ルアーでのタコ釣り!ルアーひとつで手軽にタコを狙う

近年はタコ釣り用ルアーのラインアップが多くなってきました。ここではルアーを使ったタコ釣りのノウハウをご紹介します。

目次

  1. タコ釣りに使うルアーとは?
  2. タコ釣りの道具
  3. タコ釣りの場所
  4. タコ釣りの方法!
  5. おわりに
  6. 終活の専門家に相談してみよう

タコ釣りに使うルアーとは?

食べて美味しいタコ。ルアーひとつで手軽に行えるタコ釣りをご紹介していきます。

タコ

エギ(餌木)

最近はタコ専用のエギも開発され販売されています。
イカ用のエギでもタコ釣りは成立しますが、
確実に海底に向けてエギを沈められる重さの物をタコ釣りでは選びます。

タコジグ・テンヤ

タコ釣りではポピュラーな仕掛けです。
そのまま使用できるものや、カニを模したものを取り付けて使用する道具類です。

スッテ

スッテとは、船釣り等で使用されるオモリの付いていないルアーです。
ルアー本体はエギのような格好で、後部にはエギと同様のカンナ針が付いています。

このスッテの仕掛けは中通しオモリとクッションゴムを装着します。
中通しオモリは、糸通しの管が付いているものでオモリ本体はナス型が好ましいです。

釣り方は小刻みなアクションを付けたり、ズル引きでタコに向けて誘いをかけます。

タコ釣りの道具

ここではタコ釣りに必要な道具と、あったら便利なアイテムをご紹介します。

竿

竿は専用のタコロッドがあれば良いですが、
投げ釣りも併用できるコンパクトロッドでも可能です。
要はタコとの綱引きに耐えうる強度の、竿にコシがあれば対応可能です。

パワー勝負のタコ釣りでは、糸は太い方が断然有利です。
竿とリールのバランスにより号数は変化しますが、
ナイロンラインであるなら道糸5号以上が好ましいです。

他にPEラインを使用する場合でも、
ナイロン糸参考号数がやはり5号以上のPEラインを選ぶと良いでしょう。

タモ網

時にキロ級のタコが釣り上がることもあります。
竿だけでは抜きあげれない時にタモ網があると非常に便利です。

フィッシングナイフ

フィッシングナイフを準備していると良いと言えます。
これは釣り上げたタコを美味しく持ち帰れるようにタコを〆る目的があります。

タコの〆方

タコの〆方は、タコの目と目の間をフィッシングナイフで突きます。
〆られたタコは体色が白色に変化します。

〆方が甘いと元の体色のままです。しっかりと〆て美味しいタコを持ち帰って下さい。

タコ釣りの場所

一体タコはどこに生息して、タコ釣りではどのような場所を狙うのかを解説します。

漁港周り

漁港周りにもタコは生息します。
足場が比較的良いと思われますので、タコ釣りを初めてみる方にはオススメです。

また先行者にタコ釣りをされている人が居れば期待値は上がります。
可能であれば先行者に状況を聞いてみるのも、ひとつの方法です。

砂浜やゴロタ浜

砂浜からのタコ釣りも成立する事があります。
ポイントとしては砂浜の沖に根や岩、人口漁礁等があるところが狙い目となります。
また砂浜の海底に駆け上がり等の、地形に変化がある場所にもタコが居る確率は高いです。

ゴロタ浜や磯はタコ釣りの一級ポイントです。
デメリットに根がかりの確率が高くなりますが、
タコの生息域でもあり物陰に潜むタコの習性には理にかなっています。
機会があれば狙ってみる価値は大いにあるポイントです。

時間帯

昼夜問わず釣れます。
最も肝心なのはタコが生息するポイントを見付けだす事です。

よって昼間の明るいうちに釣り場の海底状況を良く観察しておくと良いでしょう。
夜間にもタコ釣りを続けるならば、海底状況を掴んでおけば尚狙いやすくなります。

タコ釣りの方法!

タコは具体的にどの様に釣れば良いのでしょうか?
ここではタコの釣り方をご紹介します。

タコ

先ずは足元から攻める

漁港周りの岸壁であるならば、先ずは足元直下を狙ってみましょう。
垂直に仕掛けを落として誘いをかける方法も良いですが、
岸壁と平行に仕掛けを軽く投げてゆっくりと巻き上げるのも効果的です。

タコのアタリは根がかりのような手応えです。
巻いているリールが急に重くなったら、とりあえず竿を大きく煽ってリールを素早く巻きます。

色々な場合がありますがリールが重いまま仕掛けが浮き上がって来る時はタコがヒットしている可能性があります。
また海底の仕掛けが動かない場合は根がかりの恐れがあります。

しかしながら「根がかりかな?」と思う時でも、
実はタコがヒットしている場合もしばしばあります。

投げて攻める

足元以外のポイントが遠くに存在する場合にはルアーを投げて誘います。
海底に沈んだルアーのズル引きでも良し、
竿でチョンチョンとアクションを演出するのも効果的です。。

ワンポイントアドバイス

ヒットしたタコは釣り上げられまいと、海中の障害物に潜ったり壁にへばり付いたりします。
この時、釣り人がタコであると現認していない限りは「根がかり」であると思いがちです。

タコ釣りでは海底で仕掛けが動かなくなった場合は、
とりあえずタコの仕業であるという心構えの方が賢明です。

その場合、少々強引に且つゆっくりと仕掛けを引っ張ります。
何度か繰り返すうちにタコが一瞬でも障害物から離れるチャンスがあればこちらのものです。
そのまま糸を緩めずに一気に海面まで巻き上げましょう。

仕掛けを強引に引っ張る時は、周囲に迷惑がかからないように注意を払って下さい。

おわりに

釣り上げたタコの調理法は貴方次第です。
茹でタコや刺身、唐揚げどれも釣りたては美味しいはずです。

下処理には吸盤内の砂をしっかりと取り除く事が肝心です。

タコ釣りの竿1本を片手に、お出掛けになられてはいかかでしょうか?

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「タコ・釣り」に関連する記事

「タコ・釣り」についてさらに知りたい方へ

  • 大人気!テナガエビの釣り方、仕掛けを紹介します

    大人気!テナガエビの釣り方、仕掛けを紹介します

    テナガエビは誰にでも釣れて仕掛けも簡単に作れます。また食べて美味しく釣り人には人気のターゲットです。ここではテナガエビ釣りの釣り方やその魅力、そして仕掛けの作り方についても詳しく紹介いたします。

    1
  • 手軽にカレイ釣り!ブラーを使った仕掛けを紹介します。

    手軽にカレイ釣り!ブラーを使った仕掛けを紹介します。

    カレイは代表的な食用魚です。釣りにおいても、防波堤や砂浜での投げ釣りで人気です。カレイ釣りの記事は既にいくつかありますので、今回はブラー釣りをご紹介します。ブラー釣りの仕掛けは簡単で、ルアーとほぼ同じ仕掛けで済んでしまいます。それでは紹介していきましょう。

    2
  • 初心者でもわかる!投げ釣り専用リールの選び方

    初心者でもわかる!投げ釣り専用リールの選び方

    釣りには欠かせないのがリール。これから投げ釣りを始めようという方のために投げ釣り専用リールの選び方を紹介します。

    3
  • 初心者でもできる!イイダコ釣りのポイントをご紹介

    初心者でもできる!イイダコ釣りのポイントをご紹介

    通常の魚釣りでは寒い時期になると釣りを楽しめないのですが、秋口から冬に本番を迎えるのがイイダコ釣りです。初心者でも楽しむことができるイイダコ釣りについて紹介したいと思います。

    4
  • ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

    ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

    海釣りでは餌釣りをする人は多いのですが、ルアー釣りも人気を集めています。今までルアーを使ったことがない人にとって、どうやって使ったらいいのかと不安を感じている人もいるのではないでしょうか。そこで、初心者でも楽しめる海でのルアー釣りを紹介します。

    5

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと