これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

急な訃報でお通夜に参列することになった時、あれ?お通夜ってどんな服装で行けばいいの?と焦る方も多いと思います。告別式は喪服だけどお通夜は…?と不安な方に、お通夜の服装についてご紹介。マナーを知っておけば、もしもの時でも大丈夫!

目次

  1. お通夜について
  2. お通夜の服装<女性>
  3. お通夜の服装<男性>
  4. お通夜の服装<子供>
  5. 喪服は駄目?
  6. お通夜の服装<親族>
  7. お通夜の服装についてのまとめ
  8. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

お通夜について

葬儀

お通夜とは、葬儀の前に故人と静かに寄り添い、お別れを惜しむための儀式。故人と過ごす最後の夜のことです。元々は親族や近親者、ごく親しい人達のみで行うものでした。最近は一般の弔問客でも、昼に行われる告別式には行けない場合などにお通夜にのみ参列したり、お通夜と告別式、両方参列することも多くなっています。

葬儀や告別式なら喪服を着ればいいけど、お通夜は取り急ぎ駆けつけるから平服でいいんだっけ…と、いまいちマナーに自信のない方に、一般的なお通夜の服装についてご紹介します。

お通夜の服装<女性>

葬儀

黒やグレー、紺色などのスーツやワンピース、アンサンブルがお通夜にふさわしい基本的な服装です。黒無地のブラウスとスカートでもOKですが、スカートは膝の出ない長めの丈にしましょう。地味な色とデザインが望ましいです。夏でも露出は控えます。

バッグ・靴・ストッキング

バッグは黒いもので、金色などの装飾がないものを選びましょう。
ストッキングは柄やラメの入っていない無地の黒。夏でも生足はNGです。

靴は黒のパンプスで、ヒールが5cmぐらいのものを着用します。低すぎるとカジュアルに、高すぎると華やかになってしまうので注意しましょう。また、ピンヒールは避け、太いヒールのものにしましょう。エナメルなど光沢のあるものや爬虫類の皮のもの、スウェードは避け、サンダルやミュールといったつま先が出るものもNGです。

タイツはNG?

寒い冬には冷えるので思わず黒のタイツを履きたくなりますが、平服でOKのお通夜と言えどもタイツはカジュアル衣料のため基本的にはNGです。30デニール以下の肌がうっすら透ける程度の厚みがふさわしい服装となります。

しかし、真冬の雪国といった地域、また高齢者、妊婦さんなど、冷やすと健康を害することもあります。状況や体調に応じて無理のない判断をしましょう。また、肌色のストッキングを履いてから、黒のストッキングを履くという防寒対策もおススメです。

アクセサリーはNG?

光るものは基本的にはNGです。結婚指輪、パール、オニキス、黒珊瑚などはOKです。ただし、二連のネックレスは「不幸が重なる」とされるため避けましょう。
派手なメイクやネイルなども控えた方がよいです。香水もNGです。
髪は黒いゴムやピンでシンプルにまとめましょう。

お通夜の服装<男性>

葬儀

ブラックスーツが基本ですが、仕事の後にそのまま行く場合などはダークグレー、濃紺などのダークスーツでもかまいません。目立たない程度のストライプは構いません。カジュアルな服装はNGです。
ワイシャツは無地の白。色物や柄物はNGです。また、ボタンダウンは避けた方がよいでしょう。
ネクタイは無地の黒、ネクタイピンは外します。靴下や靴も黒です。
金色の時計やボタン、ベルトなど光るもの、結婚指輪以外のアクセサリー、爬虫類の皮製品はマナー違反となるので外しましょう。

お通夜の服装<子供>

赤ちゃんや子供でも、あまりカジュアルな服装は避けた方が無難です。幼稚園や学校などの制服がある場合は制服を着せて行きます。
制服がない場合は、黒やグレー、紺色を基本としたズボンやスカートに、黒や白のシャツ・ブラウスにしましょう。靴はできれば黒が望ましいですが、なければ派手じゃないものにしましょう。

喪服は駄目?

お通夜は急な場合が多く、訃報を受けたらすぐに伺うことから、喪服を着て行くと不幸を予期していたようで逆に失礼に当たると以前は言われていました。

しかし最近はお通夜もあらかじめ日にちが分かっていることも多く、また、お通夜のみに参列する場合もあり、喪服や略礼服で参列する人の方が多くなっています。時代と共に、以前はマナー違反だったものも変わってきているようです。

お通夜の服装<親族>

親族として参列する場合は、お通夜でも正礼装を着用することが基本となります。

男性の服装

洋装の場合、ブラックスーツを着用します。ワイシャツは白、ネクタイやベルト、靴下、靴は黒。光るものは避けます。

和装の場合は、黒の染め抜き五つ紋の着物に白とグレーの袴、黒角帯、黒または白の足袋、黒または白の鼻緒の雪駄を着用します。
和服の正礼装を着用するのは喪主、または喪主に準ずる人のみとされています。

女性の服装

洋装の場合、黒の長袖のワンピースやスーツに黒のストッキング、パンプス、バッグを着用します。スカート丈は膝が隠れるぐらいのものが基本です。

和装の場合、黒無地の着物に黒の帯、帯締め、白の足袋、黒の草履を着用します。
和服の正礼装を着用するのは喪主の妻か故人の妻のみとされています。

お通夜の服装についてのまとめ

葬儀

お通夜の一般的な服装についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?もしもの時に備えて、正しいマナーを身につけておくと安心ですね。正しい服装で参列し、故人を偲んでご冥福を祈りましょう。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

シェアする

「お通夜・服装」に関連する記事

「お通夜・服装」についてさらに知りたい方へ

  • お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

    お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

    喪服といっても格の違いや和装・洋装の違いなどがあります。お通夜に喪服を着ても大丈夫なのか、そもそも喪服とはいったいどのような物を指すのかなど、お通夜と喪服に関する様々な事柄についてご紹介します。

    1
  • 葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!

    葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!

    葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

    2
  • お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?

    お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?

    お通夜の格好にはさまざまなマナーがあります。大人は喪服やブラックフォーマルと分かりますが、子供や赤ちゃんの格好ってどうすればいいのか知っていますか?今回は大人はもちろん子供の通夜の格好も紹介していきます。

    3
  • お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

    お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

    訃報を受けてお通夜に駆けつけるとき、格好と持ち物が気になります。お葬式ももちろんですが、お通夜での格好も、意外と人から厳しく見られているものです。恥ずかしくない格好で行けるように準備しましょう。

    4
  • 今更聞けない。失礼のない、お葬式に適した服装は?

    今更聞けない。失礼のない、お葬式に適した服装は?

    以前は白い装束を着て列席したお葬式。黒色の服装になったのは戦後になってからです。厳格なマナーがありそうなお葬式ですが、意外にも時代の状況に合わせて変化してきています。列席にふさわしい服装についてご案内しますので、どうぞ参考になさってください。

    5

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?気になる葬儀の費用についてご紹介します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?気になる葬儀の費用についてご紹介します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気

家族葬の費用っていくらなの?家族葬にかかる費用の全てをご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?家族葬にかかる費用の全てをご紹介!

家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いから

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?直葬の費用を徹底解説!のサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?直葬の費用を徹底解説!

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いの

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと