ひょうたん水筒ってどう作るの?実際使えるの?臭いは大丈夫?

昔の人はひょうたんを水筒として使用していたということを知っていますか?今回は水筒として使用されてきたひょうたんについて紹介していきます。

目次

  1. ひょうたんで水筒は作れる?
  2. 衛生的にみてどうなの?臭いは?
  3. ひょうたん水筒の作り方
  4. ひょうたん好きな方必見!
  5. まとめ

ひょうたんで水筒は作れる?

昔の時代にスポットをあてたアニメや時代劇などで竹やひょうたんの水筒を使って、水を飲んでいるシーンを見たことがあるという方は多いのではないでしょうか?
この竹やひょうたんで作られた水筒は、実際に人々に水筒として使われていたんです。なんとひょうたんで作られた水筒は縄文時代にはすでに人々に使用されていたとされています。

なぜひょうたんを水筒にしたのか

昔の人は竹は水筒だけでなく、お箸や食器として使用していました。しかしなぜ植物であるひょうたんを水筒に使用するようになったのでしょう…。
その理由は、昔の人の知恵にありました。昔の人は、ひょうたんの内側に水を入れると湿り、その湿気によって中の水が冷えることを知っていました。気温が高くなる夏でもひょうたんの中に入れた水はいつまでも冷たかったのです。そのため昔の人はひょうたんを水筒として持ち歩くようになりました。

衛生的にみてどうなの?臭いは?

ひょうたんは植物になります。中を出し洗って乾かして水筒に使用しようとしても、水を入れるとまた湿ってしまいます。ひょうたん水筒は衛生面で見るとあまりよろしくないようです…。

昔の人は大丈夫だったの?

衛生的に見てあまりおすすめできないひょうたん水筒ですが、昔の人は普通に水筒として使用していました。しかし昔の人は、今の人よりも菌に強かったので大丈夫であったとされています。

ひょうたん水筒の作り方

昔の人がひょうたんを水筒として使用していたことが分かりました。もし自宅にひょうたんがあれば、一度作ってみてはいかがでしょう?もしお孫さんがいれば一緒に作ってみるのもいいですね。お孫さんは、夏休みの工作にひょうたん水筒を作ってみるのもおすすめですよ。

作ってみよう!

ひょうたん水筒はひょうたんさえあれば簡単に作ることができます!時間はかかりますが、ぜひ工作として作ってみて下さい。しかし、よくできたからといって、実際に水筒として使用しないように!

まずは穴を開けていこう

まずひょうたんのつるを切ります。切ったつるの部分に穴を開けていきます。キリがあればキリで開けるとやりやすいでしょう。穴はできるだけ深く開けましょう。穴を開ける時は、ひょうたんが割れないように注意して下さい。力を入れすぎると割れてしまいます。

ひょうたんに水を入れよう

ひょうたんの中に水を入れていきます。ひょうたんの中に水を入れる方法は、ひょうたんより大きい入れ物に水をいれ、その中にひょうたんを入れます。ひょうたんを水の中に沈ませて、ひょうたんの中に水が入るようにします。

水と中身を取り出していく

水を入れたひょうたんは4日ほどで中身が腐っていきます。4日ほど経ったらひょうたんを水の中から出してください。腐ったひょうたんを入れていた水はとっても臭いので覚悟しておいて下さい。水を出した後に中身を棒などで取り出していきます。腐った中身は簡単に取り除くことができます。しかし何度もいいますが、本当に臭いです。

ひょうたんの表皮を取る

ひょうたんの中身を取り出したら次は、ひょうたんの皮の表面を腐らせます。腐らせるためには、再び水の中に沈めていきます。表皮は腐ったら、こすっただけですぐきれいにとることができます。たわしなどで簡単にとることができますよ。

乾燥させ、仕上げる

中身、表皮をきれいにしたら乾燥させていきます。乾燥方法はひょうたんの口を下にし、風通しの良い場所に吊るしておきます。乾かす時は、扇風機の風で乾かしても良いです。乾いたら水性ニスを塗ってできあがりです。乾燥する時に、カビが気になる方は日光に当てて乾かすといいでしょう。

ひょうたん好きな方必見!

ひょうたん水筒は、通信サイトでも販売されています。植物のひょうたんで作った水筒は、やはり飲み物を入れる物としてはおすすめできません。しかし現在でも使えるひょうたん水筒も販売されています。

通販サイトamazonでチェック

自然に育てたひょうたんで作られているため、商品ごとにサイズが異なります。同じものは二つとありません。こちらのひょうたん水筒は水筒として使用するよりは、置物として使用して下さい。
ひょうたんは風水開運グッズとして知られています。ひょうたんは金運アップにとても効果があるんですよ。

まとめ

いかがでしたか?今回は昔の人が使用していたひょうたん水筒について紹介しました。現在の人はひょうたん水筒は使わないですよね…。もしひょうたんがある方は工作として、ひょうたん水筒を作ってみてはいかがでしょう?

「ひょうたん・水筒」に関連する記事

  • ひょうたんってすごい!!縁起のいい植物だったのサムネイル画像

    ひょうたんってすごい!!縁起のいい植物だった

    ひょうたんと言えば、小さいものだと薬味入れですし大きいと昔の人がお酒を入れていたイメージですよね。そんな「ひょうたん」が実は縁起のいいものだと知っていましたか。縁起がいいならすぐにでも持っていたいですが、縁起ってどんなの?ひょうたんって何?

  • お墓に水をかけますか?なぜ水をかける派・かけない派が分かれるのかのサムネイル画像

    お墓に水をかけますか?なぜ水をかける派・かけない派が分かれるのか

    お墓参りの時には、お墓に水をかける光景はよく見かけます。そのため、お墓参りでは、水をかけるのが当たり前だと思っている人もいるかもしれません。しかし、お墓に水をかける派とかけない派に別れます。今回は、お墓に水をかけることも様々な視点から解説していきます。

  • お墓の水受けについて間違いやすい使用方法なども解説!のサムネイル画像

    お墓の水受けについて間違いやすい使用方法なども解説!

    お墓には水受けと呼ばれる部分があるのをご存知でしょうか?ちょうどお墓の花を立てる部分の間の石の上にある楕円形のくぼみのことです。なかなか注目されにくいお墓の水受けの部分はなんのために存在し、私たちはどのように扱えばよいのでしょうか?

  • 神棚に供える水。その量・入れ物・入れ方・位置をご紹介。のサムネイル画像

    神棚に供える水。その量・入れ物・入れ方・位置をご紹介。

    神棚をお祀りするときに必要なものの一つが水ですね。では、この水は一体どのくらいの頻度で交換すべきなのか、また神棚のどの位置にお供えするのか、細かい作法をご説明します。

  • お墓の内部の構造を紹介!カロートに入る骨壷の数は?のサムネイル画像

    お墓の内部の構造を紹介!カロートに入る骨壷の数は?

    お墓の内部の構造はどうなっているのでしょうか?入る遺骨の数に限りはあるのでしょうか?今回はお墓の内部はどのようになっているのかについて詳しくご紹介していきます。普段見ることのできないお墓の内部について、いざという時のためによく知っておきましょう。

  • お墓の汚れの落とし方は?汚れ別の掃除道具や洗剤を解説します!のサムネイル画像

    お墓の汚れの落とし方は?汚れ別の掃除道具や洗剤を解説します!

    あなたはお墓参りの時にどんな道具を持っていきますか? 家の掃除とは違って何を持っていけばよいか分からない人もいるのではないでしょうか。 今回はお墓の汚れの落とし方のコツや掃除に必要な掃除道具・汚れの落ちやすい洗剤について調べてみましたので最後までご覧ください。

  • お墓の中でトラブル発生!満杯・水浸しになった時の対象方法とは?のサムネイル画像

    お墓の中でトラブル発生!満杯・水浸しになった時の対象方法とは?

    みなさんはお墓の中というのがどうなっているのか気になったことはありませんか?どのくらいの広さで、かつどういう構造になるのかというのを知っている方はあまり多いとは言えないでしょう。今回はお墓の中についていろいろ書くとともに、緊急時の対策についても見ていきます。

  • お墓に納められる骨壷のあれこれを解説!骨壷は自分で選べる?のサムネイル画像

    お墓に納められる骨壷のあれこれを解説!骨壷は自分で選べる?

    インターネットでも購入することができるようになった骨壷。その種類や形もいろいろあり、最近では、ご自分のためのお墓だけでなく骨壷も用意される方もいるようです。 意外と知られていないお墓の中の骨壷についても知っておき、骨壺選びの参考にしてみてはいかがでしょうか?

  • お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説のサムネイル画像

    お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説

    お墓参りの時にはお花を持って行かれる方も多いですよね?ではお花はどのようにして選んでいますか?季節によって種類も変わってきますが、お墓にお供えするお花に決まりやマナーがあるのでしょうか?そこでお墓に持って行くお花の選び方や相場などを解説します。

  • お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたしますのサムネイル画像

    お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたします

    カロートとはお墓の半地下や地下の部分にある遺骨を納骨する部分です。この記事ではカロートの費用や開け方から、カロートで起こる様々な問題と解決方法についてご説明します。お墓の中でも遺骨を安置するという重要な役目をもったカロートについて一緒に学んでいきましょう。

ランキング

シェアする

関連する記事

「ひょうたん・水筒」についてさらに知りたい方へ

ひょうたんってすごい!!縁起のいい植物だったのサムネイル画像

ひょうたんってすごい!!縁起のいい植物だった

お墓に水をかけますか?なぜ水をかける派・かけない派が分かれるのかのサムネイル画像

お墓に水をかけますか?なぜ水をかける派・かけない派が分かれるのか

お墓の水受けについて間違いやすい使用方法なども解説!のサムネイル画像

お墓の水受けについて間違いやすい使用方法なども解説!

神棚に供える水。その量・入れ物・入れ方・位置をご紹介。のサムネイル画像

神棚に供える水。その量・入れ物・入れ方・位置をご紹介。

お墓の内部の構造を紹介!カロートに入る骨壷の数は?のサムネイル画像

お墓の内部の構造を紹介!カロートに入る骨壷の数は?

お墓の汚れの落とし方は?汚れ別の掃除道具や洗剤を解説します!のサムネイル画像

お墓の汚れの落とし方は?汚れ別の掃除道具や洗剤を解説します!

お墓の中でトラブル発生!満杯・水浸しになった時の対象方法とは?のサムネイル画像

お墓の中でトラブル発生!満杯・水浸しになった時の対象方法とは?

お墓に納められる骨壷のあれこれを解説!骨壷は自分で選べる?のサムネイル画像

お墓に納められる骨壷のあれこれを解説!骨壷は自分で選べる?

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説のサムネイル画像

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説

お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたしますのサムネイル画像

お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたします

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説のサムネイル画像

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「ひょうたん・水筒」についてさらに知りたい方へ

ひょうたんってすごい!!縁起のいい植物だったのサムネイル画像

ひょうたんってすごい!!縁起のいい植物だった

お墓に水をかけますか?なぜ水をかける派・かけない派が分かれるのかのサムネイル画像

お墓に水をかけますか?なぜ水をかける派・かけない派が分かれるのか

お墓の水受けについて間違いやすい使用方法なども解説!のサムネイル画像

お墓の水受けについて間違いやすい使用方法なども解説!

神棚に供える水。その量・入れ物・入れ方・位置をご紹介。のサムネイル画像

神棚に供える水。その量・入れ物・入れ方・位置をご紹介。

お墓の内部の構造を紹介!カロートに入る骨壷の数は?のサムネイル画像

お墓の内部の構造を紹介!カロートに入る骨壷の数は?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと