ヒンドゥー教の神々が日本と関係があるって本当?

ヒンドゥー教と聞いて、何を思いますか?全く知らないでしょうか?名前だけなら知ってるけどということもありますよね。実はヒンドゥー教の神様は日本でも有名なのですが、お気づきでしょうか?神様をご紹介していきます。

目次

  1. ヒンドゥー教について
  2. ヒンドゥー教の三最高神
  3. ヒンドゥー教の女神
  4. 日本の神との関係
  5. まとめ

ヒンドゥー教について

ヒンドゥー教は、インドとその周辺地域に広がる宗教になります。「ヒンドゥー」はインダス川流域の人々を意味するペルシャ語を起源としています。

神様の国インド

町中には神像や宗教画が至る所に飾られていて、聖なる河ガンジス河で沐浴し、多くの人が集まります。インドには数限りない数の神様がいるので、最も神を近く感じられる国といってもいいかもしれません。

ヒンドゥー教の成り立ち

アーリア人(中央アジアに住んでいた狩猟・遊牧民だったとされる)が北インド地方から東南に移動して、インドやペルシア(イラン)に定住し先住民の土着の信仰を受け入れながら、自然現象を神と崇めました。神々への讃歌や祭儀を記した聖典「ヴェーダ」四編が作られ、聖典に基づいてバラモン教が発達しました。バラモン教が衰退し仏教やジャイナ教などの宗教が生まれ、やがてバラモン教を土台として土着の神や仏教を取り入れたヒンドゥー教が成立したのです。

ヒンドゥー教の三最高神

この長い歴史のあるヒンドゥー教の代表的な三最高神をご紹介しようと思います!

シヴァ

破壊と再生の神で、ヴィシュヌと人気を二分するヒンドゥー教の代表神です。家や自然を破壊するような恐ろしい一面と、植物を育て病を治す治癒・再生の神という一面を併せ持つ神とされています。シヴァはヒマラヤのカイラーサ山で苦行を行う山の神でもあったため、苦行者たちの守り神で、この山は現在も聖地とされています。他にも、シヴァの破壊と創造の概念は宇宙のリズムとされることから、舞踊の王(ナタラージャ)とも言われています。

ヴィシュヌ

シヴァと人気を二分するヴィシュヌ神は、宇宙の秩序を維持し、変幻自在に姿を変え、神々や人間の平和を守るために戦い世界を救う神とされています。多くの化身(アヴァターラ)をもつヴィシュヌの、基本の姿は五つ(七つ)の頭をもつアナンタ竜王(蛇王)の上で、片足を組み、片足を下げる半跏の姿勢で座り、武器である円盤と棍棒、法螺貝と蓮華を持った状態になります。

ブラフマー

宇宙を創造・統治する創造神であり、ヴィシュヌ・シヴァに並ぶ最高神で、三神一体とされています。多くの神や聖人たちを創造し、ヴィシュヌとシヴァに命じて魔人を退治させ、宇宙の創造さえもした最高神なのに、残念なことに信仰が広まりませんでした。

ヒンドゥー教の女神

ここからは、ヒンドゥー教の女神たちについてご紹介します!

サラスヴァティー

ヒンドゥー教の女神の一人で 最高神の一人ブラフマーの神妃になります。インド西北の聖なる川・サラスヴァティー川の化身であり、作物を実らせ富をもたらす川の女神で、「流れる川」の様子から、言葉・弁舌・学問・音楽の女神ともされています。4本の腕にヴェーダ教典・数珠・ヴィーナと呼ばれる楽器を持った姿が一般的なものとなります。

ラクシュミー

ヒンドゥー教の女神の一人、最高神の一人ヴィシュヌ神の神妃とされています。幸運と美、富と豊穣を司り、世界の母(ローカマーター)や海より生まれる者(ジャラディジャ)とも呼ばれ、天地創造のときには蓮の花の上に乗って浮かんでいたともいわれています。常にヴィシュヌ神に従い、ヴィシュヌ神が多くのアヴァターラ(化身)を表すに合わせてとラクシュミー神もその一つ一つに応じた姿をもっています。水辺で2頭の象が左右から水を注ぎ、4本の腕にはそれぞれ蓮華・アムリタ(飲む者に不死を与えるとされる不老不死の聖水)の瓶・ヴィルヴァの実・法螺貝を持ち、赤い睡蓮の上に立つ姿がよく知られているものになります。

パールバティー

パールヴァティーは、ヒンドゥー教の女神の一柱で、その名は「山の娘」を意味し、シヴァ神の神妃です。ヒマラヤ山神の娘で、ガンジス川の女神であるガンガーの姉に当たり、軍神スカンダや、学問の神ガネーシャの母で、シヴァの最初の妻サティーの転生とされていて、穏やかで心優しく美しい女神といわれます。パールヴァティーの愛は、「母性愛」の女神として扱われるほど優しい女神です。美貌と愛の象徴と解説されることもあります。シヴァと対になって描かれることが多く、単独ではあまり描かれません。かわりに、別の姿である「戦いの女神ドゥルガー」や「血と戦闘の女神カーリー」が人気です。

日本の神との関係

代表的な神様たちしかお伝えできなかったのですが、日本と関係のある神様がいます。サラスヴァティーは弁財天、シヴァは大黒天、ラクシュミーは吉祥天というように日本でも有名な神様たちは、ヒンドゥー教の神々が伝来し発展したものです。

まとめ

ヒンドゥー教の神々をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?他にもまだまだいるのですが、それは皆様が「あれ、この神さまも・・?」とワクワクしながら探してみてください。

「ヒンドゥー教・神」に関連する記事

「ヒンドゥー教・神」についてさらに知りたい方へ

  • 世界中の神々を神話の種類ごとに大紹介します!のサムネイル画像

    世界中の神々を神話の種類ごとに大紹介します!

    世界には種類多くの神話が存在し、そこにはさまざまな神が登場します。この記事では、そんな神々をいくつかの種類ごとにわけ、とくに知名度が高く有名な神をピックアップしてご紹介したいと思います。興味がある方は、ぜひご参考にされてください。

  • 天照大御神だけじゃない~日本神話に登場する華麗なる女神たちのサムネイル画像

    天照大御神だけじゃない~日本神話に登場する華麗なる女神たち

    日本の神話では八百万と呼ばれるほどたくさんの神が存在しています。山や海の神、家を守る神や安産の神。日本にはあらゆるところに神の存在があると言われています。そして天照大御神をはじめとする魅力的な女神たち、そんな神話の中で活躍する女神をご紹介していきます。

  • 世界三大宗教?イスラム教とキリスト教の違いと共通点とはのサムネイル画像

    世界三大宗教?イスラム教とキリスト教の違いと共通点とは

    世界三大宗教であるイスラム教とキリスト教、日本人にも比較的なじみのある仏教と合わせて比較ます。イスラム教とキリスト教の違いと共通点を整理しましょう。

  • インドのお墓ってどんなものなの?ガンジス川がお墓って本当?のサムネイル画像

    インドのお墓ってどんなものなの?ガンジス川がお墓って本当?

    日本で多くの方が信仰している仏教は、インドから伝わってきたことは有名ですよね。 ではインドではお葬式やお墓はどのようになっているかご存知でしょうか? 今回はインドのお墓についてや世界遺産であるタージマハルについて解説します。是非最後までご覧ください。

  • 知らないと恥ずかしい!?【神道で学ぶ日本の文化】のサムネイル画像

    知らないと恥ずかしい!?【神道で学ぶ日本の文化】

    日本古来から伝わる神道の考え方や文化、風習の説明。日本の神道に伝わる神話、神様のあり方など日本人なら知っておくべきことを解説。

  • 神道の神棚とお神札について、どうおまつりすればいいの?のサムネイル画像

    神道の神棚とお神札について、どうおまつりすればいいの?

    神道の神棚は、各家庭の屋内や事務所の清浄で明るく静かな場所に設けられ、神祇の分霊やお神札をおまつりして家庭祭祀を行ったり、商売繁盛等を願う施設です。神道の神棚は、仏教の仏壇とは違い、故人をまつる所ではなく、神様(お神札)のいらっしゃる所です。

  • 世界から見た日本の宗教観とは。寛容な姿勢には驚きの声のサムネイル画像

    世界から見た日本の宗教観とは。寛容な姿勢には驚きの声

    筆者が住むカリブは完全に「宗教」といえばクリスチャン。ここにいる他の先進国の人々も大体クリスチャン。そんな彼らがもつ日本への興味は全く尽きません。そんな彼らが持つ、日本の「宗教」に対する姿勢への反応とは。そして皆が一番驚く日本の習慣とは。少しまとめてみました。

  • イスラム教の聖典、何だか知っていますか?のサムネイル画像

    イスラム教の聖典、何だか知っていますか?

    中東情勢や難民問題などで、よく耳にする「イスラム教」ですが、その聖典にどんな教えが書かれているのかご存知でしょうか?今回はイスラム教の聖典を簡単に解説したいと思います。

  • インドの火葬の実態とは?火葬方法やサティーについても紹介!のサムネイル画像

    インドの火葬の実態とは?火葬方法やサティーについても紹介!

    皆さんは、インドでどのような埋葬方法がとられているかご存知ですか? 実はインドでは火葬が一般的で、ヒンドゥー教の宗教観に基づいた独自の火葬方法がとられています。 今回は、インドの火葬の実態やサティーの文化などについて紹介します! ぜひ最後までご覧ください。

  • 世界中の神々を神話の種類ごとに大紹介します!のサムネイル画像

    世界中の神々を神話の種類ごとに大紹介します!

    世界には種類多くの神話が存在し、そこにはさまざまな神が登場します。この記事では、そんな神々をいくつかの種類ごとにわけ、とくに知名度が高く有名な神をピックアップしてご紹介したいと思います。興味がある方は、ぜひご参考にされてください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「ヒンドゥー教・神」についてさらに知りたい方へ

世界中の神々を神話の種類ごとに大紹介します!のサムネイル画像

世界中の神々を神話の種類ごとに大紹介します!

天照大御神だけじゃない~日本神話に登場する華麗なる女神たちのサムネイル画像

天照大御神だけじゃない~日本神話に登場する華麗なる女神たち

世界三大宗教?イスラム教とキリスト教の違いと共通点とはのサムネイル画像

世界三大宗教?イスラム教とキリスト教の違いと共通点とは

インドのお墓ってどんなものなの?ガンジス川がお墓って本当?のサムネイル画像

インドのお墓ってどんなものなの?ガンジス川がお墓って本当?

知らないと恥ずかしい!?【神道で学ぶ日本の文化】のサムネイル画像

知らないと恥ずかしい!?【神道で学ぶ日本の文化】

神道の神棚とお神札について、どうおまつりすればいいの?のサムネイル画像

神道の神棚とお神札について、どうおまつりすればいいの?

世界から見た日本の宗教観とは。寛容な姿勢には驚きの声のサムネイル画像

世界から見た日本の宗教観とは。寛容な姿勢には驚きの声

イスラム教の聖典、何だか知っていますか?のサムネイル画像

イスラム教の聖典、何だか知っていますか?

インドの火葬の実態とは?火葬方法やサティーについても紹介!のサムネイル画像

インドの火葬の実態とは?火葬方法やサティーについても紹介!

世界中の神々を神話の種類ごとに大紹介します!のサムネイル画像

世界中の神々を神話の種類ごとに大紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社の記号って?由来や意味、寺院との違いを徹底的に解説します!のサムネイル画像

神社の記号って?由来や意味、寺院との違いを徹底的に解説します!

1
年賀状はいつまで出せるの?元旦に届ける方法と販売期間も解説のサムネイル画像

年賀状はいつまで出せるの?元旦に届ける方法と販売期間も解説

2
神社での手洗いの作法と意味を解説!注意点もあわせてご紹介しますのサムネイル画像

神社での手洗いの作法と意味を解説!注意点もあわせてご紹介します

3
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

4

関連する記事

「ヒンドゥー教・神」についてさらに知りたい方へ

世界中の神々を神話の種類ごとに大紹介します!のサムネイル画像

世界中の神々を神話の種類ごとに大紹介します!

天照大御神だけじゃない~日本神話に登場する華麗なる女神たちのサムネイル画像

天照大御神だけじゃない~日本神話に登場する華麗なる女神たち

世界三大宗教?イスラム教とキリスト教の違いと共通点とはのサムネイル画像

世界三大宗教?イスラム教とキリスト教の違いと共通点とは

インドのお墓ってどんなものなの?ガンジス川がお墓って本当?のサムネイル画像

インドのお墓ってどんなものなの?ガンジス川がお墓って本当?

知らないと恥ずかしい!?【神道で学ぶ日本の文化】のサムネイル画像

知らないと恥ずかしい!?【神道で学ぶ日本の文化】

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと