浴衣はおしゃれ着だけじゃない。寝巻きとしての浴衣

浴衣といえば、夏のおしゃれ着ですね。お祭りのときには、色とりどりの浴衣に身を包んだ女性が見られます。ですが、浴衣はもともと湯浴み着です。寝巻きとしてもちいることもあります。寝巻きに浴衣を利用してみてはいかがでしょうか。

目次

  1. 浴衣はもともと湯上りに着るもの
  2. 着方によっては、寝巻きにもなる
  3. 日常の寝巻きに浴衣を使う
  4. 介護で浴衣を寝巻きに使う
  5. 浴衣を寝巻きとして使うまとめ

浴衣はもともと湯上りに着るもの

浴衣とはもともと、読んで字のごとく、「浴」「衣」です。
湯上りにさっと羽織ることができるように、簡単なつくりになっています。

簡単に着られることから、日常着に移行していったものです。
薄い木綿生地のひとえであることが一般的ですから、おしゃれ着として着るのなら、和装下着や肌着、体型の補正などにも気をつけたいものですね。

ですが、浴衣を寝巻きとして着用するのなら、おしゃれ着のように補正や美しさに気を配る必要はありません。さっと羽織って前を合わせ、紐でむすべばできあがりです。

浴衣には、パジャマにはないメリットがあります。

着方によっては、寝巻きにもなる

寝巻きとして浴衣を着るのなら、おしゃれ着にする浴衣のように、半幅の帯を華美に結ぶ必要はありません。楽に着ることができ、体の負担も楽になります。

おしゃれ浴衣との違い

おしゃれ着として着用する浴衣は、体型の補正をおこない、和装下着を着用し、裾よけを身に付けた上で、浴衣をはおります。おはしょりをとって、えもんを抜き、背中のシワを整えて、帯を綺麗に結びますね。
着崩れないように気をつけたり、裾が乱れないように歩き方にも気を配ったりと、いろいろ大変なものです。

浴衣を寝巻きとして着用するのなら、おはしょりをとったり、えもんを抜いたりする必要はありません。帯結びも、文庫などのように、華美な結び方をする必要はありません。
素肌や肌着の上にさっと羽織り、角帯や共布の紐などで簡単に結ぶだけでよいのです。

日常の寝巻きに浴衣を使う

旅館などに泊まると、浴衣を寝巻きとして用意してあることが珍しくありません。
ですが、自宅での寝巻きに浴衣を用いている方は、少ないのではないでしょうか。

それは、すこしもったいないことかもしれません。
慣れてしまうと、浴衣は寝巻きとしてとても優秀です。

簡単に着られるものもある

寝巻き用の浴衣には、紐もなく、簡単に着られるデザインのものも販売されています。
甚平のように、見頃に紐が付いていて、楽に着ることができます。

帯の結び方や着方を気にする必要もなく、楽に着られることを優先して考えることができるので、おしゃれ着としての浴衣とはちがう、寝巻きとしてのよさを追求できますね。

パジャマと違って締め付けがなく、襟ぐりや袖ぐりも広くてゆったりとしています。ウェスト部分をゴムで絞ることもなく、ストンと平坦なシルエットです。
着るときに、いくつもボタンを留めたり、頭からかぶったり、上着を着てズボンの足を通したりする必要がありません。

介護で浴衣を寝巻きに使う

寝たきりの方や、ズボンに足を通すのが難しい方には、浴衣を寝巻きにするのがおすすめです。
浴衣には、パジャマにはないメリットがあります。

上下に分かれていないので着るのが簡単です。
袖ぐりや見頃幅が広いので、寝たきりの方に寝たまま着せるのも簡単です。
パジャマでは、排泄のたびに腰を浮かせてズボンを脱がせる必要がありますが、浴衣であれば前のあわせを開くだけで排泄の介助がおこなえます。

ガーゼ素材のもの

介護用として利用するなら、肌触りの良いガーゼのものもおすすめです。
吸水性がよく、肌にも優しいので、肌が弱い方でも気持ちよく着られるでしょう。

ガーゼ素材のものは、あわせになっていたり、裏地だけガーゼを用いたりしているものもあります。
まめに洗濯する衣服ですから、管理の簡単さや洗濯したあとの乾きやすさ、漂白のことなども考えておきたいですね。

木綿素材のもの

木綿素材のひとえのものは、扱いが簡単です。
傷みにくく、いくらでも洗えるのが利点ですね。

乾きにくいものもあるので、速乾・抗菌など、扱いが楽なものを選びましょう。

浴衣を寝巻きとして使うまとめ

衣服の洋装化がすすみ、寝巻きではなくパジャマをもちいる方も多くなりました。
ですが、寝巻きは、パジャマにはない利点があります。

締め付けがなく、ボタンを留めることもしなくていい浴衣には、特に「楽に着たい」という方にはおすすめです。ズボンを上げ下げすることも必要ないので、夜間のトイレも楽に済ませることができますね。通気性もよく、皮膚の健康のためにも良いでしょう。

色柄もさまざまなものがあるので、「いかにも病人」といった雰囲気を醸すものばかりでもありません。気安さと、寝巻きとしてのおしゃれを、両立することも可能です。

おしゃれ着としてだけでなく、寝巻きとしての和装を見直してみてはいかがでしょうか。

「浴衣・寝巻き」に関連する記事

「浴衣・寝巻き」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「浴衣・寝巻き」についてさらに知りたい方へ

浴衣に使う帯締め。一体どんな種類や結び方があるの?のサムネイル画像

浴衣に使う帯締め。一体どんな種類や結び方があるの?

選べるおしゃれな浴衣と帯で、たのしい温泉旅館のご紹介のサムネイル画像

選べるおしゃれな浴衣と帯で、たのしい温泉旅館のご紹介

あなたは大丈夫?死人前になっていませんか?浴衣の着方のサムネイル画像

あなたは大丈夫?死人前になっていませんか?浴衣の着方

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!のサムネイル画像

趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!

2
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

3
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと