伊勢の猿田彦神社は新生活を迎える人におすすめ!

お伊勢参りのときに寄ると良いとされる猿田彦神社の祭神は「道開き」の神様です。新生活を迎える人や、新しい何かにチャレンジしたい人は、ぜひ伊勢の猿田彦神社にお参りしましょう。

目次

  1. 伊勢の猿田彦神社とは
  2. 伊勢神宮と猿田彦神社の関係
  3. 猿田彦神社の「古殿地」と2つの石
  4. 猿田彦神社のおすすめのお守り
  5. 猿田彦神社の駐車場とアクセス
  6. 伊勢の猿田彦神社のまとめ

伊勢の猿田彦神社とは

伊勢の猿田彦神社は、天孫降臨に際して瓊瓊杵(ににぎ)尊を先導した猿田彦(さるたひこ)大神を祀っています。もう1柱の祭神は猿田彦の子孫とされる大田(おおた)命で、伊勢神宮内宮の創建に際して倭姫(やまとひめ)に土地を献上したといわれています。
また、境内にある佐瑠女(さるめ)神社には猿田彦の妻の天宇受売(あめのうずめ)命が祀られています。 天宇受売は天岩戸隠れのときに舞を舞って天照の気を引いた神様で芸能の祖です。

猿田彦神社

猿田彦は名前に「猿=申」が付くことから、民間信仰の庚申講の神様にもなりました。全国に勧請され、猿田彦神社や白髭(しらひげ)神社に祀られているポピュラーな神様です。
しかし、謎の多い神様でもあり、その子孫は伊勢の猿田彦神社の宮司筋という説と、同じく猿田彦大神を主祭神とする鈴鹿の椿大神社(つばきおおかみやしろ)の宮司筋という説があります。猿田彦神社の総本宮というと、椿大神社の方を指すことが多いようです。
伊勢の猿田彦神社は天孫降臨や伊勢神宮創建のエピソードから、導きの神様、方位の神様として信仰されており、新しいことを始めたい人や方位占いに興味がある人に人気があります。

伊勢神宮と猿田彦神社の関係

伊勢神宮の創建にも関わっている猿田彦神社は、伊勢神宮の参拝のときに寄りたい神社としても有名です。場所も伊勢神宮の外宮と内宮の中間地点にあり、伊勢の猿田彦神社は両宮参りの参拝客にも人気です。
猿田彦神社の他にも、お伊勢参りで行くと良いといわれている神社と寺があります。正式とされる順番に沿って紹介します。

二見興玉(ふたみおきたま)神社

伊勢に行く前に二見に寄ることは、禊(みそぎ)の意味を持ちます。

外宮

外宮には豊受(とようけ)大神という農耕と食の神様が祀られています。今風にいうと天照大神の食事係で、両宮参りでは外宮に先に行きます。
伊勢神宮外宮の正宮に参拝した後は、外宮に属する別宮にもお参りしましょう。

猿田彦神社

猿田彦神社にお参りするのはこのタイミングです。猿田彦神社は伊勢神宮内宮をこの地に導いた神様なので、内宮の前に参拝するのです。位置関係的にもこの順番が行きやすいはずです。

内宮

猿田彦神社

伊勢神宮内宮は日本人の総氏神です。最高神の天照大神が祀られています。
外宮同様、正宮にお参りした後は、内宮に属する別宮も参拝しましょう。

金剛證寺(こんごうしょうじ)

朝熊山にある金剛證寺は伊勢神宮の奥宮ともいわれており、お伊勢参りの後には金剛證寺にもお参りするのが古来の習わしです。

無理のない範囲で!

以上、正式といわれる参拝ルートを紹介しましたが、公共交通機関で行く場合は二見興玉神社と金剛證寺、一部の別宮に行くことは困難です。電車やバスの本数も限られていて、時間も2、3日は掛かるでしょう。
しかも、正式といわれる参拝ルートは幾つか説がありますから、無理のない範囲で回れば大丈夫です。伊勢神宮・外宮→猿田彦神社→伊勢神宮・内宮というルートであれば、多少の寄り道をしながらでも十分1日で回れます。

猿田彦神社の「古殿地」と2つの石

猿田彦神社に行って、本殿と佐瑠女神社でお参りが済んだら、パワースポットとして注目を浴びている古殿地(こでんち)と「たから石」、「さざれ石」を見に行きましょう。

古殿地

猿田彦神社

古殿地とは、文字通り昔の本殿が置かれていた場所です。猿田彦神社は道開きの神様であると同時に方位の神様であることから、古殿地には方位を示す石柱が置かれています。
自分が上げたい運勢に合わせた風水の方位を触るといいとも、自分の干支やその年の干支を触るといいともいわれています。

たから石

猿田彦神社の境内にあるたから石は、宝船に蛇が登っているように見えることから、縁起が良いといわれています。金運を上げたい人に効果があるとのことで、待ち受け画面用に写真を撮る人も多いです。

さざれ石

もう1つの石、さざれ石は、少しずつ大きくなる石で成長を意味するとして、こちらも縁起が良いとされます。何かを始めたい人にぴったりですね。

猿田彦神社のおすすめのお守り

猿田彦神社のお守りは、猿田彦の御神徳にあやかる道開きや方位除けのお守りや、天宇受売の御神徳にあやかる芸能のお守りなどがあります。
人気は「はじめの一歩御守」で、初めてのことにチャレンジする人を応援してくれる珍しいお守りです。

猿田彦神社の駐車場とアクセス

アクセス

近鉄・五十鈴川駅・徒歩約22分
三重交通バス・猿田彦神社前・すぐ

駐車場

30分まで無料の駐車場があります。ただし、人気の神社で駐車場に余裕があるわけではないので、公共交通機関で行くのが安心です。

伊勢の猿田彦神社のまとめ

猿田彦神社

いかがでしたか?
伊勢の猿田彦神社を紹介しました。伊勢というとどうしても伊勢神宮のイメージが強いですが、お伊勢参りのときには、猿田彦神社も忘れずに寄りたいですね。

「猿田彦神社・伊勢」に関連する記事

「猿田彦神社・伊勢」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「猿田彦神社・伊勢」についてさらに知りたい方へ

迷ったときにお願いしよう!知る人ぞ知る猿田彦神社のご利益とはのサムネイル画像

迷ったときにお願いしよう!知る人ぞ知る猿田彦神社のご利益とは

日光東照宮の三猿には実はもう一匹猿がいた?!のサムネイル画像

日光東照宮の三猿には実はもう一匹猿がいた?!

神社は社号や成り立ちによって種類がある?大社と神宮の違いとは?のサムネイル画像

神社は社号や成り立ちによって種類がある?大社と神宮の違いとは?

趣味と実益をかねた神社巡りとその魅力を紹介しますのサムネイル画像

趣味と実益をかねた神社巡りとその魅力を紹介します

迷ったときにお願いしよう!知る人ぞ知る猿田彦神社のご利益とはのサムネイル画像

迷ったときにお願いしよう!知る人ぞ知る猿田彦神社のご利益とは

伊勢地方独自のしめ縄文化を知ろう!そこには民話の伝承がありましたのサムネイル画像

伊勢地方独自のしめ縄文化を知ろう!そこには民話の伝承がありました

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと