人気沸騰中!伊勢神宮限定の朱印帳があった

密かに話題となっている朱印帳。有名な伊勢神宮にも限定の朱印帳があります。ここでは朱印帳の魅力と伊勢神宮限定の朱印帳を紹介します。

目次

  1. 密かなブーム 朱印帳とは
  2. 御朱印とは
  3. 通販でも買える!朱印帳
  4. 朱印帳の種類
  5. 伊勢神宮限定の朱印帳
  6. 伊勢神宮で朱印帳を購入できる場所
  7. まとめ
  8. 終活の専門家に相談してみよう

密かなブーム 朱印帳とは

さて、まずは朱印帳とはなんなのかということについて説明していきます。
下の画像が朱印帳ですね。
シンプルなデザインの朱印帳だけでなくカラフルなものや、複数色で展開していたりとバリエーションも豊かです。

御朱印帳

最近は寺社で参拝するだけでなく、仏像を見たりパワースポットを巡ったりと、様々な楽しみを兼ねて訪れる方も増えています。
そんな寺社を巡る楽しみの一つとして、「御朱印集め」が密かなブームとなっています。
御朱印というと、なんとなく敷居が高そうな印象を持ってしまいがちですが実はそんなことはありません。
最低限のマナーやルールさえ守れば、あとは自分流に楽しむことができるのが御朱印集めです。
その御朱印を書いてもらうためのノートを朱印帳と呼びます。

御朱印とは

次に、朱印帳に書いてもらう御朱印とはなんなのか、見ていきましょう。
御朱印とはもともと、参拝者が写経をお寺に納めた時にいただく印でした。
それがいつの間にやら、納経せずとも参拝の証としていただけるようになりました。
しばらくすると神社にも御朱印の文化が広がり、現在は数多くの寺社で書いていただけるようになりました。
誰でも簡単に御朱印を書いてもらえますが、観光地にある記念スタンプのようなものとは全く意味合いが異なりますのでその点は注意です。
御朱印にはお守りやお札などと同じ状に神仏や寺社名が書いてあるので、言い換えれば御本尊や御神体の分身とも言えるのです。
また書いてくれる人は一字一字心を込めて書いてくれますので粗末に扱わず朱印帳は大切に保管するようにしましょう。

朱印帳

御朱印は墨色と朱色のコントラストがとても綺麗です。
また、同じ寺社の御朱印でも書く人によって筆跡は変わってきますし、押し印は押し方の強弱や朱墨のつき方によって濃淡が違います。
古い書体の文字や梵字、寺社にゆかりのある動植物をモチーフにしている押し印など内容も様々。
その美しさに惹かれ観光地として有名な京都や鎌倉などでは外国人観光客が朱印帳を持ち御朱印を集めている姿も見られる程です。

通販でも買える!朱印帳

御朱印は何にでも書いていただけるわけではありません。
寺社で用意した和紙などに書いていただける場合もありますが、基本的には自分で朱印帳を持参し書いていただくのが一般的です。
大きな寺社だと朱印帳を販売しているところもありますが小さいところだと朱印帳の取り扱いはないところもあるようです。
文房具店や仏具店、アマゾンなどの通販サイトでも朱印帳は手に入るので目的の寺社で購入したい、という方以外は事前に購入しておくといいかもしれません。

朱印帳の種類

朱印帳には大きく分けて2種類あります。
参拝のスタイルや好みによって選び方が変わります。

ジャバラ式の朱印帳

朱印帳

まずは画像のようなジャバラ式の朱印帳です。
使い方としては、基本的に最初のページから順番に書いていただきます。
寺社を訪れた順番に御朱印を書いてもらうことになるので自分がどのように御朱印を集めてきたかが一目瞭然です。
比較的厚い紙でできているので、裏に映らず表が終わったら裏に書いてもらうことも可能です。
広げて全景を見ることも可能です。

ひも綴じ式の朱印帳

朱印帳

こちらはよく見るタイプのひも綴じ式の朱印帳です。
比較的薄い紙を使用していることが多く、裏に写ってしまうこともありますので表面だけを使用するのが一般的です。
霊場巡りで使用されることが多く、表紙面にそのような内容が書いてあるものもあります。
霊場巡りは基本的に順番に巡りますが、都合により順番通りに行けない場合もあります。
効率よく巡ろうと思うと順番がバラバラになってしまうことがありますが、ひも綴じ式の朱印帳の場合は後から並べ替えることができます。

伊勢神宮限定の朱印帳

さてさて、全国的にも有名な神社といえば三重県伊勢市にある伊勢神宮ですが、伊勢神宮では朱印帳が購入できるだけでなく伊勢神宮限定のものも取り扱っています。
伊勢神宮限定の朱印帳は全部で3種類あり、一つは紫色の小さいもの、もう一つは金色の大きいもの、そしてもう一つが今から紹介する「お伊勢参り朱印帳」です。

伊勢神宮の「式年遷宮」を記念した朱印帳

式年遷宮

こちらの画像は伊勢神宮限定の朱印帳の一つです。
なんとこちらのものは表紙が西陣織で出来ているそうで、こちらが「お伊勢参り朱印帳」と呼ばれています。
伊勢神宮では20年に一度式年遷宮という大規模なお祭りが開かれます。
2013年に伊勢神宮で行われた第62回式年遷宮はメディアにも取り上げられ全国で話題となりました。
こちらの朱印帳はその第62回式年遷宮を記念して制作されたものだそうです。

伊勢神宮で朱印帳を購入できる場所

現地では、伊勢神宮外宮の「神楽殿御札授受所」にある御朱印所と、内宮では同じく「神楽殿御札授受所」の御朱印所や「参集殿(内宮)」、「神宮会館」でも購入することが可能です。
ただし、伊勢神宮外宮の御朱印所では小さいサイズのものしか販売していませんので注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
朱印帳と御朱印の魅力について紹介しました。
伊勢神宮は有名なパワースポットですから訪れる方も多いはず。
せっかく御朱印を集めるのならば伊勢神宮限定の朱印帳を愛用するのもいいかもしれません。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「伊勢神宮・朱印帳」に関連する記事

「伊勢神宮・朱印帳」についてさらに知りたい方へ

御朱印帳のおすすめは?これから始める方のためにのサムネイル画像

御朱印帳のおすすめは?これから始める方のために

御朱印集めは近年、運気アップの御利益があるとして人気が出てきました。ここでは友達におすすめされた

御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!のサムネイル画像

御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!

御朱印とはなんのことなのか説明できますか?時々耳にするけどなんなのかよくわかっていないという方も

京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!のサムネイル画像

京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!

最近人気の御朱印、皆さんはもういただいたことがありますか?せっかく京都に来たからには、寺社をめぐ

御朱印帳袋、必要?どのような袋がいいの?のサムネイル画像

御朱印帳袋、必要?どのような袋がいいの?

御朱印集めをするために御朱印帳を購入しようとすると、一緒に袋が売られていることが多いです。この御

御朱印帳の使い方や蛇腹などの種類をわかりやすくご紹介!のサムネイル画像

御朱印帳の使い方や蛇腹などの種類をわかりやすくご紹介!

御朱印帳って何でしょう?御朱印帳の意味や使い方をわかりやすくご紹介します。さらに御朱印帳の形は蛇

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと