日本刀の各部位名称を画像でわかりやすく解説

古来より戦時での武器や祭事などの儀式で扱われ、現在は古美術品として人気のある日本刀。日本の歴史や文化を知るにつれ、興味を持つ人も多いはず。しかし、日本刀を知るには多くの部位やその名称を知らねばなりません。今回は、日本刀を知る上で必要となる各名称を紹介します。

目次

  1. 日本刀の部位名称を知る重要性
  2. 日本刀の大まかな名称紹介
  3. 日本刀を各部位の名称ごとに知る
  4. 時代の変遷で変化してきた日本刀
  5. 日本刀の各部位名称解説まとめ

日本刀の部位名称を知る重要性

日本刀を知る上で重要となってくるのが、名称を知ること、です。なぜなら、「この日本刀は反りが強く刃文(はもん)が素晴らしい」「この日本刀は身幅が広く、鋒(きっさき)が詰まっているのが特徴だ」と言われても、「反り」「刃文」「身幅」「鋒」が日本刀のどの部位を示しているのかを知っていなければ、正しく理解することができないからです。また、時代の変遷のなかでも各部位の形状や拵えなどの外装は影響を受けており、これらを知ることで、より一層、日本刀の魅力を理解することができるのではないでしょうか。それでは、以下の項目から名称の紹介に入ります。

日本刀の大まかな名称紹介

ここでは日本刀の構造と名称を、大まかに説明していきます。

日本刀には様々な部位があり、その分名称もかなり多くなります。そのなかでも、最低限知っておくべきポイントを解説します。

刀身

刀身は、簡単に言えば「刃の先から反対側の先まで」をいいます。上の図で言えば刃の先端部分から茎先(なかごさき)と書いてあるところまでで、そこまでの刀身の長さを「全長」といいます。また、刀身は大きくふたつに分けられ、表に出ている刃の部分を「上身(かみ)」、柄に収まっている部分を「茎(なかご)」といいます。
因みに、上身と茎の間の部分を「区(まち)」といい、刃先側とその反対側を表す棟(むね)側をそれぞれ、「刃区(はまち)」「棟区(むねまち)」と表現します。
通常、刃の長さを表す「刃長(はちょう)」は刃の先端部分から区までの直線の長さをいいます。

身幅(みはば)と重ね(かさね)

長さの他に、日本刀の大きさを表すのが、刀の幅やその厚みです。日本刀の場合は刀の幅を「身幅」、厚みを「重ね」といいます。

反り

刃先と反対側を棟という、ということは刀身の部分で説明しました。そして、この項目で出てくる「反り」とは、日本刀の刃先が描く曲線のことで、棟と刃長で最も距離のある部分の大きさで表現します。

鎬筋(しのぎすじ)

刀身の側面で先端から区までの盛り上がりを「鎬筋」といいます。この鎬筋から刃先までを「平地(ひらじ)」、鎬筋から棟までを「鎬地(しのぎじ)」と呼びます。

横手(よこて)と鋒(きっさき)

ここでも上の図を見て頂ければわかるかと思いますが、刃の先端近くで鎬筋から更に棟側に続く盛り上がりを「横手」、そこから先の刃先までを「鋒」といいます。
因みに、鋒部分が描くゆるやかな曲線は「ふくら」と呼びます。この曲線が直線に近いと「ふくらが枯れる」、丸みを帯びていると「ふくらが付く」といいます。

刃文(はもん)

日本刀を語る上で、とくに注目される部位が刃文です。刃先に焼刃土(やきばつち)を用いて焼き入れることで、波のような模様をつくることができます。刃文の名称については次項でも解説します。

日本刀を各部位の名称ごとに知る

日本刀には、上記で紹介したものの他にも、刀身の形態や各部位いよって様々な分類分けがあります。ここではその分類の名称を紹介していきます。

造込み(つくりこみ)

ここでは、刀身の形態で「造込み」というものについて解説します。簡単にいうと、日本刀の形状です。

鎬造り(しのぎづくり)

平安時代以降から広まった代表的な日本刀の形です。反りがあり、鎬筋と横手のあるもの。日本刀に反りが見られるようになるのは、実は平安時代以降で、それまでは反りのない直刀でした。

平造り(ひらづくり)

鎬筋のない、平面の刀で、弥生時代に造られたものが銅剣で発見されています。切れ味に優れ、短刀や脇差しに多く用いられました。

両刃造り(もろはづくり)

棟部分が両刃になっており、突き刺しを目的として作られました。

菖蒲造り(しょうぶづくり)

横手がなく、鎬筋だけしかないものです。菖蒲の葉に似ていることからこの名前がつきました。こちらも短刀や脇差しに多く見られます。

片切刃(かたきりは)

一方が切刃で、もう一方が平造りになっているものです。

おそらく造り

刀身の中程に横手を設けた造り込み。反りが大きいのも特徴です。島田助宗が作った短刀に「おそらく」と刻字されていたことから、この名がつきました。

反り

刀身に反りが見られるようになったのは、平安時代以降からといわれています。戦闘様式の変化から、騎乗や抜刀のしやすい形状として反りのある刀が増えたとされています。

腰反り

手元あたりで大きく反っているものをいいます。

鳥居反り

形状が刀身の中央で反りが生じており、神社の鳥居の形状に似ていることからこう呼ばれています。

先反り

反りの中心が刀身の先の方で生じているものです。
そのほかにも、反りには刃を研磨することで刃先の方に反りをもたせた「内反り」や「筍反り」、江戸中期からは道場で行う剣術が広まっため、竹刀と似た形状で反りのない「無反り」も作られました。

刃文

刃文は大きく分けて「直刃(すぐは)」と「乱刃(みだれば)」に分けられます。
直刃は刃文が直線的で、乱刃は刃文が波立っているものをいい、乱刃には丁子の実を並べたような「丁子」、ゆったりとした波の寄せる様を表現した「湾れ刃(のたれば)」などがあります。

時代の変遷で変化してきた日本刀

日本刀という言葉が見られるようになったのは平安時代後期からと言われています。奈良時代以前の刀は一般的に上古刀(じょうことう)と呼ばれており、現在の日本刀とはやや異なるものとされています。形状に関しても反りが見られるようになったのは平安時代からであり、(諸説あり)戦闘様式の変遷によって、騎乗で扱いやすいく抜刀しやすい反りのある形状となったといわれています。
以降、南北朝時代から室町時代にかけては集団戦が主流となったことから扱う日本刀も長大化したようで、その大きさによって自身の力量を示すものでもあったようです。
安土桃山時代から江戸時代になると、豪華な装飾を施した日本刀と、戦闘用の実用的な日本刀のふたつを所有するようになり、まさに己の分身として特徴的なものが作られるようになったといわれています。

日本刀の各部位名称解説まとめ

以上、日本刀についての各部位名称を紹介しました。いかがでしょうか。
主な部位の名称を知るだけで、日本刀への見方が変わるきっかけになれば幸いです。
是非、これを契機に実物なども見に行ってみてはどうでしょうか。

「日本刀・名称」に関連する記事

「日本刀・名称」についてさらに知りたい方へ

  • 初心者必見!奥が深い日本刀の部位の種類と名前の紹介のサムネイル画像

    初心者必見!奥が深い日本刀の部位の種類と名前の紹介

    日本独特の魅力や文化が秘められている日本刀は、世界からも注目を浴びています。そんな日本刀について知りたいと思っている初心者の方は、日本刀の部位の種類を知れば興味が深まること間違いなしです。今回は、そんな日本刀の部位の種類について詳しくご紹介していきます。

  • 日本刀の種類と現存する重要文化財から御物までの日本刀一覧のサムネイル画像

    日本刀の種類と現存する重要文化財から御物までの日本刀一覧

    日本刀とは日本固有の方法で作られた刀剣の総称。その日本刀の種類の一覧と現存している国宝、御物級の有名な日本刀を号と一緒に由来付きの一覧で紹介したいと思います。

  • 反りが合わないと大変!日本刀と鞘の密接な関係のサムネイル画像

    反りが合わないと大変!日本刀と鞘の密接な関係

    「反りが合わない」や「元の鞘に納まる(収まる)」ということわざがあります。ご存知の方も多いと思いますが、実は日本刀と鞘の関係が語源になっているのです。日本刀と鞘との関係がどれほど密接だったのか、紐解いていきたいと思います。

  • 作刀された時代からみる日本刀の歴史(分類)のサムネイル画像

    作刀された時代からみる日本刀の歴史(分類)

    長い戦いの歴史の中で日本刀は武器として発展してきました。作刀された時代から日本刀の歴史をざっくりとみてみます。

  • 日本刀の各部位の名称と名刀一覧を紹介しますのサムネイル画像

    日本刀の各部位の名称と名刀一覧を紹介します

    日本刀は日本独自の鍛冶製法で作られた刀の総称です。平安時代の末期に登場しました。反りがあり、片刃の刀剣のことを一般的に日本刀と言います。日本刀の各部位の名称と伝説に残っている名刀の名称等を一覧で紹介します。

  • 美しさと強さを兼ね備えている≪最強≫の日本刀とは?のサムネイル画像

    美しさと強さを兼ね備えている≪最強≫の日本刀とは?

    最強の日本刀とはいったいどのような刀なのでしょうか?日本には古来から受け継がれし美しい刀が多数存在しています。この記事では、日本刀の美しさや強さなどを紹介し、最強の日本刀についてを紐解いていきます。

  • 1本、2本だけではない、いくつかある正しい日本刀の数え方のサムネイル画像

    1本、2本だけではない、いくつかある正しい日本刀の数え方

    日本が誇る伝統美術工芸品の刀、武器としての使われることはほぼないですが、美しい刀身は見る者を魅了してくれます。一般的には「1本、2本」の数え方をする刀ですが、実は他にも数え方があることをご存じですか?刀の持つ魅力とともにご紹介させていただきます。

  • 本物の日本刀を所持する方法と見分け方とは?値段はどのくらい?のサムネイル画像

    本物の日本刀を所持する方法と見分け方とは?値段はどのくらい?

    趣味で本物の日本刀を家に飾ったり所持したりする人がたくさんいるそうです。日本刀に興味がない人でも美術品としての綺麗さには、価値のあるものだと感じる人も多いでしょう。そこで本物の日本刀を所持するのに必要なものや、方法。日本刀の見分け方や値段についてお伝えします。

  • 息をのむほど美しい魅力的な名刀、そんな日本刀の一覧作りましたのサムネイル画像

    息をのむほど美しい魅力的な名刀、そんな日本刀の一覧作りました

    芸術品としての価値がある日本刀、実際に名刀と言われる刀はとても綺麗でいつまでも見ていたいですね。数々の武勇の伝わっている名刀も一緒に、本来戦うための道具ではありますが、綺麗な日本刀たちの伝説も含めて一覧にしました。

  • 面白い?怖い!かっこいい! ~名前にまつわる刀のエピソード~のサムネイル画像

    面白い?怖い!かっこいい! ~名前にまつわる刀のエピソード~

    今なにかと注目される刀。その刀の最大の魅力は美しさにあると思います。そしてもうひとつ、名前に隠された伝説や逸話にも魅力があるのではないでしょうか。ユニークな名前、かっこいい名前、美しい名前。そんな刀の名前に注目してみましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「日本刀・名称」についてさらに知りたい方へ

初心者必見!奥が深い日本刀の部位の種類と名前の紹介のサムネイル画像

初心者必見!奥が深い日本刀の部位の種類と名前の紹介

日本刀の種類と現存する重要文化財から御物までの日本刀一覧のサムネイル画像

日本刀の種類と現存する重要文化財から御物までの日本刀一覧

反りが合わないと大変!日本刀と鞘の密接な関係のサムネイル画像

反りが合わないと大変!日本刀と鞘の密接な関係

作刀された時代からみる日本刀の歴史(分類)のサムネイル画像

作刀された時代からみる日本刀の歴史(分類)

日本刀の各部位の名称と名刀一覧を紹介しますのサムネイル画像

日本刀の各部位の名称と名刀一覧を紹介します

美しさと強さを兼ね備えている≪最強≫の日本刀とは?のサムネイル画像

美しさと強さを兼ね備えている≪最強≫の日本刀とは?

1本、2本だけではない、いくつかある正しい日本刀の数え方のサムネイル画像

1本、2本だけではない、いくつかある正しい日本刀の数え方

本物の日本刀を所持する方法と見分け方とは?値段はどのくらい?のサムネイル画像

本物の日本刀を所持する方法と見分け方とは?値段はどのくらい?

息をのむほど美しい魅力的な名刀、そんな日本刀の一覧作りましたのサムネイル画像

息をのむほど美しい魅力的な名刀、そんな日本刀の一覧作りました

面白い?怖い!かっこいい! ~名前にまつわる刀のエピソード~のサムネイル画像

面白い?怖い!かっこいい! ~名前にまつわる刀のエピソード~

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

3

関連する記事

「日本刀・名称」についてさらに知りたい方へ

初心者必見!奥が深い日本刀の部位の種類と名前の紹介のサムネイル画像

初心者必見!奥が深い日本刀の部位の種類と名前の紹介

日本刀の種類と現存する重要文化財から御物までの日本刀一覧のサムネイル画像

日本刀の種類と現存する重要文化財から御物までの日本刀一覧

反りが合わないと大変!日本刀と鞘の密接な関係のサムネイル画像

反りが合わないと大変!日本刀と鞘の密接な関係

作刀された時代からみる日本刀の歴史(分類)のサムネイル画像

作刀された時代からみる日本刀の歴史(分類)

日本刀の各部位の名称と名刀一覧を紹介しますのサムネイル画像

日本刀の各部位の名称と名刀一覧を紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと