ペットの供養方法と種類について解説

今は、ペットと家の中で家族同然に、生活を共にしている方が多いのではないでしょうか。だから一緒に生活していた大切なペットが、亡くなった時の悲しみも大きいものでしょう。その悲しみを少しずつ受け入れていくためにも心を込めて供養することは大切なことだと思います。

目次

  1. あなたの大切なペットが最期を迎えたら
  2. ペットの葬儀を考える
  3. 遺骨になってからの供養
  4. ペットの供養と共に飼い主さんの心は大丈夫
  5. ペット供養のまとめ

あなたの大切なペットが最期を迎えたら

仏壇

人もペットも命あるものは、いつか必ず寿命が訪れます。
ペットの場合、人の寿命と比べるとかなり短いものです。
だから、ペットの最期を看取ることも少なくないのではないでしょうか。
もし突然に可愛がっていたペットが、亡くなってしまったとき誰でも悲しくて寂しくて、現実を受け止めることができないかもしれません。
それでも、大切にしてきたペットだからこそ、しっかりと見送ってあげましょう。
それが供養の第一歩ではないでしょうか。

ペットの葬儀を考える

ペットが亡くなった時に、それが動物病院だったりした場合は、その後の処置や事務的な手続きなどわからないことは、先生やスタッフの方に聞いてみるのが良いと思います。
自宅で看取った場合は、先ずは声をかけながら体を清めてあげましょう。
そのとき必ず、目を閉じてあげることと口元もしっかりと閉じてあげましょう。
時間が経ってしまうと、閉じなくなってしまうので、速やかに寝ているような安らかなお顔にしてあげましょう。
それから、ご自宅にペットを安置するのにちょうど良いサイズの合う箱のようなものがあれば、底の部分に念のためペットシーツなどを敷いて、その上にお気に入りのタオルなどがあれば敷いてあげてから、ご遺体を寝かせてあげてお花や好物の物があれば一緒に入れてあげてはいかがでしょうか。

ペットの葬儀の流れ

葬儀には火葬にするか、土葬にするか、または火葬にするならば民間のペット葬儀社に依頼するのか、自治体に依頼するのか等々の決めなくてはいけないことが、限られた時間の中であります。
そこで、少しこれらのことを整理してお伝えしたいと思います。

火葬を希望する場合

火葬を希望する場合は、民間のペット葬儀社または自治体に連絡をして、具体的な葬儀の内容を聞いてみましょう。

民間のペット葬儀社

民間の場合は当然ですが、自治体と比べると費用はある程度かかりますが、火葬を含めて葬儀の内容もいくつか選べるようになっているようです。

具体的には大きく「合同火葬」、「個別火葬」、「訪問火葬」の3タイプに分けているところが多いようです。
さらに「個別火葬」を「個別立会火葬」と個別一任火葬」にわけているところもありました。

内容としてはつぎのようになります。

❶「合同火葬」の場合、他家のペット(ご遺体)と一緒に火葬されますので、基本的には返骨はありませんので、その後も合同で埋葬、納骨されることになります。
❷「個別一任火葬」の場合、一任ということなので葬儀社の方にペット(ご遺体)をお預けして、火葬、拾骨して骨壺に納めた後でご家族に返骨するか、または葬儀社か提携しているお寺・霊園の納骨堂に納めていただけます。
❸「個別立会火葬」の場合、お別れから火葬、拾骨して骨壺に納めるところまでご家族で見届けることができます。
一任も立会も火葬は、一体ずつ個別に火葬いたしますが、一任の場合は見届けることができないので
きちんとしていただけるのかは、依頼した葬儀社を信用してお任せすることになります。
❹「訪問火葬」の場合、訪問火葬車がご自宅の近辺にて火葬を行います。(近隣の道路事情、住宅事情によりペット(ご遺体)をお預かりしたのちに、火葬が可能な場所に移動して行う場合もあります。)

●ペット(ご遺体)を引き取って火葬から埋葬までお願いすることもできます。
●火葬、拾骨を一任して返骨してもらうこともできます。
●立会いも可能ですが、火葬に2~3時間ほどかかるので、その間はご自宅で待機して火葬後にご自宅近くに火葬車が来てご家族で拾骨することもできます。


料金設定は各ペット葬儀社でことなります。
火葬料金だけでいうと、ペットの大きさによっても料金設定に差が出てきます。

「合同火葬」で小動物から大型ペットまで5,000円前後~が平均
「個別一任火葬」で小動物から大型ペットまで15,000~50,000円くらいが平均
「個別立会火葬」で小動物から大型ペットまで20,000~60,000円くらいが平均
「訪問火葬」で小動物から大型ペットまで12,000~50,000円くらいが平均
(これは東京都内のおおよその平均ですので、葬儀社また地方によっても違いがあると思いますので参考程度に考えてください。)

自治体(公共機関)

ペットの火葬については、自治体によって対応が異なります。
先ずは、自治体にお願いする場合は、清掃局、衛生局、保健所、動物愛護センター等(どこに連絡するかわからない時は各役所)に連絡をしてみましょう。

悲しいですが、動物は一般有料ごみとして焼却されているところもあるようですが、最近は動物専用に焼却炉を設けて、引き取りと火葬して埋葬を行ってくれる自治体が増えているようです。
埋葬は委託契約している動物霊園に埋葬するので、埋葬費用として数千円かかる場合もありますが無料のところもあるようです。

自治体の中には、個別火葬をしているところもあるようですが、稀な自治体だと思います。
多くは合同火葬、合同埋葬になります。

土葬を希望する場合

ペットの土葬に関しては、法律を厳守した上でなら可能なケースもあります。
そこで現実的なお話をしますと、ペットは一般的に廃棄物の処理及び清掃に関する法律により一般廃棄物となります。

ですから、公園や河川敷などの公共の場に勝手に埋めたりした場合には、軽犯罪法違反となります。
また河川、山林、海なども廃棄物の不法投棄になるので、廃棄物処理法の違反になりますので気を付けてください。
それでは、どこなら土葬が可能かというとご自宅のお庭(私有地)であれば大丈夫だと思います。

ここで現実的には、公衆衛生的にかなり深い穴(1~2m)を掘る必要がありますので、小動物から小型のペットまでが限界かと思います。
ご自宅に埋める場合でも、火葬後に埋めてあげるのが良いのではないでしょうか。

遺骨になってからの供養

慌ただしく火葬まで終わってから、さてこれからどうしようかと直ぐに決めることは難しいとおもいます。
大切なペットが、遺骨として手元に戻ってきて悲しみや寂しさが溢れてくることでしょう。
暫くは手元に置いて、供養するのもいいと思います。
またペット葬儀社によっては、納骨堂で個別に1~2年くらい遺骨を預かってくださるところもあります。

一時的にお預けする場合は、いろいろなタイプがありますが、骨壺ごとに一定のスペースをいただいてすぺーすによって可能ならば写真や造花などを置くこともできます。
何が置けるか、有料か無料か、期間はも葬儀社(施設)によりことなりますので、確認することをお勧めします。
そしてこれからの供養について考えてみましょう。
最終的に、お骨をどのように納骨し供養するかをいくつかご紹介いたします。

ペット納骨堂

ペット納骨堂は、ペット霊園の中にある場合とお寺などにある場合があります。
ペット納骨堂にお骨ごと(個別)に納骨する場合は、上のように個別にコインロッカー式だった
り、一時預かりと同じような棚式だったり、個室とありますが、個室やコインケース式の場合はスペース的に写真や思い出の品などと納めることができます。
費用は年間で1万円~数万円になると思います。

ペット霊園

ペット霊園の屋外にお墓を作るタイプのもので、個別にお墓を建立して墓石にはペットの名前や飼い主さんからのメッセージなどを彫ることができます。
費用は墓石の種類や大きさなどにもよりますが、平均的には10万円~数十万円になると思います。
また年間で、霊園の維持管理費がかかります。

合同供養塔

合同火葬を希望してた場合、そのまま合同供養にすることになると思います。
それは火葬の時点で、お骨は他のペットと一緒になってそまうので返骨ができません。
だから火葬して合同供養塔に納めるのが、ほとんどだと思います。

合同火葬を依頼した時点で、無料もしくは数千円の費用ではないかと思います。
ただし、火葬を個別で行い後日合同で埋葬するケースや、他のところで火葬している場合は数千円~数万円の費用がかかると思います。

自宅供養(手元供養)

基本的には、自由に供養してください。
参考になれば幾つかペットメモリアルグッズについて、ご紹介いたします。
ペット用ミニ仏壇、ミニ骨壺、フォトフレーム、遺骨を身につけておけるようにペンダント、アクセサリー、ミニカプセルなどがあります。

散骨

海洋葬、山林葬とも言います。
まだ少ないですが、これも供養の一つとしてあります。
この場合はご遺骨をパウダー状にして散骨します。
費用としては数万円程度はかかると思います。

ペットの供養と共に飼い主さんの心は大丈夫

大切なペットを亡くして、大きなショックを受けている飼い主さんの心が心配です。
普通に日常を送っていても、知らず知らずのうちに心は寂しさ、悲しさの限界の来ているかもしれません。
これを俗にペットロスと言いますが、この状態を放置してしまうとうつ病を発症してしまうかもしれません。
先ずは大切なペットが亡くなったということを、供養することで少しずつ受け入れていきましょう。
そして大好きだったあなたのペットの話を、いろいろな人と共有して寂しい、悲しい心を表に出して
気持ちが前向きになるようにしてください。
あなたが悲しんでいるよりも、前向きに生きていることが何よりの供養ではないでしょうか。

ペット供養のまとめ

ペット供養はいろいろな方法がありますが、でもその時は突然来てしまうものです。
だから、出来る限り悔いのないようにできたらと思います。
そのための参考になれば頭の片隅にでも知っていて頂けたら幸いです。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「ペット・供養」に関連する記事

「ペット・供養」についてさらに知りたい方へ

  • ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!

    ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!

    ペット霊園での供養にかかる値段をご存知ですか?大切なペットがなくなったとき手厚く弔ってあげたいとお考えの方はいらっしゃるかと思います。今回の記事ではペットのご供養にかかる費用はもちろん、ペット霊園での供養方法についても解説します。

  • ペットを霊園で火葬する料金は?具体的な料金や葬儀の流れを解説!

    ペットを霊園で火葬する料金は?具体的な料金や葬儀の流れを解説!

    ペット霊園やペットの火葬料金などについてご存知でしょうか? ペットが亡くなった時にかかる費用や手葬儀の流れについて詳しく知らない方も多いかもしれません。 そこで今回終活ねっとでは、ペット霊園での火葬料金・ペットのお葬式の流れなどについて詳しく解説していきます。

  • ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

    ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

    あなたの家族の一員でもある最愛のペットがもし亡くなってしまったら、どうしたらいいのでしょう?ペットの事は、いったいどこに相談したらいい?火葬をするなら、火葬費用はいくらかかる?また、その他にかかる費用はある?そのような疑問にお答えします。

  • ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介します

    ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介します

    近年では、ペットも家族の一員として扱うご家庭も増えてきました。では、大切なペットが亡くなっても、家族が亡くなった場合と同じように火葬を行なう方法はあるのでしょうか?今回は、ペットの火葬方法とその種類や費用について解説いたします。ぜひ最後までご覧ください。

  • 家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。

    家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。

    同じ時を過ごしてきたペットは家族の一員です。そんな家族を亡くしてしまっても、傍にいると感じたいものです。ここではそんな供養に必要なペットの仏壇や仏具などをご紹介いたします。ご自宅にペット用のお仏壇があると、少しでも悲しさが和らぐかもしれません。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

    人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

    都立霊園で人気の墓地霊園を8つランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、都立霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。都立霊園への申込の方法・流れ・手続きはもちろん、霊園の特徴やお墓の区分一覧まで全て解説しています。ぜひご覧ください。

    5

シェアする

関連する記事

「ペット・供養」についてさらに知りたい方へ

ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!のサムネイル画像

ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!

ペットを霊園で火葬する料金は?具体的な料金や葬儀の流れを解説!のサムネイル画像

ペットを霊園で火葬する料金は?具体的な料金や葬儀の流れを解説!

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介しますのサムネイル画像

ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介します

家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。のサムネイル画像

家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介のサムネイル画像

人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと