お葬式のやり方ってどういったものがあるか、まとめました!

もし、身内が亡くなった場合、お葬式を行うのが一般的ですが、そのやり方は選択肢が豊富で、手順も多い為、いざ着手するとなると、どうすればいいのか、迷うものです。そこで、この記事では、お葬式のやり方等についてまとめていきました。

目次

  1. 身内が亡くなったらやる事が多い
  2. お葬式をやる葬儀屋を選定する
  3. お葬式の前に死亡届を出す
  4. お葬式の喪主を決める
  5. お葬式のやり方を決める
  6. その他、お葬式の注意点
  7. まとめ
  8. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

身内が亡くなったらやる事が多い

人々

身内が亡くなると、悲しんでいる暇が無い位に、色々な事をやる必要が生じます。お葬式を中心として、四十九日等の法事の開催、年金受給停止の手続き、遺産相続、等々、その種類は様々です。本記事では、お葬式のやり方を中心として、身内が亡くなった後にやるべき事についてまとめていきます。

お葬式をやる葬儀屋を選定する

葬儀

身内が亡くなったら、速やかにお葬式を行う葬儀屋を選定します。病院が紹介してくれることも多いのですが、それがベストな選択肢であるとは限りません。むしろ、紹介手数料が含まれて相場より割高となってしまう事があるので、自分達で情報を集めて良い葬儀屋に目星をつけておいた方が確実です。また、目当ての葬儀屋が必ずしも空いているとは限らないので、目星をつける場所は複数あった方がベターです。

お葬式の前に死亡届を出す

葬儀

お葬式を行う前に、まず死亡届を役所に提出する必要が有ります。多くの場合、死亡届を提出しないと、火葬・埋葬許可証が貰えないのでそもそも葬儀を行う事や、遺骨を埋葬する事が出来ません。
死亡届の提出のやり方については、葬儀社が代行してくれる場合と遺族が自分達で行う方法とが有りますが、前者のやり方の方が一般的です。
提出期限は原則として亡くなった事を知ってから7日以内ですが、葬儀をすぐに行う為に速やかに提出する方々が殆どです。

お葬式の喪主を決める

死亡届を提出した後には、お葬式を行う喪主を決めなければなりません。優先順位は、故人の配偶者、両親、兄弟、同居人、といった順番になります。兄弟の場合、年上の者が優先順位が高くなります。また、故人に前述のような身内がいない場合には、友人や、故人の入っていた老人ホームの代表者等、他に近しい人に頼む事になります。ただ、これらの優先順位は厳格なものではない為、必ずしも従う必要は有りません。また、故人が望んだやり方が有れば、それを尊重した方がベターです。

お葬式のやり方を決める

葬儀

喪主を決めたら、お葬式のやり方を決めます。そのやり方は多岐に渡り、どれを選ぶかは個人や遺族の各々の意向に合わせて考えます。本項では、それらについてまとめていきます。

家族葬というやり方

お葬式のやり方の1つに、家族だけで行う、家族葬と呼ばれるやり方が有ります。規模は、家族だけで行う為、少人数のしめやかなものになります。
このやり方のメリットは、お葬式が小規模になる分、費用が安く抑えられる事と、参加者の人数が少ない事から葬儀自体のスケジュール確保が容易になる、という点です。
注意点として、家族葬である旨や、弔問の辞退の意思を予め、他の人達に周知しておく必要が有ります。また、費用が安く抑えられますが、その分、香典収入が減る為、それを計算に入れた予算配分を行う事が大切です。

いわゆる、親戚や友人を集めたやり方

親戚や友人を集めての、いわゆる普通のお葬式のやり方です。お葬式が大規模になる事から、費用やスケジュールの工面が難しくなりますが、一方でより多くの人々が故人に別れを告げる事が出来るようになるのが大きなメリットとなります。

直葬というやり方

親戚を集めての通夜や告別式を行わず、火葬だけを行うというやり方です。このやり方のメリットは、火葬以外の過程がほぼ全てカットされる為に、費用や手続きの手間が大幅にカットされる事です。
なお、遺体は亡くなってから24時間は安置しなければいけない為、火葬するのは24時間が経過してからとなります。

その他、お葬式の注意点

お葬式のやり方には、いくつか、注意点が有ります。本項では、それについて紹介していきます。

お葬式の受付係を決める

お葬式に受付係を予め選定しておきます。対象は故人の親戚である場合が殆どですが、近しい友人に頼む場合も有ります。お香典の受け取りや、返戻品の手渡しなど、やる事が多く有る為、受付係になった人にはしっかり手順を説明してあげるようにします。
分からない事を質問されたら、答えられるように知識をつけておきましょう。

電報を貰ったら返信する

遺族に送られる電報を弔電と言いますが、このお礼はなるべく速やかな方が良いとされます。原則としては一週間以内で、特に個人と近しい間柄の相手には電話で連絡を入れるようにします。
お礼の言葉については、特にひねりを入れる必要はないのですが、インターネット等で文例を調べ、あまり常識から逸脱しないように気をつけます。

髪型

お葬式の際の髪型については、原則として派手になり過ぎないように、かつ、清潔感が出るようにするのが原則です。
男性の場合は、目に前髪がかかったり、耳が隠れてしまわないように気を付け、なるべく見た目をすっきりさせます。
女性の場合も、原則として、動いた時にも邪魔にならないような髪型にするのがセオリーです。

まとめ

以上、お葬式のやり方等についてまとめていきました。複雑で難しい部分も多く有りますが、それらの理解の際にこの記事が役に立てば幸いです。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

「葬式・やり方」に関連する記事

「葬式・やり方」についてさらに知りたい方へ

  • お葬式の準備は結構忙しい!何をすればいいのでしょうか?

    お葬式の準備は結構忙しい!何をすればいいのでしょうか?

    身内が亡くなると、お葬式をする必要が有りますが、その準備でやるべき事はかなり多く、いきなりそれらを完璧にやれ、と言われてもなかなか出来ないものです。そこで、本記事では、お葬式の準備をどうすればいいか、等についてまとめました。

  • お葬式の受付のマナー等について、色々まとめました!

    お葬式の受付のマナー等について、色々まとめました!

    お葬式で、式と参列者を繋ぐのが受付係となりますが、そこにはマナー等、色々と学ぶべき事が多く有ります。そこで、本記事では、お葬式の受付のマナー等についてまとめていきました。

  • 家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?

    家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?

    家族が亡くなったら、非常に多くの手続きが必要になります。実際に自分がそれらを行う立場になった場合に慌てない為に、少しでも早く、それらについて知っておく事が必要です。当記事では、家族が亡くなったら行うべき手続きについて紹介します。

  • お葬式に参列する時などに知っておきたいこと

    お葬式に参列する時などに知っておきたいこと

    冠婚葬祭の一つであるお葬式は人が亡くなった時に行われる弔事であり、遺族側・参列者側それぞれにマナーや常識などがあります。マナーや常識などを知らないことで人間関係に支障をきたす可能性がありますので、お葬式に参列する時などに知っておきたいことをご紹介していきます。

  • 最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについて

    最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについて

    お葬式は個人との最後のお別れの場となります。しっかりとマナーを守り、故人を思い偲びたいものですね。そんなお葬式について、形式や各種のマナーをまとめました。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬式・やり方」についてさらに知りたい方へ

お葬式の準備は結構忙しい!何をすればいいのでしょうか?のサムネイル画像

お葬式の準備は結構忙しい!何をすればいいのでしょうか?

お葬式の受付のマナー等について、色々まとめました!のサムネイル画像

お葬式の受付のマナー等について、色々まとめました!

家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?のサムネイル画像

家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?

お葬式に参列する時などに知っておきたいことのサムネイル画像

お葬式に参列する時などに知っておきたいこと

最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについてのサムネイル画像

最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについて

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと