大切な家族・愛犬の最後のために知っておきたい犬の葬儀のこと

愛犬は、今や大切な家族です。そんな愛する愛犬たちにも寿命はあります。悲しいですが、今まで一緒に過ごしてきた愛犬たちの最後に葬儀をしてあげようと思う方も多いはずです。いつかやってくるそんな時に慌てないために備えておきましょう。愛犬の葬儀について紹介します。

目次

  1. 愛犬が亡くなってすぐに自分ができること
  2. 葬儀の準備をする
  3. 葬儀を執り行う
  4. 葬儀の費用
  5. 愛犬の葬儀で注意すること
  6. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

愛犬が亡くなってすぐに自分ができること

犬

愛犬が亡くなったら

愛犬が亡くなると悲しさのため呆然としてしまいますが、そんな中でもすぐに行わなければならないことがあります。

①亡くなった愛犬を綺麗にしてあげる
②亡くなった愛犬を安置する
③亡くなった愛犬を保冷する
④亡くなった愛犬にお供えする

上記にげたことは葬儀の前に自分でもできることですので、死後硬直が始まる前に行いましょう。死後硬直は1~2時間で開始し、硬直してしまった場合は安置する棺となる箱にも入れにくくなってしまいますし、身体を綺麗にしてあげる際にも支障をきたします。速やかに行いましょう。

それでは、①~③について紹介していきます。

①亡くなった愛犬を綺麗にしてあげる

愛犬も家族の一員です。彼らの旅立ちの際も、人間が亡くなった時のように旅立ちの準備をしてあげましょう。

まずは、目や口を閉じてあげましょう。そして、布巾やタオルを濡らし、身体の汚れを綺麗にふき取ってあげまう。汚れたままだと、亡くなった愛犬も気持ちよくありませんし、後で弔問に訪れてくれる方たちも気持ちよく無いと思います。何より、飼い主である自分の気持ちに心残りが生まれます。

亡くなった時の状況により、口や鼻、肛門などから体液や汚物などが出ている場合もありますので、丁寧にふき取ってあげましょう。その後は生きていてとき同様、優しくブラッシングして毛並みを整え、美しい状態にしてあげてください。

②亡くなった愛犬を安置する

亡くなった愛犬を綺麗にし終わったら、人間が亡くなった時のように口や肛門に脱脂綿を詰めます。葬儀屋さんにて棺を準備される方は、それまで安置するための寝具を準備してリラックスした状態で寝かせ、保冷材で背中とお腹の部分を冷やしてあげてください。また、棺となる箱が段ボールの場合は、底が抜けないように箱を二重にしたりガムテープなどで補強したりしてからタオルやシーツを引いて背中とお腹にあたる部分に保冷剤を置き、その上にタオルなどを敷き、愛犬のご遺体を入棺します。

安置する寝具の周りや棺の中をお花で飾ってあげたり、好きだったおもちゃなどを入れてあげるのもいいと思います。ただし、保冷材の交換に邪魔にならないようにしましょう。

安置する場所は涼しい場所が好ましいと思いますが、生前一番安心できていた場所もいいと思います。宗教によりますが、仏教の場合は北枕にして寝かせてください。暖かい場所での安置で、保冷をまめに行わないと腐敗が進みますので気を付けましょう。

③亡くなった愛犬を保冷する

保冷剤

亡くなった愛犬のご遺体を保冷する際、保冷剤がゲル状やアイスノンのような冷凍庫で凍らせるタイプの場合は1日に2~3回交換してください。

ドライアイスをご使用の場合は、素手で触らないよう気を付けて新聞紙などに包み、更にタオルで包んでからご使用ください。ご遺体が冷凍焼けするのを防ぐためです。また、二酸化炭素が発生しますので換気も十分にしてください。ドライアイスは購入店でどの持ち時間がどの程度かお聞きになると良いかと思います。

④亡くなった愛犬にお供えする

亡くなった愛犬には、生前好きだった餌やおやつ、お水、大好きだったおもちゃなどをお供えしてあげましょう。そして、元気だったころの愛犬の写真を選び、遺影として飾るのもいいと思います。宗教によりますが、ろうそくを灯したり線香を焚いてあげましょう。

葬儀の準備をする

葬儀の準備

愛犬のご遺体の安置が終わりましたら、葬儀社を利用するのか自身の手で葬儀を行うのかを決めます。それぞれの葬儀の準備について、以下に紹介いたします。また、地域によって区役所、市町村役場、保健所などへの届け出が必要な場合がありますので確認をしたうえで準備していきましょう。

葬儀社を利用する場合

葬儀社を利用しての葬儀では、いろいろなプランが用意されています。例えば、他所のペットたちと一緒に火葬と納骨される「合同火葬」は、火葬に立ち会ったり遺骨を持ち帰ったりすることができません。「個別火葬」の場合は、ご自分のペットを個別に火葬して収骨の後は自宅へ持ち帰ったり納骨したりできます。

「立ち会い葬儀」では、ほぼ人間と同じように愛犬の出棺とともに火葬場へ行き、火葬後はお骨を拾い骨壺へ入れ、自宅へ連れて帰ったり納骨したりできます。「自宅葬」は、自宅お敷地で火葬するための火葬炉を積んだ自動車が来てくれます。お別れをした後、火葬してご自分やお家族の方が収骨できます。

棺や骨壺は葬儀社で取り扱っている場合もありますが、その有無は各葬儀社のホームページや電話で確認したほうがいいでしょう。そのうえで葬儀社を選ぶことをお勧めします。

自身の手で葬儀を行う場合

自身の手で葬儀を行う場合、地域によって区役所、市町村役場、保健所などへ連絡し、ペット用の火葬場の有無を確認してください。その自治体によっては「個別火葬」していないところもあり、「合同火葬」に場合はお骨の引き取りができないので、お骨の引き取りを希望される場合は民間のペットの葬儀社へ依頼することとなります。

自治体の火葬場を使用する場合は「個別火葬」、「合同火葬」どちらの場合も、火葬場使用の申し込みが必要となり、自治体や火葬する愛犬の大きさ・重さにより費用も異なるので電話での確認が必要です。また、自身で火葬場まで運ばなければいけませんので、その点を考慮してください。

愛犬の葬儀の際の服装

愛犬の葬儀の際の服装ですが、斎場へ赴く場合は喪服とまではいかなくとも暗めの色のものが好ましいでしょう。斎場には他者も悲しい気持ちでいると思うので、そこのところを考慮して派手な色の服装は控えた方がいいと思います。

葬儀を執り行う

お通夜を執り行う

お通夜を行う際は、人間の時と同じように親しかった人とともに弔ってあげたらいいと思います。皆さんにお線香をあげてもらいましょう。また、仲の良かった犬仲間にも来てもらってもいいかもしれません。

出棺する

大好きだったおもちゃやお花を棺にいれてあげましょう。ただし、火葬の際に妨げとなるようなものはNGです。担当する葬儀社や火葬場の方に確認することをお勧めします。

ビニールやプラスティックのものは、溶けて骨にくっついたりするようなので注意しましょう。

ご遺体を火葬する

ここで愛犬の肉体とは、最後のお別れとなります。お供えをする場所が設けられたりしていますので、生前好きだった餌やおやつなどをお供えしましょう。火葬中は待機することになります。

お骨上げする

火葬が終わったら、足下から順番に拾って骨壺に入れていき、一番上に頭がくるように納めていきます。拾いきれない細かい骨も、担当の方が拾ってくれるので心配ありません。

お葬式をお執り行う

それぞれの宗教により異なりますが、人間と同じようにお経をあげてもらったりします。そして、お骨を持ち帰ったり、その場での納骨となりますが、納骨の場合は事前に確認が必要なようです。

帰宅したら

帰宅しましたら、生前一番安心できていた場所などにお骨を安置(納骨済みの場合は必要ありません)し、遺影などを飾ってお花や生前好きだった餌やおやつ、お水などをお供えします。そこへお線香を焚いたりしながら、家族や親しかった人たちと思い出話をしてあげましょう。

お住いの地域の区役所、市町村役場、保健所などへ飼い犬の登録をされていると思いますが、亡くなった旨の届け出が必要ですので、こちらの手続きも忘れずに行ってください。

葬儀の費用

保険・相続

愛犬の火葬費用

一般的に葬儀社を利用しての愛犬の火葬費用は、「合同火葬」の場合で10,000円~40,000円、「個別火葬」の場合は20,000円~60,000、「立ち会い葬儀」の場合は30,000円~80,000円ほどのようです。火葬される愛犬の大きさや重さにより変わります。

東京・千葉・埼玉・神奈川では

東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県ではペット専用の葬儀社や霊園も多くあり、予算やプランなど多くの選択肢があります。24時間365日対応、見積もり無料の業者もありご希望に沿った葬儀社を選べるようです。

しかし、地方ではまだそれほど多くはありませんので、もしもの時に備えておくのもいいかもしれません。

愛犬の葬儀で注意すること

犬

愛犬の葬儀について紹介してきましたが、いかがでしたか。今や愛犬は家族の一員、最後の時まで大切にしたいものです。それまでの思い出とともに、心のこもった葬儀で送ってあげられたらいいのではないでしょうか。

最後に、大切な家族だからこそ、そんな思いに付込む「悪徳業者」も多いそうです。数年前には引き取った愛犬のご遺体を山中に大量に遺棄したという事件もありました。よく調べたうえで、自分に合った葬儀社を選んでいただけるようにお願い致します。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

シェアする

「犬・葬儀」に関連する記事

「犬・葬儀」についてさらに知りたい方へ

大切なパートナーの愛犬が亡くなったら遺骨はどうする?のサムネイル画像

大切なパートナーの愛犬が亡くなったら遺骨はどうする?

いつかは訪れる愛犬とのお別れの日。呆然と悲しみにくれながら火葬された遺骨を持ち帰る経験をした愛犬

全身全霊で愛情を注いだ愛犬、お墓と供養方法のサムネイル画像

全身全霊で愛情を注いだ愛犬、お墓と供養方法

愛犬が亡くなった時、愛情を込めて育てたその子は、家族同然の存在。もしもの時にお墓をどうするか?供

愛犬が亡くなったら納骨はどのようにしたらいいの?のサムネイル画像

愛犬が亡くなったら納骨はどのようにしたらいいの?

愛犬の死を考えられた事はありますか?おそらく考えられた事はないのではないでしょうか?愛犬とのお別

ペットの供養方法と種類について解説のサムネイル画像

ペットの供養方法と種類について解説

今は、ペットと家の中で家族同然に、生活を共にしている方が多いのではないでしょうか。だから一緒に生

飼っていた犬が亡くなったときに飼い主がやるべき埋葬のサムネイル画像

飼っていた犬が亡くなったときに飼い主がやるべき埋葬

家族同然の犬が亡くなってしまうと寂しくて悲しい気持ちになりますよね・・。そんな大切な犬が亡くなっ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?気になる葬儀の費用についてご紹介します!

    葬儀の費用はいくら?気になる葬儀の費用についてご紹介します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?家族葬にかかる費用の全てをご紹介!

    家族葬の費用っていくらなの?家族葬にかかる費用の全てをご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?直葬の費用を徹底解説!

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?直葬の費用を徹底解説!

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

関連する記事

「犬・葬儀」についてさらに知りたい方へ

大切なパートナーの愛犬が亡くなったら遺骨はどうする?のサムネイル画像

大切なパートナーの愛犬が亡くなったら遺骨はどうする?

全身全霊で愛情を注いだ愛犬、お墓と供養方法のサムネイル画像

全身全霊で愛情を注いだ愛犬、お墓と供養方法

愛犬が亡くなったら納骨はどのようにしたらいいの?のサムネイル画像

愛犬が亡くなったら納骨はどのようにしたらいいの?

ペットの供養方法と種類について解説のサムネイル画像

ペットの供養方法と種類について解説

飼っていた犬が亡くなったときに飼い主がやるべき埋葬のサムネイル画像

飼っていた犬が亡くなったときに飼い主がやるべき埋葬

人気のタグの一覧

終活ねっとで人気のタグ

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?気になる葬儀の費用についてご紹介します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?気になる葬儀の費用についてご紹介します!

1
家族葬の費用っていくらなの?家族葬にかかる費用の全てをご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?家族葬にかかる費用の全てをご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?直葬の費用を徹底解説!のサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?直葬の費用を徹底解説!

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと