前田慶次の「妻」と呼ばれる存在、実在・架空人物のご紹介

前田慶次は、今では人気者の傾奇者。前田慶次にあこがれている人は男女問わずとても多いのではないでしょうか?その彼には、妻という存在がありそうな、なさそうな…。前田慶次の妻についてまとめてみました。

目次

  1. 前田慶次こと「前田利益」
  2. 尾張の出身、前田慶次
  3. 歴史上の、前田慶次の妻
  4. 花の慶次に出てくる「前田慶次」
  5. ドラマ化された「かぶき者、慶次」
  6. 若き頃から傾奇者として遊びも一流
  7. 前田慶次の妻のまとめ

前田慶次こと「前田利益」

前田慶次とは、歴史上実在した人物です。名前は「前田慶次郎利益」といいます。生まれは、いろいろな説があり、本当の事がわからないというのが現実のようなのですが、一番有力視されているのは、滝川一益が実父で、前田利久に養子に出され、前田利家の義理の甥との事です。

尾張の出身、前田慶次

名古屋市中川区にある荒子城の城主「養父の前田利久」は織田信長に隠居を命じられ、利久の弟「前田利家」が荒子城を継ぎました。尾州荒子御屋敷構之図には、「慶次殿屋敷」も記されています。また、熱田神宮には、前田慶次が奉納したと伝わる末□と銘のある太刀が今でもあります。

歴史上の、前田慶次の妻

前田慶次こと、前田利益は、養父前田利久の弟「前田安勝の娘」を妻にしています。後に、男一人、女四人が生まれています。この男の子が後の「前田正虎」と言われています。前田利家に仕えていますが、慶次が出奔した時に、母(慶次の妻)と残り加賀藩士として生涯を閉じています。

前田慶次の妻の名は不明

この時の、前田安勝の娘の名前の記載が無く、妻の名前は不明。天下無双の傾奇者前田慶次郎という本の中では、「於せん」として登場していますが、物語上ついた名前となっています。

花の慶次に出てくる「前田慶次」

原哲夫作の漫画「花の慶次」で一躍スターのような存在になった前田慶次です。その姿に魅了された人は数知れずではないでしょうか。この漫画は、、隆慶一郎が執筆した歴史小説「一夢庵風流記」をもとに描かれたものです。傾奇者の慶次の生き様を描いています。

花の慶次では、妻的存在は「おまつ殿」?

花の慶次の漫画の中では、最初は妻の存在があるともないとも書かれておらず、いつも、おまつ殿と妖しい雰囲気が描かれています。おまつ殿は、前田利家の正室で、慶次の良き味方でもあり、慶次に恋心を寄せているようにも見えるストーリーで、読者を悩ませています。

前田慶次の最後は、絶世の美女が妻に?

徳川の世になり、戦も無くなると、前田慶次は、琉球で南蛮の血が入った絶世の美女「リサ」と出会い、京都で慶次と一緒に暮らすようになり最期を迎えます。琉球の女性「リサ」は、とても清い美しい心の持ち主で、慶次だけではなく、人々が癒される女神のような存在です。

このリサという女性は、一夢庵風流記に出てくる「美姫」と同じ人物の事です。花の慶次の漫画では「利沙(リサ)」として描かれていて、架空の妻、人物です。

花の慶次 文庫版 (徳間書店) 全10巻完結セット
花の慶次 文庫版 (徳間書店) 全10巻完結セット

商品価格2359円

花の慶次の漫画中古品セットです。慶次の歌舞伎ぶりや生き様に魅了される人続出の作品です。

この商品を購入
一夢庵風流記(上)
一夢庵風流記(上)

商品価格1728円

こちらは、漫画ではなく、歴史小説となっています。前田慶次の傾奇者としての人生を描いています。下巻もあります。

この商品を購入

ドラマ化された「かぶき者、慶次」

2015年に、NHKでドラマ化され、前田慶次の役を「藤竜也さん」慶次の妻役「江波杏子さん」が演じられました。前田慶次と、妻の関係がとても面白く描かれている、晩年を題材にしたドラマでした。

妻「前田美津」は実在したのか?

慶次の妻、「美津」は、ドラマ上で描かれた架空の人物となっています。しかし、実際に妻となっている「前田安勝の娘」を加賀藩に置き去りにしている慶次にとって、息子の正虎は、戦死しているものの、残った家族らとのその後は全くつかめていません。

そう言う意味では、晩年には交流があったのではないかとも言われています。よって、描かれたドラマとなっています。

家にも帰らず、好き勝手な慶次を支える

妻の美津は、金沢に住んでいます。慶次は米沢に住んでいて、時折、加賀の金沢から妻が来るたびに怯えて逃げ回る生活をしています。それでも、彼を見捨てることなく支える妻の姿を描いています。
傾奇者の妻として、素晴らしい妻の姿でもあり、笑える場面もありました。

若き頃から傾奇者として遊びも一流

若き頃の前田慶次は、前田家の跡継ぎに相応しくないと、織田信長に言われ、家督を前田利家に取られてしまいました。そこから傾奇者としての自由な人生が始まるのですが、戦国の世に翻弄されて傾奇ながらも戦に参戦しています。

傾奇者慶次の京での豪快な遊び

慶次は、京都で傾奇者としてかなりの豪遊をしています。記録によれば、そのすべてを前田利家の懐から出ているお金だと言われています。不憫に感じた利家の優しさかもしれません。

一夜妻の可能性も否定できない

京都で豪遊している前田慶次は、かなりのモテっぷりだったそうで、一夜妻もかなりいたのではないかと推測されています。漫画や歴史小説の「慶次」は、かなりモテる人であっても、男らしく、女性を大切にするイメージが強く描かれていますけど…。

前田慶次の妻のまとめ

実在の妻と架空の妻的存在のご紹介をさせていただきました。傾奇者とは、異風な生き方を好み、派手な身なりをして常識はずれな行動をする人という意味です。武将になれなかった慶次が傾奇に走るのも仕方ない事だったのでしょうが、支える妻も大変でしょうね。

「前田慶次・妻」に関連する記事

「前田慶次・妻」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「前田慶次・妻」についてさらに知りたい方へ

白洲次郎が眠るお墓の場所は?白州次郎ゆかりの場所もご紹介しますのサムネイル画像

白洲次郎が眠るお墓の場所は?白州次郎ゆかりの場所もご紹介します

国宝に指定されている日本刀にはどんな理由がある?のサムネイル画像

国宝に指定されている日本刀にはどんな理由がある?

徳川家康の妻(正妻・側室)はどんな人?築山殿や西郷局を紹介のサムネイル画像

徳川家康の妻(正妻・側室)はどんな人?築山殿や西郷局を紹介

天下統一を果たした豊臣秀吉の有能な家臣たち!のサムネイル画像

天下統一を果たした豊臣秀吉の有能な家臣たち!

一夫多妻が当たり前!?平安時代の結婚とは!?のサムネイル画像

一夫多妻が当たり前!?平安時代の結婚とは!?

天下分け目の戦、関ヶ原の戦いで伊達政宗はどこにいた?のサムネイル画像

天下分け目の戦、関ヶ原の戦いで伊達政宗はどこにいた?

徳川家康の妻(正妻・側室)はどんな人?築山殿や西郷局を紹介のサムネイル画像

徳川家康の妻(正妻・側室)はどんな人?築山殿や西郷局を紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと