お香を使ってリラックス!?お香の香りの効能基礎知識

日本人にはおなじみのお香ですが、お香を使ってリラックスできる時間を日々の生活に取り入れることができれば、もうすこし心豊かな生活が送れるかも知れませんね。そんなお香の香りとリラックス効果をまとめてみました。

目次

  1. お香でリラックス!おすすめの香りの種類
  2. 【人気順】幸福感を与えてくれる香りの効能
  3. 【人気順】ストレスや緊張を解す香りと効能
  4. 【人気順】不安や心配が落ち着く香りと効能
  5. 【人気順】集中力を発揮させる香りと効能
  6. 【人気順】睡眠を誘導する香りと効能
  7. お香のリラックス効果を十分に楽しむ!
  8. お香の有害物質含有の判断に猫を使う!?
  9. まとめ

お香でリラックス!おすすめの香りの種類

お墓

お香の種類も様々ですがその効能も様々です。今回はその香りと効能に的を絞っておすすめの香りをご紹介します。

まず香りの効能から分類すると大きく下の5つに分類出来ます。
1.幸福感を与えてくれる香り
2.ストレスや緊張感をほぐしてくれる香り
3.不安や心配などの気持ちを落ち着かせてくれる香り
4.集中力を発揮させてくれる香り
5.睡眠を誘導してくれる香り
この5つについて、どんなお香があるのかご紹介したいと思います。

それぞれ対応するそれぞれの香りは下記の通りの種類です。
1.幸福感を与えてくれる香りの種類は、ユズ、イランイラン、ベンゾインなどです。
2.ストレスや緊張感をほぐしてくれる香りの種類は、ラベンダー、ジャスミン、ローズなどです。
3.不安や心配などの気持ちを落ち着かせてくれる香りの種類は、オレンジ、ライム、クラリセージなどです。
4.集中力を発揮させてくれる香りの種類は、ペパーミント、ローズマリー、ユーカリなどです。
5.睡眠を誘導してくれる香りの種類は、モミールローマン、サンダルウッド、ネロリなどです。

上記の香りの種類を効果別ではなく、香り成分で分類すると下記の7種類に分類出来ます。販売店でお求めになるときは下記の分類で探されると早く見つかります。

1.ハーブ系   (クラリセージ、ペパーミント、ローズマリーなど)
2.柑橘系    (オレンジ、グレープフルーツ、ユズなど)
3.フローラル系 (カモミールローマン、ラベンダー、ローズ、ネロリなど)
4.エキゾチック系(イランイラン、サンダルウッド、パルマローザなど)
5.樹脂系    (ベンゾイン、フランキンセンス、ミルラなど)
6.スパイス系  (シナモン、ジンジャー、ブラックペッパーなど)
7.樹木系    (モミ、ユーカリ、ローズウッドなど)

ご覧の様に香りの種類でも様々な効果があり、その時々の自分の状態に合わせて必要な香りのお香をチョイスする必要があります。

【人気順】幸福感を与えてくれる香りの効能

幸福感を与えてくれる香りは、代表的な物にユズ、イランイラン、ベンゾインなどの香りがあると言うことを前述しました。ここではそれぞれの香りの効能を比べてみます。

ユズの効能

ユズは日本生まれで古くから日本人に親しまれている最もポピュラーな香りの一つです。

心への効能は、イライラ感などの負の感情を穏やかにし、和やかな気分にして落ち着かせてくれます。気分転換にも使えるフレッシュな香りですが、リラックスするために使う香りと考えた方が良いでしょう。

体への効能は、ゆず湯などで代表されるように、血行促進の効果があり、免疫系の強化をはかります。体を温める作用があり、風邪の予防にも効果があります。心身ともにリラックスすることで疲労回復も期待できます。

イランイランの効能

イランイランはフィリピン地方では「そよ風に揺れる花々」という語源から「花の中の花」と言われています。

心への効能は、鎮静と興奮のバランスを取る効果があります。心を落ち着かせてリラックスさせると同時に、精神を高揚させて自信を取り戻すことを促す作用があります。またイライラ感や落ち着かない気分を和らげます。

体への効能は、神経系の鎮静作用があり、熟睡を促し、高血圧・動悸などにも良いとされています。

ベンゾインの効能

ベンゾインは「ジャワ島渡来の香り」という語源から古くから悪魔払いや宗教儀式に使われてきた薬や香水の原料です。

心への効能は、鎮静させることが主な効能です。過労や考えすぎや不安な心を安定させて落ち着かせ、心を静めて集中させてくれます。瞑想などにも使われます。

体への効能は、抗感染症の効果があります。また呼吸器系の疾患に良く効くとされています。

【人気順】ストレスや緊張を解す香りと効能

ストレスや緊張をほぐしてくれる香りは、代表的な物にラベンダー、ジャスミン、ローズなどの香りがあると言うことを前述しました。ここではそれぞれの香りの効能を比べてみます。

ラベンダーの効能

ラベンダーは、古代ローマの時代からハーブとして利用されてきた植物で、「万能オイル」として重宝されてきました。語源はラテン語の「洗う」で古代ローマ人は入浴にラベンダーを使ったと言われています。

心への効能は、心の中核を支え、感情のバランスを整え、心を落ち着かせる効果があります。また押し殺した感情の解放も助けます。

体への効能は、現在150種類以上の効能が確認されており、まさに万能と言われる所以です。特に冷やすことで炎症を抑え、緊張をほぐす効果があります。緊張の緩和作用は、神経の緊張、不眠、高血圧、動悸、頭痛、イライラ感などを緩和させます。

ジャスミンの効能

ジャスミンの花は夜になると濃厚に香ることから古くから愛と官能の花と言われています。インドでは「夜の女王」とも呼ばれ、神に捧げる花とも呼ばれています。

心への効能は、気持を和らげ官能的な感情を呼び覚まし、恐れや不安や悩みを和らげます。感情のバランスを取る効果があります。

体への効能は、生殖機能を高める効果があります。不感症、月経痛、PMSにも効果的で泌尿器にも効果があります。

ローズの効能

ローズは古くから愛の象徴とされ、「花の女王」と呼ばれて来ました。今では1万を超える品種があります。

心への効能は、心を癒やし、穏やかに感情を修復してくれる効果があります。特に拒絶などによる自己否定の感情を、もう一度自分を受け入れることへと誘う効果があります。孤独感や失望感から幸福感へと誘います。

体への効能は、女性ホルモンの調整作用や子宮強壮作用があります。精神面から来る高血圧や動悸にも効果的です。

【人気順】不安や心配が落ち着く香りと効能

不安や心配などの気持ちを落ち着かせてくれる香りは、代表的な物にオレンジ、ライム、クラリセージなどの香りがあると言うことを前述しました。ここではそれぞれの香りの効能を比べてみます。

オレンジの効能

原産国はインドと言われていますが、中国では4000年以上も前から食べられていたといいます。

心への効能は、リラックスさせてエネルギーの循環を促す効果があります。オレンジは考え方に柔軟性を与えます。完璧主義の人でストレスや欲求不満をため込んだ時の心の解放に効果的です。

体への効能は、消化器系の不調に最も良い効果を発揮します。消化器系のエネルギーの滞りの循環を促します。消化促進、食欲増進、腹痛、悪心嘔吐、便秘や過敏性腸症候群 、エネルギーの滞りに伴う頭痛や緊張に効果があります。

ライムの効能

ライムはアジアからヨーロッパへ、そしてアメリカへと伝わりました。船の中でのビタミンCの補給に役立ったと言われています。

心への効能は、心を爽やかにリフレッシュさせてくれて、不安や憂鬱を改善してくれる効果があります。爽やかな香りは集中力もアップさせ、気持ちをクリアにしてくれます。そして新しい視点や次へ進む決断力へと誘います。

体への効能は、消化器系の働きを助け、消化不良、胃痛、食欲不振などに効果的です。また発熱時の解熱作用もあり、呼吸器系の喘息や気管支炎にも効果的です。

クラリセージの効能

クラリは「明晰な」というラテン語が語源で、疲れ目などの目の疾患に古くから使われてきました。

心への効能は、心を強壮しリラックスさせる効果があります。優柔不断や混乱や不安を和らげ、心を安定させ明晰に判断できるように促してくれます。人生の目的に直面して、インスピレーションを得て対処出来る様になります。

体への効能は、女性特有の不調に効果的な特徴を持っています。月経痛やPMSや分娩時の痛みや不安の緩和、筋肉痛、痙攣、頭痛、偏頭痛や呼吸器系の疾患にも効果があります。

【人気順】集中力を発揮させる香りと効能

集中力を発揮させてくれる香りは、代表的な物にペパーミント、ローズマリー、ユーカリなどの香りがあると言うことを前述しました。ここではそれぞれの香りの効能を比べてみます。

ペパーミントの効能

古代ギリシャやローマ帝国ではミントをベッドに振りまいたりしていました。古代エジプトでは宗教儀式に使われていました。

心への効能は、活気と元気を得ることができ、集中力とひらめきを高めてくれます。柔軟な考え方や状況に応じた振る舞いやコミュニケーションを可能にするよう誘います。

体への効能は、体を温めたあと冷やし、爽快感を与える効果があります。呼吸器系や消化器系の不調にも効果的です。

ローズマリーの効能

ローズマリーは幅広い効用が認められています。

心の効能は、精神を高揚させる働きがあり、自信がなく自我に欠ける人を自信に満ちあふれ自己実現に向かうよう誘います。

体の効能は、心臓の拍動を強める働きがあります。低血圧や冷え症に効果的です。脳の血流を良くするので集中力がアップします。筋肉の強壮や筋肉痛やこりにも効果的です。

ユーカリの効能

ユーカリを最初に取り入れたのは、オーストラリアの先住民アボリジニが感染症や発熱の治療薬として使用したのが始まりです。

心への効能は、呼吸を楽にすることから憂鬱さをなくし、生き生きとさせます。息苦しさを感じる人の感情を解放します。

体への効能は、たくさんの効能が確認されていますが主には呼吸器系の疾患に効果的です。花粉症にも効果を発揮します。

【人気順】睡眠を誘導する香りと効能

睡眠を誘導してくれる香りは、代表的な物にカモミールローマン、サンダルウッド、ネロリなどの香りがあると言うことを前述しました。ここではそれぞれの香りの効能を比べてみます。

カモミールローマンの効能

古代エジプトでは太陽の神に祈るときに使われたり、治療薬としても使われていました。

心への効能は、自分の中心の太陽神経業に効果を発揮します。過度の自我の欲求から来る緊張や自分らしさを失ったときの落ち込みや嫌悪感や不安を和らげます。神経をリラックスさせてくれるので緊張や不眠に効果的です。

体への効能は、頭痛や筋肉痛や歯痛や神経痛を和らげます。食欲不振、吐き気、下痢、便秘などの消化器系にも効果的です。緊張やイライラ感を取り除いてくれます。

サンダルウッドの効能

ヒンドゥーや仏教ではサンダルウッドが焚かれていました。死者を来世に運ぶとも言われています。アーユルヴェーダーでも薬草として使われています。

心への効能は、精神とスピリットに働きかけて鎮静と調和をもたらします。頭痛や不眠などの神経系の緊張を和らげます。世俗的な執着や緊張や不安に働きかけ、崇高な意識へつなげる働きをします。未来に思いを巡らすのではなく、今に意識を向けさせてくれます。

体への効能は、冷やす効果や滞ったものを改善する働きがあります。泌尿・生殖器に効果を発揮します。呼吸器系にも効果的です。

ネロリの効能

ネロリはビターオレンジの木の花から抽出されます。ビターオレンジの枝と葉からはプチグレン、果皮からはビターオレンジが抽出されます。

心への効能は、心の鎮静作用が主でグラウンディングさせると同時にスピリチュアルにつなげる作用が主な効用です。過敏な感受性を落ち着かせてくれます。そのお陰でたまっていた感情を解放させてくれます。

体への効能は、興奮と鎮静のバランスを取ってくれます。神経の高揚から来る不眠や高血圧や動悸を落ち着かせ、不安や緊張を和らげます。神経系の不調による消化器系の疾患に効果的です。

お香のリラックス効果を十分に楽しむ!

お香のリラックス効果の多くは香りの種類で分類されていますが、同じ香りでも産地やブレンドで微妙に違い、自分に合っているお香にたどり付くまでに結構、時間がかかります。

そこで間違いのないお香にたどり付くために、お香の種類だけではなく、おすすめのブランドもご紹介したいと思います。

おすすめの和テイストのお香でリラックス!

日本人ならではの緑茶をイメージした香りのお香をご紹介します。和テイストなリラックス効果が期待できる逸品です。

最もおすすめするのは、ヘムのグリーンティーというお香です。これは抹茶ではなく緑茶をイメージしたもので、化学的ではない自然な香りを楽しめ、日本人のリラックス効果は抜群です。

サンダルウッドのお香でリラックス!

お香の定番のサンダルウッドですが、定番だけに種類も様々です。

おすすめの逸品はガーネッシュのサンダルウッドのお香です。爽やかさと神聖な雰囲気の精神性の高さを充分堪能出来ます。

またもっとさっぱりした香りを求める方はBicのサンダルウッドがおすすめです。

おすすめのラベンダーのお香でリラックス!

おすすめのラベンダーのお香は、ヘムのプレジャスラベンダーです。

ラベンダーのお香を探されている方には一度試していただきたい逸品です。
まるでラベンダー畑を歩いているような香りを楽しめます。一般的なラベンダーの香りよりかなり上品で、心をリラックスさせてくれます。

リラックス重視のおすすめお香!

リラックスと潜在意識の活性化に重きを置くなら柑橘系の香りがおすすめです。クリエイティブなお仕事をされる方にはピッタリです。

最もおすすめするのはヘムのオレンジブロッサムです。柑橘系とフローラル系の両方の効果を発揮してくれます。

お香の有害物質含有の判断に猫を使う!?

お香の種類によっては猫に有害な成分が含まれていることがあります。その場合、猫は本能的に逃げ出すことが多いと言われています。そうした猫の習性を利用して、なかなか判断の付きにくいお香の有害物質の含有を判断することも可能な様です。

昔からお香を焚いている部屋が好きな猫は長生きをすると言われています。こうした猫の習性を利用して、安心安全なお香を生活に取り入れてみましょう。

まとめ

お香

いかがでしたか?今回はお香の香りでどんなリラックスが可能かをまとめてみました。お香の香りの種類も様々ですが、お香の香りでリラックスの効果も様々に変化します。自分に合ったお香と香りが見つかりましたか?

是非、自分流のお香によるリラックス法をひとつ生活に取り入れてみてはどうでしょう?
きっと生活が心身共に豊かに変化することを実感できると思いますよ。

「お香・リラックス」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

関連する記事

「お香・リラックス」についてさらに知りたい方へ

おすすめのお香でリラックスできる時間を作りましょう!のサムネイル画像

おすすめのお香でリラックスできる時間を作りましょう!

お香の使い方を解説。スティックやコーンなど種類別にのサムネイル画像

お香の使い方を解説。スティックやコーンなど種類別に

素敵な香りで安らぐお香とアロマ、どっちが好みでしょうのサムネイル画像

素敵な香りで安らぐお香とアロマ、どっちが好みでしょう

おすすめ!チベットのお香の特徴は?使ってみようのサムネイル画像

おすすめ!チベットのお香の特徴は?使ってみよう

白檀に伽羅…香木の種類とそれぞれの香りや効能についてご紹介のサムネイル画像

白檀に伽羅…香木の種類とそれぞれの香りや効能についてご紹介

お香の本場!トップブランド・HEMの商品をご紹介します!のサムネイル画像

お香の本場!トップブランド・HEMの商品をご紹介します!

車にお気に入りのお香を持ち込もう!でも煙が気になる時はどうする?のサムネイル画像

車にお気に入りのお香を持ち込もう!でも煙が気になる時はどうする?

白檀でお香を楽しむ前に、いろいろ知っておきましょうのサムネイル画像

白檀でお香を楽しむ前に、いろいろ知っておきましょう

素敵な香炉を見つけてお香を楽しんでみませんかのサムネイル画像

素敵な香炉を見つけてお香を楽しんでみませんか

線香の種類を紹介!仏事用から香りを楽しむものまで、のサムネイル画像

線香の種類を紹介!仏事用から香りを楽しむものまで、

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

関連する記事

「お香・リラックス」についてさらに知りたい方へ

おすすめのお香でリラックスできる時間を作りましょう!のサムネイル画像

おすすめのお香でリラックスできる時間を作りましょう!

お香の使い方を解説。スティックやコーンなど種類別にのサムネイル画像

お香の使い方を解説。スティックやコーンなど種類別に

素敵な香りで安らぐお香とアロマ、どっちが好みでしょうのサムネイル画像

素敵な香りで安らぐお香とアロマ、どっちが好みでしょう

おすすめ!チベットのお香の特徴は?使ってみようのサムネイル画像

おすすめ!チベットのお香の特徴は?使ってみよう

白檀に伽羅…香木の種類とそれぞれの香りや効能についてご紹介のサムネイル画像

白檀に伽羅…香木の種類とそれぞれの香りや効能についてご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと