神奈川で御朱印巡りをしよう!おすすめの神社を紹介

神奈川で御朱印巡りをしよう!おすすめの神社を紹介

近年、各寺社で頂ける「御朱印」の人気が高まっています。ここでは、神奈川の寺社で貰える御朱印をご紹介します。神奈川の御朱印を集めたい方、これから御朱印巡りを始めたい方にも必見!あわせて御朱印の貰い方、気をつけたいマナーなども参考にしてみて下さい。

最終更新日: 2020年02月28日

御朱印の魅力

御朱印
終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今回「終活ねっと」では、御朱印について以下の項目に沿って解説していきます。

  • 御朱印って一体何?
    御朱印をもらうための準備
    御朱印をもらう際のマナー
    神奈川県内で御朱印がもらえるお寺・神社
    神奈川県外で御朱印がもらえるお寺・神社

お時間がない方も知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひ最後まで目を通していただけると幸いです。

御朱印とは

御朱印とは、お寺や神社で、それぞれの寺社名や参拝日を墨書きして朱印を押して頂くもののことです。
その寺社に参拝した証であり、それらを集めた御朱印帳と呼ばれるものは、世界に2つとない自分だけのものになります。

旅の思い出に、また心の安らぎを求めて、あるいは新たな趣味として御朱印巡りの人気が高まっています。
また御朱印はお札やお守りと同じご利益があるとされていて、極楽浄土を願い、棺に入れる方もいます。

御朱印の歴史

最近では御朱印を集める女子のことを「御朱印ガール」と呼んだり、旅行会社で御朱印巡りの旅が企画されたりなど、空前の御朱印ブームが起こっています。
しかしその歴史は意外に古く、江戸時代までさかのぼります。

もともと御朱印は、自分で写経したものをお寺に奉納し、その証として頂けるものでした。
書写したものを寺院に納めることを「納経」と言い、御朱印は「納経印」とも言われます。

お寺で始まった御朱印が、その後神社に広がりました。
現在、大方の寺・神社で御朱印をもらうことが可能です。
その影響もあって、近年御朱印集めを趣味とする方も増加傾向にあります。

ただし一般的には、偶像崇拝(=仏像や神像を崇めること)を行わない浄土真宗のお寺では、御朱印を頂くことができません。
お守りも販売していないところが多いようです。

御朱印の貰い方、集め方

御朱印というと、信心深い方だけが頂ける特別なもの、興味はあるけれど何となく敷居が高そうとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし決してそのようなことはなく、マナーさえ守れば、老若男女問わず御朱印巡りを楽しむことができます。

御朱印を頂く方法

御朱印帳を用意しましょう

御朱印を頂くには、「御朱印帳」が必要です。
普通のノートやメモ帳などは失礼にあたるとされており、断られることもあります。
値段は1000円~2000円前後で売られていますので、ぜひ自分だけの一冊を用意しましょう。
各寺社でオリジナルの御朱印帳を販売していますし、文房具店やネット専門店でも購入できます。

また、御朱印帳には必ず記名をしましょう。
寺社によっては、お参りをしている間に御朱印帳を預け、その間に書いて下さるところもあります。

ネットで人気のものをご紹介します!

小銭を準備しておきましょう

御朱印を頂く際に、御朱印代が必要になります。
おつりの出ないように、小銭を用意しておくと良いでしょう。
料金の目安は300円ぐらいですが、中には500円というところや、「お気持ちをお納め下さい(志納)」とされているところもあります。

御朱印の貰い方

大きな寺社には、御朱印所や納経所という場所があります。
無い場合には、社務所やお寺の住居で頂くことになります。
御朱印を頂く際には、帽子や荷物などは置き「御朱印をお願いします」と丁寧にお願いしましょう。
書いて頂きたいページを開き、「こちらにお願いします」と一言添えてお渡しします。

御朱印巡りで守るべきマナー5つ

1.参拝してから御朱印を頂く

御朱印を頂く際には、まず神仏に手を合わせて、参拝してから頂きましょう。
御朱印はスタンプラリーではないことを、重々肝に銘じておきましょう。
また、寺社は神様や仏様のいる所ですから、服装もそれなりにふさわしいものを着用します。
あまりに派手な服装や、露出のある服装は避けましょう。

2.御朱印を書いて頂いている時は静粛に

御朱印は、住職や神職が心をこめて一文字一文字書いて下さっています。
人気の寺社では込み合う休日は、30分以上の待ち時間になる場合もあるようです。

しかしいくら時間が手持ち無沙汰だとはいえ、御朱印を書いて頂いている間の飲食、雑談、携帯操作などは厳禁です。
書いて頂いている間は、静かに待ちましょう。

また、書いて下さっている方を無断で撮影するのも失礼にあたります。
どうしても撮影したい場合には、「撮影してもいいですか?」と一声かけてみましょう。

3.繁忙期は避ける

御朱印を頂く時期ですが、参拝者が多い時期やお正月、神社の大例祭やお寺の大法要の日など大きな行事がある日は避けましょう。
また、小さな寺社では常に社務所に常駐していない場合もあります。
その際は、お昼時は避けた方が良さそうです。

寺社は朝が早い分、夕方には門扉を閉じてしまう所も珍しくありません。
事前に、各寺社の拝観時間を調べてから伺うと安心です。

4.書き手の方が書きやすいような配慮を

御朱印を頂く時は、御朱印帳のカバーは外し、綴り式のものであれば紐を緩めておきます。
文字を書く紙が斜めになっていると、非常に書きにくいものです。
帳面を開いて置いた時に、できるだけ平らになるように心がけましょう。

5.一期一会の御朱印の味わいを楽しむ

御朱印は、同じ寺社でも書き手に委ねる部分が多いのが特徴の一つです。
また、同じ方に書いて頂いたとしても、一つとして同じものは無く、御朱印との出会いはまさに一期一会と言えます。

ですから、本やテレビで見た御朱印が素晴らしくそれと同じものが欲しいと思っても、「本に載っていた御朱印と同じに書いて」は厳禁です。
どんな御朱印に出会えるかも、御朱印巡りの醍醐味と思って楽しみましょう。

神奈川で御朱印の貰える寺社

神奈川で御朱印を頂ける寺社は多くありますが、その中でも筆致が美しいものなど人気の御朱印を厳選して4つご紹介致します。

大山寺(伊勢原市)

【所在地】神奈川県伊勢原市大山724
【アクセス】小田急線「伊勢原駅」北口から大山ケーブル駅(伊10系統)行バスで終点下車、
       バス下車後徒歩15分で「大山ケーブルカー駅」、「大山寺駅」下車徒歩5分
【電話】0463-95-2011

建長寺(鎌倉市)

【所在地】神奈川県鎌倉市山ノ内8
【アクセス】JR東海道線大船駅乗り換え、JR横須賀線「北鎌倉駅」より鎌倉駅方面に向かって、
       徒歩約20分
       またはJR横須賀線「鎌倉駅」より北鎌倉に向かって徒歩約30分
【電話】0467-22-0981

遊行寺(藤沢市)

【所在地】神奈川県藤沢市西富1-8-1
【アクセス】藤沢駅北口より徒歩約15分
       バスの場合は、藤沢駅北口4番または5番のりばから
       「戸塚バスセンター行」「大船駅西口行」乗車、「藤沢橋」下車
【電話】0466-22-2063

総持寺(鶴見区)

こちらの御朱印は、見開きで迫力ある達磨様と文字が書かれたものです。
残念ながら、こちらの達磨御朱印を描かれていた老師様はお亡くなりになられ、今後は頂くことができないようです。
芸術性にも優れ、非常に立派な御朱印ですので、ご紹介させていただきます。

【所在地】神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1
【アクセス】JR京浜東北線「鶴見駅」西口より徒歩約7分
       または 京浜急行線「京急鶴見駅」より徒歩約10分
【電話】045-581-6021

神奈川以外で御朱印の貰える寺社

神奈川以外にも、素敵な御朱印があります。
その中でも、まるでアートと呼ばれる人気の御朱印を3つご紹介致します。
番外編もあります。

古峯神社(栃木県)

【所在地】栃木県鹿沼市草久3027
【アクセス】JR「鹿沼駅」から東武日光線新鹿沼駅経由で終点の「古峰原神社」下車、徒歩約1分
【電話】0289-74-2111

日本には様々な種類の神社があることをご存知ですか?神社の中でも3大神社と呼ばれる影響力の強い神社の神宮・天神・八幡宮・住吉・大社について知りたいという方はこちらの記事も併せてご覧ください。

宝徳寺(群馬県)

【所在地】群馬県桐生市川内町5ー1608
【アクセス】東武鉄道「赤城駅」よりタクシーにて約8分。
       または、JR両毛線「桐生駅」から川内線「旧川内北小学校前」下車、徒歩約3分
【電話】0277-65-9165

恵運寺(和歌山)

【所在地】和歌山県和歌山市吹上3丁目1番66号
【アクセス】南海電鉄「和歌山市駅」もしくはJR「和歌山駅」下車
       駅前よりバスにて「日赤医療センター前」下車、徒歩5分
【電話】073-424-7633

番外編 ハワイ出雲大社(ハワイ)

珍しい御朱印を一つ、ご紹介します。
なんと、ハワイにも御朱印が頂ける神社があるようです。
ハワイへ行った際に訪れてみるのも良いですね。

集めた御朱印はどうしたら良い?

御朱印は先にも述べたように、お札やお守りと同様のご利益が得られる非常に有難いものですので、決して粗末に扱ってはいけません。
御朱印帳は、仏壇や神棚に保管するのが理想的です。

それらが無い場合は、タンス上段の引出などに保管することも可能です。
引出には御朱印のみを入れるのが望ましいですが、慶弔用の数珠などを一緒に保管しても良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。
神奈川をはじめ、日本全国には今回ご紹介しきれなかった素敵な御朱印がまだまだあります。
ぜひ、御朱印の意味を理解した節度ある態度で、御朱印巡りを楽しんで頂ければと思います。

こちらの御朱印帳がおすすめです!

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!のサムネイル画像
    御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!

    御朱印とはなんのことなのか説明できますか?時々耳にするけどなんなのかよくわかっていないという方もいらっしゃると思います。今回はそんな御朱印に関する様々なことについて紹介しますので、御朱印のことをまだしっかり説明できないという方はぜひ読んで見てください!

  • 京都の人気「御朱印」をランキング形式で紹介します!のサムネイル画像
    京都の人気「御朱印」をランキング形式で紹介します!

    今全国的に人気のある、御朱印集めについてご存知ですか?何となく聞いた事があるけれど、よく分からないという方も多いと思います。そんな方に、御朱印の基礎知識から京都でもらえる人気の御朱印を厳選してご紹介致します。京都に観光で訪れた際は、ぜひ御朱印集めをしてみてはいかがですか?

  • おすすめの御朱印帳は?サイズに違いはあるの?のサムネイル画像
    おすすめの御朱印帳は?サイズに違いはあるの?

    御朱印集めは近年、運気アップの御利益があるとして人気が出てきました。ここでは友達におすすめされたなどでこれから御朱印集めを始める方のために、必要となる御朱印帳についてまとめています。どのような御朱印帳がおすすめなのか、参考になれば幸いです。

  • ステキな御朱印がいただける神社・お寺を巡ろう~神奈川県編~のサムネイル画像
    ステキな御朱印がいただける神社・お寺を巡ろう~神奈川県編~

    御朱印とはどんなもの?全国各地でいただける御朱印。今回は神奈川県で行ってみたい!ステキな御朱印がいただける神社・お寺をご紹介します。都心からほど近い神奈川県で御朱印デビューしてみませんか。

  • 神社での御朱印のもらい方とは?マナーやおすすめの神社をご紹介!のサムネイル画像
    神社での御朱印のもらい方とは?マナーやおすすめの神社をご紹介!

    神社でいただくことができる御朱印について、あなたはどれくらいの知識をお持ちでしょうか。今女性を中心に人気となっている御朱印について、おすすめの神社や御朱印のもらい方のマナーなどについて解説をさせていただきたいと思います。

  • 東京・大阪・京都で御朱印が人気な神社12選!神社参拝の作法も紹介のサムネイル画像
    東京・大阪・京都で御朱印が人気な神社12選!神社参拝の作法も紹介

    各地の神社を巡って御朱印を集めることが人気となっています。今回は人気の御朱印について詳しく解説いたします。全国で御朱印が人気の神社のほか、東京・大阪・京都でおすすめの御朱印がある神社など御朱印集めに役立つ情報です。参拝の正しい方法もご紹介します。

  • 名古屋市内の御朱印巡り!絶対行きたくなる神社をご紹介しますのサムネイル画像
    名古屋市内の御朱印巡り!絶対行きたくなる神社をご紹介します

    名古屋市内は、車でも地下鉄でも御朱印めぐりをすることができます。いくつか有名な神社仏閣があります。その中から厳選したところをご紹介いたします。名古屋市の御朱印めぐりで、たくさんの功徳を積み、ご加護を頂きましょう。きっと今後の開運と難除けに恵まれる事でしょう。

  • 愛知県で御朱印を頂ける神社を厳選して紹介!のサムネイル画像
    愛知県で御朱印を頂ける神社を厳選して紹介!

    御朱印は、功徳を積む、ご加護を授かる縁起の良いお守りです。愛知県内で御朱印を頂ける神社仏閣は多数ありますが、その中からご紹介したいと思います。古来より伝説があり、霊験あらたかな愛知の御朱印で、きっと慈悲深いご加護に見守られるでしょう。

  • 駐車場台数が多い御朱印がある千葉県の神社のサムネイル画像
    駐車場台数が多い御朱印がある千葉県の神社

    近年、神社や寺院の御朱印を拝受する方が増えてきました。今回ご紹介する千葉県にも、歴史ある神社が数多く存在します。その中から車で参拝して御朱印を拝受をする際に便利な大規模駐車場がある千葉県内の神社をご紹介します。

  • 神社で頂ける珍しい御朱印の地域別まとめ!のサムネイル画像
    神社で頂ける珍しい御朱印の地域別まとめ!

    「御朱印ガール」という言葉をご存知ですか?神社や寺院を参拝して御朱印を集める若い女性が最近増えてきたそうです。そんな御朱印ですが、珍しいものも地域によってはあるのだとか。今回は、全国に数多ある神社の中から、珍しい御朱印を頂けるところをご紹介したいと思います。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事