大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

岸からの釣りは手軽に楽しめるのですが、なかなか大物は釣れません。しかし、岸からでも釣り方によってシーバスが狙えます。ここではシーバスの釣り方について紹介します。

最終更新日: 2020年02月28日

一度は大物を釣りたいシーバス

釣り

シーバスはスズキのことで、釣りをしている人にとっては人気の魚種です。
その人気の理由の一つが大きさです。
岸からでも狙える魚でもありながら、大物になれば1位メートル以上にもなります。
これだけの大物が岸から釣れるとなると、釣りをしている人なら誰でも一度は釣ってみたいと思うのではないでしょうか。
ここでは、シーバスの釣り方について紹介していきますので、大物のシーバス釣りを楽しむ参考にしてください。

こちらにご紹介するものはあくまでも一例です。
状況にあわせ釣り方やルアーを選択することで高い釣果につながります。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

シーバス釣りについて、関連する情報も幅広くまとめています。

  • シーバスの狙い方
  • シーバス釣りができる時期

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。
ぜひ最後までお読みください。

シーバスの釣り方

シーバスは肉食の魚で、積極的に捕食をしてくることからも、餌釣りだけでなく、ルアー釣りでも釣りやすい魚です。
幼魚の頃から魚を捕食すため動体視力も良いとされています。
臭いなどもないルアーを使っていても、その動きからルアーを見つけ捕食をしてきます。
ルアーよりも高い釣果が期待できるのが餌釣りです。
餌釣りは臭いと動きによってシーバスにしっかりとアピールをすることができます。

ルアー釣りでのシーバス釣り

シーバスのような肉食系の魚でよく使用されるのがルアー釣りです。
魚に似た疑似餌を使用することで、肉食系の魚は本能的に捕食をします。
そのため、手軽に楽しめる釣りでありながら、シーバスのような大物釣りができてしまいます。
このルアーにはプラスティックや金属など硬い素材で作られているハードルアー、柔らかい素材で作られているソフトルアーの2種類に大きく別けることができます。

ハードルアーでの釣り方

ハードルアーを使った釣り方では、狙う水深に合わせて決めるのがおすすめです。

ハードルアーには、表層に最適なものから、中層や低層向きのルアーがあります。
どのタナがいいのかわからない時には、それぞれのタナに最適なルアーを使って、どのタナでアタリがあるのかを調べます。
タナさえ絞ることができれば、後はカラーチェンジをして、その状況に合ったカラーでシーバスを狙いましょう。
トップウォータープラグが用いられることが多いです。

ワームなどを使ったソフトルアーでの釣り方

ソフトルアーを使ったシーバス釣り方では、ワームがよく使われています。
ハードルアーと違い、柔らかい素材でできているソフトルアーは、その微妙な動きからシーバスに効果的にアピールをすることができます。
ハードルアーと比べ比較的価格も安く、初心者にも扱いやすいルアーです。
ただ、餌釣りと比べればどうしても臭いなどもありませんし、セッティングが悪いと、その違和感からシーバスが釣れないこともあるので状況をみて判断する必要があります。

餌釣りでのシーバス釣り方

シーバスは小魚を捕食する魚なのですが、エビやゴカイ、イソメなどでも釣ることができます。
餌を使った釣り方でのメリットは、臭いや動きでシーバスにアピールできるという点です。
エサ代は必要となりますが、高い釣果を得たいのなら餌釣りも考えてみましょう。
シーバス釣りではエビ撒き釣りやぶっこみ釣りなどで狙えます。

エビ撒き釣り

シーバス釣りで高い釣果が期待できる餌を使った釣り方がエビ撒き釣りです。
餌がある間はシーバスをその場所にとどめることができます。

ぶっこみ釣り

ぶっこみ釣りでは、おもに近距離範囲を狙います。
この釣り方では、主にイソメなどを使用します。

シーバスは夜でも釣れる?

釣り

シーバスは夜行性のため、夜でも狙えます。
常夜灯などがある堤防では小魚も集まりやすく、このような場所では夜でもシーバスが釣りやすいポイントとされています。
シーバスはテトラや岩などに居着くことも多く、テトラなどの障害物の際をめがけて釣りをするのも良いでしょう。

釣りやすい時期は春と秋

シーバスの釣りやすい時期は春と秋です。
春はバチ抜けと呼ばれる時期です。
バチ抜けとは、ゴカイやイソメなどが産卵のために海中を泳ぐことで、この時期はシーバスも積極的にゴカイやイソメを捕食します。
そのため、ぶっこみ釣りのように、この時期にゴカイやイソメを使用した釣り方がおすすめです。
ルアーを用いる場合は、バチの泳ぎに合わせたルアーの動きがシーバスが釣れるコツとなります。

春のルアー釣りではゴカイやイソメのような細いルアーを使いますが、この時にはゆっくりと巻くのがコツです。
秋も春と同じように釣りやすい時期で、冬の越冬を控えたシーバスは食欲が旺盛です。
秋のルアー釣りでは春とは違い、とにかく速く巻くのがコツとなります。

冬でも釣れるの?

釣り

冬でもシーバスを釣ることができますが、この時期はポイント選びが重要となります。
多くのシーバスが水温が下がる冬には深場に移動してしまい、岸からの釣りは難しくなります。
しかし、シーバスは河口なども生息区域としていて、工場や発電所などの排水がある比較的水温が高い場所では、冬でもその場所にとどまっていることがあります。
冬のシーバス釣りでは、このようなポイントでの釣りがおすすめです。

動画で釣り方を学ぶ

シーバス釣りでは、エビ撒き釣りなどが高い釣果が期待できるのですが、エサ代が高いのが難点です。
ルアーであれば何度も使用することができ、シーバス釣りを考えている人は、ルアー釣りをしたいと考えている人も多いと思います。

しかし、餌釣りと比べルアー釣りではポイント選びやルアー選び、ルアー操作が釣果に大きな影響を与えることになります。
初心者では、簡単には釣果につながらないのがこのルアー釣りです。
ルアー釣り初心者は、まず動画でルアー釣りの基礎を学ぶことをおすすめします。

おわりに

いかがでしたか?シーバス釣りの方法はいくつかあります。
自分に合った釣り方で、今まで釣ったこともないような大物釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事