米寿のお祝いに喜ばれる贈り物をご提案します

ご存知のように、米寿は88歳のお祝いのことです。「米」の字を分解すると、「八十八」になることに由来します。さて、米寿のお祝いはどんなことをすればよいか、贈り物はどんなものがいいかご紹介します。

目次

  1. 米寿のお祝いはいつがいい?
  2. 米寿のお祝いに贈るお祝い金の金額相場
  3. 米寿のお祝いは色にもこだわりを
  4. お孫さんやお子さんからの米寿のお祝い
  5. 終わりに
  6. 終活の専門家に相談してみよう

米寿のお祝いはいつがいい?

困った人々

悩まれている方も少なくないかもしれませんが、米寿をお祝いする日に決まりはありません。
あくまで傾向ですが、数え年で88歳として、ご家族やご親族が集まりやすいお正月やゴールデンウィーク、お盆期間にお祝いするケースも多いようです。また、満年齢つまり誕生日に合わせて誕生会のような形でお祝いをしている家庭もあるようです。
他方、地域や自治体などによっては、米寿以外の長寿祝い(還暦、喜寿、傘寿など)の方を一堂に会して、お祝い会を開くことがあるようです。または、首長などが各家庭をまわってお祝い品や記念品を渡すケースもあるようです。

米寿のお祝いに贈るお祝い金の金額相場

保険・相続

ご両親はもちろん、ご祖父母の米寿のお祝いの贈り物に頭を悩ませる方も多いと思います。これは、お祝いするという気持ちが大切ので、なんでもいいと言えばそれまでかもしれません。何となく自由に使って欲しいという意味で、お祝い金を包むということでもいいと思います。
「受け取ってもらえない」なんてことは考えず、「じゃあ一緒に必要なものを買いに行こう」というきっかけにもなりますので、お祝いの気持ちを素直に表しましょう。

金額について

米寿のお祝い金は、冠婚葬祭と違って凡その決まりや目安もなければ、相場といったものも実はありません。ただ渡す方に考えて頂きたいのは、米寿を迎えた方のほとんどが年金暮らしということです。相応の貯えがある方もおられるでしょうし、お子さんやお孫さんと同居しているから生活に困っているわけではないという方もいらっしゃるでしょう。ですが、現金はあって困るものではありません。
年齢にもよりますが、お孫さんは自分のお小遣いから少し5,000~10,000円、お子さんはご馳走が食べられる程度、健脚十分なら少し遠出出来るくらいの交通費になる10,000~30,000円と、何らかの意味をもたせると渡しやすいと思います。

のしについて

お祝い金を包む時ののしですが、ある程度一般常識的なものを使いましょう。
表書きは、「米寿御祝」や「祝米寿」などがいいと思います。水引はお祝いなので、赤白、金銀の著王結びが無難だと思います。下段の書き方は、「家族一同」や贈る方の名字名前をしっかり書きましょう。
様々なのしが売られていますので、派手で華美なものもありますが、結婚式ではないので年齢と金額に見合ったシンプルなもので十分です。

米寿のお祝いは色にもこだわりを

長寿祝いには、実はお祝い色があります。絶対的なものではありませんが、日本の風習として昔から残っているようです。すぐ思いつくのが、還暦祝いの赤ですが、米寿は「金色」か「からし色(黄色)」とされています。贈り物をする際には、この色を中心に使うのが好ましいと思います。

身近なお祝い品として、花束やフラワーアレンジメントがあります。男女問わず渡されて嬉しいものの一つです。
花の種類ですが、おめでたい時の花の代表格である胡蝶蘭があげられます。これは白色ですが、米寿のお祝いですので周りに黄色身がかったバラなどをあしらうことで綺麗に仕上がります。
花を贈る際に気をつけたいのが、縁起の悪い花(菊や椿)は避けましょう。また、生花を贈ることも悪くはないですが、手入れが出来ない方の場合は、造花やプリザーブドフラワー(加工して「長生き」出来るようにした花)を選ぶのもいいと思います。

お孫さんやお子さんからの米寿のお祝い

おじい様、おばあ様にとってはお孫さんからお祝いされることは非常に嬉しいことだと思います。同居していたり近くに住んでいて定期的に会えるならまだしも、遠方に住んでいるお孫さんとは年1、2回しか会えないなんてことは往々にしてあります。
また、米寿ともなればお子様は40~50代或いはそれ以上の年齢になっていることでしょう。お子様が複数いるならば、そのお子様(お孫さん、玄孫さん)など大勢でお祝いに駆けつけることこそ最も嬉しいことかもしれません。記念としてまたは思い出として残るものとして、以下のようなものがあります。

写真

例えば、親子三代写した写真を綺麗なフォトケースに飾るのはいかがでしょうか。カメラ店や写真店に注文すれば、デザインを選ぶだけで簡単に作ることができます。メッセージを添えるのもいいでしょう。今では、パソコンなどを用いて自分でつくることも容易になっています。飾って置いておけるものを贈るのもいいですね。

寄せ書き、手書きの似顔絵

小学生くらいまでのお孫さんがいる場合は、手作り、手書きの寄せ書きや似顔絵を色紙などに書いてお祝いするのもいいと思います。敬老の日に向けて、幼稚園や小学校では同じような贈り物づくりをしていることが多いですので、お孫さんの方が勝手がわかっているかもしれません。
ある程度の年齢のお子さんについては、花束に添えるメッセージカードに「手書き」するのもいいと思います。どんなに高価なものより、気持ちが伝わるはずです。

終わりに

人々

いかがでしたか。
米寿のお祝いに何を催すかお悩みの方のアイディアの一つとなれば幸いです。
喜ばれるお祝いになること、切に願います。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「米寿・お祝い」に関連する記事

「米寿・お祝い」についてさらに知りたい方へ

米寿のお祝いはどうしたらいいの?年齢からお祝いまでお教えします!のサムネイル画像

米寿のお祝いはどうしたらいいの?年齢からお祝いまでお教えします!

米寿(べいじゅ)とは長寿のお祝いのひとつです。お祝いだけれど日常的にはあまり聞きなれない言葉です

米寿のお祝いとお祝いの花について紹介しますのサムネイル画像

米寿のお祝いとお祝いの花について紹介します

米寿は数え年88歳のことで、一般には黄色のちゃんちゃんこを着てお祝いをします。お祝いには花を贈る

米寿をお祝いとお祝いの色やプレゼントについて紹介します。のサムネイル画像

米寿をお祝いとお祝いの色やプレゼントについて紹介します。

米寿は数え年88歳のお祝いです。お祝いの色は黄色、辛子色、金色、金茶色で、一般に黄色のちゃんちゃ

米寿のお祝いに、心に響く喜ばれる言葉を贈ろう。のサムネイル画像

米寿のお祝いに、心に響く喜ばれる言葉を贈ろう。

八十八歳のお祝いとなる、米寿。プレゼントなども嬉しいですが、あわせて添える言葉も、喜ばれるものを

米寿のお祝い プレゼントにメッセージを添えてはいかがですかのサムネイル画像

米寿のお祝い プレゼントにメッセージを添えてはいかがですか

高齢化社会などといった言われ方をしていますが、長寿はやはり宝です。米寿を迎えられた方にお祝いとし

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5
このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと