要です。大人の女性の場合、ファンデーションとアイブロウ、口紅の3つを最低限つけておかないと、公の場では非常識という印象を持たれます。しかも、ファンデーションなしで黒い喪服を着ると、肌のトラブルも目立ってさらに不潔に見られてしまうのです。
ここでは、普段化粧する場合としない場合に分けて、お通夜に参列するときのベースメイクの仕方を解説します。

いつものメイクとの違い

下地・ファンデーション

近年はツヤのある下地やリキッドファンデーションを使う化粧が主流ですが、既に紹介した通り、ツヤのある化粧は通夜や葬儀では避けるのがマナーです。ファンデーションはリキッドよりパウダーがお通夜や葬儀に相応しいです。
あるいは、いつものファンデーションを薄めにのせた後、ルースパウダーを多めにはたいてツヤを抑えてもいいでしょう。

コンシーラー

年を重ねると肌の悩みも増えて、ファンデーションを厚く塗りがちです。そうすると通夜に相応しいナチュラルな化粧ができません。肌の悩みはコンシーラーを使ってピンポイントで隠すよう心がけてください。

化粧を普段しない場合

普段化粧をしない人も、通夜や葬儀ではベースメイクが必要です。化粧を普段しない人には、下地とファンデーションなどの機能が1本にまとまった「BBクリーム」が便利です。各社から出ている化粧品で、クリーム状なのにマットに仕上がります。

お通夜でも必要なポイントメイク

通夜ではアイメイクとチークは不要ですが、落ち着いた色の口紅は必須です。また、眉毛がまばらな人はアイブロウも塗りましょう。

口紅の色

黒い喪服を着るお通夜で口紅を塗っていないと、疲れきった顔に見えてしまいます。口紅はつけていくのがマナーです。しかし、いつもの口紅でいいわけではありません。
ラメやパールの入ったツヤのあるものを避け、色もベージュ系やコーラル系の落ち着いた色味を選びましょう。明るいはっきりした色味の赤やオレンジは厳禁です。

眉の描き方

素顔でも整った眉の方はベースメイクと口紅だけの化粧で十分ですが、眉がまばらな人は、眉も整えましょう。
他の化粧が薄いので、眉が主張しすぎて浮かないように気を付けます。パウダーのアイブロウで毛のない部分に書き足すくらいで十分です。

お通夜につけまつげはNG?アイラインは?

アイメイクとチークが不要とはいっても、目元の寂しさや血色の悪さがコンプレックスの人もいます。お通夜のとき、他のポイントメイクはどこまで許容されるのでしょうか。

アイメイク

アイシャドウ

ツヤも色もNGのお通夜の化粧では、アイシャドウはしないのが無難です。

アイライン

どうしてもというのであれば、黒ではなく茶の極細のアイライナーでまつ毛の隙間を埋める程度にしましょう。泣いても落ちないように、ウォータープルーフを選ぶのもポイントです。

マスカラ

マスカラも、お通夜で涙ぐむことを考えたら、つけないのが一番ですが、つけるなら繊維なしのウォータープルーフを一度塗りで軽くつけましょう。

つけまつげ

つけまつげは品物を選んで慣れた人がつければ、普通のマスカラやアイラインよりずっとナチュラルに仕上がります。
しかし、つけまつげはアクシデントで外れやすく、しかも、嫌悪感を持つ人が多いアイテムです。お通夜の席で涙ぐんで外れたら、居心地が悪くなるでしょう。仕上りの問題というより、そういうトラブルを避けるため、つけまつげよりはマスカラやアイラインの方がおすすめです。

チーク

口紅の色だけでは顔色が冴えない場合、チークをつけるのはOKです。ただし、大きめのブラシに取って、一度ティッシュで払ってから頬にのせましょう。顔を見てチークをつけたのがわかるなら、それはつけすぎです。

お通夜の化粧のまとめ

いかがでしたか?通夜や葬儀の化粧を紹介しました。
通夜では、しっかりメイクもすっぴんも、非常識と受け取られてしまいます。一番はベースメイクと落ち着いた口紅、眉だけのナチュラルな化粧です。物足りない場合は、チークやアイメイクも少し足して構いませんが、やり過ぎには注意が必要です。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

「通夜・化粧」に関連する記事

「通夜・化粧」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「通夜・化粧」についてさらに知りたい方へ

お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?のサムネイル画像

お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?

お葬式のお化粧マナーは大丈夫?知っておきたい基本のサムネイル画像

お葬式のお化粧マナーは大丈夫?知っておきたい基本

大人のマナー・お葬式にふさわしいメイクとは?のサムネイル画像

大人のマナー・お葬式にふさわしいメイクとは?

哀悼の心を伝える葬儀のメイクのマナーとテクニックのサムネイル画像

哀悼の心を伝える葬儀のメイクのマナーとテクニック

終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!のサムネイル画像

終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと