お墓離れが進む中増えている、骨壺を自宅に安置する「手元供養」

人は亡くなれば、荼毘(だび)に付され骨壺に入り、お墓や納骨堂に納骨されるのが一般的な流れですが、最近増えているのが、骨壺を自宅に置いて供養する「手元供養」。そこで、”お墓”という形にとらわれない、新たな供養スタイルの「手元供養」についてお伝えしていきます。

目次

  1. 自宅(手元)で遺骨保管は問題ない!?
  2. 手元供養のメリット・デメリット
  3. 手元供養の費用はどれぐらいかかるの
  4. 「お墓」だけじゃない手元供養という選択肢
  5. 手元供養のまとめ

自宅(手元)で遺骨保管は問題ない!?

”供養”の方法も変わってきています

墓地以外の土地に遺骨を「埋葬」することは法律で禁止されています。
しかしながら、自宅(手元)での「保管」を禁止する法律はありません。
遺族の方が、火葬した後の焼骨を骨壺に納めて、ご自宅で一時的に「保管」することは、もちろん違法にはあたりません。
通常ですと、49日の法要の後にお墓もしくは納骨堂に骨壺を持って納骨するところですが、今は核家族化も進み、また遠方に転勤など、墓参もおろか、お墓の管理も難しかったり、経済的事情からお墓の購入もなかなかできないこともあります。そんな中、海に散骨したり、樹木葬等、昨今のお墓事情も変化をしています。
そして、熟年離婚も増えてはいますが、大切な人を失った悲しみの中、心のよりどころをなくし、故人を偲んで、骨壺をそのまま手元(自宅)に置いて供養していくという選択肢も増えてきているようです。

手元供養のメリット・デメリット

手元供養のいいところは

お金や時間をかけずに供養ができる

お墓を立てるのには、実はかなりの金額がかかります。
土地代や墓石代まで入れると、100万は下らないようです。
生前からお墓を探して廻る時間とお金、墓参する時にももちろんかかります。
また維持していくのにもいろいろ金銭がかかるわけです。
お葬式費用も大変な中、現実問題があるわけです。
ところが手元供養ですと、基本お金も時間もそれほどかけずに、故人を供養していけるというわけです。

宗教・無宗教を考えないでいい

宗派を問わず、また最近は無宗派の方も多い中、気にせずにご供養できます。

精神的安定が得られる

大切な人が、ある日この世からいなくなる。中には急なことで亡くされる方も少なくありません。
心の整理もつかないまま、手元から離れてしまうことの辛さは想像できないことです。
実際私の母も、急に最愛の伴侶(父)を亡くし、未だに自宅の仏壇に骨壺をおいて、毎日手を合わせることで、少しづつですが精神的に安らいでいるのです。

手元供養の問題点

いつまで手元に骨壺を置くのか

供養していくのも人ですので、永遠にというわけにはいきません。
身内の誰に継承していくのかということで、問題になってくることもあることです。

家族以外の人がお参りするとき

家族以外にも、いわゆるお墓参りをしたい・する方もいるときに、自宅に招くことを考えると
またそこから派生する問題があります。
自宅に居ないといけない。知らない人を自宅に入れるなど。

保管の方法もいろいろ

通常は骨壺に遺骨が入っているわけですが、安置場所(仏壇など)によっては、遺骨の状態がいい状態で保てるのか、状況によってはカビたりすることもあるそうです。
見た目の問題などもあります。
また、粉骨して、ペンダントとかにしても、紛失する可能性も全くないわけでもありません。

手元供養の費用はどれぐらいかかるの

手元供養の方法も様々です

一言で、「手元供養」といっても、いろんなやり方・形があります。
それによって、かかる費用も選ぶことができます。

骨壺もいろいろ

一般的に火葬後の焼骨を納める骨壺は、桐箱に納められ、白い風呂敷にくるまれているもので、かなりの大きさ(7寸,地域によっては6寸など)があります。※1寸:3センチ
もちろんそのままの骨壺もありですが、大きさの問題や、見た目から、専門のところに粉骨してもらい、場所も取らない、見た目も品のいい骨壺などに入れ替えたりと、骨壺ひとつとってもサイズやデザインも豊富にありますので、ご予算に応じて選択することができます。

骨壺の新たな形、遺骨ジュエリー

ヨーロッパでは、古くから”メモリアルジュエリー”としての習慣があるのですが、日本でも、遺骨を粉砕、骨壺に納めるだけでなく、ペンダントなどに入れいつも一緒にという形で、供養する方法も増えてきています。
ペンダント以外にも、ブレスレットや指輪など、”ソウルジュエリー”ともいうようです。
新しい骨壺の形ですね。

仏壇について

以前でしたら、宗派によって違いがあり、豪華絢爛なものから質素なものまで、また仏間といわれる和室の一部に置かれているのが、一般的でした。
しかし、今はマンション住まいも多く、また洋室中心の家がほとんどで、置く場所も考えないといけないところ、宗派にとらわれることなく、リビングに置いたり、寝室においても違和感のない、オブジェのような骨壺を置ける、ミニ仏壇といわれるものも増えてきました。

仏壇

「お墓」だけじゃない手元供養という選択肢

手元供養を選ぶ人は増えています

迷信はありません

少し前なら、お墓に納骨しないと、成仏できないとか、たたりがあるとか言われたり、聞いたりした人がいたのではないでしょうか。
実際、先に述べたように、実家でも10年ほど前から手元供養のかたちをとっていますが、周りからちらほらそんな言葉をかけられた時もありました。
しかし、今や手元供養は当たり前のように増えてきているようで、それぞれの専門の商材も扱うところがネット上でもたくさん見受けられます。
ですから、安心して供養の中のひとつの選択肢として十分考えられるものなのです。

手元供養のまとめ

供養の仕方を迷ったら

心の準備や、環境の準備をして、人の死を迎えるということは、なかなかにできないものです。
供養の仕方をとってみてもそうですね。
「お墓」という選択だけでなく、故人を偲びながら、骨壺を選んでみたりと、いろんな供養の方法を選べる時代になってきました。
そんな時、今はネットで調べることもできますし、電話や、実際に聞いてみることもできます。
自分だけ、あるいは身内だけで悩まずに、第3者に相談してみることもおすすめします。

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「手元・供養・骨壺」に関連する記事

「手元・供養・骨壺」についてさらに知りたい方へ

  • 遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理について

    遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理について

    遺骨の供養方法で悩む方はたくさんいらっしゃいます。最近では、永代供養が注目される一方で、愛する故人を身近に感じることができる手元供養の人気が高まっています。今回は、永代供養と手元供養について解説します。役立つ情報ですので最後までご覧ください。

  • 遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

    遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

    遺骨供養に手元供養という選択肢があるのをご存知ですか?今回は手元供養についてメリット・デメリットから、手元供養を行う際の書類、金額別の遺骨供養方法まで、手元供養に関する情報をまとめてみました。あなたにぴったりの手元供養の方法が見つかるかもしれません。

  • 墓じまいをして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

    墓じまいをして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

    最近では墓じまいをして手元供養を考える人もいるようです。 手元供養なら身近に遺骨を置くことができるのでいつも一緒にいることができますし、お墓の承継者や経済的な負担の問題から手元供養を選ぶ人もいます。 ここでは、墓じまいをした後の手元供養の方法について紹介します。

  • 遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

    遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

    遺骨の「手元供養」はお墓のいらない新しい感覚の供養方法です。お墓離れという言葉もある現在、遺骨の「手元供養」が注目を集めています。今回は遺骨の「手元供養」についてご案内します。アクセサリーやプレートなど、手元供養にぜひおすすめのアイテムも紹介していきます。

  • 手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

    手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

    跡継ぎやお墓参りが難しくなり、墓離れが進む現代。手元供養という新しい方法があるのをご存知ですか?今回は手元供養の方法や手順について詳しく解説していきます。お墓の継承に悩んでいる方、新しい供養の方法を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!のサムネイル画像

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

近年樹木葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬の一種である樹木葬はその名の通り自然に還ることのでき

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参り

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介のサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多

シェアする

関連する記事

「手元・供養・骨壺」についてさらに知りたい方へ

遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理についてのサムネイル画像

遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理について

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

墓じまいをして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

墓じまいをして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!のサムネイル画像

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

1
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

2
お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介のサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

3
お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

4
永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと