南国鹿児島県種子島のおすすめ焼酎ランキング

焼酎、特に芋焼酎といえば鹿児島県を思い浮かべる方もおられるでしょう。その鹿児島県でも種子島は鉄砲とともにサツマイモも伝来したところです。そこでサツマイモの甘みを感じることができる美味しい種子島の焼酎をご紹介しますね。

目次

  1. 種子島とは?
  2. 観光スポットも多い
  3. 種子島のおすすめの焼酎ご紹介
  4. 黒じょかのすすめ
  5. 種子島の焼酎のまとめ

種子島とは?

種子島

鹿児島県種子島は、鹿児島市の南、屋久島の隣にあります。一年を通じて温暖な気候で、フェリーや高速船、空港もあり鹿児島本土からも比較的楽に行くことができます。
お隣の屋久島は世界遺産の縄文杉があり、山と雨が多いのに対して、種子島は島全体が比較的平坦で、ロケット発射場やサツマイモ栽培地などがあります。美しい海に囲まれており、ダイビングのスポットとしても人気があり、鉄砲伝来の展示場やロケットについて学ぶことができるところもあり、観光に訪れるのに最適ですよ。

観光スポットも多い

ロケットの島

JAXA種子島宇宙センターがあり、ロケットの打ち上げ場があることでも有名な種子島。ロケットや人工衛星の模型が展示されていて、宇宙の神秘に触れることができます。

事前の予約しておけば実物のロケットを見学できるツアーもあります。
実際のロケット打ち上げも公園などで見学することができ、大迫力のロケット打ち上げは見応え十分!ぜひ見学しに行きましょう。

鉄砲伝来の地

鉄砲伝来の地として、学校などで聞いたこともあると思いますが、種子島は戦国時代に火縄銃が伝わった島です。この火縄銃が伝わったことで日本の歴史が大きく動くことになり、当時の火縄銃などの展示物を見学できるところもありますので、歴史のお勉強もできますよ。

鉄砲と共に伝わったのがサツマイモ。温暖な気候と海風の当たる中で育ったサツマイモは大変甘く。またそのサツマイモで造られた焼酎は、香り高くコク深くと大変美味しく飲みやすいものとなっています。
最近注目されているのが安納芋。焼き芋にしても甘くホクホクしていておいしいのですが、安納芋の焼酎は甘みを感じながらもすっきりとした口当たりで、若い女性の間でも評判になっています。

種子島のおすすめの焼酎ご紹介

種子島は日本初の甘藷(サツマイモ)栽培の地とされています。島の美味しい水と穏やかな気候の中のサツマイモは、甘みが強く、種子島むらさきと言われる種子島ゴールドや最近人気急上昇中の安納芋が栽培されており、それらを原材料とした種子島焼酎はすっきりとし、「美味しい」と叫んでしまいますよ。

種子島産の人気の焼酎をランキング形式でご紹介します。

種子島の人気焼酎ランキング

5位 しま甘露

サツマイモの甘みを感じることができ、意外とすっきりとした口当たりの焼酎です。毎日飲んでも飲み飽きることがなく、家飲みするのに最適です。ロックや水割り、炭酸水割りもおすすめです。

4位 南泉

アルコール度数25度の割にはすっきりとしていて飲みやすい焼酎です。地元で長く愛され続けているこだわりの白さつまの焼酎で、長く続いているからこそ安定した技術力で醸造されています。芋の甘みを感じることができ、香りもそれほど強くないので芋焼酎が苦手な方でも大丈夫です。

3位 島乃泉

種子島で栽培されたサツマイモを100%原材料としていますので、栓を開けた瞬間から芋の香りを感じることができ、口に含むとまろやかな甘みと旨みを感じることができますよ。お手頃価格で、素朴な口当たりが長く愛され続けている理由の一つです。

2位 久耀(くよう)

糖度が高くでんぷん質の多い種子島産のサツマイモを使った焼酎で、芋焼酎独特の香りが強く、本格焼酎が好きな方におすすめの逸品です。種子島の天然深層地下水を仕込み水として亀壺に入れて丁寧に醸造されていますので、口当たりはまろやかで芋の甘みを感じることができますよ。

1位 紫(ゆかり)

自社農園のサツマイモと島の湧き水で造られた正真正銘の種子島生まれの焼酎です。原料のサツマイモと白麹を使用して作られた焼酎はまろやかでフルーティ。甘みがあり芋焼酎独特の香りも少なく女性や芋焼酎が苦手な人でも美味しく飲むことができますよ。

黒じょかのすすめ

焼酎を飲む時はどこに入れて飲んでますか?ガラスコップにロックでの飲み方や、お湯割りというのもいいですね。徳利にお湯割りした焼酎を入れておちょこで飲むというのも風情があってかっこいいですね。

そこでおすすめなのが黒じょかとよばれる陶磁器の土瓶です。
焼酎は事前の水で割ってよくなじませてから温めるのが一番美味しいといわれています。
黒じょかは中に水割りの焼酎を入れて直接火にかけることができるので、一番美味しい状態で飲むことができますよ。

何よりあまり一般的ではなく、焼酎の本場鹿児島独特の土瓶ということで、まるで通な人のようでかっこいいですよ。黒光りする黒じょかは美しく、揃いのおちょこで飲めばあなたも立派な焼酎好きなれますよ。

種子島の焼酎のまとめ

焼酎

いかがでしたでしょうか?種子島の芋焼酎をご紹介しましたが飲んでみたくなりましたか?焼酎は二日酔いしにくいともいわれていますし、甘いものから辛いもの、どんなおつまみにも相性抜群です。ぜひこの機会に芋焼酎デビューをしてみませんか?

「種子島・焼酎」に関連する記事

「種子島・焼酎」についてさらに知りたい方へ

  • 日本酒と焼酎の違いについてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

    日本酒と焼酎の違いについてわかりやすく解説します

    普段から日本酒と焼酎を嗜まれる方は、少なくないと思います。日本酒派ですか、それとも焼酎派ですか、はたまた肴に合わせて飲み分ける派ですか。より楽しく飲むために、日本酒と焼酎の違いについて紹介します。

  • 美味しい日本酒を「紙パック」で手軽に楽しみましょうのサムネイル画像

    美味しい日本酒を「紙パック」で手軽に楽しみましょう

    「紙パックに入った日本酒はビンより美味しくない」と、思っていらっしゃいませんか?いえいえそんなことはありません。各メーカーは紙パックを使う事でコストを下げ、美味しい日本酒を安価で提供しています。ぜひ、ご自分に合った銘柄や飲み方を見つけて楽しみましょう。

  • お墓のアプリってどんなもの?メリット・デメリットも合わせて紹介!のサムネイル画像

    お墓のアプリってどんなもの?メリット・デメリットも合わせて紹介!

    お墓に関するアプリがあるのをご存知ですか?今やお墓参りもアプリで行える時代なのです。どのようなメリットがあるのでしょうか?また、デメリットはどんなものがあるのでしょうか?今回は、そんなお墓のアプリに関する情報をたくさんご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

  • 日本酒と焼酎の違いについてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

    日本酒と焼酎の違いについてわかりやすく解説します

    普段から日本酒と焼酎を嗜まれる方は、少なくないと思います。日本酒派ですか、それとも焼酎派ですか、はたまた肴に合わせて飲み分ける派ですか。より楽しく飲むために、日本酒と焼酎の違いについて紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと