友引に火葬や葬儀をしてはいけないのは何故?~友引について~

友引って聞いた事はありませんか?この日は葬儀や火葬等を避けるのが、一般的です。しかし何故、友引に火葬等をしてはいけないのでしょうか?

友引とは

友引

友引とは、六曜と呼ばれる中国から来た暦の内の一つに数えられます。
六曜は、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の六つでそれぞれ固有の吉凶が定められており、友引は旧暦においては2月・8月となっている。しかし、新暦では年により、月により、日付が変わり定まっていない。

六曜は勝負に関係する内容が多く、友引も以前は「何事においても勝負がつかない日」つまり「共引」という何をしても引き分けになる日という意味合いで使われていました。しかし、いつしか陰陽道で使われている言葉「友引日」と混ざって意味が変わってしまったとされています。他にも「友」を「引く」という字から、道連れに友の手を引いていく等のマイナスのイメージを連想させるとして避けられるようになったという説もあります。

友引の日に葬儀をすると、故人に近しい人に災いがある、死をおびき寄せる等と言われ、この日に葬儀や火葬等を行うことは避けられるようになりました。

友引に葬儀や火葬ができない理由

葬儀

上記の項目でも説明したように、友引は本来葬儀とは何の関係もありません。しかし、すでに凶日として一般的に広く認知されている為、友引を気にしていない方も弔問客に配慮して、友引以外の日に葬儀を行っています。

そして、火葬も同じくその日は避けられている為、利用する人が少ないという理由から、火葬場の定休日を友引の日にしている所が数多くあります。最近はそういった事を迷信ととらえ、気にしない方も増えているそうですが、火葬場が定休日である場合が多いので、友引の日に火葬を行う人は自然と少なくなってくるというのが現状です。

ちなみに、火葬場が休んだ日の翌日は当然ながら、火葬場を使いたい人達で混み合います。
なので、出来る事なら日取りを決める際には、友引の日前後を避けるのが無難です。

お通夜は友引を気にしなくても良い?

葬儀

お通夜は友引を気にする必要はないとされ、友引にお通夜を行う地域は数多くあります。
他と違って、お通夜は火葬をしないので、ここまで説明したことには当てはまらないのが理由の一つとしてあげられます。が、葬儀は友引を避ける事を考えるなら、お通夜の日程も合わせなければならず、日数を伸ばす等の調整が求められることになるでしょう。

ペットの火葬に友引は関係ない?

犬

今までずっと一緒にいたペットとの別れにおいて、見送り方は様々です。家の庭に埋める方法や保健所に連絡して亡骸を引き取ってもらう方法、火葬だけをして遺骨を骨壺に収めて手元供養をする方法等、色々あります。が、人間と同じように葬儀をして、火葬をして、ペット霊園等に納骨するというのが一般的な葬送方法となってきました。

ペットの火葬をする際に、友引を避けた方が良いのか悩む方が多いようですが、気にする必要はありません。ありませんが、やはりどうしても気になるという場合は、別の日に行うのが良いでしょう。飼い主の方と亡くなられたペットとその他周囲の方々が納得するやり方、これが一番望ましい見送り方だと思います。

火葬で友引人形を入れるという手がある

友引は本来避ける必要のない風習ですが、気にしない人がいる一方でどうしても抵抗がある人も一定数存在します。しかし、葬儀の日程の都合等で、友引に葬儀や火葬を行わなければならなくなった時、一つ方法があります。それは、「友引人形」を故人との思い出の品やお花等と一緒にお棺に入れるというものです。

これは冒頭でも説明した「友を引く」から連想される死への道連れ等を回避する為、身代わりに人形をお棺に入れておく事で対処するという儀式です。そもそもは、故人があの世へ行く時に寂しくないように、お供として人形をお棺にいれた「埋葬人形」が元となっているとされています。

これは友引でも葬儀や火葬をする地域で行われている儀式で、主に関西圏でよくみられます。
人形はどのような形でも良く、上記の画像のようなものやこけし等でも良いようです。

友引人形は他に「供人形」や「いちまさん」とも呼ばれています。
「いちまさん」は市松人形の愛称で、男女ともに子供の形をした日本人形の事です。

おわりに

人々

いかがでしたでしょうか?友引は、ずっと前から葬儀を行ってはいけないとされる日だと思って生きてきました。しかし、実は本来の意味が違っていて、漢字も「友」ではなく元々は「共」だったのですね。そして間違った解釈のままにこんなに広く定着してしまって、火葬場の定休日にまで影響を及ぼしていたとは知りませんでした。

でも、最近では友引を気にしない方もいれば、友引自体知らない方もいらっしゃる等、価値観が多様化してきています。どのような考えであっても、葬儀を行う遺族の方や葬儀に参列される方がお互いに満足できる形で、故人をお見送りする事が一番の供養であると思っています。

終活の専門家に相談してみよう

終活ねっと専門家ページでは読者様のニーズ別に終活に関する様々な専門家を紹介しています。

ぜひご利用ください。

専門家ページはこちらから

「友引・火葬」に関連する記事

「友引・火葬」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト