リストラ、解雇。会社都合で退職になったらどうする?

生活を維持するため、退職はできるだけ計画的に進めたいもの。ですが、会社の倒産やリストラなど、会社都合の退職も絶対ないとは言いきれません。そこで、万が一会社都合で退職することになった時のために、解雇予告手当や失業保険について予備知識を備えておきましょう。

目次

  1. 解雇予告手当
  2. 失業保険
  3. 失業保険の受給資格
  4. 会社とのトラブル相談窓口
  5. 履歴書に書く退職理由
  6. 会社都合の退職 まとめ

解雇予告手当

たとえば、退職届は14日前までに提出しなければならないということはご存知かと思います。
会社の就業規則によっては、1ヶ月前までに提出するとされている場合もありますね。

実は、会社側にも決まりがあります。
会社都合の退職でも「解雇」に該当する場合、会社は最大30日分の給料を支払わなくてはならないのです。

解雇予告手当とは?

労働基準法第20条で、会社側が従業員を解雇する場合、離職日の「30日以上前に予告すること」と定められており、事前に告知することが難しい場合は「最大30日分の給料を解雇予告手当として支払わねばならない」と定められています。

「30日後に退職してほしい」場合は解雇予告手当の支給はありませんが、「今日退職してほしい」場合給与30日分が支給されます。

懲戒解雇は対象外

ただし、ここで言う「解雇」とはあくまで一般的な理由によるものですので、懲戒解雇(違反・違法行為や問題を起こした労働者が責任をとるために解雇されること)は含まれません。

失業保険

会社を退職した場合、当面の生活を支えてくれるありがたい制度が失業保険ですが、この失業保険に関しても退職理由による違いがあります。

失業保険の給付制限

ハローワークで手続きした後に1週間の待期期間がありますが、その後、さらに給付制限の期間が設けられています。

この給付制限は、自己都合の場合は3ヶ月、会社都合の場合は1ヶ月ですので、自己都合よりは早い段階で受給できるわけです。

失業保険の受給資格

失業保険の受給資格者は、「一般受給資格者」「特定受給資格者」「特定理由離職者」の3つに分けられます。
自己都合の退職は「一般受給資格者」、会社都合の退職は「特定受給資格者」に該当します。

自己都合とは

その名の通り、自分自身の都合のみで退職することです。
今の会社が合わない、他の仕事がしたい、結婚、転居など理由もさまざまです。

会社都合とは

すぐに思い浮かぶのは、倒産、解雇、大量離職、退職推奨などでしょう。
では、その他はどうでしょうか。

「特定受給資格者」の範囲①

・倒産等により離職した者
・事業所の廃止(事業活動停止後再開の見込みのない場合を含む)に伴い離職した者
・解雇(自己の責めに帰すべき重大な理由による解雇を除く)により離職した者
・事業主から直接若しくは間接に退職するよう勧奨を受けたことにより離職した者(従来から恒常的に設けられている「早期退職優遇制度」等に応募して離職した場合は、これに該当しない)

ここまでは簡単に会社都合だとわかっていただけると思います。
では、これらはどうでしょう。

「特定受給資格者」の範囲②

・事業所において大量雇用変動の場合(1か月に30人以上の離職を予定)の届出がされたため離職した者及び当該事業主に雇用される被保険者の3分の1を超える者が離職したため離職した者
・事業所の移転により、通勤が困難(通常の方法で、往復の通勤時間が概ね4時間以上)になったため離職した者
・労働時間の締結に際し明示された労働条件が事実と著しく相違したことにより離職したもの
・賃金(退職手当を除く)の3分の1を超える額が支払期日までに支払われなかった付が、引き続き2ヶ月以上となったことにより離職した者
・賃金が、当該労働者に比べて85%未満に低下した(低下することになった)ため離職した者

勤務地が遠くなった、聞いていた話と違う、給料の支払いが遅れたなど、
これらの条件により自分から退職したとすると自己都合なのでは?と考えませんか?

公共職業安定所の役割

「特定受給資格者」の範囲と判断基準を設けているのは厚生労働省ですが、実際に判断するのは公共職業安定所です。

公共職業安定所では、離職票に記載された事業所(会社)の提示する離職理由を把握した後、離職者が主張する理由も把握して、それを証明する書類を受け取ったうえで最終的な判断をしてくれるというしくみになっているのです。

退職理由の証明

採用条件や労働条件がわかる労働契約書や就業規則、雇用契約書、賃金規定や賃金台帳、給与明細書などケースによって用意する書類はさまざまです。

ですが言い方を変えれば、証明さえできれば道が変わるかもしれないということです。
自己都合になりそうな理由でも、場合によっては「特定受給資格者」になることはできます。
その違いは失業保険を受給する際に大きく影響することになるのです。

会社とのトラブル相談窓口

退職に限らず、雇用側とのトラブルが起きたときは都道府県労働局や労働基準監督署等に設置されている「総合労働相談コーナー」に相談することができます。

また、日本司法支援センター(法テラス)コールセンターでも相談できます。

履歴書に書く退職理由

実は自己都合で辞めたにもかかわらず「会社都合より退職」と書いたり、反対にリストラにあったのに「一身上の都合により」と書くのは、虚偽の内容を記載したとして経歴詐称にあたります。

一般的に、職歴の欄には「一身上の都合」「会社都合」「契約期間満了」と記したうえで、面接の際に不利にならないよう的確に伝えられるよう準備しておく方がいいでしょう。

会社都合の退職 まとめ

人々

ともすれば、あきらめてしまいそうな理由での退職も、場合によっては失業保険の受給に影響することがあります。毎月給料から雇用保険料が天引きされていたということは、受給する権利があるということです。
就職活動に集中できるよう上手に頼っていきたいですね。

「会社・都合・退職」に関連する記事

  • 自己都合退職行う際の手続きの注意事項についてのサムネイル画像

    自己都合退職行う際の手続きの注意事項について

    現在、「終身雇用」が尊いというような考え方はなくなりつつあります。そんな中でスキルアップを図ったり、本当にやりたい仕事を見つけるために会社を辞める(自己都合退職)は奨励されるようになりました。そこで今回は自己都合退職をする際の注意事項をご説明します。

  • 定年退職後に失業保険(雇用保険)を受給する方法を知らなきゃ損?のサムネイル画像

    定年退職後に失業保険(雇用保険)を受給する方法を知らなきゃ損?

    65歳になると自分の意志とは関係なく多くの方が会社の契約を打ち切られ定年退職を迎えます。 それ以前に会社を辞めた人は失業保険を受給できますが、65歳の方は失業保険を受給できるのでしょうか? ここでは65歳の定年退職でも失敗しない失業保険のもらい方を説明します。

  • あなたの退職事由は何ですか?退職届の書き方について徹底解説しますのサムネイル画像

    あなたの退職事由は何ですか?退職届の書き方について徹底解説します

    あなたが会社を辞めると決心した時、まずは会社に退職事由を報告しなければなりません。そして正式に退職届を提出することになります。退職の手続きには一定のルールがありますが、退職に関する法律はどのようになっているのか?退職事由と書類の書き方などまとめてみました。

  • 退職後、自分でしないといけない公的手続きとは?のサムネイル画像

    退職後、自分でしないといけない公的手続きとは?

    在職中は、毎月の給料から社会保険料や年金保険料、住民税がひかれている天引きされている方も多いはず。ですが、退職後は自分で手続きをし、必要なものは自分で支払わなければなりません。期限が設けられている手続きもありますので、退職後に慌てないよう準備が必要ですね。

  • 円満な退職のためにースマートな退職願いの書き方のサムネイル画像

    円満な退職のためにースマートな退職願いの書き方

    退職を決心した時、さて、退職願いを書こう、と思いたっても、書き方がわからない、という方は多いのではないでしょうか。退職時のトラブルを回避し、スマートで円満な退職にしたいですよね。ここでは正しい退職願いの書き方をマスターしましょう。

  • 知っておくと便利!退職金の計算方法と平均相場のサムネイル画像

    知っておくと便利!退職金の計算方法と平均相場

    今や4社に1社は退職金が出ないと言われている時代。そんな退職金の詳しい計算方法を知っていますか?知っておくと便利な退職金の計算方法と平均相場について見ていきたいと思います。

  • 転職する際の退職理由の伝え方!本当のことを言う?嘘はバレる?のサムネイル画像

    転職する際の退職理由の伝え方!本当のことを言う?嘘はバレる?

    より自分らしさを求めて、または介護のため、または人間関係が原因で、さらに高待遇を求めてなど、退職する際には様々な理由があると思いますが、面接の際にマイナスにならないためにはどのような退職理由とすればよいのでしょうか。

  • これさえ押さえておけば安心な退職届けの書き方をご紹介します。のサムネイル画像

    これさえ押さえておけば安心な退職届けの書き方をご紹介します。

    退職届けは、ポイントを押さえれば簡単に書けます。 会社を穏便に退職するためには、退職届けの書き方が重要ですよね。 円満退職に向けて、退職届けの書き方のポイントをまとめましたので、この機会に覚えておきましょう。

  • 定年退職年齢は60歳?65歳?就業規則を確認してみましょう。のサムネイル画像

    定年退職年齢は60歳?65歳?就業規則を確認してみましょう。

    定年退職年齢が60歳、なのに年金の受給開始は65歳。収入がない期間をのんびり過ごすか、継続雇用で働くか、新たな職場に再就職するか、選択肢はそれぞれですね。そこで、定年退職年齢に関する法律や、公務員や自衛隊員の退職年齢について解説いたします。

  • 65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?のサムネイル画像

    65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?

    65歳以上の雇用される人が、働く理由は様々です。働くことが好きな人もいますし、やりがいや生きがいを求めて働く人もいます。また65歳以上から支給される公的な年金で足りない分を補うために仕事をしている人もいます。こうした雇用の実情を見ていきたいと思います。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「会社・都合・退職」についてさらに知りたい方へ

自己都合退職行う際の手続きの注意事項についてのサムネイル画像

自己都合退職行う際の手続きの注意事項について

定年退職後に失業保険(雇用保険)を受給する方法を知らなきゃ損?のサムネイル画像

定年退職後に失業保険(雇用保険)を受給する方法を知らなきゃ損?

あなたの退職事由は何ですか?退職届の書き方について徹底解説しますのサムネイル画像

あなたの退職事由は何ですか?退職届の書き方について徹底解説します

退職後、自分でしないといけない公的手続きとは?のサムネイル画像

退職後、自分でしないといけない公的手続きとは?

円満な退職のためにースマートな退職願いの書き方のサムネイル画像

円満な退職のためにースマートな退職願いの書き方

知っておくと便利!退職金の計算方法と平均相場のサムネイル画像

知っておくと便利!退職金の計算方法と平均相場

転職する際の退職理由の伝え方!本当のことを言う?嘘はバレる?のサムネイル画像

転職する際の退職理由の伝え方!本当のことを言う?嘘はバレる?

これさえ押さえておけば安心な退職届けの書き方をご紹介します。のサムネイル画像

これさえ押さえておけば安心な退職届けの書き方をご紹介します。

定年退職年齢は60歳?65歳?就業規則を確認してみましょう。のサムネイル画像

定年退職年齢は60歳?65歳?就業規則を確認してみましょう。

65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?のサムネイル画像

65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「会社・都合・退職」についてさらに知りたい方へ

自己都合退職行う際の手続きの注意事項についてのサムネイル画像

自己都合退職行う際の手続きの注意事項について

定年退職後に失業保険(雇用保険)を受給する方法を知らなきゃ損?のサムネイル画像

定年退職後に失業保険(雇用保険)を受給する方法を知らなきゃ損?

あなたの退職事由は何ですか?退職届の書き方について徹底解説しますのサムネイル画像

あなたの退職事由は何ですか?退職届の書き方について徹底解説します

退職後、自分でしないといけない公的手続きとは?のサムネイル画像

退職後、自分でしないといけない公的手続きとは?

円満な退職のためにースマートな退職願いの書き方のサムネイル画像

円満な退職のためにースマートな退職願いの書き方

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと