織田信長の甲冑について、彼の鎧はかっこいい!

戦国時代において火縄銃による狙撃による死亡を避けるために甲冑にも、機能性以外に装甲性能も求められるようになりました。しかし、織田信長といった有力大名は己の存在を示すために、見た目にもこだわっております。そこで、今回はこだわりのある織田信長の甲冑を紹介します。

目次

  1. 織田信長の甲冑は見た目が良い!
  2. 織田信長の甲冑について
  3. 織田信長公の甲冑は残っていない?
  4. 南蛮具足が残っている人は?
  5. 織田信長公の甲冑について まとめ

織田信長の甲冑は見た目が良い!

戦国時代の武将が着ていた甲冑の見た目については様々な資料や現物が残っているので、有名な方々がどのようなものを着ていたのかはある程度把握できるようになっております。実際に、博物館や記念館のようなところに向かえば、何らかの形で武将の甲冑や兜を見ることができるでしょう。

実物は無くなってしまったとしても、レプリカとして復元したものを展示してあることも多く、場合によっては一般の方々が着ることができる機会も設けてくれることすらあります。さすがに、本物ではなくレプリカになるでしょうが、それでも自分が好きな武将の甲冑を着られるのはとってもうれしいものですよね。

そこで、今回は現代の方々からも「かっこいい!」とか「デザインセンスがある」と評判の織田信長公の甲冑を紹介していきます。

織田信長の甲冑について

困った人々

織田信長の甲冑と検索するといろいろなものが検索においてヒットするでしょうが、その中でも最もかっこいいのがこの甲冑でしょう。これを一目見た人はほとんどの方がかっこいいと思うのではないでしょうか。装甲性能という面でも非常に高性能になっていそうですし、見た目的にも非常に目立ちまさに王様というたたずまいとなっております。

しかし、これは南蛮胴具足というものとなっており、織田信長が着ていたものではないと言われております。南蛮胴の愛用者として名高くこのような甲冑を身にまとっていたとしても何ら不思議ではないと感じるでしょうが、織田信長公が生きていた時に南蛮胴具足が日本にきたという情報が無いのです。

今のところ、南蛮胴具足が日本に届いたのは豊臣秀吉とポルトガル領ゴアのインド副王の1588年のやり取りから大体この時期と定められており、この時にはすでに豊臣の天下であって織田信長公は没しています。

お話としても南蛮胴具足を織田信長が使ったという逸話はあるのですが、実物も残っておらず、画像のような織田信長所用南蛮胴具足は胴は江戸末期作成で、兜も織田信雄以降の世代に作成されたと言われており、このような甲冑を着て戦ったのかどうかは実は不明なのです。

織田信長公の甲冑は残っていない?

null

織田信長公の甲冑はいろいろと調べてまいりましたが実物として残っているものはなさそうです。本物がどこにあるのか、いまだ残っているのか、残っているのならどこに展示してあるのか必死に探している人は多いのですが、発見には至っていません。

兜に関しては清洲市総見院に残っており、犬山市で保存してあるとのことですが甲冑に関してはどうにも情報不足となっております。色々と検索すると織田信長公の甲冑としてヒットはするのですが、どれもこれも実際に着て戦ったとかそのような話は薄くなっております。

このように画像として映し出されているものも非常にかっこよく信長っぽいと感じるかもしれませんが、この元となったものも7号サイズの人形用のものであり実物の鎧ではないのです。作った方も技術はすごいと言えるのですが、織田信長公の南蛮具足を再現したらこのような形になったものと言えるのではないでしょうか。

他にも織田信長公の甲冑は見た目からして非常に美しいものばかりで、他の大名の方々よりもかっこいいと感じてしまうのですが、実物からの再現ではなさそうなので、後世の創作が混じっている気がしてなりません。

南蛮具足が残っている人は?

null

織田信長公の甲冑についてははっきり言って情報不足であり、画像で上がっているものは信長公が死んでから創作を混ぜて作成されたものが主体となっているようです。豊臣秀吉や徳川家康の甲冑に関しては多くの情報が残っているのですが、これはちょっと寂しいですね。

実際に南蛮具足を愛用して戦ったという記録が残っているのは榊原康政や徳川家康となります。徳川家康は南蛮胴具足を重いけれども性能が非常に良いことから自らが愛用して、家臣の方々にも勧めていました。

過去に、家康公が愛用していた甲冑の性能を試すべく同じような甲冑を作って火縄銃で打つという実験を行ったものがありましたが、これは貫通することなく見事に途中で弾丸が止まるという結果になったのです。

この圧倒的な性能から織田信長公が愛用したくなることもわかりますし、新しいものや珍しい物好きな織田信長公なら使ったとしても何らおかしくありません。

織田信長公は南蛮胴の愛用者であるという扱いは現代の娯楽メディアでは当たり前のように使われるようになり、歴史を取り扱う作品で信長公が出てくる時の甲冑は大抵この南蛮胴を使ったモデルから引っ張り出すことが基本となっています。

織田信長公の甲冑について まとめ

今回は織田信長公の甲冑について様々な情報を集めました。織田信長公の甲冑については様々な逸話が大量に残っていましたが、現存するものという話になるとなかなか出てこないものであり、さらには大衆に広まった情報も後世の方が予想して造ったものであることが分かってしまいました。

しかし、織田信長公のイメージは非常に強烈で、どのような鎧を着ているのかも皆さんイメージできてしまうのではないでしょうか。そのため、ある意味イメージ戦略には成功していると言えるでしょう。

「織田信長・甲冑」に関連する記事

「織田信長・甲冑」についてさらに知りたい方へ

気になる!織田信長のお墓はどこ?なぜ複数あるの?のサムネイル画像

気になる!織田信長のお墓はどこ?なぜ複数あるの?

天才武将と言われた織田信長。本能寺の変でこの世を去ることになった織田信長ですがその織田信長のお墓

戦国時代を終わらせ天下統一を行った織田信長の身長はどれだけ?のサムネイル画像

戦国時代を終わらせ天下統一を行った織田信長の身長はどれだけ?

長引いた戦国の世を終わらせ、天下を統一し、やがて300年も続く江戸時代の礎となった戦国武将の織田

「英雄」織田信長が後世の歴史に与えた影響と衝撃のサムネイル画像

「英雄」織田信長が後世の歴史に与えた影響と衝撃

戦国時代に限らず、日本の歴史を語る上では欠かせない人物の一人である織田信長。その生き様は多くの人

織田信長と明智光秀の出会い。出会わなければ、日本は変わっていた?のサムネイル画像

織田信長と明智光秀の出会い。出会わなければ、日本は変わっていた?

織田信長・明智光秀と言えば、本能寺の変を思い浮かべる方が多いです。織田信長の家臣だった明智光秀が

織田信長を襲った本能寺の変の謎、明智光秀は犯人じゃない?のサムネイル画像

織田信長を襲った本能寺の変の謎、明智光秀は犯人じゃない?

多くの人が知っている戦国武将、織田信長。しかし、織田信長は全国統一を目の前に、明智光秀に裏切られ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

盛り塩の効果をご存知ですか?そして盛り塩の処分の仕方も気になりますよね。盛り塩には邪気を払い、人

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

お祝い袋の飾りとして有名な水引。伝統的で上品な光沢が魅力です。水引を使ったアクセサリーの作り方を

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

結婚式や葬式で礼服を着ることがあります。その際、礼服のジャケットのフラップをポケットにおり込んだ

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

日本語には同じ読み方をしても、違う意味を持っている言葉があります。お参りとお詣りの違いについてご

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

神社やお寺にお参りする際、御朱印帳を持参するのが流行っていますね。巷では御朱印巡りをする女性に御

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと