春の俳句に使える季語って? どんな言葉が季語なのか

決められた文字数に、感情や叙情をこめて詠んだもの…それが、俳句や短歌や川柳です。それぞれに違いがあり、俳句には季語を用いなくてはいけないきまりがあります。春夏秋冬、どんなものが季語なのか、悩んでしまいますね。ここでは春の季語について見てみましょう。

目次

  1. 俳句と短歌、川柳の違いは?
  2. 春の季語…春っていつ?
  3. 春に使える植物の季語
  4. 春に使える鳥や動物の季語
  5. 春に使える俳句の季語まとめ

俳句と短歌、川柳の違いは?

困った人々

俳句とは、日本文化を代表する、決まった文字数で叙情を表現する手法のひとつです。
ですが、似たようなものに、短歌や川柳なども存在します。
俳句も短歌も川柳も、「決められた文字数のなかに、読み手の思いや気持ちをこめて歌い上げる」という点では同じです。

ならば、その違いはどこにあるのでしょうか。

俳句とは?

俳句は、5・7・5の17音からなりたちます。
大きな特徴として、「かならず季語が必要」というきまりがあります。

有名な松尾芭蕉の句、「古池や 蛙飛び込む 水の音」では、「蛙」が春の季語となっています。

短歌とは?

5・7・5・7・7の31音から成り立つ歌です。
短歌では、かならずしも季語を必要とはしません。

文字数が「7・7」の分だけ長いので、たくさんの文字表現を入れることができますが、この文字数を効果的に使うことが難題となる場合もあります。

川柳とは?

川柳も、俳句と同じように、「5・7・5」の17音からなりたちます。
短歌と同様に、特別に季語を必要とはしません。

近年では、サラリーマン川柳など、ちょっとひねりのきいた面白みのある作品を自由に読む形が流行し、さまざまな年代や立場の方々に楽しまれていますね。

春の季語…春っていつ?

桜

俳句の特徴である、季語。
この決まりを守って俳句を詠むためには、何がいつの季語に該当するのかをしっておく必要があります。すばらしい俳句をつくるために、まず、春とはいつのことをさすのか、考えてみましょう。

一般的な区切りでいう春

一般的には、気象庁でおこなわれている区切りを適用するケースが多いでしょう。
気象庁の区切りだと、春は3月から5月までを指します。

ほかの季節も、春と同様に3ヶ月ごとに区切られています。
夏は、6月から8月。秋は、9月から11月。冬は、12月から2月といった具合です。

一般的に、もっともしっくりくる季節の分け方ではないでしょうか。

暦でいう春

暦の上では、気象庁の区分とはまた違った形で区切りを設けられています。

立春を迎えると春、立夏を迎えると夏、他も同様に、立秋、立冬がありますね。お手元のカレンダーを見てみると、日付とともにこれらが書き込まれているはずです。

暦は太陽の位置を基準としているため、厳密には毎年同じ日にちではありません。
新暦では、立春が2月4日ごろ、立夏は5月6日ごろ、立秋は8月8日ごろ、立冬は11月8日ごろとなります。

春に使える植物の季語

null

では、実際に春の季語にどういうものがあるかを見てみましょう。
上がっている季語は一例ですが、例を知ると、どんな俳句を詠むかをイメージしやすいはずです。

日本で読まれる俳句で「花」といえば「桜」のことを指すくらい、重要で用いられやすいものです。

薄紅色の花びらそのものが季節感あふれるものでもありますが、お花見や入学式・卒業式・進級を連想させるものでもあります。桜そのものが多く植えられており、花の咲く季節の存在感は大きなものです。
桜の咲く季節におこなわれる行事もあいまって、俳句以外でも季節感をあらわすのに重要な存在となっていますね。

そのほかの花

四季のうつろいが特徴的な日本では、桜のほかにも季節をあらわす植物は多いものです。

春のはじめのほうだと、梅や桃、木の芽や草の芽など、桜が咲くにはまだ早い寒い時期から咲く花もあります。
新緑が目立ち始める季節には、つくしやたんぽぽ、ツツジや藤などの花も咲き始めますね。
そのほかにも、若草や芽生えなど、若々しい命が芽吹き生命力にあふれる様が季語として用いられます。

春に使える鳥や動物の季語

雀

鳥や動物も季語になりえます。

絵画では梅とともに描かれることが多いうぐいすや、春になると啓蟄をむかえ活発になる蛙、雀の子や蝶も生まれ動き出す季節です。その他、5月ごろに渡ってくるつばめや、春に活発に活動する蜂なども春の季語です。

身近な動物や鳥などで、「この季節によく見るな」という生き物がいれば、それを意識してみましょう。気温があたたかくなる春は、いろいろな生き物が活動を始める季節です。
きっと、普段の生活の中でも、季節の移ろいを感じられる生き物がみつかるはずです。

春に使える俳句の季語まとめ

null

現代では昔に比べ、旬がわかりにくい生活になっています。
ハウス栽培などで春夏秋冬を問わず野菜や果物が手に入る種類も多くなり、輸入などもあいまって、食べ物の旬がわかりにくいことも理由の一つでしょう。

ですが、街路に植えられている花や季節の行事などは、昔と変わらず季節に応じて動きがあるものです。

特別に「この季節の季語はなんだろう」と考えなくても、普段の生活ですこし気をつけて周囲を見てみると、「この季節にはこれがある」と体感できるはずですよ。

「俳句・季語・春」に関連する記事

「俳句・季語・春」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「俳句・季語・春」についてさらに知りたい方へ

春の俳句作りの参考にしてほしい!春の季語や有名な俳句も紹介!のサムネイル画像

春の俳句作りの参考にしてほしい!春の季語や有名な俳句も紹介!

春の季語にはどんなものがある?少し変わった季語もご紹介!のサムネイル画像

春の季語にはどんなものがある?少し変わった季語もご紹介!

短歌の楽しみかた~季語の種類と歴史の歩みのサムネイル画像

短歌の楽しみかた~季語の種類と歴史の歩み

夏の季語を使った俳句とその作り方を紹介しますのサムネイル画像

夏の季語を使った俳句とその作り方を紹介します

俳句作りの参考に!~【4月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【4月の季語】特集~

俳句作りの参考に!~【3月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【3月の季語】特集~

手紙と季語の気になる関係!簡単に使える季語と例文を紹介!のサムネイル画像

手紙と季語の気になる関係!簡単に使える季語と例文を紹介!

俳句作りの参考に!~【5月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【5月の季語】特集~

俳句作りの参考に!~【8月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【8月の季語】特集~

春の俳句作りの参考にしてほしい!春の季語や有名な俳句も紹介!のサムネイル画像

春の俳句作りの参考にしてほしい!春の季語や有名な俳句も紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

3

関連する記事

「俳句・季語・春」についてさらに知りたい方へ

春の俳句作りの参考にしてほしい!春の季語や有名な俳句も紹介!のサムネイル画像

春の俳句作りの参考にしてほしい!春の季語や有名な俳句も紹介!

春の季語にはどんなものがある?少し変わった季語もご紹介!のサムネイル画像

春の季語にはどんなものがある?少し変わった季語もご紹介!

短歌の楽しみかた~季語の種類と歴史の歩みのサムネイル画像

短歌の楽しみかた~季語の種類と歴史の歩み

夏の季語を使った俳句とその作り方を紹介しますのサムネイル画像

夏の季語を使った俳句とその作り方を紹介します

俳句作りの参考に!~【4月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【4月の季語】特集~

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと