遺骨を宝石にするサービスがあるって知ってました?

遺骨や遺灰、毛などから宝石を作るサービスです。遺骨を宝石にすることで持ち運んだり、身近に感じる事が出来ます。そんなサービスについて説明していきます。

目次

  1. 遺骨を宝石にするサービスとは
  2. 遺骨で作った宝石の値段はどれくらい?
  3. 遺骨ジュエリーについてよくある疑問
  4. 犬などのペットの遺骨も宝石に出来るの?
  5. まとめ

遺骨を宝石にするサービスとは

元々はスイスの企業が開始したサービスです。
火葬後の灰や骨を高熱・高圧で固めてジェムにします。
そうすることで、遺骨や遺灰が人造のダイヤモンドに変わります。
まさに究極の形見といえるでしょう。

ダイヤモンドも遺骨も炭素でできています。
ですが、炭素原子の並びがちがいます。
なので、遺骨から抽出した炭素を特殊な装置を使って、長い時間をかけて高温高圧状態におくことで、ダイヤモンドの結晶にします。

そうして、遺骨で作った宝石は、その硬度や輝きなど天然のダイヤモンドと殆ど同じになるといわれています。

骨壷に入りお墓へいくより、とても身近に保管できます。
また、作った宝石でジュエリーに加工してくれるサービスもあります。
さらに、全ての遺灰・遺骨を使うわけではないので、残った分はお墓にいれたり、散骨したりできるというメリットがあります。
ただし、製作に半年かかってしまうというデメリットもあります。

宝石にはカラーがあり、イエロー、ブルー、カラーレス、レッド、グリーンなどがあります。
カラーを選べるタイプや、着色せずその遺骨のオリジナルカラーの2タイプがあります。
オリジナルカラーの場合、青色になり遺骨や遺灰によって色の深みや具合が変わるそうです。

遺骨で作った宝石の値段はどれくらい?

値段は大体38万~が多いです。

0から宝石を作らず、ダイヤモンドを母体として作成するタイプですと大体10万~あるようですが、とても少ないです。

0.20-0.29カラット基準
イエロー 380,000~
ブルー、レッド、グリーン 475,000~
カラーレス 522,000~
などと色によって値段が違います。
(会社によって差あり)

大体、イエロー系→レッド系→ブルー系→カラーレスの順で値段が高くなっていくことが多いです。

カラーが選べないタイプですと、38万~、48万~が主流です。

加工方法によって値段が変わる会社もあります。

遺骨ジュエリーについてよくある疑問

遺骨はどのくらい必要ですか?

70g程度。
300g程度。
ご遺骨の1/5から1/4の遺灰。
などと、会社によってまちまちです。

利用する会社に確認を取りましょう。
ですが、全て使用するということはなく、上記で言ったとおり、一部なので散骨などもできます。

期間が経った遺灰でも製作できますか?

保管状態にもよりますが、年数の経過自体は製作には支障はありません。
遺灰や遺骨ではなくても髪の毛の場合でも同じく可能だそうです。
実際に、ずいぶん前に火葬した方の宝石を作った前例もあります。

ただし、変質してる場合もあるので、詳細は各会社とご相談すると確実です。

複数の人、ペットと、合わせて作れますか?

可能な会社もあります。
ご遺骨、髪の毛の炭素を取り出し、高温高圧法でダイヤモンドの結晶を作るので、二人はもちろん、ご家族全員やペットの毛を合わせ、絆の証としてのダイヤモンドをお作ることもできます。

二人以上で製作したい方は、各会社へお問い合わせください。

宝石

生きてる人のジュエリーも作れますか?

遺骨ジュエリーといいますが、骨だけではなく爪や髪の毛で作れる会社もあります。
生きてる内に作ってしまうのもありです。

婚約指輪の宝石を、二人の髪の毛をいれて作る。
なんて事もできます。

また、赤ちゃんがうまれた記念に赤ちゃんの髪で作る。
なんて事例もあるようです。

犬などのペットの遺骨も宝石に出来るの?

会社によっては、ペットの遺骨も宝石にできるようです。
また、遺骨・遺灰以外に毛で作成する会社もあります。

犬、猫、うさぎ、ハムスター、フェレットなどの製作例があります。
宝石を作る時に大体60~120gの遺骨が必要なので、小さいペットだと作成は難しいようです。

お値段は人間とほぼ代わりの無い値段です。

宝石

まとめ

いかがだったでしょうか?

遺骨を宝石にするサービス、遺骨ジュエリーについて理解は深まったでしょうか?

遺骨を宝石にすることで、故人を身近に感じ一緒にすごせますね。

ペットを亡くした飼い主が陥ってしまう、「ペットロス」の防止にもなるのでとてもいいですね。

死後、宝石になるというのはとてもロマンチックですね。
「自分の遺骨は宝石にしてほしい」
と前々から言っておくのもありかもしれませんね。

また、夫婦の体の一部が入った婚約指輪というのもとてもロマンチックですね。

少々お値段は張りますが、是非やってみてはいかがでしょうか?

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「遺骨・宝石」に関連する記事

「遺骨・宝石」についてさらに知りたい方へ

  • 遺骨で作れる様々な宝石について解説します

    遺骨で作れる様々な宝石について解説します

    遺骨ダイヤモンド。この言葉を聞いたことはありますか?信じられないかもしれませんが、遺骨で宝石が作れるんです。一見遺骨から作ったとは思えないほど綺麗な宝石。どのような工程を経て、いったいどんな宝石ができるのでしょうか?

  • 手元供養の宝石を紹介!故人を身近に感じることができる!

    手元供養の宝石を紹介!故人を身近に感じることができる!

    大切な方の遺骨を自宅で供養する手元供養は、墓地や自宅での仏壇スペースの確保などの煩わしい心配事を解決する、現代社会のニーズにマッチした新しい供養の形として注目を集めています。 供養の対象として遺骨を宝石やアクセサリーにする手元供養用の宝石についてご紹介します。

  • 遺骨ダイヤモンドとは?価格や実態についてお教えします!

    遺骨ダイヤモンドとは?価格や実態についてお教えします!

    近年どんどん多様化する供養方法。 中でもご遺骨をダイヤモンドにして手元に残すという新しい供養の形が注目を集めています。 とてもロマンチックな供養方法に思えますが、どんなものなのでしょうか。 遺骨ダイヤモンドの実態に迫ります。

  • 遺骨でダイヤモンドを作る?ダイヤモンド葬とは何か?

    遺骨でダイヤモンドを作る?ダイヤモンド葬とは何か?

    永代供養や手元供養が話題になっている昨今ですが、ダイヤモンド葬はご存知ですか。故人の遺骨や遺灰から作るダイヤモンドを身につけて、故人を供養する方法です。今回は遺骨で作るダイヤモンドの値段などについて紹介します。

  • 大切な人を身に着ける遺骨ペンダント!その防水力は?

    大切な人を身に着ける遺骨ペンダント!その防水力は?

    ご遺骨の保管方法は納骨だけじゃない! 普段から大切な人を身に着けることのできる”遺骨ペンダント”。 毎日身に着けるものだから水に濡れても大丈夫なのか、その防水力が気になるところです。 この記事では、遺骨ペンダントの種類やそれぞれの防水力についてご紹介いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    近年樹木葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬の一種である樹木葬はその名の通り自然に還ることのできる埋葬方法ですが、費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用がどれくらいなのか、おすすめの樹木葬ができる墓地・霊園とともに解説していきます。

    1
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    2
  • お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回終活ねっとでは、お墓の値段について費用の内訳から購入のコツまでお墓の費用に関する全てを解説します。ぜひ最後までご覧になってください。

    3
  • お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際に気を付けるべき注意点というのはあるのでしょうか?もし、あるとすればどのような点に気を配ればよいのでしょうか?今回は、お墓を購入する際の注意点について見ていきます。

    4
  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    5

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと