大相撲の千秋楽がまるわかり!相撲ファン入門ガイド

日本の国技である大相撲ですが、実は知らないことも多いのではないでしょうか。相撲が好きになったら生で観戦したくなりますよね。そこで今回は、相撲観戦で人気の千秋楽についてご紹介します。テレビ中継では見ることのできない千秋楽の魅力がわかりますよ!

目次

  1. 大相撲の千秋楽は何日目?
  2. 大相撲の千秋楽のスケジュール
  3. 大相撲の千秋楽に行われること
  4. 大相撲の千秋楽のチケットについて
  5. 大相撲の千秋楽についてのまとめ
  6. 終活の専門家に相談してみよう

大相撲の千秋楽は何日目?

相撲

大相撲の年間の日程は本場所と、巡業などの花相撲に分けられます。

花相撲とはその時々によって開催本数が変わるものなのです。
大相撲の本場所については年6回で、それぞれ開催時期や日数が決まっています。1・5・9月は東京、3月は大阪、7月は名古屋、11月は福岡で開催されますが、1場所につき15日間の興行というのは変わりません。

つまり大相撲の千秋楽とは15日目のことを指しているのです。

基本がわかったところで、ここからは大相撲の千秋楽についての情報をご紹介します。

大相撲の千秋楽のスケジュール

千秋楽

それでは、簡単に千秋楽の土俵進行を見ていきましょう。

取組進行の流れ

取組は「序ノ口→序二段→三段目→幕下→十両→幕内」の順番で行われます。未来の関取を見つけたいのなら、幕下以下の取組も注目です。

特に千秋楽の場合、勝ち越し・負け越しが決まる厳しい取組も多くあるため見逃せません。また、引退を決めた力士の花道は感動的です。

千秋楽の時間割

千秋楽の取組開始は10時ごろで、序ノ口の力士たちから順番に取組が行われます。

13時45分ごろからは十両の土俵入りです。幕下上位五番を挟んで14時05分から十両の取組が行われます。協会ご挨拶を挟んで15時10分ごろからは幕内土俵入り、続けて横綱土俵入りです。

中入りを挟んで15時40分ごろから幕内の取組です。
17時15分ごろからは三役揃い踏みが行われ、横綱・大関陣の取組などが3番あります。17時25分ごろに弓取り式が行われてから幕内最高優勝の表彰式へと進むのです。

基本的にはどの場所の千秋楽でもタイムスケジュールは変わりませんが、土俵の進行状況によって前後する場合があります。

ここで注意しなければならないことがあります。開場時間は8時からですが、さきほど紹介したように千秋楽の取組開始は10時ごろです。場所入りする力士を見ようと考えていたとしても待ち時間が長くなってしまいます。

会場内を回ろうとしていたとか、当日券を購入して座席を確保するなど、何か用事がない限りは入場する時間を考えたほうが良いでしょう。

大相撲の千秋楽に行われること

千秋楽

千秋楽の流れがわかったところで、具体的に何が行われるのかを見ていきましょう。

千秋楽の取組

当たり前ですが、大相撲の本場所期間中は毎日取組があります。もちろん千秋楽でも取組が行われますが、1場所に7番取る幕下以下の力士は最後の3日間のうち1日だけ取組が組まれること、表彰式があることなどから取組の数は15日間で一番少ないのです。ただ、番付一枚で運命が変わるだけに白熱した取組が期待できます。

破魔矢がもらえるのは?

ところで千秋楽のテレビ中継で、勝った力士が懸賞金とともに破魔矢を受け取っているところを見たことはありませんか?これにも実は意味があるのです。

東西それぞれ3人の関取が扇状になって四股を踏む「三役揃い踏み」をした力士たち、その取組3番に対して順番に「矢」「弦」「弓」が勝った力士に贈られます。弓に関しては勝った力士に代わって弓取り力士が受け取りますが、昔は最後に勝った力士が弓を受け取ってそのまま弓取りをしていたようです。

もともと三役というのは小結・関脇・大関のことであり、大関の中でも優れた関取を横綱と言っていたようです。そのため矢をもらう力士は小結にかなう、弦をもらう力士は関脇にかなう、弓をもらう力士は大関にかなうとされました。

この場面一つを見ても、相撲がスポーツだけでなく伝統文化の側面を持ち合わせているということがわかります。

優勝決定戦

成績優秀力士が複数いる場合には優勝決定戦が行われます。すべての段で優勝決定戦が行われないということはほぼありません。

過去には十両以上の三つ巴戦や幕下以下の8人によるトーナメント戦などもありました。

優勝力士の表彰

優勝力士の表彰式は、幕内最高優勝の表彰式と十両以下の格段の優勝の表彰式があります。

十両以下の格段優勝力士への表彰は、十両の優勝該当力士の取組の場所によって行われる時間が変わるので、千秋楽の注目の一つです。

幕内最高優勝の表彰式はすべての取組が終わった後に行われます。テレビ中継で数々の賞品を受け取っているのを見たことがある人も多いでしょう。実際は中継終了後もまだまだ表彰は続いていて、日仏友好杯の副賞のビッグマカロンの色を楽しみにしている人も多いようです。

その他に三賞受賞力士への表彰も行われます。

エンディングは神送りの儀式

相撲は神事だということを改めて認識させられるのが、この神送りの儀式です。本場所初日の前の日に行われる「土俵祭(まつり)」で土俵にお迎えした神様を、千秋楽の最後に天にお送りする儀式なのですが、テレビ中継では絶対に見ることができません。生で観戦した人しか見られない貴重なものなのです。

土俵上で胴上げが行われている?

では、実際に何が行われているのかというと、行司さんが胴上げされているのです。

まず神送りの儀式の前に「出世力士手打式」という、出世披露して来場所の番付に載る力士たちがお神酒をふるまわれ若者頭・世話人などとともに三本締めをする儀式が行われます。そのあとに、御幣を持った序ノ口格の行司が出世力士たちによって胴上げされるのです。これが神送りの儀式といいます。

以前は最後に審判を務めた親方を胴上げしていましたが、親方の体重が重たくなったから変わったという説もあるようですが、現在は一番格下の行司が胴上げされることになっています。

千秋楽パーティー

本場所が終わっても、お相撲さんたちはまだまだやることがあるのです。各相撲部屋では場所後に千秋楽パーティーを行い、後援者やファンクラブ会員に感謝と成績の報告をして激励を受けます。力士たちは相撲甚句を歌ったりカラオケをしたりすることで度胸をつけるようです。

普段はふれあうことができない力士たちを身近に感じられるひとときなので参加したい人も多いのですが、基本的には後援会の会員でなければ参加できません。会費は1万円から2万円ぐらいという部屋が多いようです。しかし、一部の相撲部屋の千秋楽パーティーでは一般の相撲ファンも参加できるようなので、検索してみると良いでしょう。

大相撲の千秋楽のチケットについて

最後に千秋楽を観戦するために、チケットの購入方法を紹介します。

購入方法

チケットがどこで売っているのかわからないという人も多いでしょう。実はわざわざ窓口や相撲案内所まで行かなくても大丈夫なのです。

大相撲のチケットを専門に扱う公式の「チケット大相撲」は電話とWebサイトがあります。さらに各プレイガイドやコンビニ、旅行代理店でも購入できます。席種によりますが、料金はだいたい1人数千円から2万円ぐらいです。ほとんどが手数料がかかるので注意してください。

しかし、日曜日に行われる千秋楽のチケットは人気が高く一般販売では入手困難なので、少しでも可能性を広げたいのなら、チケット大相撲での抽選先行販売を利用してみるのもおすすめです。

当日券も一定数販売されますが、徹夜組も多く前日の打ち出しよりも前に来ていないと購入できなかったりするので、期待はしないほうが良いでしょう。

チケットの種類や席種は様々なので、ご自身にあった席を探してみてください。

東京場所の場合

だいたい場所が始まる2か月ぐらい前から抽選販売の受付が、1か月ぐらい前から一般発売が始まると覚えておくとよいでしょう。

国技館窓口で購入を考えている人には注意点があります。一般販売前日・当日に配られる整理券をもらわないと購入できないということ、整理券がもらえたとしても一般発売当日はプレイガイドなど多くが10時からの販売に対し、窓口では12時からの販売開始となるためチケットがすでに完売しているということです。

地方場所(大阪・名古屋・福岡)の場合

直近の東京場所の前半ぐらいから抽選販売の受付が、後半ぐらいから一般発売が始まると覚えておきましょう。

一般発売当日の窓口では人気の親方がチケット販売を担当することも多く、大行列ができるのです。やはり千秋楽のチケットは入手が難しいですが、平日のチケットとしては地方場所では地元出身の関取を応援する特別チケットの販売もあって人気があります。

チケットを購入する前には必ず大相撲の公式情報を確認しましょう。

大相撲の千秋楽についてのまとめ

相撲

以上が大相撲の千秋楽についての情報です。
テレビでの観戦も良いですが、テレビでは見られない千秋楽の魅力があります。
チケットは入手困難となっているようですが、ぜひ相撲場での観戦をしてみてください。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「相撲・千秋楽」に関連する記事

「相撲・千秋楽」についてさらに知りたい方へ

相撲部屋の食事、気になりませんか?ちゃんこだけって本当?のサムネイル画像

相撲部屋の食事、気になりませんか?ちゃんこだけって本当?

お相撲さんが稽古をし、食事をする相撲部屋。相撲部屋の稽古場の見学などは、見たことがありますが食事

大相撲の親方はどんな人?そのなり方から人柄までのサムネイル画像

大相撲の親方はどんな人?そのなり方から人柄まで

大相撲を楽しむにはいろいろな視点があります。相撲ファン初心者や長年のファン、時間にゆとりができて

モンゴル人力士はなぜ相撲が強い?その理由を解説します!のサムネイル画像

モンゴル人力士はなぜ相撲が強い?その理由を解説します!

モンゴル人力士たちが相撲で大活躍しています。なぜモンゴル人は相撲がこんなに強いのでしょうか?この

お墓への納骨式は四十九日に行われることが多い?のサムネイル画像

お墓への納骨式は四十九日に行われることが多い?

お葬式が終われば、お墓などに遺骨を納める納骨式のことを考えなければいけませんよね。では、納骨式と

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!のサムネイル画像

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!

お墓の場所について考えたことはありますか?どのような場所に建てるのがよいのか、費用はどれほどなの

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

関連する記事

「相撲・千秋楽」についてさらに知りたい方へ

相撲部屋の食事、気になりませんか?ちゃんこだけって本当?のサムネイル画像

相撲部屋の食事、気になりませんか?ちゃんこだけって本当?

大相撲の親方はどんな人?そのなり方から人柄までのサムネイル画像

大相撲の親方はどんな人?そのなり方から人柄まで

モンゴル人力士はなぜ相撲が強い?その理由を解説します!のサムネイル画像

モンゴル人力士はなぜ相撲が強い?その理由を解説します!

お墓への納骨式は四十九日に行われることが多い?のサムネイル画像

お墓への納骨式は四十九日に行われることが多い?

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!のサムネイル画像

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!

人気のタグの一覧

終活ねっとで人気のタグ

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!上品!和服にも合う!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!上品!和服にも合う!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4
おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと