憧れの高級魚!ヒラメを狙うおすすめ仕掛け

ヒラメと言うと、釣るのが難しい高級魚と言ったイメージが強いですよね。しかし、ヒラメは様々な仕掛けで狙えるので、自分に合ったやり方が見つかるはず!いつかは釣ってみたい高級魚、ヒラメを釣るための仕掛けやポイントを紹介していきます。

目次

  1. ヒラメを狙う仕掛けとは?
  2. 船?サーフ?初心者にオススメはこちら
  3. ヒラメ釣りの代表的な仕掛け
  4. 堤防から狙うルアーの仕掛け
  5. 自作仕掛けのポイントは
  6. ヒラメ釣りのメッカ・鹿島で人気の仕掛け
  7. いろんな仕掛けを試してみよう

ヒラメを狙う仕掛けとは?

ヒラメ

ヒラメ釣りと言うと難しい・専門的というイメージを持つ人が多いようです。しかしヒラメ釣りは「こうでなくては釣れない!」と言うものではなく、様々な仕掛け・釣り方で狙える魚なんですよ。そこで、色々なヒラメ釣りの仕掛けを紹介していきたいと思います。

船?サーフ?初心者にオススメはこちら

初心者がヒラメを釣り上げるには。おすすめなのは実は船釣りです。船釣りは道具も専用のものが必要で敷居が高いイメージがありますが、最近では釣竿のレンタルや仕掛けを用意してくれている船宿も多いんですよ。また、初心者歓迎コースがある船宿も。
船でのヒラメ釣りは生餌を使った泳がせ釣りが一般的ですが、餌になる魚も用意してくれているので比較的手軽に楽しむ事が出来るんです。

ヒラメ釣りの代表的な仕掛け

ヒラメ釣りの泳がせ仕掛け

ヒラメ釣りと言えば、生きた魚を使った泳がせ釣り(飲ませ釣り)が一般的ですよね。船釣りは勿論、堤防から狙う際にも泳がせ釣りがメジャーです。そんな生餌を使った仕掛けの中にもいくつかの種類があるんですよ

ハヤブサ(Hayabusa) 活き餌一撃 ヒラメ喰わせ遊動トリプル 17-7
ハヤブサ(Hayabusa) 活き餌一撃 ヒラメ喰わせ遊動トリプル 17-7

商品価格637円

アタリがわかりやすい独自の仕掛け

この商品を購入

遊動仕掛けと固定仕掛け

ヒラメの仕掛けはオモリに繋がる「捨て糸」の部分と、針につながる「ハリス」の部分でできています。このハリスの根元が固定されていのが「固定仕掛け」、遊びを持たせて動くようにしてあるのが「遊動仕掛け」です。
遊動仕掛けの方が餌の魚の自由度が高く長持ちしますが、タナが取りにくいため根がかりしやすくなるデメリットがあります。

親針&孫針とチラシ針

ヒラメ仕掛けのハリスは生餌の口や鼻にかける「親針」と、体にかける数本の「孫針」があります。この孫針の部分を生餌の魚に刺さず、そのまま海に漂わせるタイプの仕掛けをチラシ針と言います。

餌はアジやイワシ

泳がせ釣りの餌としてはアジやマイワシが一般的です。船釣りでは生餌を用意してくれていますが、堤防から狙う場合は餌の魚も自分で用意しなければいけませんよね。その為、サビキ釣でアジやイワシを釣りつつ、釣れた魚でカレイを狙うという人が多い様です。サビキ仕掛けに食いついたアジやイワシにそのままヒラメがかかると言う事もあるんですよ!

堤防から狙うルアーの仕掛け

堤防からのヒラメ釣りは、最近ではルアーの仕掛けに人気が集まっているようです。駆け引きを楽しむのは勿論、餌の調達に手間がかかる泳がせ釣りに比べると、疑似餌の方が手軽に楽しめると言えるかもせれません。また、ルアー仕掛けの方が荷物が少なく身軽に動けるというのも人気のポイントです。

ヒラメ釣りのオススメルアー

ヒラメ釣りにおすすめのルアーは30g前後のある程度重さがあるものを選ぶ事がポイント。色はゴールドやピンクなどの派手なカラーが良く、アクションが大きい良く動くタイプを選びましょう。

ワームのオススメアイテム

場所によってはワームの自重だけでも大丈夫ですが、海岸から広く探るのであればジグヘッドを組み合わせて重さを出しましょう。

ルアーのおすすめアイテム

デュオ ルアー ビーチウォーカー ファルクラム ヒラメピンク2
デュオ ルアー ビーチウォーカー ファルクラム ヒラメピンク2

商品価格¥1,556(税込)

ヒラメが好む動きを設計されたルアー

この商品を購入

自作仕掛けのポイントは

自作のヒラメ仕掛けを作る際は、初めは市販の仕掛けにヒラメにアピールするアイテムをプラスするところから始めましょう。ヒラメは海の底にいる魚なので、集魚板や蛍光パーツなどでアピールするといいですよ。
慣れてきたら釣りポイントや好みに合わせて、オモリのサイズやステイとやハリスの長さを変えるなどの工夫をしていきます。自作の仕掛けがバッチリはまったときのうれしさは格別ですよ!

おすすめワンポイントアイテム

オモリ

実はオモリも重要なアピールパーツ。白などの明るい色に変えるだけでもいいですが、ラインストーンなどのきらきらするパーツを張り付けて、さらに目立たせている人も多いんですよ。

集魚板

ヒラメ釣りに効果的な集魚板はホログラムタイプの物。きらきらしたホログラムの光は、イワシなどの群れが来たと錯覚させる効果があると言われています。

ヒラメ釣りのメッカ・鹿島で人気の仕掛け

関東でヒラメ釣りが有名な場所と言えば鹿島を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。船釣りは勿論、堤防からのヒラメ釣りも盛んな様です。

泳がせ釣り

鹿島での泳がせ釣りは捨て糸&ハリスのオーソドックスな仕掛け(ぶっこみ釣り)と、浮きを使った捨て糸を使わないタイプの仕掛け(泳がせ釣り)の仕掛け。また、浮きも使わない脈釣りの仕掛けと、様々な仕掛けが用いられているようです。

いろんな仕掛けを試してみよう

ヒラメ釣りの様々な仕掛けを紹介しましたが、いかがでしたか?これだけいろいろな釣り方があれば自分に合った仕掛けが見つかりそうですよね!

「ヒラメ・仕掛け」に関連する記事

「ヒラメ・仕掛け」についてさらに知りたい方へ

  • 堤防から大物を狙う!簡単な仕掛けのアジの泳がせ釣りとは

    堤防から大物を狙う!簡単な仕掛けのアジの泳がせ釣りとは

    暖かい季節になると堤防でサビキ仕掛けを使って小アジ釣りを楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。このアジを使った簡単な仕掛けの泳がせ釣りで大物も狙えます。ここではアジの泳がせ釣りについて紹介します。

  • 魚で魚を釣る?!泳がせ釣りの仕掛けと狙える魚

    魚で魚を釣る?!泳がせ釣りの仕掛けと狙える魚

    魚の中には、小魚を捕食対象としている魚も多くいます。その魚を釣るには泳がせ釣りが有効です。この泳がせ釣りについて紹介します。

  • 大人気!テナガエビの釣り方、仕掛けを紹介します

    大人気!テナガエビの釣り方、仕掛けを紹介します

    テナガエビは誰にでも釣れて仕掛けも簡単に作れます。また食べて美味しく釣り人には人気のターゲットです。ここではテナガエビ釣りの釣り方やその魅力、そして仕掛けの作り方についても詳しく紹介いたします。

  • 手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

    手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

    川釣りは淡水で手軽に楽しめる釣りです。釣れる魚はヤマメや、ナマズ、アユなど海ほどではないとはいえ、様々な魚を釣ることができますし、仕掛けもいろんな種類のものがあります。ここでは、川釣りの仕掛けの種類や糸の結び方などをお伝えします。

  • ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

    ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

    海釣りでは餌釣りをする人は多いのですが、ルアー釣りも人気を集めています。今までルアーを使ったことがない人にとって、どうやって使ったらいいのかと不安を感じている人もいるのではないでしょうか。そこで、初心者でも楽しめる海でのルアー釣りを紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと