老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

定年退職をし、ようやく始まりを迎えた第2の人生。しかし、定年退職するまで仕事を頑張ってきて趣味に時間を充てることに無関心だったため「老後の楽しみ方が分からない!」と悩む人も少なからずいるはずです。そんな方のために老後でも続けられる趣味を紹介しましょう。

目次

  1. 老後の趣味を選ぶポイントは?
  2. 老後の趣味その1:ジョギング
  3. 老後の趣味その2:水泳
  4. 老後の趣味その3:卓球
  5. 老後の趣味その4:ゲートボール
  6. まとめ

老後の趣味を選ぶポイントは?

人々

趣味を選ぼうとは言ってもどうやって選べばいいのか分からない人も多いと思います。
老後でも続けられる趣味を選ぶポイントとしては2つあります。

1つは気軽に始めることが出来るもの。
例えば、ジョギングを始めるとしたら運動着と運動靴を購入すればすぐに始められますよね。
このように道具を一式揃えるだけで始められるという点で探してみましょう。

2つは目標や向上心を持って出来るもの。
60歳になったら「もうこんな歳だから」と心のどこかで思ってしまう人は多いです。
ですが、挑戦することに年齢は関係ありません。
高齢者の陸上競技大会であるマスターズ陸上。
その中の種目の100mで世界記録を保持している人はなんと100歳を超えています。
そして競技を始めたの90歳を超えてからなんです。
このように年齢や世代を超えて活躍する老人の方々も多く存在します。

いくつになってもチャレンジする心を持てる趣味を選んでみましょう。
それではオススメの趣味を紹介していきます。

老後の趣味その1:ジョギング

人々

先ほども例に挙げたジョギングです。
その中でもオススメはスロージョギング。
足を上げず、地面を蹴らずゆっくりとゆっくりと歩くのと同じくらいのスピードで走ることです。

「体力がない」という方でもスロージョギングから始めていけば次第に体力も自信もついていくし、風邪を引かない健康で丈夫な体を作ることが出来ます。
そして慣れて体力にも自信が出てきたら、マラソン大会にも出場するという目標を掲げて見ても良いと思います。

「ジョギングしたいけど一人じゃ心細い。
」という方はジョギングが趣味の友人や知り合いに声をかけて一緒にジョギングを始めてみましょう。
最近ではジョギングが趣味の人は少なくはないので友達も出来たりして良い刺激になりますよ。

老後の趣味その2:水泳

海

水泳と聞くとハードなイメージがありますが、意外にそうでもありません。
高齢者の多くはプールで水中ウォーキングで水泳を楽しんでいます。
また水泳は浮力があるため足腰に負担がかからずにバランスよく運動が出来るんです。
足腰に不安のある方は水中ウォーキングで体を動かしてみてはいかがでしょうか。

老後の趣味その3:卓球

人々

老後から卓球を始めるという方も少なくはありません。
卓球のラケットは何と安くて2,000円から購入出来ます。
しかもボールもついているのでお金もあまりかからずに始めることが出来ます。
そして卓球センターや市営の体育館に行けば卓球教室が開催されている事も多いので是非参加してみてください。

中でもラージボール卓球はオススメです

世間ではオリンピックの影響で普通の卓球が知られていますが、ラージボール卓球という卓球があるのをご存知でしょうか。
ラージボール卓球は「おじいちゃんから孫までみんなが楽しめるスポーツ」をコンセプトに1988年に誕生した球技です。
硬式の卓球との違いは2つあります。
1つ目はボールが硬式より大きくて軽いのです。
これによりラリーが長く続きやすくなり誰もが楽しみやすくなります。
そして2つ目はラバーの種類。
硬式卓球は様々な種類のラバーが使えるのに対して、ラージボール卓球は表ソフトと呼ばれるデコボコ状のラバーのみの使用となっています。
卓球の楽しさはラリーが続く事。
それをさらに簡単にさせた卓球がこのラージボール卓球です。
これから卓球を始めたい方はこちらから始めてみる事 をオススメしますよ。

老後の趣味その4:ゲートボール

人々

お年寄りの趣味の代名詞といっても過言ではないゲートボールです。
お金もかからず気軽に始める事が出来るので「あまりお金をかけたくない!」という方にはオススメです。
また5人1組で行うチームスポーツのためお互いに刺激されるでしょう。
家族とのコミュニケーションも大事ですが、同世代の人とのコミュニケーションはもっと重要です。
同世代の人が頑張っているのを見て「自分もこんな姿でいたい」というモチベーションが生まれ、若々しい気持ちでいられるというメリットもあります。
参加もマイペースで出来るので始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は紹介した趣味は
・気軽に始めやすい
・頑張り次第では大会へ出場する事が出来る
この2つを基準にして趣味を選んでみました。

年老いたからといって生き生きした人生は送れないなんてネガティヴにならずに、これを読んで是非何か始めてみてはいかがでしょうか。
輝けるチャンスがあなたにも巡ってくるかもしれませんよ。
そしてこの記事をきっかけに趣味を始めた人の人生が素晴らしいものになることを祈っています。

シェアする

「老後・趣味」に関連する記事

  • 50代の趣味について男女別にランキング形式で紹介します!のサムネイル画像

    50代の趣味について男女別にランキング形式で紹介します!

    自分の人生について考えたことはありますか?50代になって振り返ってみたら、自分を二の次にしてきていた、なんてことはありませんか?自分の時間やお金を惜しみなく趣味に費やせるのはこれからです!今回は男女別にランキング形式で50代の趣味をご紹介していきます。

  • 【おひとりさま】の女性は老後の資金をどうすればいいの?のサムネイル画像

    【おひとりさま】の女性は老後の資金をどうすればいいの?

    家族やパートナーに縛られることなく、自由に自分の時間を楽しむことができるのが、「おひとりさま」の特権です。シニアになっても理想の生活を守るには、「老後資金は早めに計画、楽しく貯めて、賢く使う」が大切です。

  • 独身のおひとり様が老後を楽しむには、資金計画と趣味が必要。のサムネイル画像

    独身のおひとり様が老後を楽しむには、資金計画と趣味が必要。

    老後に独身で一人というと漠然と不安や懸念が出てくるとは思いますが、そこを具体的に紐解き、どうやって独身(おひとり様)での老後を楽しく過ごしていくか。また、過ごしている方たちはどのように楽しんでいるのかをまとめてみました。

  • 独身女性が不安な老後の資金について解説!貯蓄はいくら必要?のサムネイル画像

    独身女性が不安な老後の資金について解説!貯蓄はいくら必要?

    独身女性が今は仕事と友達にも恵まれ、健康で充実した生活を送っているとしても、老後に一人きりで生きていくことを考えたら、とても不安になるものですね?独身女性は老後にどのような不安も持っていて、不安をなくす為に考えなければならないことはどのようなことなのでしょう。

  • 生活費以外にもかかる老後のお金と対策についてのサムネイル画像

    生活費以外にもかかる老後のお金と対策について

    年金だけでは足りないといわれている老後の生活費ですが、日常の生活費以外に、どんな費用が必要なのかをまとめてみました。また、老後の生活を迎えるために準備しておきたいことをご紹介しています。

  • 老後の資金として築いた貯蓄。その安全性と利回りは?のサムネイル画像

    老後の資金として築いた貯蓄。その安全性と利回りは?

    最近では金利が非常に低く抑えられたり、マイナス金利が導入されて不安心理が高まったりしています。しかし、老後に必要な資金の準備として考えられるのは、やはり貯蓄が第一の候補として挙げられるでしょう。老後資金としての貯蓄の安全性や運用利回りについてみていきます。

  • 老後の資金はいくら準備すればいいでしょうか?のサムネイル画像

    老後の資金はいくら準備すればいいでしょうか?

    老後はゆとりをもって楽しく暮らしたいけど、そのためにはいくら資金が必要なの?老後の生活をイメージするとき、さまざまな疑問や不安もわきあがってきます。あればあるほどいいかもしれませんが、今回は特に老後資金として最低いくら必要かを考えていきます。

  • 老後に残しておきたい貯金。今どきの日本の平均額のサムネイル画像

    老後に残しておきたい貯金。今どきの日本の平均額

    日本は医学の進歩や食生活の向上で、平均寿命が伸び、高齢でも働く人が増えてきています。年金支給年齢がもっと引き上げられるという話も聞きます。では老後に残しておかなければいけない貯金は平均いくらあればいいのでしょうか?老後に必要な貯金の話をします。

  • 老後の貯蓄平均とは?いまからどれくらい貯めるべき?のサムネイル画像

    老後の貯蓄平均とは?いまからどれくらい貯めるべき?

    こつこつ貯めて老後はゆとりのある生活がしたいと思いつつ、いったいどれほど貯蓄があればいいのかわかりませんよね。それならまず老後の貯蓄平均を知りましょう。まずは平均がどれだけなのかを知り、それに加えてどれだけ必要か考えていきましょう。

  • 老後に必要な資金はいくらくらい? 明確な計画を!のサムネイル画像

    老後に必要な資金はいくらくらい? 明確な計画を!

    「老後の生活に必要な資金は、いくらくらいだろう?」と悩む方は多いでしょう。老後に必要な資金額は、その人の生活によって異なります。明確なビジョンをたて、必要な準備をしておきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「老後・趣味」についてさらに知りたい方へ

50代の趣味について男女別にランキング形式で紹介します!のサムネイル画像

50代の趣味について男女別にランキング形式で紹介します!

【おひとりさま】の女性は老後の資金をどうすればいいの?のサムネイル画像

【おひとりさま】の女性は老後の資金をどうすればいいの?

独身のおひとり様が老後を楽しむには、資金計画と趣味が必要。のサムネイル画像

独身のおひとり様が老後を楽しむには、資金計画と趣味が必要。

独身女性が不安な老後の資金について解説!貯蓄はいくら必要?のサムネイル画像

独身女性が不安な老後の資金について解説!貯蓄はいくら必要?

生活費以外にもかかる老後のお金と対策についてのサムネイル画像

生活費以外にもかかる老後のお金と対策について

老後の資金として築いた貯蓄。その安全性と利回りは?のサムネイル画像

老後の資金として築いた貯蓄。その安全性と利回りは?

老後の資金はいくら準備すればいいでしょうか?のサムネイル画像

老後の資金はいくら準備すればいいでしょうか?

老後に残しておきたい貯金。今どきの日本の平均額のサムネイル画像

老後に残しておきたい貯金。今どきの日本の平均額

老後の貯蓄平均とは?いまからどれくらい貯めるべき?のサムネイル画像

老後の貯蓄平均とは?いまからどれくらい貯めるべき?

老後に必要な資金はいくらくらい? 明確な計画を!のサムネイル画像

老後に必要な資金はいくらくらい? 明確な計画を!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
終活は20代でも始めるべき?20代から行う終活の意義・内容を解説のサムネイル画像

終活は20代でも始めるべき?20代から行う終活の意義・内容を解説

2
終活で今話題の墓友ってどんな友達?墓友を探す方法や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友ってどんな友達?墓友を探す方法や注意点も紹介!

3
終活で最期に向けて準備をしよう!終活で行うべきことや注意点を解説のサムネイル画像

終活で最期に向けて準備をしよう!終活で行うべきことや注意点を解説

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「老後・趣味」についてさらに知りたい方へ

50代の趣味について男女別にランキング形式で紹介します!のサムネイル画像

50代の趣味について男女別にランキング形式で紹介します!

【おひとりさま】の女性は老後の資金をどうすればいいの?のサムネイル画像

【おひとりさま】の女性は老後の資金をどうすればいいの?

独身のおひとり様が老後を楽しむには、資金計画と趣味が必要。のサムネイル画像

独身のおひとり様が老後を楽しむには、資金計画と趣味が必要。

独身女性が不安な老後の資金について解説!貯蓄はいくら必要?のサムネイル画像

独身女性が不安な老後の資金について解説!貯蓄はいくら必要?

生活費以外にもかかる老後のお金と対策についてのサムネイル画像

生活費以外にもかかる老後のお金と対策について

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと