菅原道真と梅の関係とは?太宰府天満宮の飛梅の伝説を紹介!

学問の神様・菅原道真を祀る全国の神社は、神紋に梅を用い、境内に梅を植えています。その由来は、菅原道真と飛梅の伝説にありました。太宰府天満宮に伝わる境内の梅にまつわる話を紹介します。

目次

  1. 菅原道真と飛梅伝説
  2. 菅原道真の梅を詠んだ和歌
  3. 太宰府天満宮の飛梅
  4. 京都の梅の名所・北野天満宮
  5. 菅原道真と梅のまとめ

菅原道真と飛梅伝説

菅原道真は生前、宇多天皇に仕えました。
宇多天皇はこの時代には珍しく、藤原北家を外戚に持たない天皇で、優秀であれば他の氏族からも重臣に採用しました。そうした時代背景もあって、菅原道真は重用され、漢学者として或いは政治家として活躍できたのです。
しかし、宇多天皇が譲位に伴い、菅原道真は後ろ盾を失くします。政争に敗れ、無実の罪で太宰府に左遷された話は有名ですね。

太宰府天満宮

左遷される前、漢学者だった菅原道真は自宅に梅を植えて愛でていました。その梅は主を慕って太宰府まで飛んで行ったという伝説があります。今回は、この飛梅(とびうめ)伝説を中心に、菅原道真と梅について紹介したいと思います。

菅原道真の梅を詠んだ和歌

菅原道真の和歌で、最も有名なのは梅を詠んだものではないでしょうか。百人一首には紅葉を詠んだ歌が選ばれていますが、よく知られているのはこちらでしょう。どこの天神のものか覚えていないのですが、私が学生時代にお土産にもらった学業成就の鉛筆にも印刷されていました。
そして、この和歌が飛梅伝説の始まりなのです。

梅に向けて詠んだ歌

和歌

東風(こち)吹かば にほひおこせよ 梅の花 主(あるじ)なしとて 春な忘れそ

意味

梅の花よ、春風が吹いたら匂いを寄越してくれ。主人が不在でも春を忘れるな。

解説

時代背景

今でこそ花といえば桜ですが、それは菅原道真より後の時代の話です。菅原道真の時代の日本は、まだ遣唐使がもたらした中国文化の影響下にあり、花といえば梅を指すのが普通でした。
もちろん、漢学者として中国の文化に詳しかった菅原道真自身も梅を愛したのです。

桜

因みに、もう少し後の時代に「花=桜」という日本風の好みが生まれたのは、実は菅原道真のおかげなのです。中国に詳しかった菅原道真は唐の衰退を見抜き、遭難のリスクを冒してまで遣唐使を派遣する必要はないと判断しまし、遣唐使の廃止を進言した人物でもあったのです。
その結果、時代が下って藤原道長の頃、日本は中国文化の影響が薄れ、独自の国風文化が花を開きます。この時代に、いわゆる「日本らしさ」が生まれたといわれています。

飛梅

話を戻します。
菅原道真が京都の自宅にある梅に向けて和歌を詠んだ後、残されていた梅はその返答として一晩にして太宰府に飛来したそうです。これが飛梅伝説です。

太宰府天満宮の飛梅

菅原道真の和歌に応えて飛来した梅は、今も福岡の太宰府天満宮で見ることができます。

梅

太宰府天満宮の歴史

菅原道真の死後、都では有力者の不審死や落雷などが相次ぎ、菅原道真の怨霊のせいだと信じられていました。その怨霊を鎮めるために、都に北野天満宮、太宰府に太宰府天満宮が造られました。
最初は今のような学問の神様ではなく、怨霊封じの神社だったのです。

飛梅

太宰府天満宮の境内には約6000本の梅があり、九州の梅の名所になっていますが、中でも有名なのが、本殿の前、向かって右にある飛梅で、これが京都から飛んできたという伝説の梅なのです。

梅ヶ枝餅

太宰府天満宮には、菅原道真と梅の関係の深さがわかる名物があります。それが「神スイーツ」として話題になっている梅ヶ枝餅(うめがえもち)です。

梅ヶ枝餅とは?

梅ヶ枝餅は餡を餅で包み、かりっと焼いて梅の焼き印が押されています。他にはない「かりっ」、「もちっ」の2つの食感が特徴で、特に焼きたての熱々をいただくのがおいしいです。
太宰府天満宮の参道の複数の店が扱っていて、お店ごとに微妙な違いがあります。お行儀が悪いですが、焼きたてが美味しいので食べ歩きが人気です。今はインターネットでお取り寄せもできるようです。

由来

梅ヶ枝餅のエピソードの細部は、色々な説があって判然としません。共通したあらすじは、近所に住んでいた老婆が餅を梅の枝に刺して菅原道真に差し入れし、それが喜ばれたことから、菅原道真の死後も墓前に供えたというものです。

餅

梅紋

太宰府天満宮をはじめ、全国の天満宮や天神社、菅原神社など菅原道真を祀る神社は、祭神が梅を好んだことにちなんで神紋に梅を象った紋を使用しています。

京都の梅の名所・北野天満宮

もう1つの全国の天神の総本社、京都の北野天満宮も梅の名所として知られています。

梅苑

北野天満宮は普段は非公開の梅苑を持ち、この梅は無病息災を祈る特別な授与品を作るのにも使われています。境内には約1500本の梅があり、見頃を迎える2~3月には梅苑も公開されます。

梅

菅原道真と梅のまとめ

いかがでしたか?
菅原道真と梅について紹介しました。天神といえば、やはり梅ですよね。紹介した太宰府天満宮や北野天満宮以外にも、梅の名所になっている天神は全国にあります。都内だったら、湯島天神の梅まつりが有名です。
天神に梅を見に行くときには、ぜひ、菅原道真と飛梅のエピソードを思い出してくださいね。そして、太宰府天満宮に行く機会があれば、飛梅を見て梅ヶ枝餅を食べましょう。

「菅原道真・梅」に関連する記事

「菅原道真・梅」についてさらに知りたい方へ

  • 北野天満宮 見どころを知ればありがたさ倍増

    北野天満宮 見どころを知ればありがたさ倍増

    北野天満宮へ参拝するなら、見どころは抑えておかなくては。なぜって、見どころを知ると有難味倍増、評判上々。知って損する事はなし。一緒にお参りする友だちや家族にも目を輝かし、有難く、参拝してもらわねば。北野天満宮は全国約1万2千社の天満宮、天神社の総本社ですから。

  • 菅原道真ってどんな人?百人一首から分かる学問の神様の才能

    菅原道真ってどんな人?百人一首から分かる学問の神様の才能

    菅原道真といえば、天神さんと呼ばれ学問の神様として知られることが多いかもしれません。文才にも優れた菅原道真の和歌は、百人一首にも選ばれているんですよ。この記事では、道真の百人一首について詳しくご紹介します。

  • 北野天満宮の牛をなでると病気が治る?牛の像がある理由とは?

    北野天満宮の牛をなでると病気が治る?牛の像がある理由とは?

    学問の神様が祀られ、受験生に人気の北野天満宮。北野天満宮といえば牛ですよね。なぜ境内にはたくさんの牛の像があるのでしょうか?今回は、北野天満宮の牛に注目してみました。

  • 北野天神縁起絵巻とは?その秘密に迫ってみよう

    北野天神縁起絵巻とは?その秘密に迫ってみよう

    北野天神縁起絵巻という絵巻物を知っていますか?鎌倉時代に作られた国宝ですが、北野天満宮の根本縁起とされるものです。北野天神というと菅原道真、学問の神様などを連想しますが、その菅原道真の伝説が描かれているものです。今回はその絵巻の秘密に迫ってみました。

  • ご紹介します、京都の愛らしくて可愛い御朱印帳!

    ご紹介します、京都の愛らしくて可愛い御朱印帳!

    近年、御朱印ブームでよく雑誌やTVでも取り上げられています。御朱印をいただくための御朱印帳も種類が様々。古都の趣ある京都には、可愛い・渋い・シンプルなもの、寺・神社オリジナルなどたくさんの御朱印帳があります。今日は、京都の可愛い御朱印帳をいくつかご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「菅原道真・梅」についてさらに知りたい方へ

北野天満宮 見どころを知ればありがたさ倍増のサムネイル画像

北野天満宮 見どころを知ればありがたさ倍増

菅原道真ってどんな人?百人一首から分かる学問の神様の才能のサムネイル画像

菅原道真ってどんな人?百人一首から分かる学問の神様の才能

北野天満宮の牛をなでると病気が治る?牛の像がある理由とは?のサムネイル画像

北野天満宮の牛をなでると病気が治る?牛の像がある理由とは?

北野天神縁起絵巻とは?その秘密に迫ってみようのサムネイル画像

北野天神縁起絵巻とは?その秘密に迫ってみよう

ご紹介します、京都の愛らしくて可愛い御朱印帳!のサムネイル画像

ご紹介します、京都の愛らしくて可愛い御朱印帳!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4
おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと