江戸時代の庶民の暮らし~トイレ事情や娯楽など~何気ない日常を紹介

江戸時代の暮らしを紹介していきます。庶民達は何を楽しみに暮らしていたのか、どこに住んでいたのか、トイレ事情は?など、江戸時代の何気ない日常を紹介していきます。

目次

  1. 江戸時代の暮らしを知ってますか
  2. 庶民はどんな場所に住んでいるの?
  3. 江戸時代の暮らし-トイレ-
  4. 江戸時代の暮らし-食事は質素-
  5. 江戸時代の暮らし-楽しみ・娯楽-
  6. まとめ

江戸時代の暮らしを知ってますか

困った人々

みなさん江戸時代の庶民の暮らしはどんなものか知っていますか?
どのように暮らしていたんでしょうか。
どんな場所に住んでいたのか、トイレや、食事、娯楽などを紐解いてみましょう。

何気ない江戸時代の日常を紹介していきます。

庶民はどんな場所に住んでいるの?

低料金の長屋に住んでいる

4畳1間に家族が住んでいる

長屋=賃貸
画像をよく見るとわかると思うのですが、扉がたくさんありますよね。
これは、今でいう賃貸物件みたいなものでして、町民のほとんどはこの長屋で暮らしました。
持家をもつ町民はお金持ちぐらいです。

この扉1つ1つが、別々の家になっています。だいたいが4畳ぐらいの広さだったとか。
プライベートもない暮らしだったようです。

料金は

月に5000円~1万円ほど。
確かにお安いですね。

特に、「江戸」には水道が引かれていました。なので、水を使えることが何よりの自慢だったそうです。使っても水道代は無料だったみたいですよ。その地主さんが払っていたようです。ですが、そんなに貴重な水を大量に使う人もいなかったでしょう。

江戸時代の暮らし-トイレ-

糞尿は高く売れる

糞尿は量にもよりますが、長屋の主だとすると、住んでいる人たちの糞尿を売って、年間100万円ほどはもらっていたんだそう。人数にもよりますが。
農村の人にとっても江戸の人々にとっても、糞尿は貴重な資源だったんですね。

公衆便所で糞尿を集める工夫

江戸時代後期になってからは、公衆便所も出てきます。
それまでは、男性も女性も、外出中は外でそこらへんにトイレをしていたんだとか。
糞尿はお金になりますから、公衆便所を作ってそこにたまった糞尿を集める方式にかわったのでしょうね。

おしりを拭くものは?

おしりをふくのに利用するのは古紙でした。江戸時代で紙は貴重なもの。書き損じたものや、安く手に入る紙で大切に使っていました。

とってもエコな江戸時代

その拭いた紙でさえ、回収しリサイクルするという徹底ぶりのエコ。
屑屋という業者さんが回収しにくるそうです。

江戸時代の暮らし-食事は質素-

お米がメインディッシュ

白米が食べられるように

一般市民でも、白米が食べられるようになりました。
なので、メインディッシュは白米だったそうです。白米をお茶碗にいっぱいよそい、あとはお味噌汁や漬物など。

農民の方々は貧しくて、まだご飯は食べられなかったそう。
江戸の人々の自慢は水が引いてあることと白米が食べられることでした。

脚気(かっけ)が流行り病に

脚気はビタミンB1が不足して起こる病です。そして、今まで食べていた玄米にはビタミンB1が豊富でした。ですがそれを精製して白米にして食べれるようになったので、ビタミンB1が不足し、脚気が流行ってしまったそうです。

それが分かるのはまだ先です。

江戸時代の暮らし-楽しみ・娯楽-

四季折々のイベント

江戸時代では、四季折々のイベントが楽しみでした。
春は桜を見ながらの花見、夏は花火、秋は紅葉、冬は雪見と、四季折々の風情を楽しんだんですね。
自然とともに楽しみながら暮らしてきたのですね。今もそれは変わらないですね。

みんなでおしゃべり

みんなで井戸端会議は、江戸時代では毎日のようにみられる光景なんですね。
洗濯物をしながらや水をくみながらお話しているようです。

江戸時代の暮らしでは、長屋から外に出てみんなで家事を手伝いあったり助けあったりして暮らしていました。今でいう人間関係なんかはすごく密だったようで、長屋にいる人たちみんな家族のようだったんですね。みんなでおしゃべりするのも、毎日の楽しみだったでしょうね。

お伊勢参りを夢見てた

江戸時代の暮らしで、みんなが憧れ夢見たものに、お伊勢参りがあります。
歩いていくわけですから、お金もかかるし、危険もあります。まさに命がけでした。
それでも1度は訪れてみたいお伊勢参りなんですね。

お金をためて歌舞伎を観に行く

暮らしの中に、芸能人の話が浮き立つのは今も昔も変わらずです。
一度その男前を見に行きたいと色めき立ちました。
お金をためて、歌舞伎を観に行くこともありました。

たばこ

江戸時代の暮らしにたばこは根づいていました。

庶民にとっても、たばこは数少ない娯楽の中での大切な楽しみでした。
画像の女性たちは、一服しながらの花見を楽しんでいますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。200年続いた江戸では、今と変わらない雰囲気も漂っていますね。
井戸端会議にたばこに役者、今でも、それは変わりないような気がします。
ただ、江戸よりも人間関係の濃密さはなくなりましたよね。
江戸時代は助け合いの精神が凄いです。

昔からの暮らしが、今の暮らしにも役立っています。
江戸時代の暮らしはとにかく環境に優しいエコです。
今だからこそ、江戸から学べるこがたくさんある気がします。

読んでくださりありがとうございました。
少しでも江戸時代を生き抜いた人々の日常が伝わりますように。

「江戸時代・暮らし」に関連する記事

「江戸時代・暮らし」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「江戸時代・暮らし」についてさらに知りたい方へ

江戸時代の生活を知ろう!~江戸時代の食事とは~のサムネイル画像

江戸時代の生活を知ろう!~江戸時代の食事とは~

江戸時代の料理ってどんなの?再現レシピやおすすめ小説のサムネイル画像

江戸時代の料理ってどんなの?再現レシピやおすすめ小説

実際は貧しくはなかった?江戸時代の農民の暮らしとはのサムネイル画像

実際は貧しくはなかった?江戸時代の農民の暮らしとは

実は権威が高かった!江戸時代の天皇の様子とは?のサムネイル画像

実は権威が高かった!江戸時代の天皇の様子とは?

現代の女性と違うところだらけ?!江戸時代を生きた女性のサムネイル画像

現代の女性と違うところだらけ?!江戸時代を生きた女性

戦国時代の庶民はどんな生活をしていたのか?のサムネイル画像

戦国時代の庶民はどんな生活をしていたのか?

ルーツを探ろう。縄文時代の暮らしあれこれ。のサムネイル画像

ルーツを探ろう。縄文時代の暮らしあれこれ。

優雅な貴族社会とはかけ離れていた!平安時代の庶民の暮らしをご紹介のサムネイル画像

優雅な貴族社会とはかけ離れていた!平安時代の庶民の暮らしをご紹介

昔のお墓は今と違う?【お墓の概念の変遷】と【先祖のお墓探し】のサムネイル画像

昔のお墓は今と違う?【お墓の概念の変遷】と【先祖のお墓探し】

平安時代って何を食べていたの?主食や主菜はなんだった?のサムネイル画像

平安時代って何を食べていたの?主食や主菜はなんだった?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

関連する記事

「江戸時代・暮らし」についてさらに知りたい方へ

江戸時代の生活を知ろう!~江戸時代の食事とは~のサムネイル画像

江戸時代の生活を知ろう!~江戸時代の食事とは~

江戸時代の料理ってどんなの?再現レシピやおすすめ小説のサムネイル画像

江戸時代の料理ってどんなの?再現レシピやおすすめ小説

実際は貧しくはなかった?江戸時代の農民の暮らしとはのサムネイル画像

実際は貧しくはなかった?江戸時代の農民の暮らしとは

実は権威が高かった!江戸時代の天皇の様子とは?のサムネイル画像

実は権威が高かった!江戸時代の天皇の様子とは?

現代の女性と違うところだらけ?!江戸時代を生きた女性のサムネイル画像

現代の女性と違うところだらけ?!江戸時代を生きた女性

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと