いざという時に恥をかかない、お焼香のやり方・手順について

みなさんは葬儀の際の正しいお焼香の手順はご存知ですか? 冠婚葬祭は経験する回数も少ないため、ほとんどの方が覚えていなかったりすんじゃないでしょうか。そこで今回は、大人なら知っておきたいお焼香の正しいやり方や手順についてご紹介したいと思います。

目次

  1. お焼香とは
  2. お焼香の基本的なやりかた
  3. お焼香の種類・手順について
  4. 宗派によって、お焼香の回数もさまざま
  5. 最後に

お焼香とは

お焼香とは、香を香炉に落として焚いたものに、死者や仏に対して拝むことをいいます。
広い意味では、仏壇やお墓の前で線香をあげることも焼香に含まれますが、これは日常のお参りで、「線香を上げる」というイメージの方が大きいでしょうね。
お焼香とは、お通夜・葬儀・告別式・法事・法要などで、香を焚くことを指します。

心と身体の穢れ(けがれ)を取り除いてお参りすることで、不浄を祓うものの他に、遺体の匂いを消す重要な役割をしていたそうです。お通夜などで、寝ないで一晩中故人に寄り添う風習があるかと思いますが、これは故人の思い出を語り合う意味以外にも、昔はドライアイスなどの遺体の保存技術もなかったため、お香を焚くことで遺体の臭いを消すという重要な役割も果たしていました。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

お焼香の基本的なやりかた

焼香台の前まで移動し、遺族に一礼をしたら、焼香台に近づき、さらに遺影に向かって一礼します。
基本的には右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香をつまみ、 額の高さまで上げ指をこすりながら香炉に落とします。
宗派ごとに定められた回数(1~3回)焼香を行い、合掌して一礼します。そして最後に遺族に一礼し、自分の席へ戻ります。

これが基本的なお焼香の手順ですが、以下に詳しい手順について説明していきます。

焼香の順番は喪主・親族から

お焼香は一人ずつ行います。順番としては故人との関係が深い人からになりますので、基本は喪主から始めることになります。とはいっても、席も故人と関係が深い人順になっていますので、席の順番通りに焼香を行えば問題ありません。

自分の順番が来たら

前の席の人が着席したら自分も席を立ちます。焼香台の手前まで移動したら、まずは遺族に対して一礼します。焼香台の前へ一歩進み、さらに遺影に向かって一礼します。

焼香台の配置について

葬儀屋での葬式やお通夜の際は、一般的には祭壇の前に参列者のための焼香台が設置されています。
焼香台の上には、抹香(粉末状のお香)と香炉(香炉を焚くための容器)が用意されていますので、そこで焼香をします。
最近では、抹香入れと香炉が一つになっている角香炉が使われています。

葬儀

お焼香の種類・手順について

お焼香の種類としては、立礼焼香・座礼焼香・回し焼香の3種類があります。
式場の規模によってもお焼香の手順が異なりますので、以下に詳しく説明していきます。

立礼焼香

立礼焼香とは葬儀屋などの椅子席の式場で多く利用されています。

座礼焼香

座礼焼香は畳敷きの式場で多く利用されています。基本的な手順は立礼焼香と同じです。

回し焼香

回し焼香は式場が狭い場所などで用いられます。
回し焼香とはその名前の通りで、焼香炉が回ってきますので、焼香炉が回ってきたら自分の前に置きお焼香をします。終わったら次の人に回します。
基本的な手順としては他のお焼香と同じです。

宗派によって、お焼香の回数もさまざま

ほとんどの宗派が1回あるいは3回するのが一般的ですが、回数はそれほど大事ではありませんので、相手の宗派、自分の信仰している宗派に沿って行うことで問題ありません。
ただし、相手の宗派も自分の宗派もわからない場合には、1回しておけば問題ないでしょう。
しかし、回数は問題ないと説明しましたが、焼香に対する考え方・手順は宗派によって異なりますので注意が必要です。たとえば、浄土真宗でのお焼香はあくまでも自分自身の心身を清めるためのものですので、香をつまんで額の高さまで上げることはしません。

各宗派の手順については下記をご覧ください。

真言宗のお焼香の手順は

真言宗では「3」という数字を大事にしていますので、焼香の回数は3回で、3回とも額まで上げるか、最初の1回だけ上げる場合とがあります。
3回の焼香を行うということが身口意の三業(しんくいのさんごう)を清めるという説、仏・法・僧(ぶっぽうそう)に捧げるという説、心の三毒(貪・瞋・癡)(とん・しん・ち)の煩悩をなくすという説があります。

このように真言宗では「3」という数字を大事にしていることがわかります。

※貪(とん):物欲、瞋(しん):怒り、癡(ち):迷妄
仏教では、これを人間が持っている三毒といいます。

曹洞宗のお焼香の手順は

曹洞宗のお焼香の大きな違いとしては、焼香の際に左手を右手に添えて焼香することです。
焼香の手順は下図のとおりです。
曹洞宗の場合、焼香は2回が一般的です。1回目を主香(しゅこう)といい、故人さまの冥福を祈ります。このときに先ほど説明した、左手を右手の下に添えます。2回目は従香(じゅうこう)といい、主香が消えないように香を加えます。

浄土真宗大谷派の手順は

真宗大谷の焼香2回ですが、1点異なるのは、手を額まで上げないことです。
但し、同じ浄土真宗でも本願寺派では1回となりますので、注意が必要です。
また、線香については、線香を2つまたは3つに折り、火を付けた後に線香を横に寝かせて供えます。

最後に

葬儀

お焼香の手順についてはいかがだったでしょうか?

僧侶の方がよく口にする言葉ですが、お焼香は故人のことを想って行えばそれでいい。
信仰の自由ですから、仮に故人と宗派が異なっていても、自分の宗派のやり方をすれば問題ありませんし、なによりも大事なのは気持ちです。
たとえ自分流の焼香であっても、焼香の意味を理解し、故人に対する気持ちを持ち、そして、こころを込めて行うことです。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「焼香・手順」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「焼香・手順」についてさらに知りたい方へ

葬儀での焼香のやり方とは?焼香の種類や手順から宗派別の回数も紹介のサムネイル画像

葬儀での焼香のやり方とは?焼香の種類や手順から宗派別の回数も紹介

お焼香の回数は、宗派によって違うってご存知でしたか?のサムネイル画像

お焼香の回数は、宗派によって違うってご存知でしたか?

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょうのサムネイル画像

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょう

葬式に行く前に必見!お焼香のやり方を徹底解説いたしますのサムネイル画像

葬式に行く前に必見!お焼香のやり方を徹底解説いたします

いまさら聞けない!お葬式での焼香のやり方のサムネイル画像

いまさら聞けない!お葬式での焼香のやり方

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナーのサムネイル画像

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナー

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説しますのサムネイル画像

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説します

葬儀でのお焼香の順番! それがもとで深刻なトラブルになることものサムネイル画像

葬儀でのお焼香の順番! それがもとで深刻なトラブルになることも

告別式でのお焼香はどうしたらいい?作法やマナーなどを紹介のサムネイル画像

告別式でのお焼香はどうしたらいい?作法やマナーなどを紹介

仏壇の前で毎日やっても問題なし!焼香の意味を解説しますのサムネイル画像

仏壇の前で毎日やっても問題なし!焼香の意味を解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「焼香・手順」についてさらに知りたい方へ

葬儀での焼香のやり方とは?焼香の種類や手順から宗派別の回数も紹介のサムネイル画像

葬儀での焼香のやり方とは?焼香の種類や手順から宗派別の回数も紹介

お焼香の回数は、宗派によって違うってご存知でしたか?のサムネイル画像

お焼香の回数は、宗派によって違うってご存知でしたか?

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょうのサムネイル画像

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょう

葬式に行く前に必見!お焼香のやり方を徹底解説いたしますのサムネイル画像

葬式に行く前に必見!お焼香のやり方を徹底解説いたします

いまさら聞けない!お葬式での焼香のやり方のサムネイル画像

いまさら聞けない!お葬式での焼香のやり方

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと