八坂神社の桜って有名?円山公園とセットで楽しもう

八坂神社の桜って有名?円山公園とセットで楽しもう

京都にはたくさんの桜の名所がありますが、八坂神社の桜は円山公園の桜と共に紹介されることが多いです。もともと円山公園は八坂神社の境内だったからなのですが、まさに桜の名所。今回は八坂神社と円山公園の桜について紹介します。

最終更新日: 2020年02月28日

八坂神社に桜がある?

八坂神社

京都にはたくさんの桜の名所がありますが、観光客が集まるわりには桜の名所として出て来ないのが京都市東山区にある八坂神社です。
というのは八坂神社の場合、神社そのものよりも、隣接した円山公園の桜が有名なのです。

もともと円山公園は八坂神社の境内だったのですが、1871年に廃仏毀釈の一環として土地の一部を政府が没収し、そこを公園にしたものなのです。
したがって円山公園の桜も八坂神社の桜、と考えてもいいのですが、まずは八坂神社そのものの桜について紹介しましょう。

八坂神社そのもので桜があるのは南門の脇になります。
四条通を直進してぶつかる入口が西楼門になるので、そこから本殿へ向かって進み、舞殿のところで曲がると南門に出ます。

円山公園に行くには、本殿からさらに直進します。
八坂神社を抜けた先が円山公園になります。
桜の本数は約680本。
シダレザクラが有名ですが、ソメイヨシノやヤマザクラ、ヤエシダレザクラもあり、桜の名所となっています。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今回「終活ねっと」では八坂神社の桜について以下の項目に沿って解説していきます。

  • 八坂神社の桜の見ごろはいつ
  • 八坂神社の夜桜のライトアップについて
  • 八坂神社の桜と一緒に見たい他の桜を紹介

お時間がない方も知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひ最後まで目を通していただけると幸いです。

八坂神社の桜の見ごろは?

八坂神社、および円山公園の桜の見ごろは、だいたい3月下旬から4月上旬となります。
年によってずれがありますが、周辺の桜とほぼ同じ時期に見ごろを迎えることになります。
ヤマザクラは4月中旬くらいまで楽しめますが、ソメイヨシノやシダレザクラはそれより早めの、4月の初めくらいがいいかもしれません。

祇園枝垂桜

祇園枝垂桜

この円山公園で特に有名なのが、円山公園の中心部にある「祇園枝垂桜」です。
この桜、正式名称は「一重白彼岸枝垂桜」と言います。
もともとは樹齢200年とも言われた名桜だったのですが、1947年(昭和22)に残念ながら枯死してしまいました。
そのため、代々仁和寺御室御所の造園を担ってきた庭師である佐野藤右衛門によって2代目が植えられ、現在に至っています。

ちなみに、この円山公園のシダレザクラの3代目もあります。
場所はJR、京都市営地下鉄の二条駅前の千本通側。
八坂神社の地下鉄の最寄駅、東山駅からは一本で行けますので、チャンスがあったら両方見てみたいですね。

ただ、このシダレザクラなのですが、最近カラスがやってきて、小枝を折ったり、フンを落としたりするため、ちょっと元気が足りないようです。
この公園は花見客がシートを敷いて飲食をすることができるのですが、どうやらその時の生ごみを狙ってカラスがやってくるらしいとのこと。
もしお弁当を食べつつお花見をするのであれば、ごみを持ち帰るなど心配りを忘れないようにしたいですね。

八坂神社の桜の夜のライトアップは?

八坂神社は一日中、つまり夜も参拝ができる神社として知られています。
そして円山公園は桜の時期にライトアップが行われます。

祇園枝垂桜

祇園枝垂桜ライトアップ

この円山公園のライトアップですが、他に比べて時間が非常に長いのが特徴といえます。
ライトアップの時間はなんと午前1時まで。
3月上旬ころから4月中旬と期間も長いです。
さらに祗園枝垂桜が咲く時期になると、シダレザクラの廻りにかがり火がたかれます。
かがり火に照らされた桜は、まさに「祗園の夜桜」の名にふさわしい、妖艶なまでの美しさが堪能できます。
また、屋台なども遅くまであり、夜桜を楽しむ客でにぎわいます。

次に触れますが、清水寺や知恩院など、周辺には桜の名所がたくさんあります。
ですので他の名所を見た後でも十分に間に合わせることができます。
花見観光の〆を祗園枝垂桜で、というのもいいかもしれませんね。
せっかくですから八坂神社にも参拝しておきましょう。

八坂神社の桜とセットで見たい桜

ここでは、八坂神社で桜を見たあと、セットで楽しみやすい桜の名所を紹介します。

知恩院

まずは八坂神社に隣接した知恩院。
浄土宗総本山で日本最大の木造門の山門周辺、法然上人の御廟周辺はソメイヨシノの、友禅苑、方丈庭園はシダレザクラの名所です。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
知恩院についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

清水寺

こちらも円山公園から比較的近いところにあります。
春には約1000本の桜が咲き、仁王門近くの紅しだれ桜、地主神社の地主桜がおすすめです。

高台寺

豊臣秀吉の菩提を弔うため、正室・北の政所が建立した寺で、「ねねの寺」として知られています。
シダレザクラが有名ですが、桃山時代の建築物や蒔絵、小堀遠州作の庭園など見どころもたくさんです。

祇園白川

八坂神社の四条通より、花見小路から白川に沿ったエリアでは、この時期に桜のライトアップを行います。
祇園の街並みがいかにも京都らしい雰囲気を漂わせます。
同時期に新橋通りでは「祇園新橋花灯路」も行われます。
運がよければ舞妓さんに逢えるかもしれません。

桜の開花情報を調べよう

この時期の京都は桜を楽しむ観光客が多く、どこも混雑しがちです。
八坂神社、円山公園もそうですが、可能であれば平日に訪れるなど、工夫してみるといいかもしれません。
また、桜の開花はその年の気候に左右されますので、桜の開花情報を調べて、よい時期を選ぶといいですね。
京都の美しい桜を存分に堪能してください。

「終活ねっと」では、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社参拝の仕方について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事