共同墓地の費用の相場はどれくらいなの?永代供養って?

共同墓地の利用が広まりつつあります。少子高齢化や費用の問題から、共同墓地が求められていることはもう珍しいことではないようです。共同墓地の申し込み、永代供養、管理費用などについて調べてみましょう。

目次

  1. 共同墓地の意味
  2. 共同墓地の種類と特徴
  3. カトリックとプロテスタント
  4. 共同墓地の施設
  5. 気になる費用
  6. 共同墓地の注意点
  7. まとめ

共同墓地の意味

お墓

共同墓地というと何を思い浮かべますか?
以前は、本来の意味である「無縁仏のための墓地」というイメージが多かったのですが
今では共同墓地はとても身近なお墓になってきています。

実際に霊園を探したい方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

また、お墓を建てるために必要な費用についてより詳しく知りたいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

共同墓地とは

共同墓地とは名前の通り個人のお墓ではなく、複数の人の遺骨が一緒に入るお墓のことです。
自治体や団体、寺院が設置をしています。
宗派などに関係なく誰でも入れるのが共同墓地です。

永代供養墓、合祀

共同墓地と同じような意味で、「永代供養墓」「合祀(ごうし)墓」「集合墓」などもよく使われています。合祀(複数の人を一緒に祀る)されるという意味では、同じと考えてよいでしょう。

ここでは共同墓地について説明をしていきますが、永代供養墓をイメージしながらお読みいただくとよりわかりやすいと思います。永代供養と聞くと少し安心できますね。

なぜ求められるようになったのか

一般の墓地はお墓を守る人がいなくなっている、という問題が大きくなっています。また、お墓はあっても子供に迷惑をかけたくないという人や、お墓は高くて買えないという理由で、共同墓地を希望する方が多くなっています。

誰でも利用できる?

共同墓地は、設置した施設の利用基準に合えば、基本的に誰でも利用可能です。
ご自分のために生前から申し込むことができるものもあります。
墓地(墓園)によって管理体制や埋葬方法、費用等は異なります。

共同墓地の種類と特徴

共同墓地は、設置した経営団体によって、「公営(自治体)」と「民営」「寺院」の3つに分けられます。それぞれに特徴があるので、一つ一つみていきましょう。

公営(自治体)

公営は、地方自治体などが運営している共同墓地です。

宗派を問わずに利用でき、管理が行き届いています。
費用も安く、年々希望者が増えています。

申込みについては、自治体毎にさまざまな決まりがあり、募集期間も限られているので応募者多数の場合は抽選になることがあります。

民営

民営は、公益法人や民間企業が管理・運営をしています。(「民間企業」については下記の「経営母体と運営管理の関係性(豆知識)」をご参照ください)

宗派を問わずに利用できます。管理も徹底されていてサービスも豊富です。
費用は公営よりは高くなりますが、寺院ほどではないようです。

申込みは公営のような制限はほとんどありません。現地説明会なども行っていて、インターネットや広告などで情報をたくさん集めることができます。

寺院

寺院は、宗教法人が管理・運営をしています。
共同墓地は寺院の中に設置されていることがほとんどで、葬儀や法事の際には便利です。

利用する場合は、檀家になるのが前提となるところが多いようです。
費用は寺院によって異なります。

経営母体と管理運営の関係性(豆知識)

ちょっと細かくなりますが、これを知ると「なるほど!」と思うお話です。

長く供養してもらうためにお墓を作るのですから、経営者が破たんなどすることのないように、経営者について決まりがあります。これは共同墓地に限った話ではなく全般的な墓地のことです。
墓地の管理運営には永続性が必要なので、墓地を経営する「経営母体」にも制限があるのです。
その経営母体になれるのは
「自治体」
「公益財団法人」
「宗教法人」 の3つの法人格に限られます。
ただし管理運営については、民間企業に委託することができるので、
経営母体が「公益財団法人や宗教法人」であっても、民間企業に委託していれば「民営」と呼ばれることがあります。
また自治体は、指定管理者制度により民間企業に管理運営を委託しているところもあります。

カトリックとプロテスタント

キリスト教の場合のお墓はどうでしょう。
キリスト教は、カトリックとプロテスタントに分かれています。

キリスト教の墓地

カトリックでは、敷地内に墓地がある教会や、共同墓地として納骨堂を設置されている教会もあります。納骨料金は数万円~数十万円のところが多いです。キリスト教でも火葬して埋葬するのが一般的のようです。

プロテスタントでは、日本キリスト教団の地域ごとに墓地があり、この教団の教会に所属していれば利用することができます。

いずれにしても所属する教会に相談するとよいでしょう。

共同墓地の施設

施設の規模によっても違いますが、共同墓地の上には、大きな石碑や供養塔などが置かれていることが多いです。その下にカロート(納骨室)があり、そこへ納骨をします。

カロート(納骨室)

カロートとは、ご遺骨を納める納骨室です。
カロートは地上に設置されているものと地下に作られているもの(地中型)と大きく2つに分けられています。永代供養墓は地上型が多く、共同墓と呼ばれるものは地中型が多いようです。
上記の写真は、あるお寺の永代供養墓の納骨堂内部です。総石造りで専用の個別棚があります。共同墓地にも同様な形式のものがあります。

納骨の方法は、共同墓地によっておおよそ2つにわかれます。
1つは、遺骨を骨壷から取り出してそのまま納める方法。
2つめは、骨壷のまま、または納骨袋にいれて個別に納める方法です。この場合は写真の様に棚式のものや、扉付きで個人のスペースが与えられるものもあります。

地下のカロート(地中型)

地下のカロートの場合、注意しなければならない点があります。
これは一般のお墓でも問題になっていることですが、地下であるためにどうしても湿気や水分が多くなってしまうということです。対策は施されていたのに「水浸しになっていた」という話も聞きます。直接遺骨を納める場合は特に排水設備などを事前に確認しておきましょう。

気になる費用

共同墓地での費用をみてみましょう。
共同墓地では、墓地を使用する「使用料」と、その管理をお願いする「管理費」が必要になるところが多いです。また、使用料と管理費を併せて「永代供養料」として納めるところもあります。
さまざまなサービスも含まれている場合もありますので、予算に合うものを選びましょう。

使用料

使用料は、共同墓地を使用するための費用です。

公営の場合は、数万円からお願いできるところもあります。費用が安く済むのはありがたいです。
民営の場合は、公営より高くはなりますが、ご遺族へ向けても行き届いたサービスをしてくれるところも多数あります。
寺院の場合は、費用が高いイメージがありますが、共同墓地ということで費用を抑えているところもあるようです。寺院の費用が分かりにくいという声も聞きます。もし費用が明示されていないときは直接お寺に伺ってみるとよいでしょう。

管理費用

管理費用は、お墓を管理するための費用です。

公営の共同墓地の管理費用は、地域によってだいぶ差があります。年間数千円程度のところから、使用料と区別せずに永代供養料として一括して数万円を納めるところもあります。

民営は、公営よりは費用が高く数万円~10万円以上のところもあります。

寺院の管理費はそのお寺によってもかなり差があります。数万円程度~さまざまに設定されています。特に寺院の場合は使用料・管理費と区別せず全ての費用を含めて永代供養料として納めることが多いようです。

共同墓地の費用の納め方は、一般墓地と違い一括で支払う場合が多いので、支払い方法なども事前に確認する必要があります。

共同墓地の注意点

ご遺骨

遺骨がカロート(納骨堂)へ納骨される場合に2つの方法があることがわかりました。

骨壺から遺骨を取り出してそのまま納めた場合は、
最初から他人の遺骨と混ざることを覚悟しなければなりません。また他人の遺骨と混ざりあうためその後に取り出すことができません。

また、骨壺のまま、あるいは納骨袋へ入れて個別に安置できる場合でも、永代供養墓のように、ある一定の期間が過ぎるとご遺骨を取り出して合祀されるところが多いようです。その期間を事前に確認して忘れないようにおくことも大切になってきます。
骨壺のままだと思っていたのにいつの間にか合祀されていた、などという話もありますので。

費用と環境

共同墓地の費用を考えた時に、何を優先させるかによって分かれてきます。

安くて管理も安心という点では、公営の共同墓地が一番だと思います。しかし、人気が高く応募してもなかなか抽選に当たらないという墓地(墓園)もたくさんあります。
さらに公営の墓地は郊外にあることが多く、お参りにいく交通手段なども考える必要があります。

求めやすい費用を考えると共に、故人や自分が土に還る場所の環境や交通の便なども考慮することも大切です。

まとめ

お墓

共同墓地は、社会状況を考えてみても今後さらに利用者が増えていくでしょう。
「自分の旅立ちのために今から準備をしておきたい」と考えている場合は、ひとりで悩まずにご家族や周りの方々へも相談してみましょう。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは永代供養を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「共同墓地・費用」に関連する記事

「共同墓地・費用」についてさらに知りたい方へ

  • 共同墓地の費用は安い!?その理由や相場を解説します!

    共同墓地の費用は安い!?その理由や相場を解説します!

    共同墓地と聞いてどのようなものを想像しますか? ほかの方と同じお墓に入るくらいのイメージで詳しくご存じない方が多いですよね。 どんな人が入るの?費用は? わからないことが沢山ありますね。 今回は共同墓地とその費用について調べてみました。 ぜひ、最後までお読みください。

  • 共同墓地とは何?新しいお墓の形についても知らべてみました。

    共同墓地とは何?新しいお墓の形についても知らべてみました。

    最近は、共同墓地をお考えの方が増えています。その共同墓地も、いろいろな形が新しくまれています。お墓の形態や形をご紹介いたします。

  • 教会の共同墓地とは?一般的なお墓との費用の比較等と共に紹介します

    教会の共同墓地とは?一般的なお墓との費用の比較等と共に紹介します

    みなさんは、教会にも共同墓地があることをご存知でしょうか? 日本では仏教のお墓が一般的なので、ご存知ない方も多いと思います。 そこで、教会の共同墓地について詳しく説明をいたします。 改葬の方法や費用面についても触れているので、ぜひ最後までお読みください。

  • 永代供養・共同墓地について解説いたします!

    永代供養・共同墓地について解説いたします!

    核家族化と少子高齢化が進んだ近年では一般的なお墓を持たず、永代供養の共同墓地を選択する人が増えています。 共同墓地に入った場合に供養はどうするのか気になりませんか? 永代供養と共用墓地の疑問について解説いたしますのでぜひ最後までお読みください。

  • 納骨堂と共同墓の違いやそれぞれの利用方法などを解説します!

    納骨堂と共同墓の違いやそれぞれの利用方法などを解説します!

    先祖代々または家族の墓が減ってきている昨今、共同墓と納骨堂の利用が増えてきています。どちらもご遺骨を納めるための施設であり場所です。どちらも供養場所で、共同墓は室外にあるお墓のことで、納骨堂は室内施設です。その二つの違いや利用方法について知っておきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

    人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

    都立霊園で人気の墓地霊園を8つランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、都立霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。都立霊園への申込の方法・流れ・手続きはもちろん、霊園の特徴やお墓の区分一覧まで全て解説しています。ぜひご覧ください。

    5

シェアする

関連する記事

「共同墓地・費用」についてさらに知りたい方へ

共同墓地の費用は安い!?その理由や相場を解説します!のサムネイル画像

共同墓地の費用は安い!?その理由や相場を解説します!

共同墓地とは何?新しいお墓の形についても知らべてみました。のサムネイル画像

共同墓地とは何?新しいお墓の形についても知らべてみました。

教会の共同墓地とは?一般的なお墓との費用の比較等と共に紹介しますのサムネイル画像

教会の共同墓地とは?一般的なお墓との費用の比較等と共に紹介します

永代供養・共同墓地について解説いたします!のサムネイル画像

永代供養・共同墓地について解説いたします!

納骨堂と共同墓の違いやそれぞれの利用方法などを解説します!のサムネイル画像

納骨堂と共同墓の違いやそれぞれの利用方法などを解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介のサムネイル画像

人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと