大相撲の親方はどんな人?そのなり方から人柄まで

大相撲を楽しむにはいろいろな視点があります。相撲ファン初心者や長年のファン、時間にゆとりができて戻ってきたというファンまで、みんなが共通の話題として盛り上がれそうなのが親方についてではないでしょうか?そこで今回は親方についていろいろな情報をまとめてみました。

目次

  1. 大相撲の親方とは
  2. 大相撲の親方になるための資格
  3. 大相撲の親方の役職・仕事
  4. 大相撲の親方の収入
  5. 大相撲の親方はどんな人?
  6. 大相撲の親方についてのまとめ

大相撲の親方とは

大相撲

そもそも大相撲の親方とはどういったもので、どんな人たちなのでしょうか?簡単にいえば引退した力士となりますが、条件を満たし資格を得た力士が引退後になる年寄のことを親方と言っています。一代年寄をのぞいて年寄名跡が105と定員も決まっているのです。

現在はできませんが、はるか昔には行司が親方の相撲部屋もあったようで、その名残なのか庄之助親方と呼んでいる人もいるようですが、名跡をよく見てみると、木瀬や式秀の名跡はそれぞれ、木村瀬平と式守秀五郎を略したものなので元々は行司からきたものというのがわかります。造詣の深い相撲ファンになれば名跡の由来や足跡にも興味が出てくるので、自分で探す楽しみも増えるかもしれません。

大相撲の親方になるための資格

相撲

引退した力士全員が親方になれるわけではありません。では、親方になるにはどのような資格や条件があるのでしょうか?

原則として、親方になるには日本国籍であることに加えて、三役経験者か、通算で幕内在位20場所もしくは十両を含め関取在位30場所以上といういずれかの条件を満たしている必要があります。

例外としては、関取在位28場所以上経験しているうえ願書を提出して理事会の承認が得られた場合、幕内在位12場所もしくは関取在位20場所以上経験しているうえ部屋の後継者指名を承認された場合があります。

部屋持ち・部屋付きの違いは?

親方は相撲部屋の師匠である親方と相撲部屋に所属している親方がいます。形式上年寄名跡は協会の所有となっていますが、実際所有しているのはその親方本人か、資格を満たしている現役力士たちなどです。

その中でも部屋付きの親方には、条件は満たしていたものの名跡の取得ができずに現役力士などから借りている人も何名かいます。その場合は部屋を持つことができず、出世はできません。

外国人の場合

2017年3月現在、年寄の襲名条件の一つが日本国籍を有する者に限られているため、どんなに優秀な実績がある外国人関取でも日本国籍の取得が必須事項となっています。国籍の変更は重い決断ということから、しばしば親方になるための壁という議論もあるようです。国によっては愛国心が強いため、日本国籍の取得でつらい思いをしたというケースもありました。

だいたいの場合は、長年住んでいる日本のため、相撲のため、もちろん母国のために恩返しや橋渡しをしたいという想いから日本国籍を取得して親方になっているようです。外国出身の親方も大相撲界の発展に貢献しています。

余談ですが、過去に白鵬関が力士会で、外国国籍でも親方になれるよう理解を求めていたことがありました。モンゴル相撲の伝説の横綱であり、レスリングのオリンピックメダリストを父に持つため、日本国籍を取得するのは難しいのではという見方もあったようですが、現状はどんなにすごい横綱でも一代年寄はもちろん、親方にはなれません。

しかし、部屋持ちの親方になる資格がある関取、もしくは部屋持ちになれる資格を持つ部屋付きの親方が部屋の師匠に許可を得て取る弟子、いわゆる内弟子を白鵬関は複数抱えています。定義からすれば内弟子とは認められませんが、現実は各メディアでも報道されるように内弟子です。既成事実を作っているとも言われているようですが、まだまだ当分先の話ではあるものの、白鵬関の引退が現実味を帯びたときには議論を呼ぶでしょう。

大相撲の親方の役職・仕事

相撲部屋

大相撲の親方の仕事というと、相撲部屋での指導はもちろん、テレビ・ラジオの中継の解説や土俵下にいて5人で審判をしているというイメージはあるでしょう。その他にも親方の仕事は数多くあります。

大相撲の親方の一覧について

まずは今どんな親方がいるのか、どんな役職を担当しているのか、気になった人がいるかもしれません。大相撲の親方の一覧は協会のホームページで見ることができます。ぜひ検索してみてください。

大相撲の親方の仕事にはこんなものも

親方の仕事は後進の指導・相撲の伝承・本場所や巡業の運営・広報活動など、多岐にわたります。

相撲ファンが気になるのはふれあえるチャンスかもしれません。東京場所の館内限定のラジオ局である「どすこいFM」でのゲストも大事な仕事の一つです。普段は絶対聞けないここだけの話を通して相撲を身近に感じてもらったり、スタッフの許可を得たファンにサインや写真のファンサービスをすることで相撲の普及に一役買っています。

木戸でもぎりをするのもほとんどが親方です。懐かしのお相撲さんが挨拶してくれますよ。

東日本大震災を契機に若手親方の有志で結成された「どすこいボランティアチーム」はのちに協会の部署に昇格しました。所属の親方は交代で協会の公式グッズの販売を行ったり募金活動もしています。

大相撲の親方の収入

保険・相続

親方の収入は主に協会から支払われる給料です。ここでは給料について紹介します。

大相撲の親方の給料

親方の給料は基本給のほかに、勤続手当・場所手当・名跡金という名目で支払われます。さらに該当者には在勤手当・審判手当・部屋への助成金が支払われ、役職によって金額は違いますが、年収は約1200万から2000万以上になるそうです。

大相撲の親方が死亡した場合

親方のまま死亡した場合は退職慰労金が支払われることになっています。親方の勤続年数など規定により香典代を含め、一番少ない場合でも120万円が支給されるようです。

大相撲の親方はどんな人?

相撲部屋

なかなかふれあえないというイメージがある大相撲の親方は一体どんな人たちなのでしょうか?ファンに優しいのは当たり前なので、それ以外の視点で紹介します。

イケメン

現役時代にイケメンと騒がれた往年の関取たちが親方として職務を全うしています。テレビ中継で見て今も変わらずイケメンだと見とれた経験もあるかもしれません。審判部に所属すれば物言いがついて土俵に上がったときに声援が飛び、本場所中に館内を歩いていれば囲まれるといったように人気も相変わらずです。

職務中はファンサービスはできませんが、現役時代とは違った表情でファンサービスに応じてくれたりもします。

ちなみに、親方ではありませんが、かつて親方だった北の富士さんは今でもイケメンとして老若男女に囲まれることもしばしばです。

料理やビーズアクセ作りが趣味の親方も

お相撲さんが引退するとちゃんこ屋さんというイメージを持っている方も多いでしょう。親方の場合はちゃんこ店を出すことはできないのですが、プロデュースとしてかかわることができるので、いろいろな親方の飲食店があります。親方になれない力士のためにセカンドキャリアの受け皿として出店する場合が多いのです。

そんな中、自分も料理が得意という親方もいます。ちゃんこ番を経験している・いないにかかわらないようで、鶏だけでなくアンコウやスッポンをさばける親方やハワイアン・バーベキュー料理を弟子たちにふるまう親方までいて、ここまでいくともうプロ級です。スイーツで有名な親方も食べ歩くだけではなく、実際にスイーツを作っているようですよ。

さらに、女子力が高い趣味とも言えそうなビーズアクセサリーを作って作品展までしたことがある親方までいます。現在は式秀部屋で後進の指導をしているため、ビーズ作品の制作はできないのかもしれませんが、現役中は息抜きとして制作していたようです。知り合いのお子さんのために制作した化粧まわしは話題になりました。

大相撲の親方についてのまとめ

相撲の親方

今回は大相撲の親方についていろいろな角度から紹介してきました。これを読んで親方に興味を持ってもらえたら幸いです。ただし、親方にファンサービスをしてもらおうと考えている人はマナーや節度を持って接してくださいね。

「相撲・親方」に関連する記事

  • 相撲部屋の食事、気になりませんか?ちゃんこだけって本当?のサムネイル画像

    相撲部屋の食事、気になりませんか?ちゃんこだけって本当?

    お相撲さんが稽古をし、食事をする相撲部屋。相撲部屋の稽古場の見学などは、見たことがありますが食事までは詳しくは分からないのが現状です。相撲部屋の一日を見てみましょう。

  • 大相撲の千秋楽がまるわかり!相撲ファン入門ガイドのサムネイル画像

    大相撲の千秋楽がまるわかり!相撲ファン入門ガイド

    日本の国技である大相撲ですが、実は知らないことも多いのではないでしょうか。相撲が好きになったら生で観戦したくなりますよね。そこで今回は、相撲観戦で人気の千秋楽についてご紹介します。テレビ中継では見ることのできない千秋楽の魅力がわかりますよ!

  • 墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

    墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

    最近では墓じまいをして手元供養を考える人もいるようです。 手元供養なら身近に遺骨を置くことができるのでいつも一緒にいることができますし、お墓の承継者や経済的な負担の問題から手元供養を選ぶ人もいます。 ここでは、墓じまいをした後の手元供養の方法について紹介します。

  • 霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!のサムネイル画像

    霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!

    お墓の場所について考えたことはありますか?どのような場所に建てるのがよいのか、費用はどれほどなのか、その選び方のポイントを詳しく解説していきます。お墓の場所の選び方を知ることで、もしものときのために備えておきましょう。

  • 40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

    40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

    多少の体力の衰えはあるものの、まだまだアクティブに活動でき、時間に余裕を持つことのできる40代に、生涯楽しめる趣味を見つけてみませんか?今回は趣味がないと言う前に40代で始めるオススメの趣味と見つけ方をご紹介します。

  • 墓石なしのお墓の供養方法について解説しますのサムネイル画像

    墓石なしのお墓の供養方法について解説します

    先祖代々が眠るお墓ですが、最近墓石を持たない「墓石なし」の供養方法が注目を集めています。 墓石なしのお墓とはどのようなものなのでしょうか?墓石を持たない代わりに、どのような供養をするのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

  • 最近話題の終活って何?芸能人の方が実際に行っている終活を紹介!のサムネイル画像

    最近話題の終活って何?芸能人の方が実際に行っている終活を紹介!

    最近よく耳にするようになった「終活」という言葉。実はたくさんの芸能人も終活を始めているのです。今回は芸能人が実際に行っている終活について見ていきましょう。終活を行いたい、興味があるという方は是非参考にしてみて下さいね。

  • 65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?のサムネイル画像

    65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?

    65歳以上の雇用される人が、働く理由は様々です。働くことが好きな人もいますし、やりがいや生きがいを求めて働く人もいます。また65歳以上から支給される公的な年金で足りない分を補うために仕事をしている人もいます。こうした雇用の実情を見ていきたいと思います。

  • お墓は本当に必要か?お墓を持たないメリット・デメリットを紹介!のサムネイル画像

    お墓は本当に必要か?お墓を持たないメリット・デメリットを紹介!

    お墓って本当に必要かなと思うことはありませんか?少子超高齢社会に突入した日本ではお墓に対する新しい価値観やニーズが広がっています。このページでは様々なご事情でお墓は必要かとお考えの方の疑問・不安・悩みにお答えします。どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

  • お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

    お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

    今、お墓をめぐる様々な問題があふれています。継承者のいないお墓が増加する一方、お墓を持たないことを選ぶ人も少なくありません。少子高齢化や未婚率の上昇、経済の低迷など、目まぐるしい社会の変化と共に表面化してきたお墓が抱える問題についてご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「相撲・親方」についてさらに知りたい方へ

相撲部屋の食事、気になりませんか?ちゃんこだけって本当?のサムネイル画像

相撲部屋の食事、気になりませんか?ちゃんこだけって本当?

大相撲の千秋楽がまるわかり!相撲ファン入門ガイドのサムネイル画像

大相撲の千秋楽がまるわかり!相撲ファン入門ガイド

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!のサムネイル画像

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

墓石なしのお墓の供養方法について解説しますのサムネイル画像

墓石なしのお墓の供養方法について解説します

最近話題の終活って何?芸能人の方が実際に行っている終活を紹介!のサムネイル画像

最近話題の終活って何?芸能人の方が実際に行っている終活を紹介!

65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?のサムネイル画像

65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?

お墓は本当に必要か?お墓を持たないメリット・デメリットを紹介!のサムネイル画像

お墓は本当に必要か?お墓を持たないメリット・デメリットを紹介!

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「相撲・親方」についてさらに知りたい方へ

相撲部屋の食事、気になりませんか?ちゃんこだけって本当?のサムネイル画像

相撲部屋の食事、気になりませんか?ちゃんこだけって本当?

大相撲の千秋楽がまるわかり!相撲ファン入門ガイドのサムネイル画像

大相撲の千秋楽がまるわかり!相撲ファン入門ガイド

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!のサムネイル画像

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと