お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

お盆はいつからいつまででしょう?日本人なら誰でも知っているお盆、一年に二回ある貴重なお休みとして深く日本の生活に定着しています。ですが、あの「お盆」はいつからいつまでなのでしようか?

目次

  1. お盆とは 
  2. お盆はいつから?地方はいつから?
  3. お盆はいつまで?
  4. 2017年のお盆は?
  5. まとめ
  6. 終活の専門家に相談してみよう

お盆とは 

?

お盆とは、祖先の霊を祀るために7月15日頃に行われる行事です。お盆の語源は仏教の盂蘭盆(ウラボン)、盂蘭盆会(ウラボンエ)に祖先の霊を祀る信仰が混ざってできていったと言う説もありますが、「お盆」という呼び方の由来については、盂蘭盆会(うらぼんえ)の音写語と言われています。この盂蘭盆会(うらぼんえ)はサンスクリット語で「逆さ吊り」と言う意味があり、地獄のような苦しみに遭っている人を救うための法要を行うことをいいます。

お盆はいつから?地方はいつから?

お盆の時期は地方によって違います。それぞれいつからでしょうか?東京や首都圏7月13日から始まりますが、地方は8月13日から始まります。ちなみに沖縄では旧暦の7月13~15日で行われます。

お盆はいつから?お盆の最初の日 

お盆の最初の13日を「迎え盆(お盆の入り)」と言い、ここからお盆は始まります。明治初期にはお盆には3つの時期が存在していました。

お盆はいつまで?

はたしてお盆はいつまでなのでしょうか、明治時代から考えてみましょう、明治時代のお盆は旧暦の7月15日の中元節の日に行われていたのですが、明治以降、太陽暦が導入されたことで、8月のお盆が生まれ、3つの時期に分かれていきました。7月13日~15日、8月20日前後、8月13日~15・16日でした。お盆はいつまでと言うのは、明治時代からあまり変わっていないようですね。現代と同じく、お盆の終わりは8月15・16日が多いようです。

お盆はいつまで?お盆の終わる日

最後の16日を「送り盆(お盆の明け)」と言い、この日にお盆は終わります。「迎え盆(お盆の入り)」をしたあと、4日後に行いました。

お盆はいつまで?お盆にすること

お盆には、初盆(ハツボン)・新盆(ニイボン)の法要を行ったり、墓参りをしたり、迎え火、送り火を焚いたりします。迎え火は12日夕方、13日午前中に精霊棚や仏壇のお飾りとお供えをすませて、13日夕方に精霊棚に吊るされた盆提灯に火を灯し、家の門口や玄関での焙烙にオガラ(皮を剥いだ麻の茎)を折って積み重ねて燃やし、合掌します。送り火は迎え火を焚いた場所で15日または16日にオガラを積み重ねて燃やします。*地方によっては精霊流しを行うところもあるようです。

お盆の供え物

精霊馬

精霊馬

きゅうりやなすを使って、割りばしや爪楊枝で足をつけて作る馬や牛の飾りです。馬は足の速   い馬に乗って早くあの世から帰ってこられるようにと言う思いが込められています。

精霊牛

牛には、足の遅い牛に乗ってゆっくりあの世に戻って行け、この世からたくさんの供物を積ん   で楽に帰れるようにと言う思いが込められています。

供え花

お供え花として蓮やほおずきを供えることが多いです。蓮には、花びらを船にして先祖の霊が   帰ってくると言う願いが、ほおずきには先祖の道を照らす提灯になると言う願いが込められて   います。 

食べ物のお供え

日替わりで供えます。13日の迎え盆にはあんこ付きのお迎え団子、14日にはおはぎ、15日はそうめん、16日には白い送り団子を供えます。ちなみに沖縄では朝食に、ご飯、汁物、吸い物、昼食に冷やしそうめん、お団子、夕食に、ご飯、汁物、煮つけを供えます。そしてお盆の最後の日にはウサンミと呼ばれる重箱をお供えします。

お墓参り

では、お盆のお墓参りはいつがよいのでしょうか?一般的にはお墓参りをするのなら13日がよいと言われています。それは13日はお盆の入りの迎え盆で、お盆の初日だからです。ご先祖様がこの日に地上に降りてくるのですから、先祖を迎えに行くと言う意味でも13日にお墓参りに行くのがよいとされています。そしてお墓参りの時間は午前中がよいと言われています。これはご先祖さまに挨拶をする前にほかの用事を優先することは失礼にあたるからと言われてきたからで、できるだけ早い時間にお墓参りをするほうがいいようです。また、午後二時以降は霊が活動し始めると言われていますので、なるべく午前中にお墓参りはすませておいたほうがいいでしょう。昔からお墓参りは朝一番、もしくは午前中までに済ませるのがいいと言われています。

2017年のお盆は?

2017年は8月11日が山の日で祝日ですので、8月11日~16日の6日間となるところが多そうです。銀行とか行政機関はカレンダー通り、8月11日~13日までで、大企業で長期の休暇を取るところは、8月11日~20日までの10連休となる企業もありそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?お盆の期間は地方によって違いはありますが、一般的には8月13日から16日までの4日間を指します。ほとんどの機関がこの間に休みを取りますので、みなさん、大いにリフレッシュしてください。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「お盆・いつから・いつまで」に関連する記事

「お盆・いつから・いつまで」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと