【初心者必見】鉛筆画の描き方やテクニックとは?

誰でも一度は鉛筆画に触れてみたことがあるのではないでしょうか?そんな鉛筆画も一見簡単そうに見えて様々なテクニックがあり大変奥が深いものです。道具も揃えやすく簡単にはじめやすいので鉛筆画のテクニックをご紹介したいと思います!

目次

  1. 鉛筆画とは
  2. 鉛筆画をはじめるには
  3. テクニックと描き方
  4. 鉛筆画で似顔絵を描こう
  5. おわりに

鉛筆画とは

鉛筆画

鉛筆画とは、鉛筆のみを使って描く絵画のことです。
デッサンなどの下書きは含まれず鉛筆だけで描写や着色されていて、それで完成しているものの事を鉛筆画といいます。
黒い鉛筆だけで描くモノクロのものと、色鉛筆で色をつけたものがあります。

鉛筆は、色々な濃さのものをうまく使い分けることで濃淡を表現する場合と、HB、Bなどの濃さの鉛筆を使い筆圧を調節することで濃淡を表現する方法があります。

鉛筆画をはじめるには

では、実際に鉛筆画をはじめるためには何を準備して何からはじめたら良いのでしょうか。
ここではそれをご紹介したいと思います。

最初に揃える道具

それではさっそく鉛筆画をはじめるために最初に揃えたい道具を見ていきましょう。

鉛筆

鉛筆画を描くためにはまずはなんといっても鉛筆です。
鉛筆といってもその種類はたくさんあり、JIS規格で定められているものは17種類もあります。
硬さは軟らかい方から順番に、6B、5B、4B、3B、2B、B、HB、F、H、2H、3H、4H、5H、6H、7H、8H、9Hとなっています。
最初のうちは4B~Hの硬さの鉛筆を使うと良いでしょう。
好みや用途によって自分の好きな硬さの鉛筆を使い分けていくのも良いと思います。

消しゴム

次に消しゴムです。
プラスティック消しゴムという、普段私達が使っている消しゴムだけでなく練り消しゴムという消しゴムを揃えておきましょう。
通常の消しゴムが擦って消すのに対して練り消しゴムは紙に押し付け、鉛筆の芯の粉などを吸着させるようにして薄くしていきます。

最後に紙です。
この紙でなければいけないなどと決まっているわけではないので自分の好みの書き味の紙を見つけてみてください。
画用紙はもちろんですが、ケント紙も毛羽立ちにくくなめらかな描き心地なのでおすすめです。

カッターナイフ

鉛筆画などを描く場合は鉛筆を削るのにカッターナイフを使います。
用意していた方が後々便利だと思います。

鉛筆画のテクニック

ではさっそく描いてみましょう。
しかしいきなり似顔絵や風景などを描くのではなく、上達したい人はまずは線が綺麗に描けるように練習するのがおすすめです。

線を綺麗に描くためのテクニック

まず、鉛筆画を描き始める時にはひたすら長めの線を縦ばかり、横ばかりに描きます。
手が慣れてくるまでたくさん描きましょう。
このとき適当に描くのではなくきちんと意識して描くことが大切です。
次に弧を描きます。手首を生かして描くと良いです。
これをすることで、線を綺麗に描くテクニックが身に着きます。

絵を描いてみましょう

手が慣れてきたら次は絵を描き始めましょう。
上達するためにおすすめなのはリンゴやミカン、モモなどといった果物とタオルや布、瓶などの組み合わせの構図です。
これらは質感が特徴的なのでそれを意識して描くことで鉛筆画のテクニックが身につきます。
綺麗に描けるようになる頃にはいつの間にか鉛筆画のテクニックが身についていると思います。

テクニックと描き方

ここでは鉛筆画を描くにあたって、もっと上達するテクニックをご紹介したいと思います。
是非試して、自分なりの描き方を見つけてみてくださいね。

雲の描き方

雲

風景を描く場合、ほぼ必須の雲を描くテクニックです。
より自然な雲を描けるようになりましょう。

①雲の輪郭を大まかに描く

あまり細かいことは気にせず、位置をバランスを意識して雲を大まかに描きます。本物よりもやや小さめに描きましょう。

②大体の影を描く

立体のデッサンをイメージして描きましょう。そらの青さをどのくらいにするかを意識して、徐々に濃くしていきます。

③雲の輪郭を抜く

ある程度空と影を書き込んだら雲の輪郭を抜いていきます。
これが雲を描く上で大切なテクニックです。
練り消しゴムを使って輪郭を薄くしていきましょう。
その後バランスを見ながら描き込めば完成です。

海の描き方

海

次は海を描くテクニックをご紹介します。

①輪郭線を描く

まず、水平線や波しぶき、手前の波を輪郭線だけで描きましょう。

②海の濃淡を描く

空と同じように、海の濃淡を表現していきます。
徐々に鉛筆を重ねていくと良い感じに描けます。

③しぶきの輪郭を抜く

海を綺麗に描くテクニックは、ある程度重ねていい感じになってきたらしぶきの輪郭を練り消しゴムで抜くことです。
コツとしては練り消しゴムを尖らせるようにして、鋭角に抜いていきましょう。
影を付け足してメリハリを出したら完成です。

鉛筆画で似顔絵を描こう

美術の授業などで鉛筆で似顔絵を描いた事があるという人も多いのではないでしょうか?
そこで、ここでは似顔絵をよりリアルに、美しく描けるようになるためのテクニックをご紹介したいと思います。

顔の位置決め

まずは顔の位置を決め、輪郭線を描きます。
次に目の位置、眉毛、鼻、口を描いていきます。
後から修正が出来るように軽く描いていきましょう。

顔の描きこみ、影入れ

顔を描くテクニックとして、影をつけて立体感を出していきましょう。
まずは顔を塗っていきます。主だった影を薄めに入れていきましょう。
こうすることでおかしいところが目立ってくるのでその都度修正していってください。
何度も重ねて塗っていき、徐々に描き込んでいきましょう。

頭髪の描き方

顔が出来たら次は頭髪を描くテクニックです。
まずは大まかに輪郭を描き、主な髪の流れを描いて行きましょう。
その後暗くなっている部分を塗り、影を入れていきます。そしたら細部を描き込んで行きましょう。
コツとしては薄い色と濃い色を併用して塗っていくことが大切です。

仕上げ

最後に仕上げです。
全体を見て、おかしいところは手直ししたり、影を足したりしていってください。
それが終わったら完成です。

おわりに

いかがだったでしょうか。
最初のうちはテクニックも良く分からず、なかなか上手く描けないかもしれませんが、時間をかけて何度も描いていくうちに様々なテクニックが自然と身に着き、確実に上達していくはずです。
日頃からどのように光が入って、影が出来ているかを意識してみてみることも大事なので是非意識してみてくださいね。
何より、楽しく描くことが一番大事なのでまずは好きなように描いて見るのもいいと思います。

「鉛筆画・テクニック」に関連する記事

「鉛筆画・テクニック」についてさらに知りたい方へ

  • 初心者のための鉛筆画に必要な道具はこちら!のサムネイル画像

    初心者のための鉛筆画に必要な道具はこちら!

    子どもの頃から慣れ親しんだ鉛筆と消しゴムを使って鉛筆画に挑戦してみませんか?鉛筆画の初心者でもこれさえあれば大丈夫!初心者だからこそ揃えたい道具もご紹介いたします。

  • まずはデッサンの描き方から。デッサンは絵の基本であり全てだ!のサムネイル画像

    まずはデッサンの描き方から。デッサンは絵の基本であり全てだ!

    新しい趣味を始めることを考えていますか?それでは絵などどうでしょう。油絵、水彩画、切り絵など、「絵」には様々な方向性があり、それは全て魅力的。しかしどの種類でも、まずデッサンの描き方が試されます。だからこそまず、デッサン力の描き方の底上げから考えましょう。

  • まずは基礎からしっかりと。人物の描き方のコツを掴もうのサムネイル画像

    まずは基礎からしっかりと。人物の描き方のコツを掴もう

    人物を描くのが苦手、何だか難しそう……。然し、絵の主役にも名脇役にもなる人物は、画風や技法を問わず絵に取り入れることで表現の幅がぐっと広がります。そんな人物の描き方を、人の身体の比率や各部の描き方のコツ、参考になる本などを交えてご紹介します。

  • 油絵の描き方とは?初心者でもできるコツを紹介!のサムネイル画像

    油絵の描き方とは?初心者でもできるコツを紹介!

    油絵は美術展をはじめ、教科書などにもよくのっていて目にする機会が多いと思います。しかし、実際に油絵を描く機会はなかなか無く、描き方が分からないという人も多いのではないでしょうか?簡単な油絵の描き方をご紹介するので是非挑戦してみてください。

  • 初心者でも簡単!水墨画で竹に挑戦してみよう!のサムネイル画像

    初心者でも簡単!水墨画で竹に挑戦してみよう!

    水墨画とは墨だけで描かれた絵のことです。よく見かける水墨画では竹が描かれていることが多いかと思います。水墨画をやるにあたって竹は基本的な技術がつまっています。竹が上手に描けるようになる方法をご紹介するので是非挑戦してみてください。

  • 初心者のための鉛筆画に必要な道具はこちら!のサムネイル画像

    初心者のための鉛筆画に必要な道具はこちら!

    子どもの頃から慣れ親しんだ鉛筆と消しゴムを使って鉛筆画に挑戦してみませんか?鉛筆画の初心者でもこれさえあれば大丈夫!初心者だからこそ揃えたい道具もご紹介いたします。

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと