喜寿のお祝いに喜ばれる贈り物を考えましょう

還暦のお祝いには赤いちゃんちゃんこ。では喜寿のお祝いの贈り物は?男性と女性でも喜ばれるものは違いますよね、大切なお父様・お母様に素敵な喜寿の贈り物を考えましょう。

目次

  1. 喜寿などの長寿のお祝いとは
  2. 喜寿の贈り物をする年齢は?
  3. 喜寿の贈り物には紫色
  4. 喜寿の贈り物の平均予算
  5. 女性にも男性にも喜ばれる贈り物
  6. 喜寿のお祝いの贈り物まとめ

喜寿などの長寿のお祝いとは

長寿のお祝いの年齢には名称があります。喜寿もその名称のひとつです。
本来数え年で祝うものですが、今は満年齢で祝うことが多くなっているようです。
では、長寿のお祝いをご紹介します。

・還暦:61歳(満60歳)
一番よく聞く長寿祝いのひとつではないでしょうか。生まれた暦の干支に還る、「還暦」と呼ばれるようになりました。
赤いちゃんちゃんこを贈り物にする風習があります。

・古希:70歳
中国の詩人杜甫の詩に「人生七十古来稀なり」からの由来といわれます。古希は紫の贈り物が祝いの色とされています。

・喜寿:77歳
今回喜寿の贈り物についてご紹介いたします。詳細は後ほど。
「喜」という字は草書体で書くと七十七と読めることに由来します。こちらも紫の贈り物がお祝いの色とされています。

・傘寿:80歳
「傘」の略字が、八十と読めることに由来します。黄色の贈り物がお祝いの色となります。

・米寿:88歳
「米」の字はばらすと八十八と読めることが由来しています。こちらも黄色の贈り物が良しとされます。

・卒寿:90歳
「卒」の略字が「卆」となり、ばらすと九十になります。白が贈り物のお祝いの色となります。

・白寿:99歳
百から一引くと白になります。文字通り白がお祝いの色となります。

・紀寿:100歳
100年で1世紀ということから紀寿と言われています。白がお祝いの色です。

喜寿の贈り物をする年齢は?

喜寿の贈り物などをするのは、数え年で77歳にお祝いをします。
数え年とはなんでしょう?数え年とは、生まれたときを1歳と考え、そこから元日を越すと1歳年を取ります。極端に言えば、大みそかに生まれても元日を基準に数えます。
しかし現在は数え年より、生まれた年を0歳と考え、誕生日を基準にした満年齢を使用するのが主流になっています。
なので、満年齢で数えると喜寿は76歳になります。

喜寿の贈り物には紫色

日本の平均寿命は、男女ともに喜寿の年齢を超えています。
喜寿は長寿のお祝いとされていましたが、もはや喜寿を迎えることが当たり前となっています。
それでもやはりおめでたいことでありますので、みなさんで贈り物やお祝いなどをする行事には変わりありません。
贈り物も素敵なものを用意したいですよね。喜寿の贈り物には、紫色のものが良いです。
なぜ紫色かというと、これにも意味があるのです。
紫色とは、昔は高貴な色とされていて、位の高い人以外は身に着けられなかった色なのです。

喜寿の贈り物の平均予算

喜寿祝いを贈りたいけど、周りがいくらくらい贈り物に使っているのか気になりませんか。
もしかすると、喜寿祝いをもらった側が近所の人とお話しするかもしれません。
贈り物にも相場があります。
・子どもから父母の場合:1万~3万。ただし家族間や地域でも違うでしょう。田舎の方であったり、しきたりを大切にする地域ですと、もっと高額になるでしょう。
・孫から祖父母の場合:5千~2万円。
・親族から:5千~1万円。
・お世話になった人へ:1万~3万円。
上記はあくまで相場であり、参考程度に。詳しくは、近所の人や、家族で相談して、金額を決めるのが、一番良い贈り物ができるでしょう。

女性にも男性にも喜ばれる贈り物

せっかく贈り物をするならだれでも喜んでもらえる贈り物をしたいですよね。
女性でも男性でも喜んでもらえる、さらには喜寿でもらった本人以外も楽しめる贈り物を紹介します。

・メッセージボード
自分たちで作るのも、味があって良いかもしれませんが、プロの似顔絵やイラストをお金を出して作ってもらうのも喜寿祝いの贈り物として喜んでもらえます。
メッセージなどで気を付けておいたほうが良いのは、77歳なので、大きめで読みやすい文字で書いてもらったほうが良いでしょう。
せっかく贈り物をしても読めなければ意味がありません。

・フォトフレーム
喜寿祝いの贈り物にフォトフレームは人気があります。フォトフレームをプレゼントする際は、フレームだけでなく、写真もあらかじめ入れて贈るのが親切です。
いざフォトフレームをもらっても入れたい写真がないなどもあります。
お孫さんの写真や、家族みんなで撮った写真を入れて贈るときっと喜んでもらえるでしょう。

・湯呑
誰でもお茶を飲みますし、ご高齢になると特に温かいお茶を飲まれる方も多いので、湯呑は誰にでも好まれます。
湯呑を贈るときはつるっとした質感よりざらつきのあるものの方が、持ちやすく落とすリスクが軽減されます。
手になじむものを贈るのが一番ですが、本人が持ってみないとわからないものでもあるので、少し小さめの湯呑がおすすめです。

喜寿のお祝いの贈り物まとめ

人々

喜寿のお祝いには、紫色のものや予算、おすすめの品をご紹介しましたが、いかがでしょうか。
あくまで参考にして、喜寿になる方が本当に喜んでもらえるものはなにか、ご家族で話し合うのも、さらに家族の絆が深まる良いきっかけになるかもしれませんよ。

「喜寿・贈り物」に関連する記事

「喜寿・贈り物」についてさらに知りたい方へ

  • 77歳の長寿祝いは喜寿!由来やお祝いの作法はあるの?

    77歳の長寿祝いは喜寿!由来やお祝いの作法はあるの?

    数え年で77歳をお祝いする喜寿。本人や周囲が長寿を実感し始めるのもこの時期だと言われていますね。一生に一度のこと、喜ばれる楽しいお祝いにしたいもの。この記事では、喜寿祝いの由来や一般的なお祝いの仕方についてまとめています。

  • 77歳のお祝いを忘れられないお祝いにしよう!

    77歳のお祝いを忘れられないお祝いにしよう!

    77歳のお祝いは人生のなかでもたった1度きりです。大切な人がこれからも元気でいられるように喜ばれるお祝いしたいですよね。しかし、どんなお祝いをすればいいのか悩んでしまうこともあります。そこで今回は77歳のお祝いを素敵な1日にするための方法についてご紹介します。

  • 喜寿祝いの贈り物は、どうすればいいでしょうか?

    喜寿祝いの贈り物は、どうすればいいでしょうか?

    満年齢で77歳を迎える事を喜寿と言い、喜寿祝いとはそれを祝う事を指します。その際に贈り物をする事になりますが、喜寿祝いは一生に一度のものであるため、判断に迷ってしまう事も有ります。当記事が、喜寿祝いの贈り物の選定に役立てば幸いに存じます。

  • 還暦ではちゃんちゃんこ 喜寿はどんなお祝いをするの?

    還暦ではちゃんちゃんこ 喜寿はどんなお祝いをするの?

    77歳を迎える方のお祝いの喜寿。喜寿は長寿を願うとても大切なお祝いです。でも還暦ではちゃんちゃんこを贈ってお祝いするけれと喜寿はどんなお祝いをすればいいの?喜寿でもちゃんちゃんこを贈るの?とお悩みの方も多いのでは。そこで今回は喜寿のお祝いについてご紹介します。

  • もう迷わない、喜寿のプレゼントはこれ! 贈るマナーと準備を解説

    もう迷わない、喜寿のプレゼントはこれ! 贈るマナーと準備を解説

    喜寿は77歳の節目の祝い。長寿祝いの意味、プレゼントのアイデアから、マナー、プレゼントをいただいた時のお返しまで。しっかりと踏まえて喜寿祝いの準備を解説。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「喜寿・贈り物」についてさらに知りたい方へ

77歳の長寿祝いは喜寿!由来やお祝いの作法はあるの?のサムネイル画像

77歳の長寿祝いは喜寿!由来やお祝いの作法はあるの?

77歳のお祝いを忘れられないお祝いにしよう!のサムネイル画像

77歳のお祝いを忘れられないお祝いにしよう!

喜寿祝いの贈り物は、どうすればいいでしょうか?のサムネイル画像

喜寿祝いの贈り物は、どうすればいいでしょうか?

還暦ではちゃんちゃんこ 喜寿はどんなお祝いをするの?のサムネイル画像

還暦ではちゃんちゃんこ 喜寿はどんなお祝いをするの?

もう迷わない、喜寿のプレゼントはこれ! 贈るマナーと準備を解説のサムネイル画像

もう迷わない、喜寿のプレゼントはこれ! 贈るマナーと準備を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと