相撲部屋の食事、気になりませんか?ちゃんこだけって本当?

お相撲さんが稽古をし、食事をする相撲部屋。相撲部屋の稽古場の見学などは、見たことがありますが食事までは詳しくは分からないのが現状です。相撲部屋の一日を見てみましょう。

目次

  1. 相撲部屋の一日
  2. 相撲部屋の食事の回数
  3. 相撲部屋の食事のメニュー
  4. 相撲部屋の食事の順番
  5. まとめ
  6. 終活の専門家に相談してみよう

相撲部屋の一日

本場所のない日や巡業に出ていない日は、大体、相撲部屋で過ごしています。関取も幕下以下の力士も毎日稽古を行い、 力士として力を磨いています。以下に本場所のない普段の日のスケジュールの一例を紹介します。

【起床時間】
取的:5:00~ 5:30
関取:7:00~ 7:30
番付の低い力士が先に起きます。

【稽古】
取的:6:00~ 9:30
関取:8:00~ 10:30
番付の低い順に稽古を行います。稽古は大体、同じ階級の仲間と行います。関取に稽古をつけてもらったら、ひしゃくで水をつけ「感謝の意」を表します。自分が直接相撲を取らないときは、他の力士の稽古を見て相撲を勉強します。幕下以下の力士は関取の汗を拭いたり、背中の砂を払い落としたり、タオル持ちを務めたり、塩の入れ物を持っていたり、土俵を掃いたりというように、細々とした仕事もします。

【風呂・食事】
取的:11:30~ 1:30
関取:11:30~ 1:00
番付の上位順に風呂に入ります。付け人は関取の体を流したりします。食事も上位の力士が先です。関取が食事するときは、付け人が近くにいて給仕をします。幕下以下の力士が食事をするのは、関取の後です。

【昼寝】
30分程度自由に過ごし、大体の力士が3時~ 3時半くらいまで昼寝をします。関取は「呼ばれもの」と言われる催し物への出席などが昼間あると、寝る時間が取れないときもあるそうです。

【自由時間】
昼寝の後は自由です。関取は外出の用事がなければまったくの自由時間です。取的は部屋の掃除をしたり、付け人としての仕事をします。清掃番でもちゃんこ番でも付け人の当番でもなければ、自由に過ごします。外出も自由です。

【夕食】
夕食は、大体、 5時半~ 6時半です。
【夕食後】
自由な時間となります。付け人は付け人としての務めを果たします。部屋によっては門限時間がありますのでそれまでには帰るようにします。

【就寝】
部屋によって違いますが、関取は遅めに寝るし、取的は早めに寝るようです。

相撲部屋の食事の回数

お相撲さんの食事は、基本的には昼と夜、1日2食です。
最初の食事は、早朝からの稽古がお昼前に終わって、ひとっ風呂浴びたあとです。
部屋のみんなで鍋を囲む、昼のちゃんこ(※部屋の力士が作って食べる料理のことはおおよそ「ちゃんこ」と言う。)の時間です。朝から激しい稽古をするため、稽古前は原則、何も食べません。だから、体はヘトヘト、腹はペコペコという状態でちゃんこを食べるんだそうです。

相撲部屋の食事のメニュー

お相撲さんは、ちゃんこ鍋しか食べていないのか?そんなにちゃんこ鍋が好きなのか?
いえ、違いました。
メニューもいろいろで、カレーやどんぶり、ハンバーグなど、一般的に想像される「ちゃんこ」以外のメニューも多く出されていました。相撲部屋で作られる食事は全て「ちゃんこ」と呼ばれるので、カレーなども含めてちゃんこなのだそうです。とはいえ、一般的に想像される、ちゃんこ鍋もほぼ毎日のように食べられているようです。

食事を作るのは「ちゃんこ番」と呼ばれる力士で、主に幕下以下の力士が交代でちゃんこ番を務めているそうです。

ちゃんこ鍋

ちゃんこ鍋は、大量の食材を一度に摂取できるのは勿論、栄養バランスも良く、また「鍋」という形式で食べる事から部屋同士の連帯感を生む効果もあり、昔から重宝されてきました。
力士にとって、食べる事は稽古の次に大切な事であるため、ちゃんこ鍋を食べる場所は土俵と同じ位力士にとっては重要な場所なのですね。

力士が本場所においてよく食べるメニューに「鶏肉」があります。
2本足で歩く鶏は、力士にとっては土をつかないという事で縁起がいいものなのです。
その一方で牛や豚といった4本足の動物の肉は、土俵に手を置くという事から、あまり好まれていない傾向にあるそうです。

相撲部屋の食事の順番

ちゃんこを食べる順番は、厳しく決まっています。
親方、関取衆(十両以上の力士)、そして後援会の方などお客さんが先に食べ始めて、
そのあと、ようやく若い力士たちがちゃんこにありつけます。
これは、どこの相撲部屋でも守られている、しきたりなのだそうです。
それで以前は、「若い衆がちゃんこ鍋を食べるときには、具がなくなっていて、汁だけだった」なんていう話もあったようですが、今はそんなことはないそうです。

ちゃんこ鍋

まとめ

お相撲さんの一日の摂取カロリーは、8000カロリーなのだそうです。
女性の摂取カロリーの4倍だそうで、もうすごい量なのが分かりますね。
そんなカロリーを摂取していても、運動量もすごいですから食事の際は腹ペコでしょうね。
ちなみに、お相撲さんの中で糖尿病になる人は少ないそうです。
それは相撲部屋の食事がバランスのとれたものだからなのでしょう。
お相撲さんが活躍できる原動力の一つは「相撲部屋の食事」なんですね。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「相撲部屋・食事」に関連する記事

「相撲部屋・食事」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと