「火葬・骨上げ」について知っておきたいマナー

通夜と葬儀・告別式が終わった後は、火葬・骨上げの儀式を行います。参列する際には、どんな流れで行い、どんな服装やマナーなどを注意しておくべきなのかを知っておきたいです。火葬、骨上げのマナーをしっかりと把握しておきましょう。

目次

  1. 友人と最期のお別れ
  2. 火葬・骨上げとは
  3. 精進落としのマナー
  4. 服装についてのマナー
  5. 火葬式、直葬とは?
  6. まとめ
  7. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

友人と最期のお別れ

葬儀

亡くなられた方とお会いできるのは、お葬式が最後となります。その中でも火葬直前が、対面できる最後の瞬間です。お葬式はお別れをする大切な儀式ですが、マナーを守っていないとその大切な儀式も台無しになります。しっかりマナーを確認してから参列しましょう。

火葬・骨上げとは

葬儀

通夜や葬儀・告別式が終わると出棺、そして火葬・骨上げの儀式に移ります。
火葬の儀式は基本的には変わりありません。

一般的な流れ

1. 出棺
2. 霊柩車、お供車で火葬場
3. 火葬場の人へ「火葬許可証」提出(葬儀会社が代行することも)
4. 火葬炉前の祭壇を飾る
5. 火葬炉前で読経、お祈りする
6. 火葬(約1〜2時間かかります)
  (控え室があればそこで休憩、軽食がある場合もあります)
7. 骨上げ(骨を壺にいれる)
8. 「火葬許可証」受取

火葬許可証とは

火葬には、「火葬許可証」が必要となります、これがないと火葬が出来ません。
亡くなられた後、「死亡届」と一緒に火葬許可申請を行い、「火葬許可証」を交付してもらいます。また亡くなられてから24時間以内の火葬は、法律上出来ないようになっています。

火葬について

火葬は、仏教が広がると同時に火葬も広がりました。これは、釈迦が火葬されたことが理由です。それまでは土葬が広まっていましたが、現在ほとんどが火葬で行っています。
搬送された棺を火葬炉前に安置し、位牌や遺影を置き祭壇を飾ります。僧侶による読経で、遺族や親族、親しかった人だけの最後のお別れをします。そして棺を火葬炉に納め、合掌をして見送ります。この儀式を納めの式とも言います。
また、通夜や葬儀・告別式とは違って、火葬は最後に対面出来るお別れの儀式になりますので、一番辛いお別れになります。
火葬が終わるまでは、約1〜2時間かかりますので、参列者は会食しながら故人との思い出などで語り合います。

火葬でのマナー

納めの式は、一番悲しいお別れのため感情が抑えられないこともあります。この悲しく辛い気持ち、感謝の気持ちなどがいっぺんに込み上がってきて、遺族達は何もできなくなってしまいます。一緒に故人の冥福を祈って、遺族達の気持ちを大切にしてあげることがマナーではないでしょうか。
火葬は、約1〜2時間ほどかかるため会食しながら待機します。喪主から挨拶もありますので、その後に故人との思い出を語り合いましょう。時間があるため、葬儀・告別式で気を引きしめていたが気が緩み、楽になります。色々な話が出てきて盛り上がることもありますが、失礼のないように故人との思い出を語り合いましょう。何よりも故人に対する気持ちを一番に考えることが、大事なマナーですね。

骨上げについて

火葬が終わり、遺骨を骨壷に入れることを「骨上げ」また「収骨・拾骨(しゅうこつ)」とも呼ばれます。遺骨を骨壷に入れる際、全ての骨を入れる方法の他、一部を入れる方法もあります。そのため骨壷の大きさなども違ってきます。

骨上げでのマナー

桃や桑などの木と竹の箸を使う場合や、竹の箸を使い2人1組となって骨を拾う場合があります。2人同時に骨を拾う方法、男女ペアで男性が左で女性が右を同時に拾う方法もあります。
骨を拾う時、足の骨から頭の骨という順番で拾っていき、最後に縁の深かった人、遺族や親族が喉の骨を骨壷へ収めて終わりとなります。
骨壷は箱に入れられ布で包まれます。それを喪主が持ち帰り式場や自宅へ戻ります。
火葬場から戻ったら、お水と塩で清めてから入るのがマナーです。

精進落としのマナー

火葬場から戻ったら、「精進落とし」として、料理が振舞われるところがあります。
お葬式に参列した会葬者へ感謝の気持ちを表し、火葬後に料理が振舞われますので、この時のマナーも確認しましょう。

精進料理とは

本来精進料理というのは、仏の道を極めるため贅沢な食材を省いた料理のことを言います。殺傷を嫌い肉や魚の生ものを食べない料理と言われています。
四十九日までは、この精進料理を食べ続けるのですが、今ではお葬式の時にいただくなど、期間が短くなりました。
料理内容は、肉や魚を使わないで、野菜や根菜類、海藻類などで作られます。調味料では刺激物は使いません。あっさりしたものが多いです。

精進落としとは

四十九日が経ち、通常の食事に戻る時の会食のことを「精進落とし」と呼びます。そのため、精進落としでは、肉や魚などが振舞われる食事が出ます。

会食に参加する場合

精進落としには席順があります。主催側が会葬者をもてなすため、上座が僧侶となり、世話役代表、会社関係者、友人、近親者、親族の順になります。喪主と遺族は末席に座るのが一般的です。
喪主はお礼をして酌をして回っていきます。会食は1時間半くらいが一般的ですので、酌をして回る喪主の方とは、長話にはならないように配慮しましょう。

服装についてのマナー

葬儀

葬儀・告別式が終わり、火葬場へ向かいます。移動には、マイクロバスや自家用車などを利用します。火葬への参列を希望しない場合は、必ず喪主へ伝えましょう。
基本は、そのまま向かいますので服装も葬儀・告別式に参列していた時と同じものになります。着替えはしないのが一般的です。
火葬場でも喪服がマナーですので、金の腕時計やアクセサリーなども控え結婚指輪以外のものはつけません。ネクタイピンも外しておきます。パールのネックレスは、1連のものにして、化粧なども控えめにします。バッグなど殺生を連想するような毛皮のコートなども避けます。
子供の服装は、制服があれば着用し、なければブレザーに白いシャツやブラウス、白や紺色、黒を着用するのがマナーです。

火葬式、直葬とは?

最近では、通夜や葬儀・告別式をせずに、火葬だけ行う式が増えています。それを「火葬式、直葬、荼毘葬(だびそう)」と呼びます。

火葬式をする理由

火葬式にする理由は、費用が安くなります。
安くなることで、故人が家族に負担をかけないようにすることが出来たり、身内の方やご友人などが少ないご高齢の方がシンプルに式をあげるということなどの理由から、この火葬式が増えています。

火葬式、直葬の流れ

1. 安置場所から出棺
2. 霊柩車で火葬場
3. 火葬炉前の祭壇を飾る
4. 火葬炉前で読経、お祈りする
5. 火葬(約1〜2時間かかります)
  (控え室があればそこで休憩、軽食がある場合もあります)
6. 骨上げ(骨を壺にいれる)

骨壷は自宅へ持って行き、一般的には四十九日までは骨壷を安置し、遺影や位牌などお供えしておきます。
火葬式は、葬儀・告別式後の火葬とほとんど変わりません。流れやマナーも同じようになります。

まとめ

火葬のマナーは確認できたでしょうか。
お葬式での最期のお別れ儀式ですが、これらのたくさんのマナーを完璧にしようとするのも難しいものですね。少しミスをしても、故人の想う気持ちと、遺族と一緒に気持ちを分かち合うことができれば、火葬場でのマナーは充分です。この気持ちを忘れずに参列しましょう。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

「火葬・マナー」に関連する記事

「火葬・マナー」についてさらに知りたい方へ

通夜、葬儀、告別式とは何なのか、違いについて押さえておこうのサムネイル画像

通夜、葬儀、告別式とは何なのか、違いについて押さえておこう

告別式とは、葬儀と同じ?通夜は?そんな疑問についてしっかり確認しましょう。通夜、葬儀、告別式とは

日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探りますのサムネイル画像

日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探ります

葬式での日本の火葬率は99%を超えると言われています。今や当然のように行われている火葬。しかし海

火葬場の仕事の中身ってどのようなものなのでしょうか?のサムネイル画像

火葬場の仕事の中身ってどのようなものなのでしょうか?

今や日本の葬儀に欠かせない火葬場ですが、そこで仕事をするスタッフ達によって我々の葬儀は支えられて

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

あなたの家族の一員でもある最愛のペットがもし亡くなってしまったら、どうしたらいいのでしょう?ペッ

アメリカで火葬が急増中?費用や遺骨の扱いについても紹介します!のサムネイル画像

アメリカで火葬が急増中?費用や遺骨の扱いについても紹介します!

アメリカでの葬送といえば、多くの方は棺を埋葬する土葬を思い浮かべるのではないでしょうか。 しかし

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「火葬・マナー」についてさらに知りたい方へ

通夜、葬儀、告別式とは何なのか、違いについて押さえておこうのサムネイル画像

通夜、葬儀、告別式とは何なのか、違いについて押さえておこう

日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探りますのサムネイル画像

日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探ります

火葬場の仕事の中身ってどのようなものなのでしょうか?のサムネイル画像

火葬場の仕事の中身ってどのようなものなのでしょうか?

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

アメリカで火葬が急増中?費用や遺骨の扱いについても紹介します!のサムネイル画像

アメリカで火葬が急増中?費用や遺骨の扱いについても紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと