日本刀の各部位の名称と名刀一覧を紹介します

日本刀は日本独自の鍛冶製法で作られた刀の総称です。平安時代の末期に登場しました。反りがあり、片刃の刀剣のことを一般的に日本刀と言います。日本刀の各部位の名称と伝説に残っている名刀の名称等を一覧で紹介します。

目次

  1. 日本刀の魅力と人気
  2. 刀の各部位と名称
  3. 名刀一覧
  4. 刀の構え方
  5. 日本刀の各部位の名称と名刀一覧まとめ
  6. 終活の専門家に相談してみよう

日本刀の魅力と人気

日本刀は平安時代の末期に作られ始め、鎌倉時代のころから海外への輸出品として人気が出るなど、日本のモノづくり技術の原点にあると言ってもいい製品であり技術です。

1000年ほどたった現代においても日本刀の魅力は海外に高く評価され、広く認知されています。

しかし、日本人自身が日本刀について知らないことも多いかと思いますので、
簡単に日本刀の各部位の名称や役割、名刀や現代剣道における構え方などを紹介します。

刀の各部位と名称

日本刀の部位は細かく分けられており、それぞれに名称がついています。
よく知られている部位の名称では刀を収める鞘(さや)や、柄(つか)を握っている手を刀から守る鍔(つば)などがあります。

日本刀の持ち手である柄の名称

刀の持ち手である柄の部分にはいろんな装飾がほどこしてあり、日本刀の魅力のひとつとなっています。
ではそれぞれの名称を見ていきましょう。

鍔(つば)

鍔は対象物を切ったときに自分の手を刀身から守るためにつけられている。
刀身との重さのバランスをとることも鍔の重要な役割となっている。

ことわざでつばぜり合いという言葉がありますが、剣道で相手と自分の鍔同士が激しくぶつかり合い、受け止めたまま押し合うことから、激しく勝敗を争うという意味で使われるようになりました。

目貫(めぬき)

柄の外に現れた目釘を装飾化した部分の名称。
その後、目釘とは別に装飾されるようになっていき、日本刀を飾り付ける意味で重要な要素となっています。

縁金(ふちかね)

柄の頭の逆側に付けられる金具の名称。単に縁ともいいます。

柄巻(つかまき)

柄を鮫側で包み巻いた部分の名称。

日本刀の刀身の名称

切先(きっさき)

刃の一番先の名称を切先と言います。
切先に現れれる刃文を帽子と呼び、帽子は刀を作る刀工の個性が最も現れやすい場所と言われていて、収集家や愛好家にとっては日本刀の見どころや魅力のひとつとされています。

反り(そり)

日本刀の湾曲している部分の名称を反りと言います。

日本刀に反りがある理由としては、日本刀で物を切る時には、手で持った刀を肩を中心とした円運動で切るわけですが、
対象物と刀が接触したときに、反りがある刀のほうが自身への反発が少ないメリットがあります。

それに日本人は農耕民族なので、畑を耕すときや野菜を刈り取る時など、引く動作をすることが多いんです。のこぎりやカンナも引く動作をします。
日本刀の場合も反りがあったほうが、その引く動作とうまく連動して、違和感なく振り切れるようです。

刀身を収める鞘

刀身を収める筒のことを鞘と言います。刀身を保護する役割もあり、普段持ち歩くときや移動させる時には鞘に納めて移動させます。
鞘という名称は元の鞘に収まるなどのことわざにもなっており、日本刀を知らない人でもその名称はあまりにも有名です。

名刀一覧

日本刀

ここで、数ある日本刀の中でも名刀として語り継がれている5つの日本刀を紹介します。

天下五剣

数ある日本刀の中でも室町時代ころから、特に素晴らしいと言われている5振の名刀の総称です。

この5つの刀が必ずしもたくさんある日本刀の中で5本の指に入るほどの名刀かは別にして、由緒正しき日本刀として長い間語り継がれてきたことに価値があるとも言われています。

童子切(どうじぎり)

平安時代の刀工・安綱が作った日本刀。
日本刀の東西の両横綱と称されています。

鬼丸(おにまる)

鎌倉時代初期、粟田口六兄弟の末弟である刀工・国綱の作。
現在は御物として皇室の所蔵となっています。

三日月(みかづき)

平安時代の刀工・三条宗近の作。
刀身に鎬と反りのある日本刀としては最も古いもののひとつ。

大典太(おおでんた)

平安時代後期の刀工・典太光世によって作られました。
足利将軍家の家宝とされていたが、後に足利家が没落したことにより、豊臣秀吉が所有していたと言われています。

数珠丸(じゅずまる)

鎌倉後期、備前の左近将監恒次の作だと言われています。
現在は兵庫県尼崎市の本興寺が所蔵しています。

刀の構え方

現在社会においては剣道などで、その構え方について学ぶことができます。

中段の構え

剣先を相手の目に向けて構えることをいいます。
正眼の構え、人の構え、水の構えという名称で呼ばれることもあります。

攻撃においても防御においてもあらゆる状態に対応することができ、他の構えにもスムーズに移行することができるので、基本的な構えとして剣道でも使われることが多い構えと言えます。

上段の構え

刀を頭の上に振り上げて構える形を上段の構えといいます。
前に出す足によって、右上段、左上段という名称もついています。

非常に攻撃的な構えで防御のことは考えてもいないと言っていい構えになるでしょう。
一方で格上の相手に上段の構えをすることは失礼だとの指摘もされるようです。

下段の構え

上段の構えに対し防御の構えと言われています。
しかし、素早く動き出すことが難しいため攻撃には向きません。

八相の構え

野球のバッティングフォームに似た構え方で、余計な力が入らないように工夫された構え。

脇構え

右足を引いて剣先を後ろに引いた構え方。
相手に剣の長さを知らせず、相手の意表を突く形として有効な手段です。
しかし、現在の剣道の戦い方においては、剣の長さもルールで決められているために、あまり意味のない戦法といえるでしょう。

日本刀の各部位の名称と名刀一覧まとめ

日本刀

日本刀の各部位の名称と名刀一覧まとめ等を紹介しました。

日本刀は海外からの人気も高く、魅力的な工芸品として高い価格で取引されるなど、非常に人気があります。
日本人も日本刀のことをよく知ることで、日本のモノづくり技術の原点を知ることができると思います。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「刀・名称」に関連する記事

「刀・名称」についてさらに知りたい方へ

  • 1本、2本だけではない、いくつかある正しい日本刀の数え方

    1本、2本だけではない、いくつかある正しい日本刀の数え方

    日本が誇る伝統美術工芸品の刀、武器としての使われることはほぼないですが、美しい刀身は見る者を魅了してくれます。一般的には「1本、2本」の数え方をする刀ですが、実は他にも数え方があることをご存じですか?刀の持つ魅力とともにご紹介させていただきます。

    1
  • 初心者必見!奥が深い日本刀の部位の種類と名前の紹介

    初心者必見!奥が深い日本刀の部位の種類と名前の紹介

    日本独特の魅力や文化が秘められている日本刀は、世界からも注目を浴びています。そんな日本刀について知りたいと思っている初心者の方は、日本刀の部位の種類を知れば興味が深まること間違いなしです。今回は、そんな日本刀の部位の種類について詳しくご紹介していきます。

    2
  • 美しさと強さを兼ね備えている≪最強≫の日本刀とは?

    美しさと強さを兼ね備えている≪最強≫の日本刀とは?

    最強の日本刀とはいったいどのような刀なのでしょうか?日本には古来から受け継がれし美しい刀が多数存在しています。この記事では、日本刀の美しさや強さなどを紹介し、最強の日本刀についてを紐解いていきます。

    3
  • 作刀された時代からみる日本刀の歴史(分類)

    作刀された時代からみる日本刀の歴史(分類)

    長い戦いの歴史の中で日本刀は武器として発展してきました。作刀された時代から日本刀の歴史をざっくりとみてみます。

    4
  • 反りが合わないと大変!日本刀と鞘の密接な関係

    反りが合わないと大変!日本刀と鞘の密接な関係

    「反りが合わない」や「元の鞘に納まる(収まる)」ということわざがあります。ご存知の方も多いと思いますが、実は日本刀と鞘の関係が語源になっているのです。日本刀と鞘との関係がどれほど密接だったのか、紐解いていきたいと思います。

    5

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと