市販のものだけじゃ物足りない! 自作のルアーで釣りを楽しむ

釣りに使うルアーですが、お気に入りのルアーはお持ちでしょうか。市販のものも沢山の良い商品があるのですが、自分の好みに合わせて作れる自作ルアーは作り手の個性が表れる、この世に一つだけのルアーです。そんな自作ルアー製作の参考になるような情報をまとめました。

目次

  1. ルアーを自作してみよう
  2. 自作ルアーの素材について
  3. ルアー作成に必要な道具
  4. 基本のルアーの作り方
  5. 塗装やオプションを付ける
  6. 自作ルアーのまとめ

ルアーを自作してみよう

釣り

釣る対象の魚の餌に似せた疑似餌を使うルアーフィッシング。用途に応じたルアーを揃えるとなると費用も嵩みますし、何度も使っていると壊れてしまいますよね。

市販の評判のいいものを使うのも良いのですが、ルアーを自作すると比較的安価で済み、かつオリジナリティ溢れるものが作れますよ。
ここでは自作ルアーに必要な材料や道具、作り方についてご紹介していきます。

自作ルアーの素材について

木材(アガチス・バルサなど)

強度のあるアガチス材か、加工のしやすいバルサ材。初めてルアーを自作する際には、切り出しや削りが簡単なバルサ材がお勧めです。バルサ材を使う時は、少しでも強度を上げるためにコーティングをしっかりと行うことが重要です。

軽量粘土

成形が簡単な軽量粘土も自作ルアーに向いています。シリコンなどで型を作れば、同じ形を何個も量産できるのも強みですね。
ただ、軽量粘土は耐水性に難がある為、木材のルアーよりもコーティングの回数を増やさないといけないこと、その分完成まで時間が掛かることがデメリットでしょうか。

ルアー作成に必要な道具

ステンレス針金

ステンレス針金は、ルアーのフレーム(ラインアイやフックの取り付け位置)を作る為に必要になります。これらの位置を好きな場所に作れるのも、自作ルアーの強みでしょうか。
アルミ製の方が曲げやすいのですが、反面錆に弱いのでなるべくステンレス製のものを使うようにしましょう。

接着剤

接着剤は主に、おもりや針金、本体の接着に使います。
ルアー本体に使う素材に対応したものを使うのは勿論ですが、耐水性にも気を付けましょう。

カッターナイフ、彫刻刀

カッターナイフや彫刻刀は、木材などを切り抜いたり溝を彫ったりと、使う場面が多くあります。自分の手に馴染む、使いやすいものを選びましょう。
作業の際は方眼の入ったカッターマットを下に敷くと、滑り止めや机の傷防止、大きさの確認に便利ですよ。

ペンチ

針金を曲げる為に必要なペンチですが、先の形によって色々な種類があります。小さいルアーを作る場合や、釣り糸を通すラインアイなどの細かい部分の曲げ作業を考えると、先が細いラジオペンチがお勧めです。

サンドペーパー

サンドペーパーは木材や粘土の形を整え、表面をなだらかにするために使います。
本来なら目の粗いものから目の細かいものへと順に何種類も使って表面を均していくのですが、後でコーティングを行うルアー製作の場合は#60程度で荒く削り、#220程度で整える程度で良いようです。

基本のルアーの作り方

大きさを決め、形を作る

まず、ルアーの大きさや形状を決めることから始めます。釣りたい魚によってルアーの形状が変わってくるので、初めての自作ルアーはよく釣りに行く流域に生息する魚に適したものを作りましょう。型紙を作っておけば、次以降同じ形状のルアーを作る際の参考になります。
決まったら、材料をカッターなどで切り出し、大まかな形を作りましょう。

針金でフレームを作り、本体に組み込む

ステンレス針金でフレーム(ラインアイになる部分)を作り、本体に組み込みます。木材の場合は針金を入れる場所に溝を掘り、埋め込みます。重りを入れる場合はこの時に一緒に埋め込みます。
重心が偏らないよう、中心に入るように組み込みましょう。

形を整え、フックを取り付ける

サンドペーパーの荒い目で形を整え、細かい目で表面が滑らかになるまで均します。表面が滑らかになったら、フックを取り付けて自作ルアーの完成です。
ただ、このままでは実用するには耐水性や強度の問題があるので、塗装しない場合でも後述のコーティング作業はしておきましょう。

塗装やオプションを付ける

塗装・コーティングのやり方

ルアーの塗装、コーティング剤は色々な種類があって迷いますよね。
耐久性や見た目を良くするためには必要な工程ですので、しっかりと行いましょう。

塗装のやり方

塗装のやり方ですが、着色材は初心者の方は使いやすいラッカースプレーが良さそうです。釣具店や画材屋、色は限られますが100円ショップでも販売しています。使い方は塗装したい部分に目がけてスプレーするだけ。背の部分に好きな色を、腹の部分に白色を塗ると魚らしさが出ます。
ただ、ラッカーは後述のセルロースセメントに弱く塗装が流れてしまう為、クリアカラーのウレタンスプレーでコーティングするか、着色自体をウレタン系カラーで行うなどの対策が必要です。木工用ボンドを薄く塗装面に塗る、という方法もあるようですね。

コーティングのやり方

コーティング剤は、セルロースセメントかウレタン塗料のクリアが一般的のようですね。商品によって仕上がりが柔らかいものと固いものがありますが、強度を重視するなら固いものを選ぶといいでしょう。
やり方は、トップアイの部分に針金や糸などを通し、セルロースセメントの缶の中に直接入れて引き上げてを繰り返すディッピング(どぶ漬け)がお勧めです。ゆっくり入れてゆっくり引き上げると、全体がしっかりとコーティングされ気泡もあまり発生しません。

リップやアイ(目)を付ける

自作したルアーにリップやアイ等のオプションを用途に応じて付けると、見た目が良くなるのは勿論ですが、実用性も向上します。
以下に、これらのオプションの付け方をご紹介しますね。

リップを付ける

リップを付ける場合、材質はポリカーボネートなどの軽くて強いプラ材を選びましょう。弱いものだと衝撃で折れてしまいますし、重過ぎると重量や重心が変わってしまいます。ポリカーボネートは普通のカッターでは切れないので、アクリル材用のカッターやニッパー、角を取るためのサンドペーパーも必要になります。
リップの取り付け位置(トップアイより少し下辺り)に、好みの大きさに切り出し成型したリップの厚さ分の溝を掘り、そこに瞬間接着剤を流し入れてリップを差し込み固定します。

アイ(目)を入れる

釣具店でも、自作ルアー用のリアルアイが販売されていますね。作り手の個性が表れる部分ですので、ここも自作したいという方も少なくはないと思います。
手芸店で売っている動く目や人形用の目の他に、紫外線で固まる樹脂液(UVレジン液)を使う方も増えているようです。最近では、紫外線硬化樹脂は100円ショップの手芸コーナーにも置いてあります。
丸く切り抜いたアルミシール等にペンで目玉を描き、そこに樹脂液を少しずつ垂らしてぷっくりと立体的になるように盛ると、市販のリアルアイ顔負けのオリジナルアイが作れますよ。

自作ルアーのまとめ

池

自作ルアーについて、必要な資材や作り方についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。
釣りと同じく、誰でも初めは初心者です。ちょっといびつな形に仕上がっても、きっと既製品には無い愛着が湧くと思います。それに、慣れると市販のもの顔負けのルアーだったり、自分の釣り方やロケーションに合ったルアーが作れるようになるでしょう。
完成した手作りルアーで大物を釣り上げる事を夢見て、あなたもルアーの自作を始めてみませんか?

「ルアー・自作」に関連する記事

「ルアー・自作」についてさらに知りたい方へ

  • 初めてでも簡単!ハンドメイドルアーの作り方

    初めてでも簡単!ハンドメイドルアーの作り方

    釣具店にルアーを見に来たけど、気に入ったものが見つからない…そんな時は自分でデザインしたハンドメイドルアーを手作りしてみたらいかかでしょうか。材料も近所のお店で手に入るものばかりです。さあ、手作りしたハンドメイドルアーを持って釣りに出かけましょう!

  • 墓石は接着剤で修理できる?墓石の修理について調べてみた

    墓石は接着剤で修理できる?墓石の修理について調べてみた

    長い間外気にさらされる墓石は、どうしても傷みが目立ってくるものです。こんな墓石の修理がなんと接着剤でできるようになっているとか。今回は墓石に使える接着剤について調べてみました。見栄えだけでなく、耐久性もあがるようです。

  • フィッシングにおける手作りルアーの紹介と流行について

    フィッシングにおける手作りルアーの紹介と流行について

    近年世代を問わず高い人気を誇るフィッシングにおいて一つの楽しみとして注目されているルアーのハンドメイド(手作り)の例を紹介します。いかに魚が食いつくかを追求したルアー作りや、好きな形にすることなど様々な手作りならではの楽しみ方があります。

  • 世界に1つだけ!粘土で作る手作りアクセサリーの作り方!

    世界に1つだけ!粘土で作る手作りアクセサリーの作り方!

    手軽にオリジナルアクセサリーを作れる様々な種類の粘土が存在することをご存知ですか?今回は、その中で家庭でも扱いやすい3種類の粘土を選びました。その粘土の特徴やアクセサリー作りに必要な物など、初めてアクセサリー作りをする方へ向けて作り方をご紹介します!

  • エンディングノートって自作できるの?書く内容や注意点も解説!

    エンディングノートって自作できるの?書く内容や注意点も解説!

    終活の一つとして、エンディングノートに取り組む方が増えています。ここではエンディングノートを自作することについて、必要な内容や項目、市販品との違い、また、エンディングノートを自作する場合の注意点などを詳しくご説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「ルアー・自作」についてさらに知りたい方へ

初めてでも簡単!ハンドメイドルアーの作り方のサムネイル画像

初めてでも簡単!ハンドメイドルアーの作り方

墓石は接着剤で修理できる?墓石の修理について調べてみたのサムネイル画像

墓石は接着剤で修理できる?墓石の修理について調べてみた

フィッシングにおける手作りルアーの紹介と流行についてのサムネイル画像

フィッシングにおける手作りルアーの紹介と流行について

世界に1つだけ!粘土で作る手作りアクセサリーの作り方!のサムネイル画像

世界に1つだけ!粘土で作る手作りアクセサリーの作り方!

エンディングノートって自作できるの?書く内容や注意点も解説!のサムネイル画像

エンディングノートって自作できるの?書く内容や注意点も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!のサムネイル画像

趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!

2
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

3
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと