高い釣果が期待できる!カゴ釣りに最適な道具とは

釣り初心者は、釣りに出掛けても全く釣れなかった経験をした人も多いのではないでしょうか。そんな釣り初心者でも釣りやすくしてくれるのがカゴ釣りです。ここではカゴ釣りについて紹介します。

目次

  1. カゴ釣りとは
  2. カゴ釣りのメリット
  3. 釣れる魚を紹介
  4. カゴ釣り仕掛けの種類
  5. カゴ釣りで使う竿
  6. 遠投専用のカゴが販売されている
  7. 遠投専用のカゴやウキを自作するのも楽しい
  8. 初めての自作なら動画を確認
  9. カゴ釣りでの最適なリールとは
  10. おわりに
  11. 終活の専門家に相談してみよう

カゴ釣りとは

カゴ釣り

釣りをするためには、釣り場に魚がいる必要があります。
どんな釣り方をしたとしても、そこに魚がいるのであれば高い釣果が期待できます。

そのため、釣りをするときには、釣りをするポイント選びが重要になります。
しかし、釣り初心者にとってはこのポイント選びが難しく、釣りに出掛けても全く釣れなかったといった経験をする人は多いです。

海の中には思っている以上に魚がいるのですが、広い海の中にハリに刺した小さなエサだけでは魚も簡単に見つけることができず、全く釣れないということも起こります。そこで考えられたのがカゴ釣りです。カゴの中に撒き餌(コマセ)となるエサを入れておくことで、近くにいる魚を集めることができます。

そのため、釣り初心者でも魚を釣りやすいのがこのカゴ釣りです。
このカゴ釣りをするために必要な道具について紹介していきます。

カゴ釣りのメリット

釣り

カゴ釣りのメリットは、狙った場所に撒き餌ができ、しかもその場所にサシエがあることで魚を釣りやすいというメリットがあります。
近くにいる魚を集めることができ、そこにはハリについたエサがあることで高い釣果が期待できるのです。

これなら、ポイント選びがわからない釣り初心者でも魚を釣りやすく、子供でも多くの魚を釣ることができるほどです。
魚種を選ばずなんでも魚が釣れればいいという人にも最適な釣り方となります。

釣れる魚を紹介

メバル

カゴ釣りを利用すると様々な魚種を釣ることができます。
堤防からのカゴ釣りで定番のアジ釣りから、メバルやカサゴ、日本人には高級魚として人気のタイ、ブリやサバ、イサギやメジナ、チヌなど、多くの魚を釣ることができる釣り方です。
多くの魚が狙えることから五目釣りにも最適ですね。

カゴ釣り仕掛けの種類

釣りの仕掛け

カゴ釣り仕掛けはいくつかの種類があり、狙う魚種によって使いわけをします。
アジ仕掛けでは、ウキ(5~10号)、からまん棒、ロケットカゴ、サビキ針、ナス型オモリを使用した胴付き仕掛け、マダイや青物では吹き流して仕掛け、仕掛けにウキを2つ使用したブリッジ仕掛けなどもあります。

カゴ釣りで使う竿

竿

堤防で小アジ釣りを楽しむ場合には、2~3メートル程度の短めの竿でも十分に楽しむことができますが、遠投でのカゴ釣りとなると、硬い投げ竿ではなく、磯釣り用の竿がよく使用されます。

遠投専用のカゴが販売されている

遠投

カゴ釣りでは名前からも分かるように、ポイントになるのがカゴです。
このカゴ釣りに使用されるカゴには多くの種類が販売されています。
構造や形状、材質などが異なります。

種類としては、カゴに入れた撒き餌が少しずつ出ていくステンレス製のカゴやプラスチック製のカゴがよく使用されていますし、その他にも糸網カゴ、ナイロン網カゴ、反転カゴ、遠投カゴなどがあります。

遠投カゴは、その名前からも分かるように遠投をするときに適した構造になっています。
遠投カゴにも形状が異なるカゴが多く販売されています。

遠投専用のカゴやウキを自作するのも楽しい

釣りの仕掛け

遠投カゴは、カゴの性能によって釣果にも影響することから自作をする人も多いようです。
市販されている遠投カゴも十分に使うことができますが、自分の釣り方に合った遠投カゴが見つからない人は、自分なりに工夫をした遠投カゴを自作してみてはいかがでしょうか。

釣りの経験が多い人は、今までの釣りの時のトラブルなども考慮したうえで、自分だけのオリジナルのカゴやウキを制作することも可能で、天候が悪く釣りができない時でも、このカゴやウキの作成で楽しい時間が過ごせそうですね。

初めての自作なら動画を確認

自作カゴを作ってみたいけど、どうやって作ったらいいのかと思っている人もいるでしょう。この自作カゴの作り方をわかりやすく紹介している動画があるので、まずはこの動画で、どのように作るのかを確認してみてください。

カゴ釣りでの最適なリールとは

リール

カゴ釣りで使用するリールでは、一般的にはスピニングリールを使用します。
スピニングリールは初心者でも扱いやすいというメリットがあり、ある程度の遠投も可能な点もカゴ釣りでよく使用される理由の一つです。

しかし、本格的に遠投をしてカゴ釣りをする場合には、両軸リールを使用する必要があります。
両軸リールは遠投には最適な構造となっているため、遠投には必須とも言うべきリールです。

それならカゴ釣りではスピニングリールよりも両軸リールが最適なリールではないかと思ってしまいますが、両軸リールは慣れないとバッククラッシュと呼ばれる糸が絡んでしまうトラブルが発生し、スピニングリールのように誰でもすぐに使いこなせるリールではありません。

堤防などで、岸にあまり魚が寄ってこない釣り場を中心に釣りをする場合には、この両軸リールに慣れておくと、かなりの遠投が可能となり、高い釣果も期待できるようになりますよ。

おわりに

竿

いかがでしたか?広い海で魚を釣るために、カゴ釣りが有効であることがわかっていただけたのではないでしょうか。また、カゴ釣りといっても、様々な道具があります。
自分に合った仕掛けや道具を使い、近くの海で楽しい釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「カゴ・釣り」に関連する記事

「カゴ・釣り」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

老後でも続けられる趣味を見つけよう!オススメの趣味5選!のサムネイル画像

老後でも続けられる趣味を見つけよう!オススメの趣味5選!

定年退職をし、ようやく始まりを迎えた第2の人生。しかし、定年退職するまで仕事を頑張ってきて趣味に

趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!のサムネイル画像

趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!

長く続けられる趣味があるかないかは、日々の充実度に大きな違いをもたらします。この記事では楽しく気

40代で始めるオススメの趣味!インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味!インドアとアウトドアの趣味!

多少の体力の衰えはあるものの、まだまだアクティブに活動でき、時間に余裕を持つことのできる40代に

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

アウトドアといえば、外に出て体を動かすことをいいます。アウトドアの趣味を持つ人はたくさんいます。

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと