平安時代の髪型には、実は色んな種類があるんです

平安時代の髪型には、実は色んな種類があるんです

平安時代の髪型といえば、男性は髷にして烏帽子などを被り、女性は長く伸ばしている。そんなイメージが強いですよね。でもそれだけじゃない、平安時代には本当はもっと様々な髪型があるんです。

最終更新日: 2020年02月19日

平安時代の髪型とは

平安時代

平安時代、人々がしていた髪型とは、男性は一つにまとめた髷(まげ)に結び、女性は黒髪を長く伸ばし、背に垂らしていました。
しかし実際のところ、私たちが思い浮かべる平安時代の髪型とは、絵巻物やおとぎ話に見られるような、いわゆる貴族の姿です。
その他の人たち、庶民や子供は、どんな髪型で暮らしていたのでしょうか。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今回「終活ねっと」では平安時代の髪型に関して以下のような事柄を中心に説明していきます。

  • 平安時代の女性の髪型について
  • 平安時代の男性の髪型について
  • 平安時代の子供の髪型について
  • 平安時代、お手入れはどうしていたの?

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。
ぜひ最後までお読みください。

女性の髪型

代表的な垂髪(すいはつ)

平安時代の髪型として最も知られているであろう垂髪(すいはつ・すべしがみ)。
貴族庶民問わず、女性の主だった髪型となります。
清少納言が枕草子にて『うらやましげなるもの』と記していたように、長く美しい黒髪は当時の女性たちにとって、美人の条件だったのです。
特に宮廷の姫君となれば、殿方に振り向いてもらうためや、ライバルを蹴落とすためにも、腰よりも長く、まるで墨を流したかのような髪が必要不可欠だったのです。

大垂髪(おすべらかし)

大垂髪とは本来、前項で紹介したような、結わずに自然に伸ばした垂髪のことを指す言葉でした。
しかし時代と共に変化していき、現在では元結掛け垂髪(もとゆいかけすいはつ)のことを、大垂髪と呼ぶようになったようです。

鬢(びん)を横に張り出した元結掛け垂髪は、江戸時代に宮中の女官たちが結っていた髪型といわれています。
絵元結(えもとゆい)と水引で束ね、髢(かもじ)を添えます。
そして髻(もとどり)には釵子(さいし)を、前髪には額櫛(ひたいぐし)を飾っており、上品な印象。
現在でも、皇族の女性が儀式の際に結っていたり、お雛様の髪型でもあることから、とても高貴なヘアスタイルであることがわかります。

庶民の垂髪

宮中で優雅に暮らし、身の回りの世話も自身でする必要のない貴族の女性とは違い、庶民の女性は一応は垂髪ではありましたが、労働やすいように短く切ったり、一つに束ねていました。

高髻(こうけい)

高髻とは、采女(うねめ)という天皇に使える女性たちの間で結われていた髪型です。
唐から伝わったとされており、奈良から平安時代初期にかけて、多くの高貴な女性がこの髪型をしていました。

髷を一つ結ぶ一髻(いっけい)と、二つ結ぶ双髻(そうけい)の二種があります。
垂髪とは異なり、象牙の花飾りや金銀の釵子(さいし)というかんざしを飾った、中国の文化を思わせる華やかな髪型です。

男性の髪型

一髻(ひとつもとどり)

平安時代の男性は、肩くらいまである髪を一つにまとめ、元結を根本から巻き付けて結っていく髪型をしていました。
冠下髻(かんむりしたのもとどり)とも呼ばれ、男性のほとんどはこの髪型に冠や烏帽子を被っていたのです。
当時、男性は人前で烏帽子や冠を脱いで髷を晒すことは、下着を脱ぐくらい恥ずかしい行為とされていました。
そのため、男性は私邸にいる時や、就寝時でしか烏帽子や冠を外さなかったようです。

雛人形のお内裏様にも見られる、平安時代の男性の髪型。
冠を被る際は、髻を巾子(こじ)という部分に入れ、簪(しん)で固定させていました。

庶民の髻

庶民でも貴族同様に髷を結い、やはり萎烏帽子(なええぼし)などを被り、髷を露出しないようにしていました。

子供の髪型

子供たちの髪型は、幼少時はあまり男女で差はなく、程度に成長し髪が伸びてきてからそれぞれ結んだり、垂髪にしていったようです。

髫髪(うない)

平安時代の幼い子供がする、うなじで切り揃えられた髪型です。

尼削ぎ(あまそぎ)

およそ肩くらいまでの長さをしており、前髪を目の上で切り揃えると、目刺し(めざし)髪と呼ばれるようになります。
このまま更に伸びていくと、真ん中で髪を左右に振り分け、女児はより長くして垂髪へ。
男児は出仕出来る年齢になると、美豆良(みづら)を結っていくようになります。
この美豆良も、日中は上げ美豆良、宿直(とのい)では下げ美豆良といったように、昼夜で結い分けていました。

平安時代の髪の手入れ

貴族の女性にとっては髪の美しさが重要だったのですが、では実際に平安時代にはどのような髪の手入れをしていたのでしょうか。
平安時代は、特に貴族ともなれば色んな理由から、あまり入浴をしません。
特に冬場に髪を洗ってしまえば、腰よりも伸ばしている長い髪はなかなか乾かずに、風をひいてしまうおそれもあるのです。
では、どうやって美髪を保っていたのか。
女性たちは、まず歯の荒い櫛で髪の汚れなどを取り除きます。
その後はゆするという米のとぎ汁で、髪に潤いを与え、そして歯の細かい櫛で丹念に梳かしていました。
また、椿油やサネカズラの粘液から作られた整髪料で、男女共に髪を整えていたようです。

ちなみに洗髪をした時は、長い髪を乾かして手入れをするのも、相当の時間がかかったため、宮中に使える女房衆は、月に2日間ほどの洗髪休暇なるものがありました。

平安時代の髪型についてのまとめ

雅な平安王朝で知られる、この時代の髪型には、意外と様々な種類があったのですね。
でもやはり注目してしまうのは、宮中の女性たちが競い合っていた垂髪。
きっと庶民の女性たちも姫君のような、艶のある美しい黒髪に憧れていたのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。
「終活ねっと」では様々な記事を紹介しています。
平安時代の文化はほかにどのような特徴があったのかも知りたい方は、こちらの「終活ねっと」の記事をご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事