遺骨ペンダントって何?チタン製が良い理由やおすすめのお店をご紹介

遺骨ペンダントとは、文字通り故人の遺骨をペンダントにすることで、身に付けて持ち運べる利点があります。今回はチタン製をおすすめする理由やチタン製ペンダントを扱っているお店等をご紹介します。

目次

  1. 遺骨ペンダントとは
  2. 遺骨ペンダントにはチタン製が良い理由
  3. チタン製遺骨ペンダントを作る前に
  4. おすすめのチタン製遺骨ペンダント販売店
  5. チタン製遺骨ペンダントへの入れ方
  6. おわりに

遺骨ペンダントとは

ペンダント

自分にとってとても大切な方が亡くなってしまうのは辛い事ですよね。そして、故人を身近に感じられるものを手元に置いておきたいと願うのは自然な事と思います。そこで骨壺に代わり、遺骨や遺灰などをペンダントに納めることができるようにしたものや遺骨を加工してペンダントにしたものを遺骨ペンダントと呼びます。他にも遺骨ブレスレット、遺骨ネックレス等があります。
この記事では遺骨を収納するタイプのペンダントについて扱っています。

ちなみにこの行為は手元供養と呼ばれています。墓地等で管理せずに自宅で管理するやり方の為、自宅供養とも言います。

遺骨ペンダントのメリット

・故人を身近に感じて、寂しさが和らぐ。
・骨壺と違い、出かける時も持ち運びやすい。
・墓石が高額でお墓を建てる事自体が難しいが、遺骨ペンダントは比較するとかなり安い。
・墓参りにかかる時間の短縮。
・墓参りの際にかかる交通費の節約。
・お墓の面倒を見る人を考えなくていい。

宗教や形式にとらわれない、新しい供養の形を求めている方々の人気を集めています。

遺骨ペンダントにはチタン製が良い理由

チタン

チタンとは、昔のイギリスでウィリアム・グレゴールという方が発見した金属です。
現在ではその性能から医療や建材、航空機など様々な分野でチタンが使われています。
チタンをおすすめする理由としては

・チタンは丈夫で傷がつきにくい。
・軽いので持ち運びしやすく、疲れにくい。
・錆びにくい性質を持っているので、海水などに強い。
・熱伝導率が低く、真夏日でも使いやすい。

他にも、チタンは金属アレルギー反応が起きにくく、ステンレス・プラチナと並んで他の金属よりも身体に優しいと好評です。このように遺骨ペンダントにとって、チタン製は最適な素材といえます。

チタン製遺骨ペンダントを作る前に

ペンダント

チタン製遺骨ペンダントを作る前に考えていただきたいのが、周囲の意見です。
他のご遺族の方々やお坊さん等から反対、もしくはそこまでいかずともあまり良くない感情を持たれる可能性があります。もしも、まだペンダントを作ろうとしている事を言っていないのならば、先に伝える事をおすすめします。

良く思われない理由としては
・位牌やお墓に拝むのが普通
・いつまでも故人に執着しているようで心配
・故人が成仏できないのではないか
・遺体の一部を身に付けている事自体に抵抗がある
・遺品があれば充分ではないか

等、遺骨ペンダントに対して嫌な気持ちを持つ方もいらっしゃるので、よく話し合われた方が良いでしょう。しかし、手元供養自体は違法でもなければ、宗教上の問題もない事なので、反対された場合はこの事も説得の材料としてお使い下さい。そして、周囲の理解が得られたならば、どうぞ心ゆくまでチタン製遺骨ペンダントをお探し下さい。

おすすめのチタン製遺骨ペンダント販売店

未来創想

1999年に日本初の遺骨ペンダントを製造・販売した、手元供養専門の老舗店です。

メモリアルアートの大野屋

色やデザインなど、故人やご遺族の好みで選べるよう多数の品々が揃っています。

遺骨ペンダント.com

様々なデザインが取り揃えてあり、他に自分の思い描いた形があれば予算を考慮した上で作成していただけます。

チタン製遺骨ペンダントへの入れ方

ペンダント

初めて遺骨や遺髪等を入れる際に、どう入れればいいか戸惑う方もいらっしゃいますよね。
それでは入れ方の一例をご紹介いたします。

1、まずペンダントに入れる遺骨等を用意します。
2、それをペンダントのサイズに合う大きさになるまで細かくします。
(遺骨なら砕いて、遺髪なら細かく切って、遺灰なら少なめに)
3、そしてペンダントにいれます。その際、ものによっては入り口部分が小さかったり、狭かったりするかもしれません。その時は、ろうと等を使うと入れやすいですよ。商品にろうとがついているならそれを使って下さい。
4、軽く揺すると多めに入れることが出来ます。
5、あとはしっかり封をして終了です。

これはあくまで一例です。ティッシュなど、柔らかいもので包んでから入れる方もいらっしゃいますので、ご自身のやりやすい方法で納めて下さい。また、ペンダントの形やデザインなどによっても違ってきますので、上手くいかない場合は販売元にお問い合わせ下さい。

おわりに

ペンダント

いかがでしたでしょうか?記事で解説したように、チタン製遺骨ペンダントは普段の生活をする上でとても使いやすく、持ち運びのしやすいものです。ペンダントを見る度に、故人との思い出を懐かし
むことが出来るのは素敵な事と思います。お好みの色やデザインを選んで、世界で一つだけの遺骨ペンダントを身に付けましょう。

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「遺骨・ペンダント・チタン」に関連する記事

「遺骨・ペンダント・チタン」についてさらに知りたい方へ

  • 遺骨ペンダントとは?選び方やオススメ商品をご紹介!

    遺骨ペンダントとは?選び方やオススメ商品をご紹介!

    故人の遺骨を納めるものとしてよくイメージされるものといえば骨壷が挙げられます。しかし、骨壷以外にも遺骨を納めるものは存在します。それが遺骨ペンダントと呼ばれるものですが、この遺骨ペンダントという代物は一体どのようなものなのでしょうか?

  • 故人といつも一緒に居たい。ペンダントでの手元供養について

    故人といつも一緒に居たい。ペンダントでの手元供養について

    故人のことを常に想い、共に居ると実感できる、ペンダントを使った手元供養。ペンダントという形で手元供養をする際の方法や注意点、おすすめのペンダントについてご紹介します。

  • いつまでもそばに・・・大切な人の遺骨をペンダントに

    いつまでもそばに・・・大切な人の遺骨をペンダントに

    大切な人が亡くなると残った人はその悲しみに耐えなくてはなりません。その時に亡くなった人の遺骨をペンダントに入れて肌身に着けることが出来ます。遺骨がペンダントの中にあると思うと生きる気力がまた出てくるものです。ここでは色々な遺骨ペンダントを紹介します。

  • 亡くなったペットをあなたの傍で供養するために 【遺骨ペンダント】

    亡くなったペットをあなたの傍で供養するために 【遺骨ペンダント】

    遺骨ペンダントとは、不幸にも先立ってしまった人やペットの遺骨を加工したり、そのままペンダントヘッドに封入するなどして作成したアクセサリーのことを指します。ペットの手元供養の一つの形となりつつある遺骨ペンダントの種類と作成依頼方法についてまとめました。

  • 故人とともに過ごす、納骨用のペンダントを紹介します

    故人とともに過ごす、納骨用のペンダントを紹介します

    納骨ペンダントとは、亡くなられた大切な方の遺骨をペンダントに密封して身につけるものを言います。手元供養ができる納骨ペンダントは、いつでも一緒にいられる気持ちを持つことができ、家族・ペットの新しい供養方法の一つです。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    近年樹木葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬の一種である樹木葬はその名の通り自然に還ることのできる埋葬方法ですが、費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用がどれくらいなのか、おすすめの樹木葬ができる墓地・霊園とともに解説していきます。

    1
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    2
  • お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回終活ねっとでは、お墓の値段について費用の内訳から購入のコツまでお墓の費用に関する全てを解説します。ぜひ最後までご覧になってください。

    3
  • お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際に気を付けるべき注意点というのはあるのでしょうか?もし、あるとすればどのような点に気を配ればよいのでしょうか?今回は、お墓を購入する際の注意点について見ていきます。

    4
  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    5

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと