北海道神宮のお守りの効果は?お守りの値段や処分の方法も紹介!

北海道で最も多くの人に親しまれている神社が北海道神宮ですよね。霊験あらたかな神社として知られている北海道神宮なのですが、お守りを購入することができて人気となっています。そこで、そんな北海道神宮のお守りの効果や値段、処分の仕方などについてご紹介します!

目次

  1. 北海道神宮とはどういう神社?
  2. 北海道神宮のお守りの効果について
  3. 北海道神宮のお守りの種類や値段について
  4. お守りの処分について
  5. まとめ

北海道神宮とはどういう神社?

困った人々

北海道の一宮とも言われて多くの人に親しまれている北海道神宮ですが、どのような神社なのでしょうか。

北海道神宮は明治時代に創建される

北海道神宮は明治2年に明治天皇が北海道鎮護のための神社として創建した神社です。明治3年に仮社殿を造り、明治4年に札幌神社と命名されて創建されました。そして、明治5年には官幣小社となり、1964年に名称が現在の北海道神宮となりました。

北海道神宮で祀られている神様について

北海道神宮には大国魂神、大那牟遅神、少彦名神の三神が祭られています。この三神のことを開拓三神と言い、北海道の守護神として現在も大事に祀られています。また、この開拓三神の他に明治天皇も祀られていて4つの神様を祀っています。

ロシア帝国から日本国を守る北海道神宮

一般的に神社というのは、その地域の人々や自然を守るという目的で建てられることがほとんどなのですが、北海道神宮は当時強大な帝国だったロシア帝国が樺太や千島などに進出するのに備えて、その守りの神ということで創建されています。なので、大鳥居は北東を向いていてロシア帝国の脅威から日本国を守る神社として創建されています。

北海道神宮のお守りの効果について

北海道神宮に訪れた人が必ず購入すると言われているお守りですが、北海道神宮のお守りにはどのような効果があるのでしょうか。

北海道神宮のお守りの効果とは?

北海道神宮から授与されるお守りには交通安全、健康増進、金運アップ、学業成就、恋愛成就など様々なご利益のものがあります。普通の神社と同じようにお守りによってご利益が異なっているので自分に合ったお守りを購入してご利益を頂くことができます。

北海道神宮は強力なパワースポット

また、北海道神宮のご利益として商売繁盛、交通安全、金運アップ、縁結びのご利益があると言われています。さらに北海道随一のパワースポットとも言われているので行くだけで開運をするという人もいます。なので、北海道神宮に行ってお参りをしてお守りを購入することで、そのご利益をより強く得られるのではないでしょうか。

お守りを購入できる時間について

北海道神宮のお守りを購入できる時間は朝9時から午後5時までとなっています。ご祈祷などもこの時間までとなっているのでご祈祷はもちろん、お守りを購入する人は時間内に購入するようにしましょう。

以下の記事では、お守りの効果についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

お守りを持つ効果とは?可愛いお守りを買える神社もご紹介します!

神社のお守りにはどんな効果があるのかご存知でしょうか?お守りによって得られる効果は様々です。やはり、誰にでも悩みはつきものですよね。お守りを上手く活用すれば、多くの悩みも解消できるかもしれません。今回は、お守りを持つ効果や可愛いお守りがある神社もご紹介します。

北海道神宮のお守りの種類や値段について

北海道神宮で購入できるお守りとはどのような種類のものがあるのでしょうか。またその値段についてもご紹介します。

様々な種類のお守りがある

北海道神宮では様々なお守りを購入することができます。一般的に良く見られる錦守や木札守、矢守、キーホルダー守、身代わり守、御幣守、肌守などがあります。どれも数百円から千円ほどのものでそれほど高いものではありません。しっかりと北海道神宮のご利益が詰まったお守りということで是非、北海道神宮に行った時にはお守りを購入したいですね。

交通安全のお守り

北海道神宮には交通安全のお守りが6種類あります。交通安全錦守、交通安全木札守、交通安全矢守、交通安全御幣守、交通肌守、金幣型キーホルダーがあるのですが、それぞれ普通の錦守から木札など形や大きさが異なっています。普段身に着けて持ち歩くには錦守や肌守がいいですし、神棚に飾るには木札や矢守が最適です。なので用途に合わせて好きなものを選ぶことができます。

学業のお守り

北海道神宮のお守りには学業に関するお守りも多くあります。学業守、合格守の2種類があるのですが、どちらも800円、500円とお手頃な値段なので受験生はもちろん、学力をアップしたい学生にはおすすめです。

健康に関するお守り

北海道神宮のお守りには健康に関するお守りも多くあります。健康守、病気平癒守、身代わり守、心身健全守、健康福寿守、子授かり御守、一位の実守などがあるのですが、普通のお守りの他にストラップが付いたお守りもあるのでバッグなどに付けて普段から持ち歩くことができます。病気をしている人はもちろん、病気予防としてもこうしたお守りを購入するのもいいのではないでしょうか。

その他のお守り

北海道神宮には他にも様々なお守りがあります。こども守やカード型肌守、必勝守、金運をアップさせる金小槌守、開運させる桜鈴守、キティー肌守などがあります。また、恋愛成就守もあって様々な願いに即したお守りを購入することができます。

こちらも読まれています

神社のお守りにはどんな種類があるの?全国のおすすめお守りもご紹介

神社参拝をするとお守りよく見かけます。神社のお守りにはどのような種類があるのでしょうか?今回は神社でいただけるお守りの種類についてご紹介します。また、全国のおすすめのお守りもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

お守りの処分について

人々

お守りはいつまでも使用できるとも言われているのですが、一定期間が来ると効果がなくなるとも言われています。そこでお守りの処分の仕方などをご紹介します

お守りは効果が切れたら処分をする

お守りは効果がなくなった時に処分をすればいいと言われています。しかし、どのようにして効果がなくなったのかよくわからないですよね。なので、お守りを身に着けてから1年くらいを目安に処分をするといいと言われています。もちろん、1年経ってもお守りの効果を実感するという人はそのまま身に着けていても大丈夫です。また、安産や学業成就などのお守りは子供が無事に生まれたり受験に合格した時など願いが叶った時に処分をするという人も多くいます。そういう時にはお守りとご加護いただいた神様に感謝をして処分をするようにしましょう。

お守りの処分の方法は?返納?お焚き上げ?

必要なくなったお守りの処分の方法ですが、基本的には購入した神社に返納します。神社の境内などにお札やお守りを納める箱が置いてあるので、そこにお守りをお納めします。わからない時には神社の神職や職員に聞くようにしましょう。また、神社でお守りや人形などのお焚き上げをしていることもあります。特別に申し込みをする時もあればどんど焼きなどでお焚き上げをすることもできます。ただ、お守りは頂いた神社に返納するのが一般的ということを覚えておきましょう。人によっては郵送でわざわざお守りを購入した神社まで返納する人もいますが、近くにある産土神社などに返納するのでも大丈夫なようです。

以下の記事では、神社のお守りの返納についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社のお守りってどう返納すればいいの?返納の時期や金額も解説!

神社のお守りは返納されていますか?交通安全のお守り・合格祈願のお守り・厄除けなどのお守りは時期がきたら返納するのが望ましいです。今回は神社のお守り返納の返納方法について、時期や金額とあわせて解説します。

まとめ

ロシア帝国から日本国を守るために明治時代に創建された北海道神宮なのですが、交通安全、学業成就、恋愛成就など様々なご利益が得られる神社で多くのお守りが授与品として用意されています。
なので、自分の目的にあわせてお守りを購入して身に着けてご利益を頂くことができます。
また、普通のお守りから肌守り木札、矢札、キーホルダーなど様々なタイプのお守りがあるので用途に合わせて購入をしていきたいですね。
さらに、お守りは1年を目安に願いがかなった時や効果がなくなった時に処分をするようにするといいと言われていて、基本的に購入した神社に返納しお焚き上げをしてもらいます。その時にはしっかりと礼節をもって処分をするようにしましょう。

以下の記事では、神社のお賽銭についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

「北海道神宮・お守り」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

関連する記事

「北海道神宮・お守り」についてさらに知りたい方へ

願いのすべてを叶えてくれる?『浅草寺のお守り』を徹底解剖!のサムネイル画像

願いのすべてを叶えてくれる?『浅草寺のお守り』を徹底解剖!

京都のお守りでご利益を!おすすめの神社をご紹介のサムネイル画像

京都のお守りでご利益を!おすすめの神社をご紹介

八方除の寒川神社のお守りが欲しい!種類や返納の時期を解説のサムネイル画像

八方除の寒川神社のお守りが欲しい!種類や返納の時期を解説

お守りを処分する時期と方法!神社・寺に持って行けないときは?のサムネイル画像

お守りを処分する時期と方法!神社・寺に持って行けないときは?

縁結びのお守りのエトセトラから、縁結びを行う神社まで…のサムネイル画像

縁結びのお守りのエトセトラから、縁結びを行う神社まで…

古いお札やお守りってどうすればいいの?返す時期や方法についてのサムネイル画像

古いお札やお守りってどうすればいいの?返す時期や方法について

入手困難!三峯神社の白いお守りのご利益や入手法を教えます!のサムネイル画像

入手困難!三峯神社の白いお守りのご利益や入手法を教えます!

熱田神宮のお守りで、きっと素敵なご利益が訪れる予感!のサムネイル画像

熱田神宮のお守りで、きっと素敵なご利益が訪れる予感!

神戸の生田神社は縁結びの神社、可愛らしいお守りもありますよのサムネイル画像

神戸の生田神社は縁結びの神社、可愛らしいお守りもありますよ

全部集めれば願いが叶うかも?霧島神宮の最強のお守りのサムネイル画像

全部集めれば願いが叶うかも?霧島神宮の最強のお守り

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説のサムネイル画像

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「北海道神宮・お守り」についてさらに知りたい方へ

願いのすべてを叶えてくれる?『浅草寺のお守り』を徹底解剖!のサムネイル画像

願いのすべてを叶えてくれる?『浅草寺のお守り』を徹底解剖!

京都のお守りでご利益を!おすすめの神社をご紹介のサムネイル画像

京都のお守りでご利益を!おすすめの神社をご紹介

八方除の寒川神社のお守りが欲しい!種類や返納の時期を解説のサムネイル画像

八方除の寒川神社のお守りが欲しい!種類や返納の時期を解説

お守りを処分する時期と方法!神社・寺に持って行けないときは?のサムネイル画像

お守りを処分する時期と方法!神社・寺に持って行けないときは?

縁結びのお守りのエトセトラから、縁結びを行う神社まで…のサムネイル画像

縁結びのお守りのエトセトラから、縁結びを行う神社まで…

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと