お宮参りとお食い初めは同時にしてもいいの?

赤ちゃんが生まれてからすぐに、「お宮参り」「お食い初め」といったお祝いのメイン行事があります。お宮参りとお食い初めが、どんなお祝いなのか、また同時に祝ってもいいのかなどをご紹介します。

目次

  1. 赤ちゃんの誕生
  2. お宮参りとは
  3. お食い初めとは
  4. 写真撮影はする?しない?
  5. お宮参りとお食い初めを同時する理由とは
  6. まとめ

赤ちゃんの誕生

人々

赤ちゃんのご誕生おめでとうございます。これからたくさんのお祝い行事が待っています。お父さんお母さんは、毎日毎日育児、家事、仕事に追われ、大変な日々と格闘しています。しかし、赤ちゃんの成長していく姿はとても喜ばしいものです。
生まれて少しすると「お宮参り」「お食い初め」といった大きなお祝い行事があります。昔と今では事情が違い、祝い方や数え方は地域によって異なる場合があります。赤ちゃんとの思い出が楽しいものになるように、内容を確認しましょう。

お宮参りとは

お宮参りは、「初宮参り」「初宮詣」とも言われます。
赤ちゃんの成長を祝って祈願する行事です。
本来は、赤ちゃんが無事に生まれ、その土地の氏神さま(産土神)に奉告し、氏子として仲間入りする儀式のようですが、地域によっては説がさまざまのようです。

お宮参りはいつするの?

一般的には、男の子で生後31日・32日、女の子で生後32日・33日です。
地方によっては違うところもあります。
天候や母子の体調を考えて、生後100日〜120日くらいまでが良いとされています。

お宮参りはどこでするの?

地元の神社で行います。本来の意味のとおり、その土地の氏神さまに参ります。
お宮参りのしている神社を探したり、両親が結婚式をあげた場所など、どこでも問題なく出来ます。

お宮参りに行く人は決まってる?

まずは、赤ちゃんとお父さんとお母さん、それにお父さん側のおばあちゃんが赤ちゃんを抱っこするため一緒に行きます。
今は、メインの3人だけだったり、両方のご両親が一緒に行くこともあるようです。

着物を着ればいいの?

赤ちゃんの祝い着は、お父さん側のおばあちゃんが贈るといいます。今では、お父さんお母さんが用意したり、レンタル品を使用しています。
正式な祝い着は、白羽二重の着物と紋の入った祝い着を上からかけます。男の子なら、鷹や武者などの勇ましい柄が定番で、色は黒や紺、白などがあります。女の子なら、花柄や手まりなどの可愛らしい柄が定番で、色はピンクや赤などがあります。また七五三のお祝いの着物に仕立て直したりすることもあるそうです。
最近は、写真屋さんのレンタルもあり、写真撮影と一緒にお宮参りするプランもあります。

お宮参りはどんな風にするの?

神社によっては予約が必要なところもありますのでご確認ください。
神社で受付をしたら、初穂料をお渡しします。5千円か1万円が多いですが、神社によっても違いますのでこちらも確認してください。
そして、ご祈祷してもらいます。神社で説明がありますので、そちらに従い進めていきます。
終わると記念写真をする流れが多く、神社内の撮影スタジオや、事前に写真屋さんで予約をして撮影するなど、様々なプランがあります。
そして最後に、皆んなで食事会をする方が多いです。

お食い初めとは

お食い初め(おくいぞめ)は、乳歯が生え始めた頃に、一生食べ物に困らないよう願う儀式です。母乳以外の食べ物を用意し、食べさせる真似をする行事です。

お食い初めはいつするの?

生後100日、または120日にするのが一般的です。
また、生後110日にするところもあれば、120日よりも後にするところなど、地域によって様々です。
全員の都合に合わせて日時を決めているのが多いです。

お食い初めはどこで誰とするの?

基本は、どこでもいいです。
赤ちゃんのお母さんが祝膳を用意する場合や、おばあちゃんが用意し協力してくれることも。産後のお母さんの体調が回復していない人もいらっしゃるので、自宅や実家など協力してくれる人の家などで行います。また、お食い初め膳の用意が出来る料亭、レストランなどでお父さんお母さんの兄弟を呼んで行うことも多いようです。

服装は決まってるの?

生後100日までは白い産着を着せていて、お食い初めの日に初めて色付きの小袖を着せる「色直し式」という儀式もあります。色付きの小袖は、お母さん側の実家から贈るのが一般的です。
今は、動きやすさなどを重視して、白いベビードレスや、タキシードなどの洋風も多くなってきています。

お食い初めは何を用意するの?

「歯固めの石」

赤ちゃんが丈夫な歯になるよう願う「歯固めの儀式」で使用する石です。お宮参りの時に神社からもらうのが一般的となっています。無い時は、河原等の近場で拾ったものでもいいそうです。

「お食い初めの料理」

お食い初めの料理は、一汁三菜が基本となりますので、お祝い用に御赤飯、鯛、お吸い物、煮物、香の物の5品を用意します。
御赤飯も鯛も、お祝いごとには欠かせないです。赤は魔除けの意味が込められています。
お吸い物は、「吸う力」が強くなるようにという意味があり、2枚貝のようにぴったりと、末長く結ばれるようにという意味のあるハマグリや、背中が曲がっていることから長生きするエビなどを具にします。
煮物には、紅白色のにんじんと大根や、亀の甲羅型にした六角形のかぼちゃなど、旬の野菜を用意します。
香の物にも、旬の野菜をつけたもの、酢の物などで用意します。しわしわになるまで食べ物に困らないという願掛けのある梅干しなどもあります。

「お食い初め用の食器」

お椀は漆器や素焼きのものを使用します。
男の子では朱塗りで、女の子は外側が黒塗りで内側が朱塗りを決まっています。地方によっては逆のこともありますので、確認しましょう。
今は、レンタル品を使用したり、離乳食で使用するプラスチック製の食器を準備することもあります。

お食い初めはどうやって食べさせるの?

赤ちゃんに食べさせる真似をします。
食べさせる役は、身内で最年長の人がすることになっています。男の子なら男性で、女の子なら女性の最年長の人になります。おじいちゃんやおばあちゃんがいればその方になります。
食べさせる真似の順番もあり、「飯→汁→飯→魚→飯→汁」を3回繰り返します。
最後に歯固めの石に箸をつけて、「丈夫な歯が生えてくるように」と思いを込めて赤ちゃんの歯茎にちょこっとあてます。
お食い初めが終わると大人たちで食べてもかまいません。
歯固めの石は、感謝の気持ちを込めて神社などにお返しします。

写真撮影はする?しない?

お宮参りもお食い初めも、写真撮影をしている方が多いです。おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントにしても、大変喜ばれています。
現在、写真屋さんにはたくさんの衣装がありますので、楽しんで写真撮影ができます。お宮参りの際は、衣装レンタルができるところもあるので、神社へ行ったあとに写真を撮ることができます。
赤ちゃんのご機嫌や体調に合わせて日程も決めれます。

お宮参りとお食い初めを同時する理由とは

お宮参りは生後1ヶ月頃に行い、お食い初めは生後100日頃に行うことがわかりました。
しかし生後1ヶ月頃だと、赤ちゃんは首が座らない状態、お母さんは体調が不完全で、初めて外出するという方もいると思います。授乳間隔も短く、お母さんは大変な一日になりそうです。
こういった状態のため、落ち着く頃には100日が過ぎてしまいますので、お宮参りとお食い初めを同時にしている方が多くいらっしゃいます。

まとめ

お宮参りとお食い初めは、同日でも同日じゃなくても、決まった日にちにしなくても問題ありません。
赤ちゃんやお母さんの体調によって都合のつく日取りにするのが、一番の思い出作りになります。
家族全員で赤ちゃんの健やかな成長を祈って、楽しいお祝いをしましょう。

「お宮参り・お食い初め」に関連する記事

「お宮参り・お食い初め」についてさらに知りたい方へ

  • お食い初めには、正式な服装があるって本当?

    お食い初めには、正式な服装があるって本当?

    お食い初めとは、赤ちゃんが食べる物に困ることがないよう行われる行事のことです。お食い初めには正式な服装があります。今回は正式な服装や、現在はどうしているか、またお食い初めについて紹介していきます。

  • 赤ちゃんはお葬式に連れて行って良い?連れていく際のマナーとは

    赤ちゃんはお葬式に連れて行って良い?連れていく際のマナーとは

    お葬式に出席しないといけないとなった時、赤ちゃんが居たらどうしますか?赤ちゃんはお葬式に連れて行っても良いのか?連れていく場合はなにに気を付ければいいのか、今回は赤ちゃんを持つお母さんお父さんに必見!お葬式に赤ちゃんを連れていく際のことについて紹介します。

  • お墓で写真を撮るのは不謹慎?お墓参りでのマナーを考える

    お墓で写真を撮るのは不謹慎?お墓参りでのマナーを考える

    お墓参りに行った時に、せっかく親戚一同が揃っているので写真を撮ろうと思うけど、これはマナー違反でしょうか?お墓の写真を撮るのは不謹慎な気がすると思っている方もいるでしょう。そこでお墓参りでのマナーをご紹介します。

  • 60歳の誕生日「還暦」のお祝い方法と意味を知る

    60歳の誕生日「還暦」のお祝い方法と意味を知る

    60歳になったら還暦を迎えますね。単に誕生日というだけでなく、長寿のお祝いという特別な意味を持ちます。最近の60歳はお若いので、長寿というニュアンスではなくなってきてはいますが、お祝いしていただく方も、お祝いする方も”ありがとうの心”を込めてお祝いしましょう。

  • お食い初めには、正式な服装があるって本当?

    お食い初めには、正式な服装があるって本当?

    お食い初めとは、赤ちゃんが食べる物に困ることがないよう行われる行事のことです。お食い初めには正式な服装があります。今回は正式な服装や、現在はどうしているか、またお食い初めについて紹介していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「お宮参り・お食い初め」についてさらに知りたい方へ

お食い初めには、正式な服装があるって本当?のサムネイル画像

お食い初めには、正式な服装があるって本当?

赤ちゃんはお葬式に連れて行って良い?連れていく際のマナーとはのサムネイル画像

赤ちゃんはお葬式に連れて行って良い?連れていく際のマナーとは

お墓で写真を撮るのは不謹慎?お墓参りでのマナーを考えるのサムネイル画像

お墓で写真を撮るのは不謹慎?お墓参りでのマナーを考える

60歳の誕生日「還暦」のお祝い方法と意味を知るのサムネイル画像

60歳の誕生日「還暦」のお祝い方法と意味を知る

お食い初めには、正式な服装があるって本当?のサムネイル画像

お食い初めには、正式な服装があるって本当?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4
おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと