般若心経の写経をお手軽に、気軽に体験してみよう!

般若心経の写経と聞くと、厳粛な雰囲気の中で姿勢をピンと正して机に向かうというイメージがあります。もちろんそういった雰囲気を重視することもとても大切です。でも、ここでは家庭でも手軽にできる「般若心経の写経」のやり方をご紹介します。

目次

  1. 敷居が低くなった般若心経の写経
  2. 般若心経とは?
  3. 写経の為に必要なものはこちら
  4. 般若心経を写経する効果
  5. 宗派に関係なく写経のできるお寺はこちら!
  6. 般若心経に関する本もご参考にどうぞ!
  7. 般若心経の写経のまとめ
  8. 終活の専門家に相談してみよう

敷居が低くなった般若心経の写経

写経

功徳を得るための行において、お経はもっとも大切なものの一つです。
読経だけでなく写経をすることもまた、僧侶にとっては大切な修行なのです。一文字一文字を丁寧に書いていくことで、よりお経の功徳を得られやすいと言われています。
現代では一般の方にも広まり、お寺などに申し込めば気軽に写経を体験することができるようになっています。

般若心経とは?

般若心経

『般若心経』は大乗仏教の教えを説いている、わずか300字足らずの短い経典です。そこには仏教の教えがぐっと集約されています。
そのため、さまざまな宗派で用いられている有名なお経です。
般若心経の中に出てくる「色即是空」「空即是色」、末尾の真言など、一般にも馴染み深いですね。
覚えやすいこともあって、たくさんの人に親しまれており、写経の体験にもよく用いられています。

写経の為に必要なものはこちら

写経

「写経って難しそう」「筆で字なんか書けないから」とちょっと尻込みしている方も、「やってみたいな!」と興味を持っているなら思い切って始めてみましょう!

硯に溶いた墨を筆に付けて書く。これが正しいやり方なのでしょうが、ご家庭ではもっと手軽にしてみましょう。
使い慣れた筆ペンやサインペンがあるなら、それで十分です。
姿勢をただし、一文字一文字を丁寧に、気持ちを込めて書いていくことが大切です。長く続けられるものを使ってくださいね。

お寺のサイトなどで、経文が薄く印刷されたものをダウンロードできます。
また、楽天などの通販サイトでは写経セットなど、さまざまなタイプのものが販売されています。100円均一のお店でも購入できます。

部屋

お寺の静かな環境で行うのが一番ですが、お寺になかなか行くことができないという方は、ご自分の気に入ったお部屋で行ってください。
落ち着いて集中できるお部屋なら、正座をしなくても構いません。良い姿勢が保てるなら、椅子に腰かけて負担の少ない状態で行ってください。

般若心経を写経する効果

般若心経

写経をする時は、長時間に渡って集中することになります。

目でお手本を追い、手を動かし、丁寧に文字を書く。
じっと動かないでいるようで、一度にたくさんのことを行うことになる写経は、その間脳が活発に働いているのです。
そのため写経には、認知症の予防、脳や内臓の活性化、姿勢の改善など、身体的な効果が期待できるそうです。

また、無になって文字を書くことで心のゆとりを取り戻し、ストレスの解消や忍耐力の向上など、精神的な面での効果も期待できると言われています。

宗派に関係なく写経のできるお寺はこちら!

寺

写経をする場合、宗派は特に気にする必要はありません。写経を体験できる寺院や、写経のお手本をダウンロードできるサイトをご紹介します。

真言宗豊山派金剛院

東京都豊島区にあるお寺です。こちらでは写経の体験と、ホームページからダウンロードもできるようになっています。
東京都豊島区長崎1-9-2 tel:03-3957-2313

泉湧寺別院 雲龍院

京都市東山区にある泉湧寺の別院、雲龍院での写経体験です。こちらは現存する写経道場の中で国内最古と言われています。
拝観・お抹茶のサービス込みで、1,500円で体験できます。受け付けは、午前9:00~午後3:30迄。
京都市東山区泉湧寺山内町36 tel:075-533-7125

曹洞宗香澤山 安洞院

福島市にある歴史ある寺院です。
写経体験は教材費と茶話会お菓子代込みで500円でできます。まず参加者全員で般若心経を読経してから写経を始めます。
使い慣れた小筆のある方は持参なさってください。
福島県福島市山口字寺前5 tel:024-534-0939

般若心経に関する本もご参考にどうぞ!

般若心経

般若心経の写経や、般若心経に関する書籍は多数販売されています。
写経をする際や、般若心経をもっと深く知りたくなった時の参考にしてください。

お値段手頃な書き込み式練習帳

リーズナブルなお値段の「般若心経」練習帳。直接書き込むことのできる写経本です。解説付きなので、般若心経の意味を知りながら写経することができます。ボールペンから使えます。

朝の5分で写経ができる書き込み式写経手帖

朝に写経をすることで、すっきりとした気持ちで一日を始められそうですね。ちょっとずつ進められる書き込み式です。

般若心経を可愛らしい絵で学ぶ

般若心経を絵と文字で解説した本です。可愛いキャラクターが無意識の海に漂う様子など、般若心経の解説が分かりやすく描かれています。般若心経に興味のある方にオススメです。

般若心経の写経のまとめ

般若心経

いかがでしたか?
最近はぐっと身近なものに感じられるようになった写経です。
一文字一文字を心を込めて丁寧に書いてみる。それだけでも写経をする意味があるかも知れませんね。
これを機会に、気軽な気持ちで般若心経の写経を始めてみませんか。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「般若心経・写経」に関連する記事

「般若心経・写経」についてさらに知りたい方へ

写経用紙の購入、保管、処分など、それぞれの方法や注意点のサムネイル画像

写経用紙の購入、保管、処分など、それぞれの方法や注意点

写経は、現在一つの写経ブームを終え,一般の方たちにもすっかり定着しました。写経が生活の一つになっ

般若心経のブレスレット効果は、開運・守護のお守りになるのサムネイル画像

般若心経のブレスレット効果は、開運・守護のお守りになる

般若心経ブレスレットは、念珠と呼ばれるものです。般若心経の文字が刻まれた数珠をブレスレットにして

宗派を超えて知られるお経『般若心経』 唱えてみませんか?のサムネイル画像

宗派を超えて知られるお経『般若心経』 唱えてみませんか?

「あなたが知っているお経は?」と尋ねられたら宗派に関わらず多くの方が『般若心経』と答えるのではな

今こそ始めよう【ひとりでできる趣味】で心も体も元気に!のサムネイル画像

今こそ始めよう【ひとりでできる趣味】で心も体も元気に!

ひとりでできる趣味を紹介していきます!今だからこそできる趣味をあなたも始めてみませんか?ひとりで

健康にも良い!カラオケで大きな声でお経をよみましょうのサムネイル画像

健康にも良い!カラオケで大きな声でお経をよみましょう

カラオケにお経が入っているのを御存知ですか?たまには大きな声でお経をよみたい!そんな方必見です。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

関連する記事

「般若心経・写経」についてさらに知りたい方へ

写経用紙の購入、保管、処分など、それぞれの方法や注意点のサムネイル画像

写経用紙の購入、保管、処分など、それぞれの方法や注意点

般若心経のブレスレット効果は、開運・守護のお守りになるのサムネイル画像

般若心経のブレスレット効果は、開運・守護のお守りになる

宗派を超えて知られるお経『般若心経』 唱えてみませんか?のサムネイル画像

宗派を超えて知られるお経『般若心経』 唱えてみませんか?

今こそ始めよう【ひとりでできる趣味】で心も体も元気に!のサムネイル画像

今こそ始めよう【ひとりでできる趣味】で心も体も元気に!

健康にも良い!カラオケで大きな声でお経をよみましょうのサムネイル画像

健康にも良い!カラオケで大きな声でお経をよみましょう

人気のタグの一覧

終活ねっとで人気のタグ

ランキング

よく読まれている記事です

数珠の意味~略式数珠と本式数珠の意味と違いのサムネイル画像

数珠の意味~略式数珠と本式数珠の意味と違い

1
なぜお盆になるとなすときゅうりが飾られるの?のサムネイル画像

なぜお盆になるとなすときゅうりが飾られるの?

2
健康にも良い!カラオケで大きな声でお経をよみましょうのサムネイル画像

健康にも良い!カラオケで大きな声でお経をよみましょう

3
これであなたも精神修行してみませんか!?心を鍛えようのサムネイル画像

これであなたも精神修行してみませんか!?心を鍛えよう

4
真言宗の大切なお経の一つである【般若心経】の意味とは!?のサムネイル画像

真言宗の大切なお経の一つである【般若心経】の意味とは!?

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと