不用品の処分、引き取ってもらう、売る、譲る

引っ越しなどで出た不用品の処分、どうしていますか?時間に余裕の無い時や、あまりにも大量の不用品の処分の場合は業者にまとめて引き取ってもらうのが良いと思います。でも、時間に余裕のある場合や思い入れのある品物の処分の場合、売る、譲るという方法もあります。

目次

  1. 引っ越しなどで出た不用品の処分方法
  2. 不用品処分の費用、相場
  3. 不用品処分、業者に引き取りを依頼する
  4. 不用品処分、売る・譲る
  5. その他不用品処分以外の事も頼みたい時
  6. 不用品の処分、まとめ
  7. 終活の専門家に相談してみよう

引っ越しなどで出た不用品の処分方法

不用品の処分方法には、「費用を出して業者に引き取ってもらう」「無料での引き取り先を探す」「売る」「譲る」などがあります。
一番簡単なのは業者に依頼する方法です。
でも、時間や人手に余裕があるなら、今はインターネット上で販売する方法や、やはりインターネット上での譲り合いサイトなどもあります。

不用品処分の費用、相場

料金の相場ですが、これは業者によって様々です。
だいたい、「基本料金+物を見てからの追加料金」というところが多いようですが、中には物によって買い取ってくれる業者や、無料で引き取ってくれる業者もあるようです。
その他、冷蔵庫やパソコンなどはリサイクル法による追加料金がかかる場合もあります。

不用品処分、業者に引き取りを依頼する

業者に引き取りを依頼する場合、あとでトラブルにならないように電話などで不明点をはっきりさせてから申し込みをしましょう。
上記のリサイクル法に基づく料金などの他にも、「大きくて人手がかかる物を運び出すための料金」や「家電の取り外し料金」「ベッドなどの解体・分解の料金」など、意外なところで追加料金がかかるかもしれません。
電話で問い合わせる時に、引き取りを依頼する物の大きさや設置のされかたなど、詳しく伝えておくことをおすすめします。

一人暮らしで、業者さんとのやり取りに不安があるなら、不用品回収の業者さんを紹介してくれる、こんなサイトはいかがでしょうか?
不安な事を相談してから、依頼をすることができます。

不用品処分、売る・譲る

不用品、急いで処分する必要のない場合は、少しずつ「売る」または「譲る」というのはいかがですか?
一番シンプルなのは、知り合いで譲れる人がいるかどうか探してみる事、次に気楽にできるのは地域のフリーマーケットに参加して安価で売ってみることです。
フリーマーケットの場合は服やその他小さなものに限られますが、おこずかい稼ぎになり、意外とお客様になってくれた人とのやり取りは楽しいものです。
その他、「ブックオフ」などの本の引き取りを利用したり、地域によってはブックオフの系列店で「Head Off」(家電やその他電気製品中心の買い取り)や「House Off」(雑貨や家電など、色々な物を買い取り)などへ買い取りを依頼することもできます。

その他、今はスマホからでも不用品を売ったり譲ったりできるサイトがありますので、アプリをインストールしてみてはいかがですか(パソコンでもできます)
利用者数の多いサイトなら「メルカリ」と「ジモティー」がおすすめです。
どちらも、サイト運営者が仲介しているので、安心です。

不要になったもの、誰かが喜んで使ってくれたら嬉しいですね。

その他不用品処分以外の事も頼みたい時

不用品の処分だけではなくて、不用品の仕分けや掃除など、他の事も頼みたい、そんな場合もあります。
そんな時のためにひとつの例として「東京ライフパートナーズ」という会社をご紹介します。
24時間対応で、相談に答えてくれます。ハウスクリーニング、引っ越しの家具の移動、遺品整理、庭の草むしり、庭木の剪定まで様々なお願いに対応してくれるようです。
対応地域は東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、静岡です。
料金など、ネットからの見積もりもできます。

「東京ライフパートナーズ」
TEL 0120-934-516

もうひとつ、全国展開している会社をご紹介します。
こちら「Benry」という会社も、引っ越しから、不用品の引き取り、掃除、庭木の手入れまで様々なお願いに答えてくれます。
こちらの会社は全国に店舗を展開しているので、サイトから自分の家の近くにある店を検索することができます。

「Benry」
TEL 052-505-8702

他にも、ネットで検索するとたくさんの会社があると思います。
不用品処分やその他のお願い事があったら、見つけてみてください。

不用品の処分、まとめ

不用品の処分、多ければ体力も気力も必要ですね。
そして、大量の不用品を処分する時というのは、人生の大きな転機と重なる事が多いものです。
今まで必要だったけれど、もう必要がなくなった物をどうするのか、物の整理をすると同時に気持ちも切り替えられる良い機会にもなります。
環境の変化や状況の変化を上手に乗り切って、新しい生活へ向かう事ができますように。
ここに書いた情報がお役にたてれば嬉しいです。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

相続の専門家のページはこちらから

シェアする

「不用品・処分」に関連する記事

「不用品・処分」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

不要になった家具の引き取り。処分方法を考えよう。のサムネイル画像

不要になった家具の引き取り。処分方法を考えよう。

核家族化が進行し、家を引き継いでくれる親戚がいないケースが増えています。考えなくてはいけないのが

きちんと捨てないと大変なことに!家電の廃棄方法知っていますか?のサムネイル画像

きちんと捨てないと大変なことに!家電の廃棄方法知っていますか?

一般家庭や会社の家電を廃棄したいと思った時、廃棄方法が決まっているものがあるのをご存知ですか?家

遺言執行者とは何をする人?いないとどうなる?のサムネイル画像

遺言執行者とは何をする人?いないとどうなる?

遺言執行者とは、遺言の内容を正確に実現させるために必要な手続きなどを行う人の事です。何やら難しそ

普段使わないので忘れがちな本籍。調べ方を知っていますか?のサムネイル画像

普段使わないので忘れがちな本籍。調べ方を知っていますか?

婚姻届の提出やパスポートの取得の際には戸籍証明書が必要ですが、戸籍証明書は本籍地の市区町村でしか

その間柄はなんと呼ぶ? 続柄を一覧にして、呼び方を知っておこうのサムネイル画像

その間柄はなんと呼ぶ? 続柄を一覧にして、呼び方を知っておこう

親戚との続柄を考えてみたとき、「あの人と私の続柄は、何というんだろう?」と思うことはありませんか

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと