堤防から大物を狙う!簡単な仕掛けのアジの泳がせ釣りとは

暖かい季節になると堤防でサビキ仕掛けを使って小アジ釣りを楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。このアジを使った簡単な仕掛けの泳がせ釣りで大物も狙えます。ここではアジの泳がせ釣りについて紹介します。

目次

  1. アジの泳がせ釣りとは
  2. フィッシュイーターってどんな魚?
  3. 泳がせ釣りでの仕掛けは?
  4. エレベーター仕掛けで狙えるヒラメ
  5. ハマチなどの青物も堤防で狙える
  6. 泳がせ仕掛けでスズキを狙う
  7. もっと大物を狙うなら船での泳がせ釣り
  8. おわりに

アジの泳がせ釣りとは

鯵

魚の中には、小魚を捕食するフィッシュイーターと呼ばれる魚も多くいます。
このフィッシュイーターを狙うのによく使用されるのがルアーです。
小魚に似せたルアーを上手く魚が泳いでいるように見せると、このフィッシュイーターと呼ばれる魚が釣れます。

しかし、釣り初心者にとっては、このルアーを使っても、なかなか釣果を得られないものです。
そんなルアー釣りで釣果が得られない人でも、フィッシュイーターを釣る方法が泳がせ釣りです。
ノマセ釣りとも呼ばれる泳がせ釣りでは、生きた小魚にハリを付けて泳がせます。

生きた小魚ということもあり、ルアーを使った釣り方よりも高い釣果が期待できます。
堤防で小アジが釣れた時には、この泳がせ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。
ここでは、この泳がせ釣りについて紹介していきます。

フィッシュイーターってどんな魚?

釣り

フィッシュイーターは小魚を捕食する肉食の魚のことを指し、ヒラメやスズキ、青物ではヒラマサやカンパチ、カツオやシイラなど多くの魚がいます。
川魚としてはブラックバスが有名です。

このフィッシュイーターはよくルアーを使っての対象魚種となるのですが、ルアー釣りでは初心者では釣りにくいといったデメリットがあります。
しかし、泳がせ釣りは生き餌を使うため、難しいテクニックは必要ありません。
生きのいいアジさえ手に入れば、後は仕掛けに取り付けて、フィッシュイーターがかかるのを待つだけです。

泳がせ釣りでの仕掛けは?

泳がせ釣りの仕掛けは意外に簡単に作ることができます。
まずは道糸にオモリを取り付けます。
そして、別にスナップ付きのサルカンにハリのついたハリスを取り付けます。
後は、道糸にスナップ付きのサルカンを取り付けるだけで簡単な仕掛けの完成です。

これはエレベーター仕掛けとも呼ばれ、道糸を軸に上下にアジが動くことができます。
この仕掛けは簡易的な仕掛けで、その他にもウキなどを使った仕掛けもあり、自分の好みに合った仕掛けを作って泳がせ釣りに挑戦しましょう。

エレベーター仕掛けで狙えるヒラメ

釣り

ヒラメは産卵時期になると浅瀬に移動してくるため、堤防などでも釣りやすくなります。
このヒラメの産卵時期は3~7月だと言われています。
また、産卵が終わった9~11月もヒラメ釣りのシーズンとも言われ、比較的長い期間ヒラメ釣りを楽しむことができます。
ヒラメは海の底にいることからも、ウキを使った仕掛けよりも、エレベーター仕掛けの方が適していると考えられます。

ヒラメが釣れる場所といえば砂地が知られています。
海の底が砂地の場所にはヒラメがいる可能性が高いということになるのですが、岩場でもヒラメがいることもあります。
そのため、砂地でなければ釣れない魚ではありません。
狙うポイントとしては、小魚が多い場所となり、砂浜でも急に深くなっているようなポイントが狙い目です。

ハマチなどの青物も堤防で狙える

ハマチ

青物は、小魚を狙って回遊をしています。
そのため、エサとなる小魚がいない場所では青物もいないということになります。
ただ、堤防でサビキ釣りをしてアジが釣れている場合には、そこにハマチなどの青物が回遊してくる可能性はあります。

青物は探してみるかるものではなく、回遊してくるのを待つしかありません。
小アジが良く釣れるときには、小アジを狙って大物の青物が回遊する可能性もあり、堤防でのサビキ釣りでアジが釣れた時には、すぐに泳がせ釣りを試してみるのがいいかもしれません。
ただ、注意が必要なのが青物がかかると動き回り、他の人の仕掛けが絡まってしまうことがよくあります。
青物がかかった時には周りの人に伝えて、仕掛けを引き上げてもらう必要があります。

泳がせ仕掛けでスズキを狙う

堤防釣りを良くしている人の多くが、一度はスズキを狙ってルアー釣りをしたことがあるのではないでしょうか。
しかし、ルアーは初心者では難しく、しかもシーバスがいるポイントを上手く見つけて釣りをしないと釣るのは難しいです。
一日中、様々な場所をルアーで挑戦しても釣れないこともあります。

泳がせ釣りは、攻める釣りではなく待つ釣りです。
歩き回る必要なく、手軽な仕掛けで意外に楽にシーバスが釣れる可能性があります。
ただ、泳がせ釣りでは生き餌が元気な時ほど高い釣果が期待できます。
いつまでもそのままにするのではなく、定期的に餌を変えることが大切です。

もっと大物を狙うなら船での泳がせ釣り

堤防からの泳がせ釣りでも大物が狙えるのですが、もっと大物で、高い釣果を期待するなら船釣りが最適です。
船釣りでは、大物が釣りやすい場所まで船長さんが連れて行ってくれるため、高い釣果が期待できます。
また、船釣りでは岸からではまず釣れないよな魚種や大物が釣れるのも魅力です。
堤防からの泳がせ釣りに慣れてきたなら、今度はさらに大物を求めて船釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?手軽に堤防で釣れる小アジを使えば、今まで釣ったこともないような大物の魚も狙うことができます。夏にはよく小アジをする人は、簡単な仕掛けでもできる泳がせ釣りを気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。

「泳がせ・釣り・仕掛け」に関連する記事

「泳がせ・釣り・仕掛け」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「泳がせ・釣り・仕掛け」についてさらに知りたい方へ

魚で魚を釣る?!泳がせ釣りの仕掛けと狙える魚のサムネイル画像

魚で魚を釣る?!泳がせ釣りの仕掛けと狙える魚

憧れの高級魚!ヒラメを狙うおすすめ仕掛けのサムネイル画像

憧れの高級魚!ヒラメを狙うおすすめ仕掛け

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣りのサムネイル画像

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方についてのサムネイル画像

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

初心者でも簡単!ワームでの釣りの仕方とはのサムネイル画像

初心者でも簡単!ワームでの釣りの仕方とは

手軽に楽しむならこの釣り!初心者でも楽しめるヘチ釣りとはのサムネイル画像

手軽に楽しむならこの釣り!初心者でも楽しめるヘチ釣りとは

魚で魚を釣る?!泳がせ釣りの仕掛けと狙える魚のサムネイル画像

魚で魚を釣る?!泳がせ釣りの仕掛けと狙える魚

フカセ釣りってなに?フカセ釣りの基本的な知識のサムネイル画像

フカセ釣りってなに?フカセ釣りの基本的な知識

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣りのサムネイル画像

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

3

関連する記事

「泳がせ・釣り・仕掛け」についてさらに知りたい方へ

魚で魚を釣る?!泳がせ釣りの仕掛けと狙える魚のサムネイル画像

魚で魚を釣る?!泳がせ釣りの仕掛けと狙える魚

憧れの高級魚!ヒラメを狙うおすすめ仕掛けのサムネイル画像

憧れの高級魚!ヒラメを狙うおすすめ仕掛け

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣りのサムネイル画像

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方についてのサムネイル画像

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと