鯉釣りの竿はこう選べ【私なりの方法を紹介します】

私は鯉釣りが大好きです。鯉釣りの魅力は何と言っても、ダイナミックな引きでしょう。そこで問題なのが、どんな竿が鯉釣りには必要なのか?です。私なりの鯉釣りの竿の選び方を紹介します。

目次

  1. 鯉釣りの魅力と竿
  2. 鯉の強烈な引きにはどんな竿が必要なのか?
  3. 鯉の釣り方 ウキ釣りとバクダン釣り
  4. 鯉釣りの竿 ダイワ シマノなどありますが
  5. 鯉釣り用の竿 まとめ

鯉釣りの魅力と竿

鯉

悠々と泳ぐ野鯉の姿は勇ましいですね。黄金色に輝く野鯉は勇ましいだけではなく美しさも合わせ持っています。

鯉釣りはとても魅力的な釣りです。
鯉釣りの一番の魅力は掛けた鯉とのやり取りにあるのではないでしょうか。
もちろん、食わせるまでの鯉との駆け引きも面白いのですが、私の場合はそれ以上に掛けた鯉の強い引きに魅力を感じます。

鯉の強い引きは竿を通して実感することが出来ます。

鯉の強烈な引きにはどんな竿が必要なのか?

鯉

大鯉を釣り上げた人であれば分かると思いますが、鯉の引きは強烈ですよね。私は以前、川の上に小舟を浮かべ、鯉釣りをしていましたが、大鯉を掛けた際に何度が舟を引っ張られたことがあります。

私の知り合いなどは岸から釣っている時、大鯉を掛けたのですが、体ごと鯉に引っ張られました。途中で糸が切れましたが、もし切れてなかったら竿が折れるか、相当な大捕り物になっていただろうと思います。

鯉釣りに限らないのですが、釣り竿選びの基本は、狙う魚の大きさが基本です。
大物狙いの場合は当然固くて頑丈な竿が必要ですが、小物狙いの場合は細くて柔らかい竿でもOKです。

鯉の釣り方 ウキ釣りとバクダン釣り

鯉の釣り方は地域によって異なりますが、私の地元では主にバクダン釣りが主流です。バクダン釣りとは吸い込み針という独特の針を使う釣り方です。

そもそも鯉は餌を食べる時、噛み付くのではなく吸い込むように餌を食べます。海の魚であるチヌなどは餌に噛み付いて食べますが、鯉の場合は川底に落ちている餌を吸い込みながら食べていきます。

そのため、釣り上げた鯉の胃袋には鯉が食べた餌だけではなく、川底の泥なども吸い込んでいます。余談ですが、釣り上げた鯉を食べる場合は3日間ほど綺麗な水で泳がせて泥を吐かせる必要があります。

鯉釣りの方法にはバクダン釣りの他にウキ釣りがあります。
私個人的にはウキ釣りの方が好きなのですが、私の地元では殆どウキ釣りをする人はいません。
大半の人がバクダン釣りという釣り方です。

鯉釣りの竿 ダイワ シマノなどありますが

竿

私なりの鯉釣り用の竿の選び方を紹介します。
鯉釣り用の竿の選び方ですが、鯉の釣り方によって異なります。

上の画像が鯉釣り用の吸い込み針(バクダン針)と呼ばれるものです。
この針に鯉の食わせ餌を付けて、川底に沈めます。

鯉釣り用の竿はダイワやシマノなどの有名メーカーなどからも様々な種類の竿が出ていますが、私の地元ではバクダン釣りが主流のため、無名メーカーの安価な竿で釣る人が殆どです。

号数で言うと5~6号あたりを使う人が多いです。
鯉釣り用の竿に限らないのですが、竿の号数が大きいほど固くて強い竿ということになります。

材質はカーボンファイバーではなくグラスファイバーを使う人が殆どです。

バクダン針の画像を見ていただければ分かりますが、この仕掛けは結構な重量があります。針に餌をつければさらに重くなります。

細くて柔らかい竿では仕掛けの重さに耐えられないのです。
そのため、バクダン釣りの場合は5~6号程度の硬くて頑丈な竿を使う必要があります。

但し、ウキ釣りの場合はそれほど硬い竿を使う必要はありません。
ウキ釣りで硬い竿を使うと、むしろ面白みにかける釣りになってしまいます。

鯉釣り用の竿 まとめ

鯉釣り用の竿は鯉の釣り方や狙う魚のサイズによって異なります。
ウキ釣りの場合は細くて柔らかい竿が面白いでしょう。

バクダン釣りの場合は仕掛けが重くなるため、硬くて頑丈な竿がお薦めです。
柔らかい竿でバクダン釣りを行いますと、竿が折れる場合がありますので注意が必要です。

鯉釣り用の竿の長さですが、基本的な考え方としましては、釣る場所によって長さを決めます。
釣り場の周辺に障害物などがあって釣り糸が障害物に引っかかるようであれば、障害物に引っかからない程度の長さの竿を使用します。

特に障害物などがない場合は必要以上に長い竿は使わないほうが良いでしょう。なぜなら、竿は長さが長くなればなるほど、扱いが難しくなるからです。

また、竿は短いほうが魚とのやり取りがダイレクトに伝わってきますので、面白さも倍増します。
ただし、「少しでも大きな鯉を釣る」という目的だけに特化した場合、長い竿の方が掛けた鯉を浮かせやすくなります。

大きな鯉を短い竿で掛けますと、水中から水面に浮かせるだけでもかなりの体力が必要となります。

魚の引きを楽しもうと思えば、細くて柔らかい竿ですが、細くて柔らかい竿は折れやすくなり、魚を逃しやすくなります。

また、竿の長さについて言えば、長ければ長いほど魚を水中から水面に浮かせやすくなりますが、面白みにかけてきます。

鯉釣りに限りませんが結局のところ、釣り竿というのは相反するものなのです。

竿選びの考え方は以上の通りです。
釣りの楽しみ方は人それぞれです。竿選びの基本はご自身が何を目的として釣りをするのかで決まります。参考になれば幸いです。

「鯉・竿」に関連する記事

「鯉・竿」についてさらに知りたい方へ

近所の川でも釣れる!多くの人が魅了される鯉釣りのサムネイル画像

近所の川でも釣れる!多くの人が魅了される鯉釣り

小さな川で釣れる魚と言えばフナをイメージする人が多いです。しかし、この小さな川にも大物の鯉がいる

鯉釣りを楽しもう!鯉は手軽な仕掛けでパンでも釣れるのサムネイル画像

鯉釣りを楽しもう!鯉は手軽な仕掛けでパンでも釣れる

川や湖にいる魚の中でも大きく成長する魚が鯉です。この鯉は手軽な仕掛けでも釣りを楽しめます。しかも

大人気!テナガエビの釣り方、仕掛けを紹介しますのサムネイル画像

大人気!テナガエビの釣り方、仕掛けを紹介します

テナガエビは誰にでも釣れて仕掛けも簡単に作れます。また食べて美味しく釣り人には人気のターゲットで

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣りのサムネイル画像

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

海釣りでは餌釣りをする人は多いのですが、ルアー釣りも人気を集めています。今までルアーを使ったこと

船釣りを始めたいあなた! 釣り船や竿のことなど知ってますか?のサムネイル画像

船釣りを始めたいあなた! 釣り船や竿のことなど知ってますか?

この記事では、船釣りを始めたいと思っている海釣り初心者の皆さんに向けて、釣り全般のこと、船釣りで

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと